肌トラブルが治せる!オーガニック化粧水の使い方や注意点まとめ

普段使っている化粧水が、お肌に合わないと感じたことはないでしょうか。あるいは、なかなか自分に合う商品に巡り合えないかも知れません。敏感肌や乾燥肌などは、お肌のトラブルが起きやすくなりますので、化粧品選びも慎重にしたいものです。

有機栽培された植物から作られたオーガニック化粧水は、そんなトラブルの起きやすいお肌にも、優しい化粧水です。しかし、オーガニック化粧水を使ってみたいと思っても、多くの種類が販売されています。何でもいいというわけではありません。自分の肌質に合うものを選びたいものです。

オーガニック化粧水の選び方や使い方、保管の方法はどのようにしたらよいでしょうか。気をつけなければならない点と合わせてご紹介します。

オーガニック化粧水は効果がある

オーガニック化粧水の効果はそこまで高くないと考える方は少なくありませんが、実際のところ敏感肌やアレルギー体質の方にとては大きな効果があります。有機栽培によって作られた植物原料由来の成分が使われているので、添加物が入っている化粧品だといまいち効果が出ない方や、肌荒れを引き起こしてしまう方でも安心して使うことが可能です。

オーガニック化粧水の場合には、石油成分が含まれていないという事実からも自然に近い成分であり、毎日使い続けていくことで肌に対してプラスの影響が出てくるので、スキンケアのためには欠かすことができないアイテムの一つです。

使い方には少しだけ守らなければならないことも存在します。それは洗顔した後にすぐにつけるということです。お肌が柔らかくなっている時に優しく肌になじませることで、成分も浸透していくので、オーガニックの化粧水の効果をより高く引き出していけます。

顔の中の乾燥しやすい部位に対して優しい力でマッサージすることで、有効成分をより一層浸透させられます。一度に大量につけるのではなく、少しずつ手にとって数回に分けて塗布することが肝心です。オーガニック化粧水は正しい使い方をすれば抜群の効果があります。

オーガニック化粧水

オーガニック化粧水という言葉を聞いたことがあるでしょうか。まだ日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、有機栽培で育った精油や植物をメイン原料として作られた化粧水のことを意味しています。有機栽培なのでお肌に優しいのが大きな特徴です。化学成分で作られた化粧水よりも効果は緩やかです。

しかし体質や肌質を変えたい人にとって、欠かせない化粧水となっています。肌が弱い人でも安心して使用できるのも優れている点です。一点注意しなければならないことは、無添加の化粧水との近いです。無添加のものは、およそ7000種類ある化学成分のなかでも特に刺激が強い102種類の成分を含まない化粧品を指しています。

オーガニックのものは石油系の成分を使っていない化粧品です。両方とも刺激が少なくなっているのですが、オーガニックのもののほうが石油系成分はすべて排除されているので自然に近いと言えるでしょう。

もちろん、無添加より優れているというわけではなく、それぞれが持っている特徴です。自分に適したオーガニック化粧品を選ぶための参考にしてください。肌が赤くなったり、すぐにできものができてしまう人におすすめできる低刺激性の化粧品です。

オーガニック化粧水 海外の基準

オーガニック化粧水は日本では明確な基準は決まっていません。そのため色々なアイテムが販売されています。一方海外では国際的な認証基準が決まっています。国際オーガニックコスメの認証団体にはフランスのECOCERTやEUのNaTrue、アメリカのUSDAにオーストラリアのACOが有名です。

選ぶときには認証団体のマークがついてるものや、認証を受けたことが記載されている化粧水がおすすめです。国際的な認証基準を満たしてない場合でも、製造しているメーカーが独自に掲げているオーガニックの定義があって、それが信頼できるときは安心です。

海外のオーガニックコスメの定義は、植物由来の原料のうちの50%から90%がオーガニック栽培で、石油由来成分または動物由来成分が排除されているものが一般的です。他にも化学香料を使うのは不可やアルコールは使用しても可能、遺伝子組み換えの原料は不可、その商品の5%以上が天然原料であることもあります。

それ以外にさらに独自の基準を設けていることもあります。日本で販売されている商品の中にも認証を受けているものもあるため、購入前に確認した方がよいです。使っている成分が気になるときもメーカーの公式ホームページに成分が記載されているので、これもチェックした方が安心です。

オーガニックには基準がなくメーカーによって様々

日本にはオーガニックコスメの基準がありません。そのため、例えば植物エキスが1%で後はケミカルな成分で作られている化粧品も、化学物質が大量に入っていても化粧品に配合された数十種類もの成分のうち一種類だけ成分を使っているだけで、メーカーが「オーガニックコスメ」と呼べばそれとして販売できてしまうのです。

そのため実際にはメーカーや団体によって様々な基準や定義があるというのが実情で、本当にオーガニックといえる品質なのか注意することが大切ですが、認証を取得しているということは第三者機関から見て「しっかり品質管理されている」とお墨付きをもらっているということなので、毎年認証を更新しているメーカーは真面目にコスメを製造販売しているといえます。

「自称ではなく本当のオーガニックを使いたい」と思ったら、製品自体に印字されているオーガニックのマークをチェックしましょう。マークが製品についているものは認証をしっかり取得している真のコスメです。

また、認証がなくてもコスメによっては天然成分が何%あるかをきちんと表示している製品があるのでそこをチェックしたり、きちんとした自社基準を持っているブランドを調べたりすることもできます。

体にはいいが似て非なる無添加とオーガニック化粧品

健康意識が高まってきている今日では食料品や化粧品のパッケージに無添加、あるいはオーガニックと記載されているものが徐々に目立つようになってきました。

また添加物の有害性を示すデータが発表されたり警鐘を鳴らす機関も少なからず存在します。どちらも体に害を及ぼさないイメージが強く混同して考えがちですが、それぞれは全く別物で肌への影響という部分でもアプローチが異なるためしっかりと押さえておきたいポイントです。

無添加とは着色料や防腐剤などの保存料、合成化合物や人工香料を使っていない製品を表しています。これらの添加物は日持ちをさせたり香りをいいものにしたり、どちらかというと売り手側の都合によって配合されているケースが多く、他にもカビ防止や発色剤など多種多様にわたり、中には発がん性が指摘されるものもあり、無添加にこだわる人も増えています。

一方でオーガニックは日本語に訳すと有機です。よく有機栽培という言葉が使われ我々にはなじみがありますが、肥料や農薬に化学合成成分を使用せずに栽培された有機素材の化粧品の事を指します。

農薬などを一切使わないわけですから体に刺激のある成分を使わないため肌トラブルが出現しにくいのが嬉しいポイントです。また収穫する年によって若干香りや含まれている美容成分の量が異なるため少し調整を入れるのが特徴です。

『再生力』を引き出すというメリット

オーガニック化粧水は自然なものを使った皮膚に優しい製品ですが、それを使うことによってどんなメリットが得られるのでしょうか。『肌に優しい』『自然派』といった漠然とした表現が多いオーガニック化粧水ですが、その具体的な使用感やお肌の状態を絡めつつ解説します。

オーガニック化粧水の1番のメリットは、『肌本来の美しさを復活させる手助けができる』ということです。通常の基礎化粧品は保湿・保水性が優れていたり、美白効果やアンチエイジング効果を謳ったものなど様々なバリエーションがありますが、そのどれもが『プラスすることで美容効果が得られる』といった観念から製作されています。

それに反しオーガニックのものは、極力余分なものを削ぎ落とし必要最小限の成分で仕上げることにより、肌が自ら必要な成分や皮脂などを作り出し、補うという働きを引き出してあげる作用が期待できるのです。栄養分を与え過ぎ甘やかした肌は、外部からサポートされることに慣れてしまっていますが、本当は肌自身で『きめ細かい美肌』を作り出すポテンシャルを秘めています。

その『再生力』とも言える内なる力を引き出すために、必要最小限の保湿成分で肌に働きかけるうち、肌が自らの働きを思い出し本来の美肌へと回復していくのです。

安心・安全、ただし条件付き

自然派で安心・安全と言われているオーガニック製品も、全ての人にとって最高のものであるとは限りません。世の中でいいと言われているデザインや素材が万人に受けいれられるものではないのと同じように、オーガニック化粧水も一部の人には最高のものとなり得ますが、必ずしも全ての人がそう感じるとは限らないのです。

オーガニック化粧水は、防腐剤や添加物・保存料などを大幅に削り、製品によっては含んでいないものもあるくらいのジャンルに属しています。

つまり、ごく自然な穏やかな効果という面では優れていますが、基礎化粧品の保湿力や保水力によって肌の状態がかろうじて保たれているような、非常に過敏な肌の方にとっては物足りないばかりか、肌を危険な状態に晒してしまうことにもなりかねない製品なのです。肌へのバリア効果が薄いので外部からの刺激に過敏になり、かえって症状が悪化してしまうことも考えられます。

また、ずさんな管理によって品質が変わってしまう可能性も秘めているこの製品は、健常な肌の方でも肌トラブルを招いてしまう危険性を孕んでいます。自分の皮膚の状態を冷静に見極め、なおかつ適正な管理ができる方にとっては良薬ですが、そうでない方にとっては必ずしも安全なものであるとは言えないのです。

こんな方には、オーガニック化粧水は向いていません

肌に優しく低刺激なことで人気を博しているオーガニック化粧水ですが、その使用には向いている人と向いていない人がいるようです。では、具体的にどんな人には向いていないといえるのでしょうか。
まず、面倒くさがりで物事を管理するのが苦手な人には、こういった製品は向かないと言えるでしょう。

オーガニック化粧水は添加物や保存料が入っていないか極力量を抑えてあるのもがほとんどなので、普通の製品よりも保存に気を使う必要があります。陽に当たるような場所に放置すればすぐにダメになってしまいますし、冷蔵庫などできちんと保管しなければ雑菌の温床になってしまうことも考えられます。その管理ができる自信がない人は、使用を避けた方が無難でしょう。

また、化粧水に対して美白効果やアンチエイジング効果を求める方にも、あまりおすすめは出来ません。先述の通り余分なものは添加されず、必要な素材を自然なものから選択して作られるのがオーガニック化粧水です。美白成分やエイジングケア成分を入れるのは、その論理に反していると言えます。従って、そういった高い美容効果を求める方は、専門の製品を使用した方が良いでしょう。

そして、過度に肌が敏感な方や治療を必要としているような方も、使用は控えた方が無難です。品質保持の成分が少ないということは低刺激ということが出来ますが、それだけ雑菌に対する抵抗力や肌の保湿力・保護力などは穏やかなものになっているので、満足できない場合も出て来るかと思われます。

オーガニック化粧水と個人の肌

オーガニック化粧水を使用することには、高い興味を抱いている人は多いのではないでしょうか。多くの人から注目を集めているオーガニック化粧水は、安心して使用することができる成分のみが使用されて作られているので、安全に使用できるところが魅力となっています。

しかし、安全に使用することができるからといって、全ての製品が全ての個人に合うという訳ではないのです。詳しく言うと、肌質に合わないものを使用していると、正確な効果を得られない場合もあるので注意をしておくことが重要になります。

オーガニック化粧水を使用する時にきちんと効果を感じ取りたいのであれば、自分の肌質を知っておくことが重要です。肌質に応じた製品は数多く展開されているので、購入する前に確認をしておくと良いです。確認の方法として、ボトルや商品のパンフレットに書かれている解説を読むことがあります。

それらの情報は公に提供されていることがほとんどであるため、それらの情報をしっかりと読み込んでおくことが欠かせません。読んだ時に疑問に思うことやわからないことがあれば、お店のスタッフやお店に直接問い合わせてみると良いです。確認をしておくと、間違った化粧水を買うことを防げます。

お勧めのオーガニック化粧水

最近では、化粧品や食べ物など様々な分野でオーガニック製品が増えており、その全てが肌や身体への負担がなく、成分には自然由来のものが使われているため子供からお年寄りまで安心して使えるアイテムばかりです。しかし、オーガニック製品と聞くと、値段が高価なイメージを持つ人が多いようでなかなか購入しずらいといった方も少なくはないようです。

そんな方にお勧めなオーガニック化粧水があります。それは、無印良品のオーガニックシリーズ。肌の弱い方にも安心して使っていただけるオーガニック化粧水や化粧品が揃っており、そのお値段も低価格。気軽に手に入れることのできる価格で、量も大容量なのでたっぷり使うことができます。

高価な化粧水を使っても少しの量を使い続けるより、無印の化粧水をたっぷりお肌に浸透させ、保湿をしていれば美肌も簡単に手に入れることができます。

無印良品は誰もか一度は利用したことのある店ですので気軽におとづれやすいですし、美容コーナーは自然由来の製品ばかりで安心です。自分のお肌に合った化粧水を使うことで綺麗な自分を維持していきましょう。そして綺麗には手軽がつきものですので、低価格のものをたっぷり使いましょう。

オーガニック化粧水に配合されている成分

オーガニック化粧水の購入を検討しているのであれば、保湿効果の高い植物が配合されているものをおすすめします。カミツレエキス・白樺樹液・白キクラゲ多糖体・藻草エキス等の成分は高い保湿効果があります。

特にカミツレは高い保湿作用以外にも抗炎症作用・メラニン抑制作用・抗糖化作用を持っているので、肌荒れで悩んでいる人やくすみが気になる人に最適です。また、肌が荒れている時にはセラミドの産生量が減ってしまい、ラメラ構造も乱れて肌が乾燥しやすく肌のバリア機能も低下してしまいます。

そのため、オーガニック化粧水を選ぶ際には、抗炎症作用を持つ成分が含まれているものを選ぶことも重要となります。植物由来の成分以外にも、ヒアルロン酸やグリセリン等の保湿剤が配合されているものがおすすめできます。まず、ヒアルロン酸は真皮に存在するゼリー状の物質で、2000倍から6000倍もの水分を蓄える能力を持っていながら低刺激ですから、敏感肌の人でも安心です。

元々体内にある成分なので、アレルギー反応や副作用が起きる心配もありません。次に、グリセリンは高い吸湿性と保水性を持ち、角質層への貯留性も良くて肌への刺激も少ないという特徴があります。そして、トレハロースは糖に分類される成分で、保湿力が高く安全性も高い為、医療分野でも使用されている成分です。

時間が経つとヒアルロン酸は粉へと変化する性質がありますが、グリセリンとトレハロースがこれを防いで保水力を維持してくれます。つまり、これらは3つ揃って真価を発揮するというわけです。オーガニック化粧水を選ぶ際には、このような点に注意して自分の肌に合うものを選ぶことが大切であると言えます。

使い方はとても簡単

オーガニックなブランドのアイテムでも、スキンケアの手順は普通のコスメと変わらないのでそれほど使い方が難しいことはありません。今まで使っていた普通の化粧水と同じような感覚で使えばよいので迷うこともなく、特別な手順も必要ないため誰でもすぐ始められます。基本は洗顔やクレンジングをしっかり行って、成分が肌に浸透するためのベースを作ることです。

メイクが肌に残っていたり皮脂が付いているとせっかく化粧水を使っても肌にバリアができてしまってオーガニックな有効成分が届きません。メイクをしているときは最初にきちんとクレンジングをして余分なものを落としてから、洗顔料で丁寧に汚れを洗い流しましょう。

肌が自然な状態に戻ったら軽くタオルドライをしてから化粧水を適量手に取って肌に浸透させるような感じでつけていきます。そのままでは使いにくいと思ったら、コットンに含ませて軽く乗せるようにつけると肌全体に上手に広げることができます。

大量につけると万が一肌に合わなかったとき肌荒れの原因になってしまい、コストパフォーマンスもよくないので少量を少しずつつけていくのがコツです。オーガニック化粧水は肌に近い成分なので少量でもじゅうぶん浸透してくれます。

『突然』より、『少しずつ』

オーガニック化粧水は、非常に肌に優しく穏やかな使い心地の製品です。その分、普通の製品よりも保湿力や保水力なども穏やかであることが多いので、切り替える時には注意が必要です。

普通の化粧水からいきなりオーガニックのものに変えてしまうと、肌がその変化に驚いて変調をきたしてしまうことがあります。具体的には普段はないような乾燥の仕方をしたり、ニキビができてしまったりすることが多く起こっているようです。

また、肌が自らを守ろうとして皮脂を多めに出してしまうこともよくあることで、それによって一時的にオイリーな肌になってしまうことに悩まされてう方も、少なくないようです。これは一種の好転反応だということも出来るのですが、なるべくなら肌のトラブルは少ない方が嬉しいものです。

そういった場合には、ある時を境にいきなりオーガニック製品に切り替えてしまうのではなく、徐々にオーガニック製品を使用する頻度を上げていくくらいの長期戦で、自然派なものに切り替えていくと良いでしょう。

そうすると肌も少しずつ馴染んでいくことができて、過剰な防御反応を起こすことがないので、トラブルも最小限に抑えることができます。だましだまし使っていくうちに、いずれ完全にオーガニック化粧水だけで美肌を保てるように、肌が順応してきてくれることでしょう。

どうやって保管したらいいの?

オーガニック化粧水は肌に優しく、自然な材料で出来ているのでトラブルも少ないのが特徴です。しかし、その保存方法には普通の化粧水よりも注意を払わなければなりません。オーガニック化粧水は極力自然なものにこだわり、シンプルに作り上げられているため、その多くは保存料などが入っていないか、非常に控えめな量しか入っていません。

つまり、常温や気温が高いところで放置してしまうと、品質を保持する力がないので変質を起こしてしまうのです。また菌への抵抗力も低くなってしまうので、ちょっとしたことから保存容器の中で雑菌が繁殖してしまうこともあり得ます。そうした場合には、もはやその化粧水は美容製品としての役割を果たさなくなってしまいます。

オーガニック化粧水は必ず、冷蔵庫かそれに順するような冷暗所で保管するようにしましょう。外的要因によって中身が変質してしまうことを避け、また気温の変化が少ないという点からも、やはり冷蔵庫で穏やかに保存するのが一番おすすめです。

皮膚や体に優しいということは、それだけ外から来るばい菌や雑菌には弱いということを意味します。適切な保管方法をとれば解決されることなので、ないがしろにせず丁寧に保管するように心がけましょう。

トライアルサイズで試す、オーガニック化粧水

オーガニック化粧水は無農薬や有機栽培の原料で作られ画化粧水ですが、すべての方の肌に合うわけではなく、肌トラブルを起こしたり肌のコンディションが良くならないケースもあります。自分の肌に合っているかを試すには、サンプルを使う方法もありますが、トライアルサイズの製品を購入して数日間試す方法がおすすめです。

サンプル品は1回から数回しか使うことが出来ませんが、トライアルサイズなら1週間から2週間ほど使える容量が入っていることが殆どですし、たっぷり使って肌のコンディションが上向くのを実感することが出来ます。肌の調子が良くならなくても、しばらくお休みしてもう一度トライしてみることが出来るメリットもあります。

オーガニック化粧品のブランドからはトライアルキットなども発売されています。化粧水だけでなく乳液や洗顔料、美容液などが使いやすいコンパクトなサイズのセットになっているものがありますのでお試しだけでなく旅行用にも最適です。

オーガニック化粧水を始めに試してみる時には、トライアルサイズを購入し、肌が敏感な方の場合、パッチテストをしてから使う方法もあります。目立たない所につけてみてトラブルが起きないかを試す方法です。