自分に合うクレンジングはどれ?クレンジングの種類や選び方

自分に合うクレンジングがどんなものを使えばいいのかがわからないという方は多くいますよね。自分に合うものって何だろう。おすすめのものって何だろう、と思っている方も多いと思います。そこで今回は、自分に合ったクレンジングの選び方や、種類について簡単にわかりやすく、徹底解説します。

クレンジングには大きく分けて、ローションタイプ・ジェルタイプ・オイルタイプ・クリームタイプ・リキッドタイプ・シートタイプの、六種類に分けられます。この六種類のクレンジングのメリットとデメリットについて話した後、あなたに合った種類の物を紹介させていただきます。

この記事を読んで、あなたも自分に合ったクレンジングに出会いましょう。

ローションタイプのメリットとデメリット

メイク汚れを綺麗に落とすことができるクレンジングには、ローションタイプなどのさらっとした水状のクレンジング化粧品も販売されています。クリームやジェル、オイルに比べてサラッとしたテクスチャとなっているので、メイクを落とした後のぬるつき感が苦手という方は、コットンにクレンジングローションをたっぷり含ませて、顔になじませるだけでスルッと汚れを落とすことができるので、短時間でケアを完了するメリットがあります。

またコットンを利用して拭き取りを行うタイプなので、肌の表面に蓄積している古い角質や毛穴の汚れも綺麗に除去することができる点も人気の理由となっています。製品によってはW洗顔が必要ないタイプも多いので、帰宅後にこれ一つでメイクと洗顔を完了できるのでスキンケアを時短することが可能です。

ただローションタイプは洗浄力が高いので、肌の乾燥が目立つ方が利用するとかえって肌に負担をかける恐れがあります。スキンケアを行う際に化粧水が肌にしみてヒリヒリすることが多い方や、肌のコンディションが悪い時などはコットンで拭き取りを行うのも肌に負担をかけるデメリットがあります。そのため敏感肌の方には向いていない特徴があり注意が必要です。

クレンジングジェルのメリット、デメリット

クレンジングジェルと言ってもその中にはいくつかの種類があります。まず水性タイプと油性タイプに分けられます。さらに、水性タイプの中には油分入りのものと油分無しのものがあります。まずは水性油分入りタイプについてです。こちらは現在市場に出回っているクレンジングの大部分を占めていて、伸びがよくさっぱりとした洗い上がりです。

次に水性油分無しタイプです。こちらは油分が入っていないということでまつ毛エクステをしている方でも使えます。これらの水性タイプは洗浄力があまり強くないので濃いメイクをしない方にお勧めです。また乾燥しやすいというデメリットもありますので、乾燥肌の方は他のタイプのクレンジング剤を使うといいでしょう。

最後に油性タイプです。こちらは油性ということでメイクによく馴染み、ウォータープルーフのマスカラやリキッドファンデーションなども綺麗に洗い落とすことができます。ただ、成分の大半が油分ですので、脂性肌の方やニキビでお悩みの方には向きません。全体的にジェルタイプのクレンジングは濡れた手でも使えるので、よく滑り、肌への摩擦が最小限に抑えられます。肌への刺激が気になる方はジェルタイプのクレンジングを選ぶといいでしょう。

クレンジングは肌に合うものを使おう

オイルタイプのクレンジングは一般的によく利用されており、最も洗浄力が強いのが特徴です。そもそもクレンジングは洗顔で落とせない汚れを除去するものなので、洗浄力が強いものが求められます。

オイルは皮脂とよくなじむので、毛穴に詰まった皮脂も溶かして除去してくれます。使用後に爽快感を得られるのがメリットで、皮脂ぬめりが完全になくなるでしょう。デメリットは洗浄力が強いため、使用後に肌がつっぱりやすいことです。油分がすべて除去されてしまうので、スキンケアでは保湿・注油を意識してください。

クレンジングは強力なほど汚れを除去できますが、肌へのダメージは大きくなります。そのため毎日使用するのではなく、週に1~3回のスペシャルケアとしておすすめします。肌を元気にするためには、刺激を与えすぎないことが大切です。肌にはバリア機能が備わっているので少々のダメージはブロックしてくれますが、バリア機能は年齢とともに低下していきます。

いつまでも丈夫な肌は維持できないので、クレンジング選びには慎重になってください。肌に合ったものが一番のおすすめですから、オイルタイプを選ぶときも複数を比較してみましょう。使用感がよいもの、肌が安定するものを選ぶのがポイントです。

クリームタイプのメリットデメリットは何か

クリームタイプのクレンジングは、洗浄力が高すぎることはありません。乾燥肌や敏感肌の人はあまり洗浄力が高いと必要な皮脂まで洗い流してしまうので、クリームタイプが合っているでしょう。

クリームタイプはオイルの含有量が少ないのですが、保湿成分が入っていることがあります。オイルタイプのようにさっと洗い流すということではなく、顔全体に塗ってメイクを落としつつ顔のマッサージができます。保湿成分が入っていれば、洗った後の肌はしっとりしているでしょう。

メリットだけではなく、デメリットもあります。オイルの含有量が少ないために洗浄力があまり高くないので、しっかりメイクの場合はなかなか落ちないこともあります。アイメイクに力を入れている人はアイメイクリムーバーを別に使いましょう。また、洗い流すタイプもふき取りタイプもたいていの場合はダブル洗顔が必要です。

乾燥肌や敏感肌の人も安心して使えるクリームタイプのクレンジングですが、メリットとデメリットがあります。肌が乾燥しやすい人ならば、手間はかかっても使ってみると良いかもしれません。洗顔後につっぱりにくいですし、マッサージできますから毎日のように使い続けるうちに肌の調子が良くなることもあるでしょう。

リキッドタイプのクレンジング

様々な種類のあるクレンジングの中のリキッドタイプについて説明します。リキッドタイプは水分をベースにして作られたサラサラとした液状のもので脂にも馴染みやすい特徴があります。リキッドタイプのクレンジングのメリットは多くあります。まずさらっとした感触がするので粘着きやぬるぬる感が苦手な人でも快適に使用することが出来ます。

そして濡れた状態でも使用できるものが多いので、お風呂場で身体や洗髪する際に一緒にお化粧を落とすことが出来るのも手間がかからず好評です。肌にその日のお化粧が落としきれないと古い角質が肌に残ってシミやシワなどの肌トラブルのもとになります。それを予防するためにもリキッドタイプはお化粧をしっかり落とす効果が大きいのもメリットです。

まつエクなどに対しても負担をかけることが少ないのでまつエクされている方に支持されているクレンジングとも言えます。デメリットとしては強いクレンジング力があるので、肌の乾燥を促進させてしまう場合があります。乾燥肌の方は肌の調子によっては使用を控えた方が良い時もあります。そしてクレンジングを終えたら、必ずしっかりとした肌ケア、特に保湿を行い、肌に潤いを与えることが大切です。

おすすめのクレンジング用品

メイク落とし用品を選ぶ時には、リキッドタイプの物やジェルにローションのような様々な種類の物などがありますが、シートタイプもおすすめすです。シートのクレンジングの利点はなんと言っても洗浄力が高いことにあります。

予めクレンジング液が染み込んでいるコットンを使う事になるので、お肌にそのまま使う事が出来、コットンで擦り取るようにしてメイクを落とせるので、時間もかからず短時間の間で大幅にメイクを落とせます。

リキッドやローションの場合には、どうしても洗面台の前でやらなくてはならなかったり、近くにコットンやティッシュ等の拭き取れる物がなければ使えませんが、シートタイプならば持ち運びも自由なので場所を選ぶことなくメイク落としが出来ます。旅行の移動中に使ったり外出先でも使えるので、どこでも使えるというのもかなり大きなメリットです。

おすすめのポイントもたくさんありますが、少しだけデメリットも存在します。それは擦り洗いをするタイプなので、お肌に細かい傷を付けてしまう事があるという点です。これは力を入れずに擦ることで解消できますので、使い方さえ工夫すれば問題はないでしょう。シートタイプのケア用品はかなりおすすめです。

クレンジングの洗浄力はタイプによって変わってくる

クレンジングにはオイルタイプやクリームタイプ、シートタイプなど多くの種類があります。どれもファンデーションやマスカラを落とすことができますが、自分の肌質やメイクの濃さにあわせて使いこなすことが大切です。何故なら、クレンジングはタイプによって洗浄力が大きく違ってくるからです。オイルタイプやリキッドタイプのクレンジングは洗浄力が高いのが特徴です。

そのため濃い目のメイクでも短時間で洗い流すことができます。オイルタイプは油分がメインの製品なので、肌を清潔にしつつ乾燥を予防することができます。アルガンオイルやバオバブオイルなど、自然由来のものを使用することで肌への負担を軽減させることも可能です。リキッドタイプは高い洗浄力を保ちつつ、オイルを遣わずにさっぱりとした使い心地が特徴です。

皮脂の分泌が盛んで、肌が脂っぽくなるのが嫌だという人に最適なクレンジングです。クリームタイプやジェルタイプ、ミルクタイプは洗浄力が弱いクレンジングです。クリームとミルクタイプは、しっとりとした使い心地のものが多く、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分が配合されているものも多数あります。一方のジェルタイプは、さっぱりとした使い心地が特徴です。シートタイプは最も洗浄力が高いので、濃いアイメイクも力を入れずに落とせるのが魅力です。

クレンジングの方法

女性にとってメークはなくてはならない物です。大変なのは帰ってからのメーク落としです。仕事などから疲れて帰ってきて、メークを落とさずにそのまま寝てしまうという人もいるかもしれません。しかしこれでは肌に負担がかかってしまいます。帰宅したらすぐにメークは落す様にしましょう。

クレンジングをする時に、キレイにメークを落そうとしてゴシゴシ力を入れて洗ってしまう事はいけません。肌は摩擦に弱い為、力を入れて洗ってしまうと肌を守っているバリア機能が破壊されてしまいます。クレンジングは力を入れずに優しく洗う事が重要です。濃いメークをしている時は、中々1回のクレンジングだけでは落としにくいです。特にアイメークや口紅などを一気に落とそうとすると、顔中真っ黒になってしまいます。

この様な事がない様に、クレンジングをする前にはポイントメイクリムーバーを使ってアイメークや口紅を落しておきましょう。コットンにポイントメイクリムーバーを染み込ませて、目の上と口の上に置き、そっとふき取ってください。目の周りと口の周りは皮膚が薄いので力を入れない様にしましょう。その後のクレンジングは汚れの溜まりやすいTゾーンからつけて顔全体に伸ばしていきます。すすぎも丁寧に行いましょう。

W洗顔は必要なのか

メイクオフをする際に、肌の潤いを落としすぎることは肌の乾燥につながるため、洗浄力の高いクレンジング化粧品を利用するのは避けたいと思っている方は少なくありません。しかしメイク汚れと並行して肌の古い角質や毛穴の汚れを落とす場合や、顔全体のマッサージを行い肌にハリを出すためには、しっかり顔全体をマッサージして汚れを落とすことが重要になってくるので、メイク汚れになじみやすくエイジングケアも同時に行えるクリームタイプやオイルタイプのクレンジング化粧品がおすすめになっています。

特にクリームタイプは油分を多く含んでいるため、肌に適度な潤いを与えつつメイク汚れをすっきり洗い落とすことができる特徴があり、メイク汚れを乳化させることでスルッと落とすことができるメリットがあります。更に顔を洗った後もクレンジング後のつっぱりが起こりにくく、しっとりと潤いのある状態を保つことが出来ます。

ただクリームタイプは水で洗い流しても肌にぬるつきが残ってしまうため、きちんと汚れを落とすためにもW洗顔を行う必要があります。この時の洗顔方法のポイントがよく泡立てて泡を利用して顔を洗うことです。このお手入れを行うと肌への摩擦を減らして潤いを逃しません。

クレンジングの時にやってはいけない事

誰もが帰宅すると行う事は、クレンジング剤を使ってメークを落す事ではないでしょうか。しかしどの様なクレンジング剤を使用しても正しい使い方をしなければ肌を傷めてしまいます。多くの人がやってしまいがちなのがゴシゴシ荒いです。メークをしっかり落とそうとして、ゴシゴシ力を入れて顔を擦ってしまうのはNGです。

肌は摩擦に弱く、大切なバリア機能を破壊する事になります。そうすると肌を刺激から守ってくれるものがなくなります。紫外線や埃など様々な刺激をダイレクトに受けてしまい、敏感肌の原因になってしまいます。特にやりがちなのが、アイメークを落す時です。特に目元は皮膚が薄い部分です。目元に力を入れて擦ってしまうのは絶対にNGです。アイメークは専用のリムーバーで優しく落としてください。クレンジングの後のダブル洗顔もNGです。肌を擦る回数が増えれば増える程肌の負担になります。

クレンジングはダブル洗顔の必要ない商品を選ぶ様にしましょう。クレンジングをする時は、とにかく力を入れない事です。優しくメークを落す様に心がけましょう。この様に正しいケアの積み重ねによって美肌は作られていきます。年齢を重ねても美しい肌でいられるようにしていきたいものです。

20代におすすめのクレンジング

クレンジング用の商品はたくさん販売されていますが、その中でもおすすめできる商品の一つに、フルリという化粧品メーカーが製造販売しているクリアゲルクレンズというものがあげられます。この商品の特徴は、毛穴が気になる方にとても大きな効果が期待できるという点です。

お肌に付着している化粧品や顔の油などの不純物を十分に浮かせてから除去する効果があり、毛穴の根元から洗浄する効果があるため、顔の質が脂身を帯びているような方でも好んで利用されることが多いです。効果が大きいことに加え、自然成分を配合されているため、比較的副作用が少なく、安心して利用することができる点も大きな魅力です。

毛穴の洗浄だけでなく、お肌のハリと潤いを維持する効果も大きく、かつ弾力を取り戻させてくれるため、この商品でクレンジングをした翌日の化粧のノリがとても良いという好評の声も多くなっています。

紫外線によるお肌のシミやくすみの発生を予防してくれる効果も大きく、とても有用な商品といえます。この商品は、通販で購入すると大変便利に手に入れられます。インターネットの画面から注文および配送手配の依頼、加えて決済処理まですべての処理を完結することができて便利です。

30代が選ぶべきクレンジング

クレンジングはメイクや皮脂、毛穴の汚れ等を洗い落とす役割を担っています。そのため洗浄力がある程度高い物なら、どの商品を選んでも問題ないと考える女性は少なくありません。ですがクレンジングは年代別にその肌質に合う商品を選んで使用する事を、おすすめします。

年代によっては刺激が強すぎたり肌質に合わない商品も存在するので、注意しなければなりません。特に30代ともなると、それ以前の肌質とは劇的に変化したりするので年代に合う商品をきちんと選ぶべきです。そんな30代におすすめ出来るクレンジングの1つが、カバーマークトリートメントクレンジングミルクだったりします。ミルクタイプと言うと基本的に肌への負担が少ないものの、それと引き替えに洗浄力が弱い商品が多いです。

ですがこの商品はミルクタイプでありながらも、非常に高い洗浄力を誇っています。お陰でイクや皮脂が落とし切れないといった事態を避ける事が期待可能です。もっとも洗浄力が高くても、その分肌への負担が重いのなら30代にはおすすめ出来ません。その点もカバーマークトリートメントクレンジングミルクは優れており、保湿効果の高い美容成分を多く含んでいます。なので肌へ余計な負担を掛ける事なく、高い洗浄力を得る事が可能です。

40代におすすめのクレンジングは

年齢を重ねるにつれて気になるお肌の老化。とくに40代に突入したあたりから、30代の肌の悩みとは違った悩みが出てくるものです。自分の肌の状態をきちんと知ることが、綺麗な肌を保つための大前提なので、自分の肌と向き合いその上で基礎化粧品を選ぶことが大切です。まずは、化粧品カウンターなどに行き美容のプロに肌の診断をしてもらうことから始めるのはどうでしょうか。

肌質は人それぞれかなりの違いがありますのでプロに診てもらうことが美肌への近道ですよ。とくに40代になると肌のハリの低下やシワシミなどで悩む方が多いようです。そんな悩みにお勧めなのが、パラドゥのスキンケアクレンジング。このクレンジングは、肌の本来の状態をよみがえらせてくれる効果があり、名前の通りスキンケアをしながらクレンジングができる一本です。

 

どんなに効果な基礎化粧品を使ったとしても、クレンジングで綺麗に皮脂や汚れ、メイクを落としきれなければ意味がありません。まずはクレンジングから、変えてみることをお勧めします。パラドゥは昔から非常に人気のあるブランドで、低価格で効果の高いアイテムがたくさんです。ぜひ、一度お店で試してみてはいかがでしょうか。

セラミドを含むところが魅力

間違ったスキンケア用品を使い続けていると、素肌の潤いを保つために必要な美容成分のセラミドが、素肌から失われてしまう可能性があります。そのセラミドを保護する事を目的に開発されたのが、キュレル・ジェルメイク落としというクレンジング用品です。落としにくい口紅であったとしても、皮膚に刺激を与える事なくスムーズに口紅を落とせるという便利さで、キュレル・ジェルメイク落としはおすすめされています。

毛穴の汚れも落とす事ができるよう、細かい洗浄成分が含まれているために、ファンデーションが毛穴に詰まりやすいと悩んでいる人にも最適です。キュレル・ジェルメイク落としを使った後は、鼻の毛穴がサッパリしたと感じる人も大勢います。皮脂の詰まりも気にせずに、毛穴が呼吸していると実感できるようなクレンジング用品を求めている方々に、キュレル・ジェルメイク落としは最適です。

無着色なだけでなく無香料でもあるので、香水との相性が良いところも評価されており、アレルギーテスト済みなので肌が弱い人でも気軽に使用できます。ジェルタイプですが肌にベタつく事もなく、スムーズに化粧を洗い落とせるのもキュレル・ジェルメイク落としが注目されている点です。

まつ毛とおすすめのクレンジング

まつ毛を長く見せるためにまつ毛にエクステを利用していると言う人は、少なくありません。そのような人の中には、ケアをする時に慎重になってしまうという人がたくさんいるのではないでしょうか。まつ毛のエクステをしている人は、丁寧にい管理をしていなければまつ毛が抜けてしまう可能性があるので、気をつけておくと良いです。特に、化粧を落とす時には、しっかりと管理をしておきたいものなのです。

きちんと丁寧にまつ毛の化粧を取り除きたいと思っている場合には、オルビスのクレンジングリキッドを使うことがおすすめできます。というのは、このクレンジング剤はオイルフリーの素材で作られているために、とても優しく洗うことができるためです。エクステの部分に刺激が強いクレンジング剤を使ってしまうと、抜けてしまったり荒れてしまう可能性が出てきます。そのような状況を防ぐためにも、成分の優しいクレンジング剤を使うことがおすすめです。

このお店のクレンジングリキッドは、低刺激であるため安心して使うことができるところが魅力となっています。優しい洗い心地であるのですが、汚れや化粧については、しっかりと洗い流すことができることで知られています。