腹巻でダイエットができる?理由や効果を徹底解説!

ダイエットは女性にとって永遠のテーマと言っても過言ではありません。長い歴史の中でも女性は美容への追求を常に求め続けています。

美しい装飾品を身に着けて華やかに着飾ったり、化粧をして自分をより美しく見せる術を身に着けていたり、体型を綺麗に見せる服装や下着など、日本でも世界でも古い時代からその努力を行ってきた軌跡が今でも残っているのです。

美しいボディラインを手に入れたい女性は非常に数多くいます。現代社会は情報社会とも言われており、インターネットで検索を行えばダイエットにカンする情報も数え上げられない程簡単に集めることができるのです。

ダイエットで大切なことは、無理なく日々継続して実践できる事と、その方法が自分に合っていて気になる部分を効率よく痩せられる事です。腹巻きでダイエットが出来るという夢の様な方法が近年騒がれていますが、その効果はどのようなものなのでしょうか。

腹巻きの効果で体を温めダイエット

女性の体は、男性にくらべて冷えやすくできています。脂肪が冷えると、保冷剤のように冷えを溜め込んでしまうことが大きな要因とも言われています。赤ちゃんを育むためにはある程度の脂肪が必要なので仕方がない部分もあります。

しかし、体を冷やしてしまうとさまざまな悪影響がありますから、なるべく冷やさないことは美容の面でも健康の面でも大切です。体は、冷えると代謝が悪くなりやすくなります。ですから、冷やさずになるべく温まっている状態をキープすることは、代謝を下げないためにダイエットにおいても大切になります。

また腹巻きをしてお腹から体の深部を冷やさないようにすることで、むくみも防げるとされていますから、脂肪が多いわけではないのにむくみで足などが太って見えがちであったり、不快感が気になっているひとには有効なことが多いです。

よく、ダイエットにおいて入浴をしっかりすることが有効と言われますが、せっかく温めた体もそのあと冷やしてしまうと台無しです。

自分に合った腹巻きを見つけて、いくつか素材やデザイン別に持っていれば、季節や室温気温、その日の服装や気分で変えられますから、楽しみながら心地よく美容と健康の助けになることが期待できます。

腹巻の効果

腹巻きを使用することで得られる効果には、まず冷えの改善があります。腹巻きは巻くことで、体温が1度程度上昇するとも言われるほどの保温効果があり、上昇した体温と共に免疫力も上昇するため、健康維持には非常に大きな役割を持っています。

冬場では、手足の先を何度温めてもしばらくすると冷たくなっていることありますが、その理由は、手足だけではなく全身を巡っている血液が、すでに冷たくなっているため手足をどんなに温めても冷えた血液がまた巡ってきてしまうからです。

腹巻は、内臓が集中しているお腹をじっくり温めることで冷えを解消し、体の隅々まで温められた血液が巡るようにする効果があります。その他にも、体温が上昇し血流が改善することで、頭痛・肩こり・腰痛・吐き気などの症状を緩和する効果もあります。

さらに、腹巻きをすることで体温が上昇すると基礎代謝も上昇します。呼吸や心臓の動きなどにより脂肪を燃焼する基礎代謝が上昇することで、食事制限や激しい運動を心掛けることなく、何もしなくても痩せやすい体になります。

美容の面でも、体温が上昇することで、余分な塩分や毒素を排出する働きが高まり、むくみや肌トラブルを改善することができます。

腹巻きを使用する事で期待出来る効果

かつては腰痛に苦しむと言うと男性のイメージが強くありましたが、最近では女性でも慢性的に苦しむ人が増えています。慢性の腰痛に苦しんでいる人の多くは、血行が悪く筋肉が硬くなっているのが主な原因です。

腹巻きにはお腹だけでなく、腰回りも温めてくれる効果を期待する事が出来ます。腰を温める事で血行を良くする事が出来るので、硬くなった筋肉を柔軟にする事が可能です。お陰で腹巻きを利用する事で、腰痛の改善効果が期待する事が出来ます。

腹巻きは慢性的な腰痛になるのを、予防する効果を期待する事が可能です。腰が痛くなるのは冷えから来る事が多いので、予め腰を冷やさない様にしておく事で腰痛を予防する事が出来ます。ただし注意点としてはぎっくり腰の場合は、患部が熱を持っているので温めると逆に悪化する可能性が高い事です。

腹巻きを使用する事で得られる嬉しい効果としては、生理痛の解消もあります。お腹が冷えた状態というのは血管や子宮が収縮しているため、生理痛の痛みを強く感じ易いです。逆に言えばお腹を冷やさない様にしておけば、血管や子宮が収縮するのを抑える事が期待出来ます。

なので普段から腹巻きでお腹を冷やさない様にする事で、生理痛を緩和したり解消する効果を得る事が可能です。

お腹を温める事に意義があり

ここ数年、腹巻きがとても注目されています。雑誌の付録などにも腹巻きを付ける雑誌社もあるくらい、注目しているのは美容に良いという点と冷え症にもよいという事です。お腹は人にとって大事な部位でもあるのが、腸などの内臓があるからです。

冷えから便秘になる事もありますし、体全体にも様々なところへと影響が出ます。腹巻き効果としては、冷え症を改善できるという点と、妊娠率が上がるという点もありますし、また美容にも良いとされているのが便秘解消です。

お腹を温める事により代謝率も良くなりますから、食べた物を消化しやすく熱で消費もしやすくなります。故にお腹周りが気になる人には有効的です。内臓脂肪を燃やす事もできますから、腹巻きをして寝るだけでなく普段の時でもつけていると良いでしょう。

なんといっても、身に付けているととても暖かいというのが良きところです。寒い冬は特にお腹が冷えてしまいますから腹巻きを付ける事をお勧めします。

今は、おしゃれなものや素敵な製品などが販売されていますから、楽しみながら身に付けることができます。

さらに、100円ショップでももこもこの製品もあり、これがワンコインとは思えないほど温かいです。毛糸のパンツと同じ位温かいもこもこパンツとセットで身に付けるとさらに効果的です。

腹巻きは肌荒れ改善の効果あり

寒い時に活躍する腹巻きは、身体を暖めることだけが一般的な効果だと思われがちですが、肌荒れにも良いという嬉しい効果があります。腹巻きとはお腹に巻くものなのでお腹を暖かくすることができます。それはつまり腸や腰回りも同時に暖めるということに繋がり、これが肌荒れにとても効果があるのです。

肌荒れの原因は様々ですが、胃の調子が悪い時に肌は荒れてしまうものです。また、体を冷やすことは体だけでなく肌にも悪影響を与えます。よって、胃や腸を健康に保つことが肌の調子を良くするためには重要になってきます。

腹巻きを使って冷えた胃や腸の温度を上げることができると、暖まったことにより腸内細菌の活動が活発になります。腸内細菌が活発に働くと体には良いことづくしで、便秘解消、基礎代謝が良くなり肌を綺麗な状態に保ちやすくなる、などがあります。

さらには、お腹を暖めることで体全体の体温も上昇させることができるので、必然的に血行が良くなっていきます。血行が良くなるということはすなわち体の調子が良くなるということで、それは肌にも関わってきます。

肌にとって大切なことは直接的でなくても、腹巻きをすることによって間接的に少しずつでも改善していくことができるのです。

正しくつけて効果もアップ

腹巻きも効果をアップさせたいなら、どのように着用するかもポイントになってきます。とりあえずお腹の辺りにつけておくというだけではあまり暖まっていないこともあります。

締め付けると血行を悪くしてしまうので程よいフィット感のものを選び、手で触れて気持ちのよいものは長くつけていても気になりません。

つける位置としては、女性の場合はウエストよりも上の位置に着用するのがおすすめです。男性でも冷え取りのためにつける方もいますが、その場合は腰の位置につけるようにするとよいでしょう。お腹周りをしっかり守れているかどうか、上に服を着る前に位置を確認するのも忘れないように心がけて下さい。

つけているうちにずれてくる事もありますので、お手洗いに行く時などに直しておきましょう。

最近は腹巻きと言ってもお腹回りだけを守れるようなデザインだけでなく、ロングタイプで胸やお尻なども守れるようなものも出てきています。もっと全体を温めたいと思うのであれば長めのものを用意して温める範囲を増やしておくと効果もアップするでしょう。

お腹回りは意外と冷えやすいですから、上手に生活の中で腹巻きを使いこなして温めながら自分自身の体を守ってあげて下さい。

運動してさらに効果もアップ

冷えを感じているのであれば、腹巻きをするだけでもかなり改善されますが、一緒に運動もすると効果がよりアップします。どんな運動でもいいのかなと悩むところですが、基礎代謝を上げるためにカロリーを消費できる有酸素運動をすることをおすすめします。

ウォーキングやジョギングでもいいですし、常日頃から散歩をしているというのであればそれだけでも構いません。激しい運動よりも軽い運動をするときに腹巻きをつけておく方が効率的に体を温められるので脂肪燃焼効果も上昇するのです。

ただし、長く運動を続けていて汗をかいてくると、水分が溜まってしまってそのせいでお腹周りを冷やしてしまう事にもなってしまいますので、適度に新しいものに着替えるか、休憩を入れたりするとよいでしょう。

他にも、簡単な運動を行う時に相性がよいので、ストレッチや筋トレをする時などにも着用してみて下さい。

腹巻きも今はいろんな素材やデザインのものがありますので、運動をする時にも身につけていて気にならないようなものも多いです。こまめに運動をするのであれば、もっと効果をあげるために一緒に使ってみて下さい。体がもっと温まって健康的にダイエットをすることができます。

腹巻きの効果がさらに実感できる食材

腹巻きは冷えやすい腹部や腰を冷えから守ってくれる心強いアイテムですが、肝心の身体が食事内容によって冷えやすくなっていてはせっかくの効果が半減してしまいます。

腹巻きで身体を冷えから守ることで全身の血流が良くなり代謝機能がアップして肩こりや頭痛の緩和や肌荒れ防止に繋げられますが、冷え性体質の人はいったん身体が冷えてしまうと厚着をしてもなかなか全身が温まりません。

冷え性改善に有効な漢方薬やサプリなどもありますが、日々の食事の工夫でも冷えにくい身体づくりを目指すことが可能になります。

まず注意すべきは野菜の摂り方で、ビタミン類を壊さないよう生野菜サラダが良さそうな印象がありますが、冷えやすい人は基本的に夏野菜を避け、冬の葉物野菜や根菜類も必ず加熱調理して摂取することが大切です。

ショウガやネギ類を積極的に取り入れることも重要で、すりおろして温かい飲み物にも入れやすいショウガは特に積極的に活用したい食材です。赤身の肉類や青魚なども身体を温めることに役立つため、ダイエット中でも工夫して取り入れることで体力が付く上、冷え対策にもなります。

糖分の摂り過ぎは身体を冷やす要因になることから、温かい飲み物でも過度に砂糖を取り入れないよう用心することも大事です。身体を温める作用を持ち食物繊維も摂れる根菜類や肉類をショウガ味の料理で賞味する機会を増やすと代謝も良くなり、腹巻きの効果をさらに生かせるようになります。

コルセットの正しい着用で腹巻き効果も

腰痛緩和のために腰コルセットを着用している人も少なくありませんが、腹部をしっかり覆うタイプのコルセットであれば腹巻きと同様に適度な保温効果を得ることができます。

とは言え保温性に優れた布や毛糸などでゆったり着用できるタイプが多い腹巻と違って、腰をしっかり支える構造を持つ腰痛専用コルセットは注意事項を守って正しく着用してこそ治療効果を発揮します。

そのため腹巻き用途を目的に緩めに着用して何時間もそのままにしていたり、就寝中の着用は不可とされているタイプを付けたまま眠ってしまうと逆効果になる恐れがあります。治療用のコルセットは特に医師の指示通りの時間内で着用することが大切で、温かいからと長時間付けたままにすることは避けるべきです。

引き続き保温効果を得たい場合は、面倒がらずに普通の腹巻きに付け替えることで正しい腰痛対策にもなります。性能の良いコルセットほどきつく締め過ぎてしまうと血行不良を招く心配もあり、腹巻代わりの安易な着用は避けて、腰の痛みが出た時にのみ利用することが重要です。

腹巻きも丸一日付け続けると身体が甘えて自力保温しにくくなると言われますが、コルセットも頼り過ぎると腰を支える筋肉が弱って回復の妨げになることもあるとされます。身体の要である腰に使うコルセットは特に正しい指導の下に使用すべきものと認識しておくことが大切です。

腹巻きのダイエット効果とNGのケース

腹巻きをすると内臓が温まるので、体温が上がり代謝が高まります。これにより、皮下脂肪が燃焼しやすい状態となるので、踏み台昇降やウォーキングなどの有酸素運動を行う時に見に付けると、ダイエット効果をさらに引き出すことになります。

さらに、腹巻きをすることでお腹が冷えにくくなるので、大腸や肝臓の働きが停滞することなく常に正常な状態をキープするようになります。このために、脂肪の分解促進やデトックス作用が滞りなく発揮されるので、老廃物が溜まりやすい状態からスッキリした状態へと変化します。

このように腹巻きをすることで様々な効果を期待できるのですが、注意しなくてはならないポイントもあります。それは、付ける時間は最大でも4~5時間程度に限定するということです。何故なら、1日中付けたままにすると本来備わっている温める能力が衰えてしまい、冷えやすい体質へと変わってしまう可能性があるからです。

このために、寝る時や運f道の時だけ付けるというように、自分なりのスタイルを構築するのが適当です。

また、素材にもよりますが素肌に直接付けるとチクチクするなどの刺激が生じてしまい、肌トラブルに発展するケースがあります。このようなことにならないためには、素肌に付けないようにするのが賢明です。

どんな風に選べばいい?

冷え取りに活躍してくれる腹巻きの効果を最大限に生活に取り入れていくためには、どんなものを使うのかも重要です。手軽に使えるリーズナブルなものもあれば、高級素材を使った緒高めのものもあります。

肌に優しいものを選ぶのであれば、素材にこだわってみましょう。天然素材である綿(コットン)や絹(シルク)、毛(ウール)が肌あたりもよく使いやすいので予算に合わせたものを探して下さい。化学繊維だと通気性が悪くてかえって体を冷やす事もあります。

その他にも使うシーンに合わせてなるべく使いやすいものを探していきましょう。オフィスの冷房対策などでなるべくつけていることを感じさせないようにするなら薄めのものがいいでしょうし、ゆっくり家で眠る時に着用するなら他の人の目もありませんししっかりお腹を温めてくれる厚めのものを選んでみて下さい。

意外に重要なのは伸縮性ですが、体にフィットするかどうかは重要なので、実際に手にとって見ることができるなら生地に触れてみるのもおすすめです。お腹周りのサイズを測り、自分にあっているサイズかどうかも必ず確認しておきましょう。自分のライフスタイルに合った腹巻きで、温め効果をじっくり実感してみて下さい。

上手に使いこなしたい

冷え性など体が冷えやすい方には腹巻きは手軽にお腹を温められる良い手段ですが、効果的に使うための注意点もあります。今は素材も様々なものがありますし、デザインも昔のものからは想像できないほどお洒落で可愛いものがたくさんですから、一日中つけていても気にならないぐらいでしょう。

何より気をつけておきたいのは、「一日中腹巻をしたままにしない」ことです。お腹周りを冷やしたくないのに腹巻を使うのにどうしてかと思うかもしれませんが、つけっぱなしにしていると自分自身で体を温める力が弱まってしまうのです。

目安として1日4~5時間ぐらいにして、寝る前や冷房の効いているオフィスで使うなど、使うシーンを決めてメリハリをつけて使うようにしましょう。

素肌に直接つけられるような気持ちのよい素材もありますが、汗をかいたりして水分を吸うと温めるはずの腹巻でお腹を冷やしてしまう事もあります。

デリケートな肌の方の場合は素材が合わずにかゆくなったりする事もありますので、どんな素材が使われているのかもチェックしながら、なるべく衣服の上から重ねて使うようにしてみて下さい。上手に腹巻きを使いこなして温め効果を充分に感じて過ごしましょう。

腹巻きをするとダイエット効果があるのか

腹巻きなど年寄りのするものだと思いがちですが、実は隠れたダイエットの効果が期待できます。

腹巻きの用途は、腹に巻くことで腹部を温めてくれます。どうして腹部を温めるとダイエットができるのかと言うと、体内に蓄積された脂肪はエネルギー消費を増やさなければ無くなっていかないという点にあります。

このエネルギー消費というのは基礎代謝であり、この基礎代謝は体温を上げれば上昇するようになっています。特にダイエットをしていなくても、腹巻きを普段からしていると基礎代謝が活発となって太りにくい体質になります。

若い頃にいくら食べても太らなかったという人はこの基礎代謝が活発に働いてくれたからであり、それが年齢と共に働きも鈍くなって、脂肪を体内に取り込みやすくなったのが増えた体重がなかなか減っていかない原因です。

また腹部を温めることで腎臓も温められるので、むくみの解消にも繋がっていきます。このむくみとは体内に必要以上の水分があるため、その水分が引力で自然に下がっていくので足に蓄積されやすく起きるものです。

原因は腎臓が冷えたことで水分の排出機能がうまく調節できないからであり、腎臓がちゃんと働いて体内の水分を体の外に排出してくれたらむくみなどは起きません。

今のファッショナブルな服装に腹巻きはどうしても似合いませんが、巻くだけである程度のダイエットが期待できるのですから、自分の部屋で一人になって寛いでいる時などに実践してみてもいいのではないでしょうか。

腹巻きと共に他の部位も効果的に保温

腹巻でお腹の保温を確実にした上でプラスアルファで温めたいのが首と足首です。ネックウォーマーとレッグウォーマーが役立ちますが、ルームウェアとしては導入しやすいものの、服装によっては外出時に向かないこともあります。

ネックウォーマーの場合は、目立ちにくくどんな色の襟元にも合いそうな黒を選んだり、外出の際はマフラーのアレンジで首回りをしっかり保温します。レッグウォーマーはフェミニンな服装にはやや不向きですが、パンツスタイルの時はパンツの内側に短いタイプを履いて足首に当たる隙間風を防ぎます。

首と足首を温めることで全身の血流を促すことに繋げられ、腹巻きの効果と共に代謝アップにも役立ちます。末端冷え性の場合、冷えた箇所を温めようと思ってもいったん冷えてしまった場合改善に時間がかかるため、過度に冷やさないようあらかじめ対策をしておくことが重要になります。

手の指先が冷える人は手首を温めることで全身の血流改善にも役立つため、手袋では指先の作業が困難な場合は指先部分が空いていて手首の辺りまで覆う長さがある室内用手袋を導入しておくと便利です。

寒い時期に意外に多いのが頭が冷え過ぎて起こる頭痛で、頭寒足熱にこだわることなく寒さを感じた場合は帽子をかぶるのも良いと言われます。

腹巻きの効果とつけやすいファッション

腹巻きは体にさまざまなよい効果があるとされています。お腹は内臓が全部入っている大切なところです。体の深部を冷やしてしまうと、冷え性の悪化をまねいたり、それにより痩せにくい体質になるひともいますし、生理痛の悪化やむくみの原因にもなるとされています。

自分に合った腹巻きを上手く生活のなかに取り入れられれば、健康的且つより美容にもいい生活をおくれるようになる可能性が高いです。

ファッション的に、腹巻きをするのに抵抗のある人もいますが、今はおしゃれでかわいいものがどんどん販売されるようになっていますし、ファッションを工夫して上手く合わせることも可能です。例えばAラインのワンピースやペプラムブラウスやカットソーです。

これらのアイテムは、お腹回りをキツくおおいませんから腹巻きをしていても目立ちません。また、ゆったりした今流行りのモコモコのニットも腹巻きとの相性はいいです。ボトムスはスカートでもパンツでもいいですから、コーディネートのパターンも多いですから簡単です。

体のラインがかなり出るものを着るときでも、上からカーディガンを着れば大丈夫だったり、今はブラウスもビッグシルエットというフワッとしたラインものが流行りなので、合わせやすいです。