肌を白くする美白ケア方法&スキンケアアイテムの紹介

毎朝鏡を見るたびにシミやくすみ、ニキビ跡などに目がいき、ガッカリするという人はいませんか。このような肌の黒ずみを改善するには、自己流の美白ケアを続けていくのではなく、肌を白くする方法を正しく覚えて、毎日実践していくことが大切です。

何故なら、自己流の美白ケアは間違った方法をしやすく、その結果、美白とは逆にシミを作り出す可能性もあるからです。さらに乾燥肌や肌のたるみなどを引き起こすことも考えられるので、注意が必要です。これに加えて、肌を白くする方法には多くの種類があるのも特徴です。

自分の肌質にあったアイテムを選んだり、希望通りの美白に仕上げるためには、どのような美白ケアとアイテムがあるのかを知ることも重要です。

肌を白くする方法と肌の色

肌を白くする方法を真剣に考えているのにも関わらず、肌が黒くて困っているという人がいます。そのような人は、肌が黒くなってしまう原因を考えてみたことがある人もいるのではないのでしょうか。

原因の一つとしては、日焼けが挙げられます。屋外に長くいる時に太陽光に当たると、日焼けをしてしまうことになります。その時に日焼け止めを塗っていると日焼けを防ぐことができるのですが、塗っていない場合には肌が黒くなってしまうことがあるのです。また、長時間ずっと屋外にいる時には、一度ではなく複数回にわたって日焼け止めを塗り直しておくことが欠かせません。

また、他の原因として考えられることは、肌の手入れをしているときに力を入れすぎてしまっていることが挙げられます。肌の手入れを熱心に行なっている最中に夢中になってしまうことから、手に力を入れてケアをしている人がいます。

その結果、肌は負担を感じることになって、肌が黒くなってしまうのです。手入れをした後にすぐに黒くなることはないのですが、長年の積み重ねが生じてしまうことによって、気付いた時には肌色が暗くなっていたということを発見する場合が珍しくありません。肌のケアには手加減が必須です。

肌を白くするには

紫外線を浴びることでおきる日焼けは、シミやそばかすの原因となってしまいます。肌の黒ずみが強くなるので、肌を白くしたい人には紫外線が天敵なのです。紫外線が多くなるのは夏だと思っている人が多いのですが、一年中注がれているのが特徴です。だいたい5月から9月が最も強いと言われています。

1日の中では午前10時から午後2時の間に強くなるので注意が必要です。特に仕事で日中の外回りが多い人は、日焼け止めをしっかりと塗っておきましょう。白く残らないタイプが多く販売されています。テスターなどで試してみてから自分に合っているものを選ぶようにするとよいでしょう。また、水や汗に強いウォータープルーフタイプも使い勝手がいいです。

肌になじみやすいのも特徴で、女性の多くに人気があります。肌への負担を少なくする日焼け止めもありますので、肌が弱い人でも安心して使用することができます。重さを感じることなく、軽いつけ心地のものがおすすめです。

やはり、自分で試してみることが大切です。インターネットの口コミも参考になりますから、紫外線対策をして肌を白くしたい人は日焼け止めクリームを試してみましょう。紫外線から肌を守ることを忘れないでください。

美白につながる洗顔法

肌は外的な刺激があると、自らを守ろうとして硬くなってしまう性質があります。手指にできるタコやかかとにできる角質からもわかるように、よく外的刺激を受ける部分は硬くした方が安全だと、肌自身が判断するのです。これは、顔の皮膚にも同じことが言えます。適当なケアを繰り返してしまうと顔の皮膚が厚くなり、硬くくすんだ色になってしまいます。

特に注意したいのが、洗顔時の刺激についてです。肌は乾いている時より、濡れている時の方が外的な刺激に弱いものです。敏感になった皮膚に過度な刺激を与えてしまうと、目に見えない小さな傷が付きやすいばかりかくすんだ乾燥肌を招いてしまうことに繋がりかねません。

理想の洗顔方法は、たっぷりと泡だてた洗顔フォームや石鹸を、肌の上を滑らせるように塗布していく方法です。手はほとんど皮膚に触れないくらい、優しく撫でると良いでしょう。洗顔ブラシや洗顔タオルはよく汚れを落としてくれますが、美白という観点でいうと刺激が強すぎるため、あまりおすすめできません。

洗顔時は熱いお湯を使うと感想を助長してしまうので、ぬるま湯を使うのが理想的です。洗顔の最後に冷水で肌を締めると、毛穴が引き締まりキメ細やかな美白肌を演出することが出来ます。

美白と保湿の関連性

肌は常に外部からの刺激に晒されています。紫外線を始めとして、暑さや寒さといった気温差や乾燥など、普通に暮らしているだけでも相当のダメージを受けているのです。そういった負担が重なると、肌本来のターンオーバーが鈍り、表面がくすんだり乾燥したり、血色が悪くなったりしてしまいます。

特に注意しなければならないのは乾燥です。外的刺激や体内の水分不足によって簡単に乾燥してしまう部位である肌は、常に危険に晒されているようなものです。肌の潤いが少ないと肌色がくすんで見えますし、肌のガード機能が落ちるのでダメージにも弱くなります。

そこで最も手っ取り早い対処法が、保湿をしっかりと行うことです。皮膚の表面に保湿クリームなどの膜を張っておくと、外部からの刺激にも強くなりますし皮膚の今以上の乾燥を防ぐことが出来ます。通常の基礎化粧品の最後に、保湿クリームや美容オイルなどの蒸発しにくいものを塗布すると、一日中しっとりとした肌を保つことが出来ます。

特に乾燥がひどい肌には、油分で膜を張るのが効果的なのでオイル系のものを選ぶようにしましょう。専門の美容オイルも良いですが、グレープシードオイルや焙煎していない胡麻油など、匂いの少ない食用油を少量塗布するのもおすすめです。夜に塗布する場合には、オリーブオイルやココナッツオイルなどお好きな香りのものを使うのもおすすめです。

ビタミンで肌を白くする方法

肌を白くする方法としてビタミンを摂取する方法があります。紫外線対策などで良く耳にするビタミンCですが、ほかにもビタミンA・ビタミンEもそれぞれ抗酸化作用があるため美白効果が高いです。個々に摂取するのも良いですが、それぞれ役割・効果の出る場所が異なります。

ビタミンCは水溶性のため、血液など水分の多い場所で作用しビタミンEの抗酸化作用を高めます。ビタミンEは細胞膜の内側でビタミンAの酸化を防ぎ、ビタミンAは細胞膜の中心部でほかのビタミンの働きを長持ちさせる活躍をします。そのため、個々に摂取するよりも3つ一緒に摂る方が作用を高めあうため、高い効果が期待できます。

ビタミンCは一度に大量に摂っても体内に貯めておくことができないので、継続して摂取するのが望ましいです。ビタミンA・Eは体外に排出されないので過剰摂取にならないように気をつけましょう。これら3つのビタミンが多く含まれているのが、さつまいも・トマト・ピーマンです。

普段の食事に少しでも入れることでバランスよくビタミンを体内に入れることが可能です。しかし、継続してビタミンを取る場合、食事だけでは摂取できない日もあるでしょう。そんなときはサプリメントで補うのも効果的です。栄養的には天然の食品には劣りますが、手軽にどこでも摂ることができるのでとても便利です。忙しい人や調理するのが面倒なときなどに利用してみましょう。

美白化粧水を利用して肌を白くする

肌のくすみやシミ、そばかすなどのトラブルが起こっている方は、肌内部のメラニン色素がきちんと排出されていないことが原因となっているため、普段のスキンケアで肌のくすみの原因を排出させることが重要になります。

市販されている美白化粧水には、アルブチンやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体などの美白成分がたっぷり含まれているタイプを選択することで、シミやそばかすを改善して肌を白く綺麗に仕上げることができるメリットがあります。

また肌のくすみの原因として、古い角質や毛穴の詰まりが挙げられることから、美白化粧水で肌に美白成分を与えるだけではなく、保湿も念入りに行うことで肌のターンオーバーを整えることが出来ます。年齢を重ねるとターンオーバー機能はどんどん低下していく傾向にあるので、通常はきちんと排出されていく角質もどんどん蓄積してしまい、肌のゴワつきやくすみとなります。

そのためこまめに美白ケアと保湿ケアを行うことで、肌の機能を正常に戻してあげると透明感のある若々しい素肌を取り戻すことができるのです。エステサロンに行かなくても自宅で手軽にお手入れが行えるので、まずは美白化粧水を活用して、スキンケアを行ってみることをおすすめします。

生活習慣を改善して肌を白くしよう

肌を白くすることは女性にとってはいつの時代も一つの目標になっていますが、化粧水や乳液などのアイテムだけでなく普段の生活習慣も非常に重要です。例えばどんなに高級な美白アイテムを使っていてもヘビースモーカーだったり、毎日短時間の睡眠しかしていないとその栄養素が肌にあまり吸収されないのです。

そのため、前提としてタバコの吸い過ぎや短時間の睡眠はやめましょう。睡眠は22時から2時のシンデレラタイムはできるだけ眠るようにしたいところですが、実際毎日22時に寝るのはなかなか現実的ではありません。そのため、0時から2時までは眠るということを習慣にするといいでしょう。

また、他にも普段の食生活ではお菓子やアルコールの取りすぎは控えて、野菜やたんぱく質をしっかり摂取するようにすることも大切です。これも美白というより美肌に大切なことですが、食べ物も重要です。また、美白のために大切なのはとにかくUVケアをしっかりと行うことです。

秋冬のシーズンでもSPF値の低めのベースアイテムを使うようにするだけでも、日焼けを防ぐことが出来ます。一年を通してベースメイクでUVケアをすることを習慣にすると、予想外のダメージがなくなります。

美白の王道、ビタミンC

肌を白くしたいと思った時に、一番に気をつけたいのはビタミンCの摂取です。ビタミンCが足りていないと血流が悪くなる影響から、肌の色がくすみがちになってしまいます。また、喫煙の習慣がある方は特に注意をしなければなりません。煙草はビタミンCを破壊してしまう作用があるので、非喫煙者よりもより積極的にビタミンCを摂取する必要があります。

また、肌を白くするビタミンCをより効率良く身体中へ巡らせるために、血を増やす鉄分や毛細血管を強化する亜鉛などを同時に摂取すると、より効果的です。この栄養素は果物や野菜に多く含まれるため、食品から摂取することが可能ですが、新鮮な青果を毎日摂取するのが難しいという方はサプリメントを利用するのが便利です。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、一度に過剰に摂取しても体内に止まることはなく、老廃物とともに体外へ排出されてしまいます。適正な量を守り、こまめに摂取するようにすると良いでしょう。また、摂取のタイミングとしては就寝前がおすすめです。

寝ている間の皮膚が再生する時間にビタミンCが供給できると、より一層美白効果が得られます。体外から皮膚に塗布する美白成分は色々な種類がありますが、摂取や内服の安全性、摂り易さや効果を考えると、やはり王道であるビタミンCがおすすめです。

美白パックの上手な使い方

日焼けしてしまった肌にパックをすると、とても気持ちがいいものですよね。これはパックに染み込んだ化粧水や有効成分が、時間をかけてじっくりと皮膚に浸透するので有効とされている手段です。これと同じことが、美白ケアにも当てはめることが出来ます。肌を白くするためには、通常のお手入れの他に美白パックを取り入れると、非常に効果的です。

市販のパックには様々な種類のものがありますが、中でも美白効果を謳った製品を選択するようにしましょう。ビタミンCやアルブチンなどが配合されたパックは、特に美白効果が高いとして人気を博しています。通常のスキンケアの終盤に美白パックを取り入れると、翌朝の肌の明るさが違うことにすぐに気がつくことが出来ます。

その美白成分をより効率良く肌に浸透させるためには、お風呂上がりの火照った肌にパックを使うことがおすすめです。ゆっくりと湯船で身体を温めたあとは顔の毛穴もよく開いているので、有効成分がよく肌に浸透するのです。また、上記でお肌を柔らかくすると更に効果的なので、バスタイムはシャワーだけで済ませずに湯船につかることをおすすめします。

パック中は、目鼻と口元に穴を開けたラップでパックを覆うと更に効果がアップします。せっかくの有効成分をあますところなく染み込ませるために、ちょっとした一工夫を加えることを忘れないようにしましょう。

毛穴をケアし肌を白くする

白くて美しい肌に憧れる女性もいますが、どんなに頑張ってケアをしていてもなかなか肌が白くならないという人も多いです。そういう人は間違ったケアをしているケースが多いです。正しいケアをすることで憧れの白くて美しい肌を手に入れることができます。肌を白くする方法に毛穴をケアする方法があります。

毛穴が目立つ原因はいくつかあるので自分の毛穴がどのタイプなのかをしっかり見極めることが大事です。角栓毛穴タイプは酸化した角栓が詰まり黒く見えることが多いです。原因としては乾燥や摩擦、メイクを良く落としていないことが挙げられます。角栓毛穴のケア方法はターンオーバーを正常化させることで、優しい洗顔や正しい保温、紫外線のケアを徹底させることです。

ビタミンC誘導体入りの化粧品を使用し、皮脂の過剰分泌を抑えることも大事です。メラニン毛穴タイプは毛穴にメラニンが蓄積して黒ずんで見えます。紫外線や摩擦などが原因と考えられます。メラニン毛穴のケア方法ですが、ターンオーバーを正常にし紫外線ケアを徹底することです。美白化粧品を使うことも効果的です。

他にも乾燥が原因で毛穴が開いた場合は、水分が不足している可能性が高いです。これを改善するためには正しい洗顔やセラミドを使った保湿がおすすめです。マイルドなクレンジングを使用し紫外線対策を徹底するといいです。

美白ケアが上手く行かない時には

肌を白くする方法として色々なスキンケアがあったり、生活習慣の見直しをすることで改善する場合もありますが、色々なケアを試してみてもなかなかうまく行かない時には、美白注射を選ぶのもベストです。外側から行うスキンケアに対して、美白注射は内側からのスキンケアをするので、より早く美白効果を引き出すことが出来ます。

アレルギーなどでケア用品が肌に会わなかったり、サプリメントで副作用があった方でも使える肌を白くする方法ですから、手っ取り早く美しい白い肌を手に入れたい時にはつかうことを考えるのが良いでしょう。

プラセンタなどの様々な有効成分が入っており、メラニンの生成を防いでくれる働きがあったり、シミや肝斑の予防効果もあるのですでに出来てしまったシミはもちろんのこと、これから出来てしまいそうなシミの生成も防げます。

注射によって行う方法と点滴でやる方法があるので、どちらが良いかは自分の体質などに合わせるのが良いでしょう。色素沈着を防ぐだけでなくコラーゲンの生成を促してくれたり、肌の保湿力を高めてくれる成分も入っているのでほとんどのお肌のトラブルを防げます。肌を白くする方法を探すなら、まずは美容注射を試してみましょう。

肌を白くするためのアイテム

肌を白くするための情報はたくさんありますが、本当に効果があるのかわからない方も結構いるのではないでしょうか。方法を見つけてもお値段が高くて手を出さないアイテムもたくさんあります。そんなに高くないけど肌を白くしてくれるアイテムを紹介します。ニベアそしてミルククリーム、そして牛乳クリームです。

どのアイテムもお値段が安くどの世代の方でも手を出しやすいものになっています。クリームなのでベトベトするものもあれば、そんなにベトベトしないものもありアイテムによってそこは違いが出ます。なのでご自分に合ったクリームを見つけることで不快にならず肌を白くすることができます。

肌を白くする方法を実践しても白くならない方もいるのではないでしょうか。そういう方はやり方が間違っているのかもしれません。まず保湿をすることはとても大事ですし普段外に出るとき日焼け止めや紫外線対策をしていなければ書いてある方法を実践してもあまり目に見える結果には繋がりにくいのです。

方法そして普段の対策のこの2つをちゃんとしたら結果はついてきますので信じて気をつけてみるのもいいです。クリームを毎日塗ったらお肌にも負担がかかるので適度な回数で行うのがいいです。

食べ物で美白を目指そう

肌を白くする効果を期待することが出来る食べ物はいくつかありますが、その一つがトマトです。トマトにはリコピンという成分が多く含まれています。肌が黒くなったり、シミができる原因として紫外線を浴びることでメラニンという成分が作られることが原因として挙げられます。リコピンにはメラニンの生成を抑えるという効果を期待することが出来ます。

また、トマトにはビタミンCも含まれているので、相乗効果により美肌効果を得ることが出来るでしょう。栄養成分の中には、加熱をすると効果が失われるものもありますが、リコピンについては加熱をしても成分が壊れるという事はありませんので、加熱調理をすることでアレンジしやすいというメリットがあります。

肌の新陳代謝を高めるためには、腸内環境を整える必要がありますが、腸内環境を整える食べ物として、ヨーグルトや納豆などがあります。ヨーグルトや納豆に含まれる菌は加熱により働きが弱まってしまうため、加熱調理は避けた方が良いかもしれません。

いずれにしても、継続して食べるということが必要となります。一つの食品だけだと飽きてしまう可能性がありますので、無理なく続けることが出来る方法を選ぶ事が大切です。

肌を白くする方法

肌を白くする方法を知りたいと思った時には、化粧品にこだわりを持つと良いです。白い肌を手に入れたいものの、地肌が黒いのであきらめているという人もいるのではないのでしょうか。しかし、地肌がもともと黒いとしても、あきらめることはありません。

正しい化粧を行うと、きれいで白い肌を手に入れることができるからです。肌を白くする方法は、まずは明るいトーンのファンデーションを準備することです。

それらを肌にきれいに塗ると、通常の自分の肌の色よりも明るい色を手に入れることができるようになります。明るさを選ぶ時には、あまりにも明るいものを選ぶと合わない場合もあるので、あまりにも差があるものを選ばないように注意しておくことも欠かせません。

また、肌にシミや出来物がある場合は黒く見えてしまうことがあるため、肌を白くする方法としては、コンシーラーを使うことが挙げられます。コンシーラーを使っておくと肌を黒く見せる要素を隠すことができるようになります。

これらの化粧品をきちんと使いこなすことによって、透明感がある明るい肌を表現することができるようになるのです。また、化粧品を塗った時には、必要に応じて定期的に化粧直しをすることも大切なことです。

美白は1日にして成らず

白く美しい肌を手に入れるためには、長い期間をかけて肌をケアしていくことが大切です。特に、日頃じわじわと受けているダメージによりくすんでしまったお肌は、同じくらいの期間をかけてターンオーバーを繰り返し、本来の白さへと導いていく必要があります。

美白に焦りは禁物ですが、裏を返せば『積み重ねれば必ず効果が現れる』のです。毎日の地道な努力が、美肌への近道だと言えます。肌を白くする方法には様々な手段がありますが、そのどれもに共通するのが『肌本来の美しさ、白さに戻すために正常なターンオーバーをサポートする』という点です。

化粧品選びから生活習慣の改善、摂るべき栄養素や特別なケアまで、その全てが『内側から本来の力を蘇らせる』ことにウェイトが置かれているのです。すなわち、毎日の小さな習慣で身体本来の美しさを引き出し手助けしていくことが、美白・美肌への道に繋がっているのです。

元々持っているはずの美しさを引き出せないのは、とても残念なことです。美白に近道はありませんが、確実に美白に近づいていく道はたくさん用意されています。是非、一つ一つの小さな習慣を積み重ね、本来の内側から輝くような美しさを取り戻し、理想の美白・美肌を取り戻しましょう。