肝臓が再生?話題のシリマリンとは

お酒が大好きだけど、健康診断の結果が気になっている、肝臓の疾患が家系的に心配されるから、若いうちから対策しておきたいといった人には、サプリメントを効果的に服用することがおすすめです。

国内に限らず、海外でもシリマリンといった新しい成分のサプリメントが開発されており、利用してみる価値はあるのです。

話題のシリマリンって何?

医学の発達・研究と共に身体によいとされる成分が次々に発見されています。そして話題のひとつにシリマリンという成分があります。シリマリン成分は、マリアアザミという植物から取ることが出来ます。

地中海地方が原産の植物で、ヨーロッパでは2000年以上の薬草として使用されており、ドイツでは医薬品として認可されているほどなのです。シリマリンは、マリアアザミから取れる成分から生成されるファイトケミカル(化学物質)となります。

化学物質というと体に悪影響を与えるのではないかと思われがちですが、ファイトケミカルは植物中にもともとある天然の化学物質という定義であり、日常的な身体機能には必要ではないが、健康に良い影響を与える可能性を秘めた物質として、注目を浴びているのです。

気になるその効果や効能

シリマリンはマリアアザミ特有のファイトケミカルです。種子に多く含まれており、昔から肝臓にいいとされてきました。近年は研究が進み、その効果や効能がはっきりとわかるようになってきました。

具体的な症状としては、脂肪肝・アルコール性肝炎の予防・肝機能の改善・全身の倦怠感・腹部膨満感・食欲不振などに効果が高いとされています。マリアアザミに含まれるシリマリンは、タンパク質の合成を助けたり、肝細胞のが傷つくことを防いだり、傷ついた肝細胞を再生させる働きがあります。

そのことから肝臓に支障がある人にとって、症状の改善を期待できるというわけです。他にも、解毒作用といった効果もあります。あらかじめ多めにシリマリンを摂取しておくことで、毒性のあるキノコなどを食べてしまっても、中毒にならないとも言われているのです。

肝機能を高める代表的なシリマリンの効果

もう少し具体的にシリマリンの効果を見てみます。タンパク質は細胞を形成するうえで欠かせない存在です。シリマリンがタンパク質の合成を促進するということは、肝細胞の再生や補修に秀でているという事です。

そしてもうひとつ注目されているのが、グルタチオンという成分を増やす効果があるという事です。グルタチオンは肝臓の解毒作用と抗酸化作用をアップさせる成分です。このグルタチオンを増やすという事は、肝臓の機能をアップさせることが出来るという事なのです。

つまりシリマリンというのは、自らが肝臓を守る成分というだけでなく、肝機能をアップさせる成分を増やすことも出来るという、肝臓にとって二重の効果がある優れた成分なのです。

糖尿病にも効果を発揮した驚きの改善例

シリマリンは肝臓にいいと言うだけではありません。実は、糖尿病の症状を改善する働きもあると言われているのです。シリマリンは、血糖値を下げる作用があると言われており、海外では広く治療に使用されている国もあります。

実際に海外での臨床実験データによると、糖尿病患者にシリマリンを継続的に投与した場合、空腹時の血糖値を下げる効果があったという臨床結果が出ているのです。糖尿病の怖さは合併症の併発もあげることができます。

腎臓障害や網膜症といった他の合併症を併発する可能性も高いとされており、シリマリンによって血糖値を下げることが出来れば、こういった糖尿病を原因とした合併症の予防にもつながると期待されているのです。

シワやたるみにも効く?お肌にも嬉しい作用

あまり知られてはいませんが、シリマリンには美肌効果も期待されています。シリマリンにはシリビンという成分が発見されています。このシリビンは研究の結果、高い皮膚老化抑制作用を持っているという事がわかったのです。

シリマリンには他にもいろいろな成分が含まれています。しかし皮膚老化抑制作用を持っているのは今のところシリビンだけとわかってきたのです。特にコラーゲン生産促進作用が大きく、このことから肌の再生を進め、しわやたるみの改善に期待できるといわれているのです。

その他にも、肌のターンオーバーを促進するという事は、しみそばかすにも効果があるということで、継続して摂取することで肌に嬉しい作用をもたらすと言われています。

粘膜を保護する抗酸化作用も

シリマリンは、高い抗酸化作用も期待されています。活性酸素の働きを抑制し、生活習慣病の改善や予防に役立つと言われているのです。また、粘膜保護機能も含まれており、口の中や鼻などの粘膜が弱い人にもおすすめの成分です。

またがん患者が放射線治療を行った場合、副作用として粘膜炎を発症することも多いのですが、シリマリンを投与することで、粘膜を保護し、副作用の軽減を図ることが出来るとも言われています。

肝臓や胃などの粘膜にも効果があると言われており、胃もたれがする・食欲がないといった場合の消化管粘膜を保護したりする働きなど、肝機能の改善だけでなく、他の臓器や部位にも症状の改善が期待できるのがシリマリンなのです。

どうやって服用するの?タイミングとその量

シリマリンはマリアアザミから取れる成分であるため、食べ物から摂取することが出来ません。そのために服用する場合はサプリメントを利用することとなります。一度に摂取するよりも、一日数回に分けて服用する方が効果が高いと言われています。

シリマリンのサプリメントは、一日の摂取量420mgが基本となっていることが多いです。だいたい3回に分けて飲むことが推奨されています。どのサプリメントを購入しても、食後30分以内に服用すると効果的という記載があります。

カプセルや錠剤といったようにサプリメントの形状はそれぞれ異なります。使用上の注意をきちんと読み、処方されている薬がある場合は、医師と相談のうえで服用するよう心がけましょう。

シリマリンの副作用はある?

シリマリンは植物由来の天然のファイトケミカルですから、記載されている摂取量を守って服用している分には、基本的に副作用はないと言われています。しかし、過剰摂取をしたりすることによって、下痢や消化不良、食欲不振、吐き気などを引き起こす場合もあります。

また、シリマリンは女性ホルモンのエストロゲンに影響を与えるという報告もあります。そのため、子宮内膜症・子宮筋腫・乳がん・卵巣がんなど女性ホルモンに関係する疾患を持っている人は、服用を避けた方がいいでしょう。

その他にも、シリマリンは海外では広く使用されていますが、国内ではまだ販売がされていないサプリメントです。安全性が確認されるまで、妊娠中や授乳中の女性は使用を避けるようにしましょう。

オススメする効果的なシリマリンの摂り方

シリマリンは、サプリメント以外にお茶としても販売されています。ここで注意したいのは、なるべく添加物などを使用しておらず、マリアアザミ以外の原料を使用していないものを選ぶことが大切です。

添加物の身体への影響も気になるところですが、シリマリンは難水溶性といった特性を持っており、身体への吸収率があまりよくありません。含有量の2割~5割といった程度しか身体に吸収されないため、なるべくシリマリン濃度の高い、自然な製法で出来たサプリメントやお茶を選ぶことがおすすめなのです。

シリマリンは体内に蓄積することが出来ない成分です。そのために一度に摂取するのではなく。2~3回にわけて摂取する方が、体内に留まる時間も長くなり効果的です。

シリマリンを購入するにはどこ?

シリマリンは欧米では広く市販されている成分ですが、日本国内ではまだ未認可となっており、ドラッグストアや通販などを利用して購入することが出来ません。そのために、手に入れるには輸入代行業者から購入することとなります。

大手通販サイトから、個人輸入した商品を購入することは可能ですが、信頼できるかどうか不安も残ります。そのような場合は、海外サプリメントを専門に扱う個人輸入業者が安心と言えるでしょう。

商品の説明が詳細に書かれていること、海外の正規メーカー品であること、実際に購入した人の口コミを見ることが出来ること、保証があることなどは選ぶ際にはとても重要です。体の中に入れるものですから、きちんとした業者から購入するように気を付けましょう。