自分に合う化粧水が見つからない人にお勧め!無添加化粧水の魅力とは

化粧水でスキンケアをする際に、肌がピリピリしたり、肌荒れやニキビができてしまって悩んでいる方は意外と多くいらっしゃいます。肌トラブルが起こる最大の原因は、肌と化粧水が合っていないことです。なかなか自分に合う化粧水が見つからない場合、無添加のものを使うことをおすすめします。

そもそも無添加化粧水とは、アレルギーの原因となりうる防腐剤、界面活性剤、香料、着色料などの物質が一切入っていない製品の事です。刺激となる成分が含まれていないので、敏感肌でも肌トラブルのリスクを減らすことが可能です。

そこで、ここからは興味のある方のために低刺激で肌に優しい無添加化粧水の魅力、スキンケアで使う際のポイント、注意点などを詳細に紹介していきます。

無添加化粧水は要らない成分が入っていない

今の化粧水には全ての配合成分を表示する義務があり、化粧水に使われている成分は一体何なのかを知ることができます。特に敏感肌の人には必要なことです。ところが、2001年4月以前には全ての配合成分を表示する義務はなく、肌トラブルを起こす可能性のある一部の成分だけを表示するということが義務付けられていました。

一部の成分というのは旧表示指定成分で、103個の成分がありました。これらの成分が入っていない化粧水であれば、それを消費者に伝えるため、「表示指定成分無添加化粧品」と表示していたのですが、最近ではそれを略して「無添加化粧品」と呼ぶようになったのです。

肌の弱い人や化学物質を使いたくない人のためには、より低刺激でシンプルな化粧水である必要があります。合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、合成着色料、エタノールといったアルコール類など、肌に刺激を与えてしまう可能性がある成分を添加せずに作ったものが、無添加化粧水として扱われています。

要らない成分を使っていないという製品の良さに注目が集まるようになり、実にたくさんの種類が売られるようになりました。無添加と言えば赤ちゃんでも使えるような優しさや安心・安全というイメージがあるため、女性が好んで使用するとあって、化粧品メーカーは多くの製品で無添加を意識して作っています。

無添加の基準はメーカーや製品によって異なる

肌に優しいスキンケア製品を選びたいという時、まず添加物の有無についてチェックする方は多いでしょう。アルコールやパラベンなど、お肌にとって負担になるかもしれない成分を無添加としているスキンケアコスメは、敏感肌の方にとって安心感が高いものです。

ただし無添加と記されている製品でも、100%安心だというわけではありませんので注意が必要です。様々なメーカーが肌に優しい無添加化粧水を販売していますが、どんな成分について「無添加」としているのかは製品によって異なっています。

香料のみ添加していない場合もあれば、界面活性剤やパラベン・アルコールなどの成分を全て無添加にしている場合もあります。肌への優しさを基準として化粧水を選ぶときには、具体的にどのような成分が配合されているのまでしっかりとチェックしておくことが必要でしょう。

また防腐剤や着色料などの化学物質を全く含んでいない製品であっても、体質や肌質によっては合わない場合が考えられます。植物由来の成分は基本的に安全性が高いものですが、特定の植物に対してアレルギー反応を起こす人もいます。添加物の有無だけでなく、自分の肌質や体質に合った成分が入っているかどうかを確認すると良いでしょう。

無添加化粧水 防腐剤は危険な成分なのか

無添加化粧水は肌へ刺激が強いものが含まれていない化粧品ですが、フリーとなっている成分に防腐剤のパラベンがあります。化粧品も成分が変質させないために防腐剤は必要ですが危険なものもあります。

中でもパラベンは環境ホルモンや発がん性の危険があるといわれていて、2001年までまれにアレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れがある成分と表示されていましたが、近年は化粧品への配合率は1%とされています。

ただパラベンを塗って紫外線に当たると老化の原因になるという研究結果もあります。パラベンを含んだ化粧水の被害には赤い湿疹が発症してかゆみが出たり、乳液をつけた顔全体に湿疹が広がって目の下や唇にひりひりと痛みが出た、リップクリームや口紅だと唇の周囲のかさつきや赤く腫れて水疱ができて痛くてかゆいなどのトラブルが起きています。

日本では長く化粧品に使われていて100種類の添加物の1つに指定されていて、成分表示が義務付けされています。パラベンでアレルギーを起こす心配があるときは、成分表示を確認してから無添加のものを選ぶ必要があります。

メルチやブチル、プロピルなどの種類があって、日本語だとパラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸ブチルと表示されています。よく代用としてフェノキシエタノールや天然の殺菌成分とされるヒノキチオールもありますが、これも肌への刺激性があるので注意が必要です。

界面活性剤は肌のバリア機能を壊す恐れがある

「界面活性剤」とは、本来であれば混ざることのない「水溶性の成分」と「油溶性の成分」を混ざるようにする成分です。この性質によって化粧品は、メイクの汚れ(油汚れ)を落とす洗浄効果や、美容成分を肌の奥まで浸透させる効果などを生みだしています。

界面活性剤が「危険」といわれるのは、本来肌が持つ機能を損なわせる可能性があるためです。界面活性剤入りの化粧品は、まず肌の一番外側にある角質層に浸透していきます。この角質層には水分と油分が重なり合わさるように層になっており、それによって水分保持機能が保たれています。

ですが界面活性剤がこの角質層まで浸透すると、水分と油分に簡単に浸透してしまい、角質層が持つ肌のバリア機能を壊してしまう可能性があるのです。バリア機能が壊れてしまえば、肌は水分を保持することができなくなり、肌が荒れるなどの原因となります。

界面活性剤は数千種類以上あり、そのすべてにこのような危険性があるわけではありません。ですが一般的な人であれば、どの界面活性剤が安全であるかを見分けることはほとんど不可能に近いと思います。ですので、できるだけ界面活性剤が無添加の化粧品を選ぶことが、肌の安全のためにも大切なのです。

添加物が入った化粧水のデメリット

化粧水は香料や着色料などの添加物を含んでいるものよりも、含んでいないものを使うほう肌のバリア機能を妨げず快適にスキンケアをすることが出来ます。化粧水にはパラベンやアルコールなど、様々な添加物が配合されています。

これらは使用感を良くするためや日持ちを良くするために配合されていますが、肌にとっては必要のない成分ですので配合されていないものを選ぶようにしましょう。無添加の化粧水は肌に余分な成分が配合されてないため、肌トラブルを起こしやすい方にも使いやすいのが特徴です。

肌が弱い人が添加物の入った化粧水を使うと、肌にトラブルを起こしやすくなります。アレルギーや痒み、ニキビなどは添加物が原因で起こることが少なくありません。

健やかで美しい肌を保つためには肌にトラブルを起こしかねない成分はなるべく配合されていないタイプを選ぶと安心です。特に敏感肌の人には添加物は皮膚が反応を起こすケースが見られますので保存料や着色料、アルコールなどが配合されていないタイプを選ぶと良いでしょう。

敏感肌向けのブランドの製品はこうした添加物が配合されていませんので、安心して使うことができますが、パッチテストをしてから使い始めると安心です。

無添加化粧水の選び方

化粧水を使うと肌がピリピリしたり突っ張ったりという方におすすめなのが刺激の少ない無添加化粧水です。ここでは無添加化粧水の選び方についてお知らせします。

化粧品を長く保つために防腐剤などの添加物が入っていることがありますがそれは肌のストレスになり添加物は肌に蓄積して肌細胞にダメージを与えて結果的に老化を促進してしまいますので自分の肌に刺激となる成分が入っていないかをチェックして高保湿成分が入ってアイテムを選ぶことが大事です。

お肌の刺激となる成分は防腐剤と合成香料・合成着色料と合成保存料と石油系界面活性剤とエタノールです。自分の肌に刺激となる成分を確認するために自宅や皮膚科でのパッチテストがおすすめです。刺激の有無のテストをした「パッチテスト済み」や「スティンギングテスト済み」などの表示がされている商品ですとなお安心出来ます。

また年齢に応じて高保湿成分が配合されているものや、エイジングケア効果の高いものやプチプラのアイテムなど自分の肌状態に合わせて選びましょう。高保湿成分とはセラミドとコラーゲンとヒアルロン酸のことで、使い続けることによってハリや弾力を取り戻します。

最後に無添加化粧品は万人に安全というものではありませんので、自分に合わない成分を知ってぴったりと合った化粧水を探すことが大切です。

無添加化粧水で保湿なら成分をチェック

無添加だと肌にとって本来の働きの邪魔になってしまう添加物を肌に残さないという点で、肌本来の機能をアップさせることもできます。

その一方で化粧水としての働きが弱いのではと不安に思ってしまう方もいるでしょう。そこで化粧水の基本的な働きでもある保湿力を重視して無添加を選びたい方なら、この成分が入っていると保湿力が格段に高くなるのでお勧めです。無添加を確認した後に成分も含まれているかチェックしてみましょう。特に肌になじみも良く保湿力が高い3つの成分はセラミドとコラーゲンとヒアルロン酸です。

よく化粧水に配合されていることが多く、聞いたことがある成分ばかりでしょう。これらが化粧水の成分表に含まれているようなら保湿効果が期待できる無添加化粧水とわかります。セラミドは肌と肌の間を埋める役目をしてくれますので、そこに水分を蓄えつつ蒸発も抑えてくれます。

コラーゲンは肌の弾力を維持する役目をしてくれ、ヒアルロン酸は潤いを周りに蓄える働きがあります。どれも肌の内部に潤いを溜め込みハリや弾力までアップしてくれますので保湿効果には欠かせない成分です。どれかだけでも十分な働きはしますが、より効果を実感したいなら複数配合されていると相乗効果を期待できます。

無添加の化粧水

肌は加齢やホルモンバランス、ストレス、生活習慣、食べ物などによって様々なトラブル、老化現象がおきます。肌は一定の水分を保ち、それがバリア機能になって様々な刺激から保護することや、定期的な生まれ変わりを行って健康的な維持をするものです。しかし様々な理由でこの状態が保てていない場合にはしっかりとした肌ケアを行っていくことが必要です。

特にエイジングケア効果が高い化粧水は、セラミドやコラーゲンなどが多く配合されていて、それが肌の奥底まで浸透して肌の健康を取り戻し若々しい肌への生まれ変わりを促進することにつながります。しかし、そのエイジング効果が高くても、添加物が多く含まれていると弱っている肌には刺激が強く逆効果になりかねません。

こうしたことから無添加であり、エイジング効果の高い化粧水をセレクトすることがとても重要になります。エイジングケア化粧水は近年多く展開されています。必要とする成分が配合されているか、更に必要としない成分が入っていないかを見極めることが大切です。

その化粧水を見分けるには成分表を見ることが一番です。現代の化粧品には成分が全て表示されているので、自分が避けたい添加物が入っていないか、肌に負担があるものはないかを確認します。

セラミドが入った化粧水の利点

敏感肌用の化粧水で人気のタイプにセラミド入りの化粧水があります。セラミド入りの化粧水は、肌のバリア機能を向上させてくれる役割が期待できます。セラミドは肌の角質層に存在する成分ですが、不足すると角質層が正常ではなくなり、外からの刺激などに弱い肌になってしまうケースがあります。

角質層が乱れるとアレルギーを起こしやすくなったり肌のターンオーバーが上手くいかず肌荒れを起こすことがありますので注意が必要です。セラミド入り化粧水を毎日つけることで不足しがちなセラミドを上手に補給することが出来ますので、肌の潤いを保ちトラブルに強い肌になることが出来ます。

セラミド入り化粧水は1000円程度で購入することが出来ますので、それほど経済的に負担を感じることなく健康な肌へのアプローチをすることが可能です。セラミド以外にヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合されている製品は品管肌用化粧品に多く見られます。

無添加化粧品は敏感肌の方に最適な製品ですが、セラミドやヒアルロン酸などが配合されているタイプならさらに肌の潤いをアップさせることが出来ますし、トラブルに負けない肌に近づくことが可能です。毎日のスキンケアにプラスするのがおすすめです。

ヒアルロン酸配合の無添加化粧水がおすすめ

無添加化粧水の高保湿成分としてよく使われている「ヒアルロン酸」は、アミノ酸と糖分が重なってできている成分です。もともと人や動物の身体の中にある成分です。使ったことがある人は何となくイメージしやすいと思いますが、たくさん配合されているとトロトロしたテクスチャーになります。

肌の真皮の中にあり、コラーゲンやエラスチンなどとともに肌細胞と肌細胞の間に存在しています。ヒアルロン酸はお肌の水分保持やクッションの役割をしており、真皮にある線維芽細胞という細胞でコラーゲンやエラスチンなどと一緒に作られています。

ヒアルロン酸は高い保水力があり、保湿効果は1gで何と水6リットル分を保持することができるほどです。ヒアルロン酸はその優れた保湿効果がありながら価格も安価で使いやすいので、プチプラコスメなどにもヒアルロン酸が配合されることが多いです。刺激や副作用もほとんどなく、特に肌質を選びませんので敏感肌でも使いやすい保湿成分です。

ヒアルロン酸で保湿することでもっちりと吸い付くような肌に変わり、乾燥を解消することができます。肌が潤うことで乾燥からくるニキビが改善され、エイジングサインであるしぼみ肌がふっくらと内側から押し上げられます。守りのスキンケアである無添加化粧水を使いたいけれど、穏やかに肌にアプローチしたい場合は、ヒアルロン酸配合の無添加化粧水をおすすめします。

肌に優しい無添加処方の化粧水

最近では肌に負担をかけない無添加処方の化粧品が数多く販売されてきていますが、中でもHANAオーガニックの「フローラルドロップ」は、合成防腐剤や石油由来成分を一切使わずに天然由来成分のみで作られた化粧水になっているので、肌の弱い人や敏感肌で悩んでいる人でも安心して使うことができます。

この化粧水が他と違うのはローズウォーターを使用しているという点で、ローズのエキスには保湿効果や肌をダメージから保護する効果、肌の状態を整えていく効果があるので、使うごとに肌本来の強さと美しさを取り戻していくことができます。

最高峰と謳われるブルガリア産のローズウォーターを主原料とし、1本にバラ花びら3000枚ものエッセンスが配合された豪華な肌ケアアイテムとなっています。

また、敏感肌用スキンケアブランドのアルージェが販売している「モイスチャーリッチローション」もおすすめで、ナノ化した天然セラミド成分のビオセラミドによって高い潤い効果を期待することができるので、乾燥肌に対して抜群の効果を発揮します。

無添加であることはもちろん、独自のナノ化天然セラミドが角層全体に溶け込むように浸透していくので、肌本来が持つバリア機能を更に高めてくれます。

たっぷり化粧水を使ってお肌を優しくケア

乾燥しがちなお肌をケアするために欠かせない化粧水ですが、使い方を間違っているとその効果をしっかりと引き出すことが出来ません。乾燥肌を無添加化粧水でケアする際には、どんなポイントに気をつけるべきでしょうか。乾燥したお肌はデリケートになっているため、ダメージを与えないよう優しくケアをする必要があります。

化粧水をなじませる際にもまず、手の上で軽くあたためてから使用すると良いでしょう。そしてそのまま手のひら全体を使って、お顔全体に化粧水を優しくなじませていきます。この時に注意したいのが、手のひらは押し付けるように使い、肌をこすらないようにするという点です。デリケートなお肌は摩擦によってダメージを受けやすいため、急がずゆっくりと手のひらを使って乗せていきましょう。

一旦顔全体に使用したら、その後乾燥が気になる部分にもう一度化粧水を置いていきます。指の腹を使用し、口元や頬など乾燥しがちな部分へピンポイントになじませていきましょう。肌がしっかりとうるおい、手に吸い付くような感覚になるよう惜しみなくなじませてあげることがポイントです。

浸透しやすくするためパッティングを行う人もいますが、乾燥したお肌をケアする際には力を入れすぎないよう注意した方が良いでしょう。

試供品でのパッチテストの必要性・方法

化粧品などが肌に合っていないと、化粧品皮膚炎を起こしてしまう可能性があります。化粧品皮膚炎とは、化粧品によって皮膚がチリチリしたり、痒くなったり、赤くなったり火照ってしまったらしてしまいます。それが長期間続いてしまうと、慢性刺激性接触皮膚炎になってしまいます。

化粧品皮膚炎になってしまう原因は、化粧品の刺激・アレルギー、使用方法の誤りです。使用方法の誤りは、どうしようもありませんが、化粧品の刺激・アレルギーはパッチテストによって防ぐことができます。どうやって防ぐのかというと、パッチテストによって肌に悪いものなのか判断できるからです。

パッチテストの方法は、パッチテストを行う部位を石鹸で洗い、優しく拭き取り洗った部分にテストする化粧品を少量塗ります。30分後に異常な反応が無ければ1日または2日そのままの状態で、経過を見ます。痒みや炎症が起きなかったり、肌の色に変化がなかった場合問題がなかったというふうにわかります。

もし、反応があった場合にはその商品は肌に合ってないということがわかるので、その商品は使わないようにしましょう。どの成分かが気になる場合は引っかかった商品に含まれている成分を確認するようにしましょう。

無添加化粧水を選ぶべき人

肌が敏感な人は、ちょっとした刺激にも肌が反応してしまいトラブルが生じてしまいます。そういった敏感肌の人は潤いが不足しているのが基本なので、化粧水をしっかり塗って保湿力を高める事が重要です。

ただし化粧水の中には、防腐剤や界面活性剤といった刺激の強い成分が含まれている商品も少なくありません。刺激の強い成分が含まれた商品を使用すると、肌トラブルの原因となるので注意すべきです。肌が敏感な人は、刺激の強い成分が含まれていない無添加の化粧水を選んで使用する事をおすすめします。

無添加の商品であれば肌が余計な刺激を受けずに済むので、安心して使用し続ける事が可能です。もっとも折角無添加の化粧水を使用するなら、スキンケアの他の部分でも注意する事が重要だったりします。特にクレンジングはメイクや汚れを綺麗に洗い落とすために、ついつい洗浄力の高さを優先する人が少なくありません。

ですが洗浄力が高い分だけ刺激も強いケースも多いので、敏感肌の人は肌への負担が少ない物を選ぶ必要があります。同様に洗顔の際には、泡立ちの優れた洗顔料で優しく洗い上げる事が重要です。加えてタオルで拭く際は、肌に余計な刺激を与えない様に優しく拭き取る事が大事だったりします。

無添加化粧水を活用するために

無添加化粧水で毎日スキンケアを行っていったとしても、適切なメイクの方法をしなければその効果を最大限に引き出せなくなってしまいます。お肌に優しいメイク方法とはまず最初に敏感肌のための洗顔を行うことです。洗顔をすることで余分な皮脂や汚れなどを取り除くことが出来きます。

洗顔が完了した段階で化粧水を薄く塗ります。コットンに浸したものを軽く叩くような感覚で顔全体になじませます。その後余計な油分をティッシュで軽く拭き取りファンデーションが乗り過ぎないようにします。

化粧水が馴染んできたら、今度は顔の部分のメイクブラシを使ってファンデーションを放射線上にのせていきます。どんなに急いでいてもゴシゴシと皮膚にこすり付けるようにしてはいけません、ゆっくりと塗っていくことでベースメイクも完成しより自然な状態でファンデーションを塗ることができるのです。

もちろんこの肌に優しいメイク方法は日頃の無添加スキンケア用品でのケアと並行させることではじめて効果が出てきます、ケアをせずにメイク方法だけ気を付けても肌の状態は改善しませんので、必ず無添加化粧水などを使いながら進めていくことに決めましょう。優しいメイクの方法はとにかく皮膚をこすらないことが大事です。