自転車で健康的にダイエット!消費カロリーや効果を高めるコツ

ダイエットのためにわざわざ高額なグッズや器具というのを購入する必要はありません。自転車さえあればできる方法があるのです。実は消費カロリーも高く、運動が苦手な方でも取り組みやすい手軽な方法と言えるのです。

自転車ダイエットって何?

自転車ダイエットの方法は簡単です。ただ単に自転車に乗るだけでよいのです。通勤や通学の際にバスや電車を利用しているという方、自転車に切り替えてください。お買い物や子供の送迎の際に自転車に乗るようにしてもよいでしょう。

わざわざ外で自転車に乗らなくても、自宅であるいはジムでエアロバイクを利用してもよいでしょう。それなら雨の日でも練習することができます。とにかく自転車に乗る機会を増やすことでダイエット効果が得られるということです。

毎日行えなくても、週に4回から5回できれば十分に効果はあります。できれば20分以上、1時間程度までは乗るよう、工夫してみてください。自転車は、とにかく早くこぐという必要もありません。

自転車とウォーキングの違い

ダイエットのためにとウォーキングを頑張っている方もいるでしょう。自転車だとウォーキングとはまた違った筋肉が使われるのでどちらもおすすめの方法です。自転車ダイエットだと太ももの筋肉が使われます。太ももの筋肉は体の中でも大きな筋肉でもあるため、脂肪燃焼しやすい体になるのです。

水泳の次にカロリー消費率が高い運動でもあります。単に座って足を動かしているというだけではないのです。バランス力を養うことにもなります。移動スピードが早く、遠くまで行けて景色の変化も大きいので飽きがくることなく長時間続けられるというのもおすすめです。自転車をこぐと風も気持ちよく、楽しみながらダイエットを続けることができるでしょう。

自転車ダイエットの正しいやり方

移動手段は自転車が多いはずなのに痩せられないという方、ダイエットモードのこぎ方を心がけてください。最低でも20分はこぐようにし、こぐスピードにも気をつけましょう。とにかく早くこごうとすると有酸素運動から無酸素運動になってしまいますが、だからといってのんびりとこいでいては脂肪の燃焼はうまくいきません。

自転車をこいでいるのだからと暴飲暴食を繰り返していても意味はありません。筋肉量を増やすためにもタンパク質を多めに取る・野菜や果物を摂って体調を整える、など日頃の生活習慣にも注意してください。普段の生活を改める中で、更に痩せやすい体を作り上げ、運動の代わりに行うのが自転車ダイエットの正しいやり方なのです。

自転車をこぐことによる消費カロリー

最近では、こぐことで消費カロリーが表示される機器が搭載された自転車もあり、やる気アップにつながります。景色を楽しむことはできないエアロバイクもどれだけのカロリーを消費できたか一目で分かるので続けられることができそうです。

そうでなくても、体重50キロの人なら時速20キロで60分こぐと400キロカロリーくらい消費されるということで参考にしてください。体重を1キロ落とすのに必要なカロリーは7000キロカロリー程度。

1日2時間こぐようにすることで、9日から10日ほどで1キロ減らすことができるのです。通勤や通学の行き帰り・買い物などこまめに自転車に乗るようにしていれば、1日2時間、決して無理とは言い切れない数字です。

自転車でダイエット効果を出すために必要な時間

ものすごいスピードでこぐのならともかく、自転車ダイエットは有酸素運動です。開始して20分経過しないと脂肪の燃焼は起こらないといわれています。そのた、え20分以上は続ける必要があるのです。とはいえ無理せず続けることが大切です。

最初に頑張りすぎて筋肉痛になりすぐにやめるのであれば意味がありません。少しずつ距離を伸ばし、1時間程度までは伸ばしてください。1時間もあればいろいろなところにいけます。

買い物に・お散歩に、景色も楽しいながら自転車ダイエットを続けるようにしてください。自足15キロから20キロ程度でこぎ続けるのが、体に負荷を与えすぎず、無酸素運動にはならないので、ちょうどよい速度だと言えます。

効果的な自転車の乗り方について

自転車の乗り方ですが、ただこぐのではなく、こぐときにつま先に力を入れるようにしてみてください。そうするとふくらはぎに負荷がかかっていることが分かるでしょう。ふくらはぎが引き締まることで美脚効果が期待できそうです。

単に食事制限して体重を落とすだけでは足が痩せるまでにかなりの時間がかかります。自転車ダイエットで引き締まった脚が実現できれば、体重的な変化はまだないとしてもやせて見えます。スタイルよくやせるためにもおすすめなのです。

自転車に乗ることで太ももの筋肉が鍛え上げられれば、血液の流れがよくなるので冷え性や便秘の改善にもなります。動脈硬化などの病気の危険性も減りますし、美肌を手に入れることもできます。

電動自転車でも効果はあるの?

中には電動自転車を持っているという方もいるでしょう。同じように足を動かす以上は筋肉への負荷もかかり同じように効果があるように思えますが、実は電動自動車は電力によってかなり手助けしてもらっているのでダイエット効果は低いのです。

とはいえ、坂道が多い地域で電動でない自転車だと負荷が大きすぎます。今までは車中心の生活を続けていたという方が突然に普通の自転車に乗るのも大変です。

無理のない範囲で負荷をかけてやるという意味でも、まずは電動自転車で自転車ダイエットを試してみるのもよいでしょう。何もせず家にいたり、自動車や電車に頼っているよりは自分の力でこぐのですから少しでも運動になりますし、ダイエット効果も得られます。

ママチャリでも問題ない?

世の女性たちが持っているのは自転車といってもママチャリ。わざわざダイエットのためにと専用の自転車を購入しているのであれば、やはりお金のかかるダイエット法となってしまいます。ママチャリでも大丈夫です。

時間や距離、乗り方に注意すれば十分有酸素運動ができ、ダイエット効果は得ることができます。できればサドルを上げてハンドルを下げ、同じ高さに近づけてください。そうすればお尻の下やふくらはぎなどの筋肉を動かすことができ、効果アップにつながります。

足が細くなるだけでなく、ヒップラインも綺麗にすることができます。しっかりこぐことができるよう、タイヤに空気をきちんといれ、チェーンにはオイルを注しておきましょう。

自転車ダイエットで効果が出なかった場合の理由

効果が出なかったという方、どれくらいの期間乗っていますか。手軽なダイエット法ですが、だからこそ即効性はあrません。とにかく継続することが大切です。1ヶ月では痩せられません。何ヶ月も続けることで太ももに筋肉がつき、脂肪が消費されやすくなります。血流が改善されむくみもなくなります。そうなって初めて細くなっていくのです。

正しい方法を意識してずっと続けていますか。効果が出ないのであれば負荷をかけてみるのもよいでしょう。効果の現れ方には個人差があります。ずっと続けていくというのであればママチャリではなく専用の自転車を購入するというのも手です。効果が出ない理由を探りながら、とにかくきちんと続けてみてください。

自転車ダイエットで気をつけるべきこと

手軽にどこへでも行けるため自転車を移動手段として利用している方は大勢います。とはいえ、その方たちが皆痩せているわけではありません。単なる移動手段ではなくダイエットとして使うのであれば、それを意識した乗り方が大切なのです。

身近にあるもので手軽に始められるダイエット法とはいえ、きちんとした知識と、これからダイエットを始めるぞという決意が必要です。まずはママチャリを引っ張り出してきて、できれば毎日1時間乗ることができるように計画を立てましょう。

そしてすぐに始めてください。結果が出るにはまだまだ時間は必要です。自転車ダイエットにはウォーキングとはまた違った効果があり、健康的に綺麗に痩せることができそうです。