自転車ダイエットの効果を引き出す最適な距離・時間

ダイエットに興味を持っているものの、どのような方法を実践したらいいのかわからないという方も多くいるでしょう。もしも試してみる方法で迷っている方は、自転車ダイエットを実践してみるのも1つです。実際に試してみるときのポイントになるのは、正しいやり方で実践するという点です。

自転車ダイエットには、効果を引き出すために最適な距離や時間が存在しています。距離や時間が少ないと思うような効果が期待できず、多すぎると続けることが難しくなってしまいます。無理なく痩せられるようにするためにも、正しいやり方を把握しておくことが大切です。効果的な自転車ダイエットの実践方法を把握して、無理なく痩せられるようにしましょう。

自転車でダイエット

自転車を漕ぐことでダイエットを行う方法が注目を集めています。そもそも有酸素運動としてウォーキングがあり自転車でも同様に有酸素運動になるわけですから、同じ効果が得られると考えても不思議ではありません。自転車だけが良いと言うよりもむしろ有酸素運動が良いと考える方が自然であり、その一つがウォーキングや自転車であるという方が自然です。

健康に良いということはつまるところ体重を減らして適正な数値に近づけることであったり、肥満が解消されることによる生活習慣病に繋がる諸々の数値改善になるということです。肥満を示す数値であるBMIやその他の生活習慣などによる数値の悪化は、体重が減少していくことで平常値に近づくと考えられています。

つまりダイエットを行うことで健康が維持されやすくなるという話しに繋がります。自転車を漕ぐことによる運動は有酸素運動に位置付けられますが、この有酸素運動を行うことで健康的に肥満の解消を行えると言われています。ただ継続して行う必要があり単発で行ってもあまり効果は無いと言えます。

ダイエットのためにこうした運動を行うことで肥満解消に繋げていくことが出来るということです。買い物に行くときには自動車ではなくこちらを利用するといった生活の中に取り入れることで、それほど意識をすること無く取り入れられます。

体が引き締まった方の声

自転車ダイエットに挑戦して、成功した方の口コミで多いのが無理をしないで自分のペースで実践したということです。最初は短い距離からスタートして、だんだん距離を伸ばしています。運動不足の人が急に長い距離を走ると、続かなくなってやめてしまったというケースは多いです。また、楽しみを見つけて自転車ダイエットをやったという方も結果が出ています。

ちょっと遠くのカフェに美味しいコーヒーを飲みに行くとか、好きなアーティストのDVDを借りるために遠くのレンタルショップにいくというようなことです。目的がなく走るより、走った先に何か自分の楽しみがあるほうが頑張れます。1週間続けたら、美味しいスイーツを食べたという方もいます。自転車ダイエットは簡単ですが、続けるか続かないかが成功のカギになっています。

そして、自転車ダイエットでの注意点は水分をしっかりと摂ることが大切です。自転車ダイエットを始めてやってみようと思っている方は、準備体操をしてから出かけるといいと経験者は話しています。
準備体操をすることで、筋肉への負担が軽くなります。また終わった後に、お風呂に入ってマッサージすると疲れがとれやすくなると言われています。

健康増進やアンチエイジングにも

自転車ダイエットは筋肉をつけるトレーニングをすることでもあるので、足やお尻、おなかなどの筋肉が鍛えられます。そして、筋肉をつけるということにはさまざまなメリットがあり、ダイエットに効果があるではなく健康増進にも役立っています。筋肉が増えると新陳代謝が高まりますし、筋肉が消費するエネルギーもありますので痩身効果が見込めます。

体を動かしていないときでも自然とカロリーを消費するのが大きなメリットの一つです。しかも新陳代謝が上がることで、痩せやすい体質に変わっていくことができます。また、脂肪が減って筋肉が増えると、見た目も引き締まって若く見えるので、アンチエイジング効果もあります。

脂肪がたるんでいると若くても年齢が上に見られがちなので、筋肉を鍛えることは主におなかやおしり、足のシェイプアップに大いに役立つと言えるでしょう。それ以外のメリットでは、身体能力の向上があります。

筋肉が鍛えられたことによってもちろん自転車をこぐのもだんだん楽になってきて、負荷を増やせるようになってきます。そうすると、自転車ダイエットが続けやすくなり、その効果があらわれることでますますモチベーションが上がってくることでしょう。

自転車に乗ることのメリット

自転車では有酸素運動を無意識のうちに行っていますのでダイエットの効果が期待できます。このとき長期間走り続ける必要はありません。一定時間を走るようにしてできる限り普通に漕ぐことです。そのことが結果的にやせることへと繋がっていくわけです。自転車は燃料は必要ありませんし購入価格も安価ですからちょっとした買い物などに利用をしている人が大勢います。

このとき少し遠いところに行くのに今までは自動車だった人がこちらへと切り替えて少し走らせるだけで、有酸素運動になり得るわけです。買い物に行く行為のおまけで結果的にやせることに繋がるのですから、無意識のうちにやせていけることにもなります。常日頃から動く際には自動車ではない方法での移動を心掛けている人にとっては、ほとんど問題が無い移動になります。

しかも勝手にやせていくわけですからこれほど楽な方法は無いです。無論、意識を変えていく必要があり少しの距離でも自動車の運転をする人にとっては最初は大変です。それでも少しずつでも意識して変えていくことによって、こちらへと変えていき結果的にやせられるのであれば、大いに利用をする価値はあります。無意識のうちに運動に繋がっていくことだと思えるかどうかが重要なポイントです。

筋肉を意識すると効果アップ

運動によるダイエットの効果は、運動をし始めて約20分後からだと言われています。ですので、なるべく20分以上継続できるように時間や距離を考えておかなければなりません。通勤や買い物などに行くときに自転車を使って健康増進をはかっている人も多いようです。自転車をこぐことは、同じ距離を歩くよりも消費カロリーは多くなります。

ただし、電動アシスト自転車では、アシストの分効果は下がります。では、効果的なやり方ですが、時速は約20kmから始めるのがよいでしょう。ペダルを漕ぐときには、できるだけ使っている筋肉を意識するようにしてください。そうすることによって、筋力とカロリー消費アップ二つの効果が期待できます。

使っている筋肉を意識すると、意識しなかった時に比べて辛く感じるかもしれませんが、これも効果アップにつながります。とはいえ、次の日にまで疲れが残るほどやるのは、疲れを残さなかった時と比べて効果が低いとされているので注意が必要です。

カロリーの消費は時速が上がるのに比例して増えていきますが、ダイエットに有効な有酸素運動ということを考えると、息が上がってしまうくらいの速度は無酸素運動になってしまうので効果が低くなります。

自転車ダイエット

自転車ダイエットに向いている人ですが、長時間の有酸素運動をするのが好きな方や自転車自体が好きな方にも向いています。特に自転車に乗って遠出をするのが好きな方には楽しみながらダイエットする事が出来るので、お薦めです。向いている人が始めると段々とハマってくるので、楽々ダイエットを行う事ができます。

天気の良い日は遠出をするのが楽しくなりますし、天候が悪い日でも室内で自転車を漕ぐ事ができるグッズも販売されているので、それらを利用すると天候に左右されずに自転車ダイエットを行う事が出来るので、毎日継続して取り組む事が可能です。向いていない人は有酸素運動ではなく無酸素運動が好きな方です。

有酸素運動のダイエット方法は無酸素運動に比べるとキツさを感じる事が少ないので、自分を追い込んで鍛えたいと考えている方には向いていない物になります。

但し、速度を上げる事で有酸素運動から無酸素運動に切り替える事も出来るので、自分では向いていないのではないかと考えている人にも一度試してから判断する事をお勧め致します。案外向いていないと考えていても始めると楽しくなって続けていくことが出来る方も多く居られるので、一度は試して見て下さい。

ダイエットに向いている自転車

有酸素運動を行ってダイエットに向いているときの自転車は、競技用自転車または一般のシティサイクルです。反対にあまり向いていないものは電動のものとなりますが、坂道で無ければ電動のものでもある程度の効果は得られます。漕ぐときに楽が出来るタイプの物は向いておらず、ある程度ペダルを漕いで運動に繋がるようなものであることが必要です。

漕ぐことで前に進みますから、漕ぐこと自体が有酸素運動となって結果としてダイエットに結びつくわけです。よくリハビリ施設などで自転車を漕ぐだけのものが置いてありますが、発想としては同じになります。道路設定も重要なポイントで息が切れるような坂道などは適していません。平坦で普通に漕ぐことで前に進めるようなところが良く、平坦なところの方が適してはいます。

また歩行者などが多い場所は適していませんし、信号が多い道路なども一定区間漕ぎ続けられないところですので適していません。同じテンポで漕ぎ続けられるところが望ましいです。そのため自転車道のように自転車のために整備されたところの走行がよく、それ以外のところは効果が無いわけではありませんが運転者の負担になる場合がありますので、注意が必要になります。

他と効果が違う自転車のダイエット

ダイエットの手段としては、ウォーキングやランニングの他に、自転車を使った方法もあります。ウォーキングやランニングは有酸素運動ですので、脂肪を燃焼する為に不可欠な新鮮な酸素を取り込みます。また、マラソンほどではなくても、それなりの距離を走ったり、歩いたりしますので、足腰を鍛え易く、筋肉が出来上がっていく事で脂肪をエネルギーに変え易くしていく環境作りが行えます。

一方で、自転車を使っても足の筋肉をよく使いますので脂肪燃焼の効果は高いですが、注意するべき事は自転車に乗る距離と時間です。乗る距離が短く、時間も短ければ、筋肉を動かす運動量が少なくなりますので、脂肪を燃焼するだけの運動が出来ずに終わってしまいます。自転車を使って脂肪燃焼を目指すのであれば、十分な距離を走行するように工夫する必要があります。

また、ダイエットに使う場合、サイクリング車の方が適切にペダルに力を伝え易い構造になっていますのでダイエットに適しています。ウォーキングやランニングは、自分の足で運動するのに対して、自転車は乗り物であり、使い方によってはダイエットをする為のトレーニング器具として活用出来ます。日常生活の乗り物としても使えるのがメリットです。

自転車でダイエット!?有酸素運動と無酸素運動

自転車を使ったダイエットは気分転換にもなるし、色々な場所に出掛けられる魅力を持っています。自転車に乗る事は運動するのと同じですが、運動には大きく分けて有酸素運動と無酸素運動の2種類があるのをご存知でしょうか。

有酸素運動は、酸素を利用して投資や体脂肪からエネルギーを得る運動を意味しており、無酸素運動は糖質だけからエネルギーを作り出す割合が高いなどの違いがあります。そのため、無酸素運動の場合は、短時間に強い力が必要になる、筋肉に存在するグリコーゲンなどの糖質がエネルギーの主原料として使われるなどの特徴を持っています。

無酸素運動には、瞬発力が必要な短距離走、筋力トレーニングなどがありますが、自転車に乗るのも瞬発力が必要などからも無酸素運動ではないだろうかとイメージする人は多いのではないでしょうか。

しかし、有酸素運動は運動による負荷が大きいなどの特徴があり、筋肉トレーニングやダンベル、バーベルなども運動負荷が高い有酸素運動です。これに対して運動の負荷が小さいのが無酸素運動であり、自転車は水泳やジョギングなどと同じく無酸素運動に該当する、運動する種類により分けられるものではなく、あくまでも運動の負荷の大きさで分類が行われているのです。

自転車に乗る時間

男性でも女性でもダイエットをして体重を落としたいと願う人がたくさんいます。体の部分で特に気になるのは腹回りでしょう。しかしなかなか腹回りの脂肪を落とすことができません。しかも脂肪を落とすためには有酸素運動を長期間続ける必要があるのです。有酸素運動をするためにはジョギング、水泳などが思い浮かぶと思いますが、これらの運動は多くの準備を必要とします。

自転車であれば特に準備も必要なく気軽に乗ることができます。通勤通学で使えば特に意識することなく有酸素運動を続けることができるのです。早く体重を落としたいのであれば自転車に乗る距離を伸ばすと良いでしょう。片道10キロ程度であれば体への負担も少なく理想的な有酸素運動になります。

時間的には、最低でも20分以上走る必要があります。慣れていけば10キロで30分程度で走ることが出来ます。短期間で体重を落としたいのであれば、距離を伸ばすとよいでしょう。体への負担も考えて、60分間を上限に考えると良いと思います。

またスポーツタイプの自転車であれば、ペダリングをする際に体幹を使うことになるので、腹回りの引き締めがより一層効果的に進みます。気軽に始められるダイエット方法として自転車がお勧めです。

自転車に乗って腹回りをスリムに

体重落としてスリムな体を目指すなら、自転車を使ったダイエットが効果的です。体重を落とすためには体脂肪を減らす必要があります。短時間の筋力トレーニングではその効果を得ることができません。自転車に乗れば理想的な有酸素運動ができるのです。

脂肪が燃焼されるためには最低でも20分間運動を続ける必要があります。ジョギングで20分間走るよりも膝の負担が少なく、通勤や通学も兼ねて有酸素運動を効果的に行うことができます。同じ動きを20分間続けるのは飽きを感じたり、マンネリ化します。サイクリングであれば、行先を設定することで楽しみが生まれますし、辿り着いた時の達成感が味わえます。

ダイエットの最も大切な事は続けることです。家に帰ってからジョギングをするにしても続かなかった人もたくさんいる事でしょう。自転車で通勤もしくは通学するのであれば毎日半強制的に乗らなければなりません。自転車に乗ることになれたら、スポーツタイプの自転車に乗り換える事をお勧めします。

なぜなら、男性でも女性でも最も気になる腹回りを効果的に引き締めることができるのです。効率の良いペダリングは体幹を使うことになります。結果として腹回りの引き締め効果が生まれるのです。

電動自転車の場合

電動自転車の場合におけるダイエットの効果は全くないとは言い切れませんが、通常のシティサイクルなどとは違って影響は少なからずあります。自らが漕ぐ力が減るためにその分だけ有酸素運動面では運動量が減少してしまうわけです。したがって可能であれば電動のものよりは一般のシティサイクルなどを利用するように考えた方が無難であると言えます。

そもそも自転車を漕ぐことがダイエットになるというよりは、自転車を漕ぐことで有酸素運動に繋がりその結果としてダイエットに結びつくと考えられています。そのため自転車だけでは少ないと思う場合にはウォーキングなどの取り入れも重要になってきます。なお坂道以外の場合には、バッテリがあまり作動しないケースがありその分は自ら漕ぐために運動になってきます。

この場合は有酸素運動ですから一般的には効果が上がると考えられます。電動だから駄目というわけでは無く、漕ぐことが楽になって有酸素運動にならないためにやせることについてはあまり意味が無いととらえる方が自然です。電動自転車自体は非常に便利ですがこれだけではなかなかやせられないこともあります。運動に繋がっているかどうかを考えていくことが大事です。

食事でもやせる

自転車によるダイエットは有酸素運動によるものですが、それ以外でも注意をしたいこととして食事があります。食事についてもバランスの良い食生活を送ることで、ダイエットに効果があると言われているからです。

自転車による有酸素運動と食事とを組み合わせてしっかりとやせていくことが出来るわけですが、その食事については特定のものを食べることよりもバランスの良い食生活を心掛けることが大事です。国が推奨する健康日本21などでもたとえば野菜を350グラム摂取することであることが示されています。

その他にも野菜や魚中心の食生活にするなどの対応で十分に健康的にやせられるとしています。運動と食生活の見直しで健康的にやせていくことが大事です。どちらか一つだけでは無く両方セットで対応をしていくことで、健康的にやせていくことに繋がっていきます。

食事面では特定のものいわゆるどか食いするのではなく、バランスを考えて多くの品目を食べることでも違います。30品目以上食べるようにすることなども効果があると言われており、健康的な食生活習慣はダイエットと共にその他の健康さを維持する上で欠かせないことです。やせることで他の数値も健康的なものへと変わっていくため、やせることと健康を維持することはセットのことになります。

自転車で行うダイエットにおける注意点

自転車に乗ることでダイエットに繋げる方法では注意点がいくつかあります。その第一に交通事故の関係と交通違反の問題です。原則として車道を走らなければなりませんが、自動車との接触事故の危険性がありますから走行時には十分な注意が必要になってきます。

歩行者との接触にも注意を払わなければなりませんし、万が一の場合は最近の裁判では高額な賠償が求められるケースが増えていますので、保険への加入などを考え実際に加入をした上で走行をするなどの対応が重要になります。町中での走行では信号により停止するケースも多いです。

頻繁に信号で停止するようではなかなか自転車を漕ぎませんし、有酸素運動が継続しません。ダイエットに効果が出にくい場合があると言えます。可能であれば自転車道などの自転車専用道路などを利用してダイエットを考える方が効率が上がりやすいです。なるべく自転車しかいないようなところで走行を考えていくことで、有酸素運動を止めずに続けられます。

ただ誰もがこの専用道路を利用出来る環境ではないでしょうから、乗る場所と時を考えることも大事です。自分一人の道路ではありませんので、他者の走行や歩行を邪魔しないように心掛けることも重要となります。

自転車でダイエットをすること

自転車は有酸素運動を行うのに適した乗り物ですから、ダイエットに効果的であることは言うまでもありません。ただし都市部などにおいては少し走ったらすぐに赤信号などで立ち止まらないといけませんから、可能なら自転車専用道路などを利用して走行をすることで、有酸素運動を効果的に行うことに繋がります。

特に意識をしなくてもたとえば毎日の通勤で自転車を利用しているのであれば、通勤時に勝手にダイエットに効果がある運動をしていることになりますし、もし日ごろ乗らない場合には少し意識をして自転車に乗ってみても良いでしょう。大切なことは自転車に限りませんが日々の繰り返しつまり継続して行うことです。

毎日利用していく中で少しずつ運動をしている習慣を付けていくことです。このことが結果的にダイエットになるわけで、単発でいくら頑張ってみてもなかなか体重は落とせません。毎日習慣づけで乗ることで自然と体重が落ちていくことが理想です。

最初からハードに乗ることよりも毎日少しずつでも継続して乗ることが、結果的に大きな体重減少に繋がることを意識しておけば良いでしょう。ちょっとした買い物などですぐに自動車に乗っていた人も、少し気分を変えてみることが一つのきっかけになる可能性が高いです。