脂肪が溜まると落ちにくい!二の腕が太くなってしまう理由と対処法

ダイエット成功できても、二の腕が満足な細さにならないことがよくあります。細くするためにも、なぜ痩せても太く見えてしまうのかや、どうすると痩せられるのかを知ることが大事です。ではなぜ太く見えてしまうのでしょうか。

どうして二の腕の脂肪は目立ってしまうの?

二の腕は痩せにくい部位の一つで、ダイエットをしていても満足に痩せない場合が多いです。脂肪を減らすことができなければ、体が細くなったとしても二の腕だけが太くなり、満足行かない結果につながります。

もう一つの原因となるのが、皮膚のたるみです。脂肪を減少できたとしても、皮膚がたるんでしまい、その結果太く見えてしまうことがあります。筋肉を鍛えている人には、この皮膚のたるみが起きにくく、日常生活だけしかしていない人に起こりやすいです。

二の腕が太く見えてしまう原因は、脂肪だけではなく皮膚も関係していることなので、簡単に細くすることが困難です。痩せられる方法を実行していき、皮膚のたるみができないようなダイエットをしていきましょう。

二の腕の皮膚のたるみについて

二の腕が太く見えてしまう原因の一つに、皮膚のたるみがあります。なぜ皮膚のたるみができてしまうのかというと、それは筋肉が衰えているからです。二の腕の筋肉は、上腕三頭筋と上腕二頭筋の2つで構成されています。

重い物を持つ時に使われているのが上腕三頭筋で、日常生活をしているだけでもある程度は鍛えられます。しかしもう一つの上腕二頭筋は、腕を伸ばしたり押したりする際に使う筋肉で、日常生活で使うことが少ないです。

この上腕二頭筋が衰えることにより、脂肪が溜まりやすく位置の維持をすることができないため、少ない脂肪でもたるみを作るようになります。これが皮膚のたるみの原因で、皮膚だけがたるんでいるのではなく、脂肪も一緒にたるみを作っていることを覚えておきましょう。

二の腕に脂肪が溜まって太くなる

二の腕は脂肪が溜まりやすい部位の一つで、しかもたるみを作りやすいです。日常生活で筋肉を鍛えられれば脂肪が溜まることを防げるのですが、しかし日常生活だけでは十分に鍛えることができません。筋肉が衰えていることで、脂肪が溜まりやすくなる特徴があります。

二の腕の筋肉が衰えていればいるほど、脂肪が溜まり太る可能性を高めてしまうため注意が必要です。痩せようと考えている場合、二の腕の筋肉を鍛えることが必要です。ただ

鍛えるとっても激しく辛い筋トレをしなければいけないわけではなく、女性でもできるトレーニングで解消は可能です。スッキリした二の腕を手に入れるためにも、トレーニングをして溜まっている脂肪を燃焼させていきましょう。

二の腕にセルライトができる理由

二の腕は、脂肪だけでなくセルライトが溜まりやすい部位でもあります。なぜ二の腕にセルライトが溜まるのかですが、それは、リンパの流れが悪くなりやすい部位だからです。セルライトは、老廃物は排出できずに溜まり、脂肪と一緒になることよりできてしまいます。

老廃物さえ十分排出できていればセルライトは溜まらないのですが、二の腕は鍛えている人や痩せている人でもリンパの流れが悪くなりやすく、老廃物が溜まりやすいです。

そのため、脂肪が溜まってしまっている二の腕は、セルライトができている可能性が高いです。セルライトは、脂肪よりも解消することが難しくなっていますので、ダイエットとは別に解消方法を行っていくことがおすすめです。

二の腕の脂肪は落ちにくい!その理由とは

二の腕の脂肪は落ちにくく痩せにくい部位です。なぜ痩せにくいのかというと、それは脂肪だけが原因としているわけではないからです。脂肪だけが原因で太っているのなら、ダイエットすることにより部位ごとに差はあるけれども、満足に痩せることができます。

しかし二の腕は、脂肪だけでなく、セルライトや皮膚のたるみ、そしてむくみで太くなっています。脂肪だけ減らすことができたとしても、むくみ解消ができていなかったり、セルライト除去、そしてたるみ改善ができていなければ補足することができません。

痩せるだけのダイエットをしていると二の腕は痩せる可能性が低く、ダイエット開始時とほとんど変わらない場合がでてしまいますので覚えておきましょう。

脂肪を減らして二の腕を細くする

脂肪を減らして二の腕を補足することができますが、ただ、これは条件をクリアできていればの話になります。体は脂肪を減らすことによって細くすることを可能としていますが、脂肪が原因ではなく太くなっていると、効果はありません。

脂肪減少をさせて細くしようとしている場合、まずは、筋肉が衰えていなくて、なおかつむくみを解消できている上限をクリアしていることが必要です。筋肉が鍛えられていると、皮膚のたるみを防止することができますし、むくみ解消することで細くなり、脂肪だけが原因となります。

セルライトがついている可能性は十分あるけれども、それでも条件クリアできていれば、脂肪減少で補足できます。まずは条件がクリアするためにも、鍛えつつむくみ対策をしていきましょう。

筋肉をつけて二の腕を引き締める

二の腕を痩せるためにも、筋肉をつけることが必要不可欠です。脂肪を燃焼させることができたとしても、筋肉が衰えていることで皮膚がたるむようになります。この現象は、脂肪が重力に負けてしまうためで、負けないようにすることが引き締めにつながります。

二の腕の筋肉を鍛えることにより、たるみを防止することができ、その結果引き締めることができます。鍛える方法は数多く存在していますが、おすすめしたい方法が、ダンベルを使った筋トレです。

腕立て伏せでも十分に鍛えることは可能だけれども、女性にとって辛い筋トレです。ダンベルを使った筋トレは、比較的簡単にでき、女性でも可能な方法です。筋トレをして筋肉を鍛えるようにし、二の腕を引き締めるようにしましょう。

むくみを取って二の腕をスッキリさせる

二の腕を細くするためにも、脂肪燃焼だけでなくむくみ解消が大事です。太く見えてしまう原因でむくみがあります。二の腕は、老廃物の排出が難しく、むくみ発生させてしまう可能性が高いです。

その人により太く見えてしまう原因は異なりますが、脂肪ではなくむくみだけが原因の場合もあります。むくみ解消することで二の腕をスッキリさせることができますので、まずは解消できる方法を行うことがおすすめです。

リンパマッサージをすることで解消しますし、また生活習慣改善するだけでも解消することが多いです。体にとってむくみ発生することはよくありませんので、痩せるだけではなく、健康を維持していくためにも解消できるようにしていきましょう。

合掌ポーズで二の腕引き締め

二の腕を補足する方法としておすすめしたいのが、合掌のポーズです。実は手のひらと手のひらを合わせるだけでも、二の腕を鍛えることができて、引き締められます。合掌のポーズは、上腕二頭筋を使うことができます。

筋肉は、無理な筋トレをしないと鍛えられないのではなくて、使うだけでもある程度なら鍛えることができます。衰えを防止するだけでも、二の腕の引き締めにつながります。合掌のポーズは、ちょっとした時間さえあれば、場所を選ぶことなくできます。

座ったままでもできますし、多少の休憩時間でもできて、短時間でも十分な効果を発揮してくれます。仕事や遊びなどで忙しい方にとって優れている引き締め方法ですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

椅子に座って出来るエクササイズ

二の腕ダイエットでは、椅子に座ってできるエクササイズがいくつかあります。効果的な方法となるのが、合掌のポーズやダンベルを使った筋トレです。どちらの方法も、手を動かすだけでできてしまうエクササイズの方法なので、立ってなければ効果が出ないわけではありません。

座っていても十分な効果を発揮してくれますので、場所を選ぶことなくできます。また、エクササイズだけでなく、リンパマッサージも椅子に座ってできるおすすめ方法です。リンパマッサージをすることにより、むくみ解消ができます。

引き締めるためには、筋肉を鍛えるだけではなく、むくみ解消も大事になりますので、リンパマッサージも行うことが効果的です。脂肪燃焼だけでは難しい二の腕痩せですが、引き締めに効果ある方法を行うだけでも細くできる可能性が高まります。エクササイズやリンパマッサージをして、望んだ二の腕を手に入れましょう。