落ちにくい皮下脂肪を減らすおすすめの方法まとめ

筋トレやサプリメントなど皮下脂肪を減らす方法はいくつか存在していますが、中でも1番効果的といえるのが有酸素運動で、筋トレはあくまで筋肉をつけるためのトレーニングであって脂肪を燃焼させているわけではないので、そこに有酸素運動をプラスすることで適度な筋肉がつくようになり、筋肉にならなかった脂肪が効果的に燃焼されていきます。

筋トレをすると成長ホルモンの分泌が促され筋肉が育っていく形になっていきますが、この成長ホルモンが脂肪を分解して燃焼しやすい状態にしてくれるので、有酸素運動は皮下脂肪を減らす方法としては1番効果的といえます。また、皮下脂肪や内臓脂肪を減少させるのに効果的なサプリメントもあるので、有酸素運動と組み合わせることで更なる相乗効果を期待することもできます。

皮下脂肪をなくすのは地道な努力が必要

皮下脂肪とは、その名通りで皮膚の下についた脂肪であります。見るからに脂肪がついている事が分かり隠れていない脂肪のことです。また、長年にわたり脂肪が蓄積してついたために、なかなか簡単には脂肪を分解する事が困難とされています。ですので、地道にコツコツ時間をかけてダイエットをしてゆく強い意志がないと皮下脂肪をなくすことができません。

長くにわたって積み重ねてきた脂肪は、同じ年月をかけいかないと分解はできないですし、無理なダイエットはかえってリバウンドとなり前よりも太ってしまい失敗に終わるケースも多いのです。エステなどでラジオ波を用いて脂肪を温かくして溶かし分解する方法や、脂肪自体を吸引する美容外科もあります。楽する分、多額のお金はかかります。

出来るだけ負荷が少ない有酸素運動であるジョギングやウォーキング、水泳を毎日行うと良いとされています。また食事内容も野菜を中心とした献立にして栄養素をバランスよく摂取すると良いそうです。炭水化物も普段の量の半分に減らすだけでも随分体が軽くなる事でしょう。

全く炭水化物をとらないのは体のエネルギー不足となるのでお勧めしません。食事の比率もカロリーを消費しやすい朝食を4、お昼を3、夕食も3にするものおすすめです。

一度つくと落ちにくい皮下脂肪

脂肪組織は大きく二つに分けられます。皮下脂肪と内臓脂肪です。皮下脂肪は皮膚のすぐ下の部分に蓄積するダイエットの大きな敵といえるものです。その訳は皮下脂肪は一度ついてしまうと減らすことが難しいから。そもそも人の体とはエネルギー源として脂肪を蓄えやすい性質を持っているのです。

食事などから摂取した脂肪分から余ったものが時間をかけて非常時のエネルギーとして皮下組織の中に保存されていきます。これは人類の祖先が持っていた、飢餓状態を回避するための遺伝子的な知恵が受け継がれているもの。そう簡単には消費されないのです。脂肪を減らすことに重要なのは運動ですが、このような性質を持っているために体は動いてもなかなか皮下脂肪を使おうとしません。

そのため、運動と並行して食事制限も行うことが重要です。ここで気をつけなくてはならないのが食事を減らし過ぎると余計に脂肪を増やしてしまうということです。体内の脂肪は生き抜くために人の体に備わったもの。

食べる量が減るとその脂肪を消費するのではなく、これ以上減らないように代謝を落としてさらに燃焼させなくしてしまうのです。栄養バランスに気をつけて適度な運動をする事。ついてしまった皮下脂肪を減らすにはこの方法を実践しましょう。

皮下脂肪と筋肉量の差を考える

一見するとスリムな体型に見える人であっても、実際には大量の脂肪が身体についていて、油断をすると短期間で体型が大きく変化してしまう場合もあります。内臓脂肪ばかりが先に増えてしまうせいで、太った体型に見られないという人ほど、皮下脂肪が増え始めた後が怖いです。あっという間に体型が大きくなってしまう事もあるので、体重の変化には早い段階で対処をしなければいけません。

体重が変化していないけれど、身体が重たく感じる事が増えてきた時には、皮下脂肪が増えながら筋肉の量が減少している可能性もあります。腰などの関節を支える筋肉が減っている状態で、脂肪だけが増えている状態を放置するとギックリ腰などの症状に悩まされる事になりかねません。体型が細いからといって油断をせずに、筋肉量の変化にも敏感に反応する事をおすすめします。

すでに筋肉も減っていて、皮下脂肪が増えていると感じるのであれば、食事制限ダイエットと筋力トレーニングの両方をやっておく事も重要です。もし食事制限ダイエットだけで体重を落としてしまうと、弱った筋肉がそのままになってしまう場合もあり、ギックリ腰などの症状を防ぐ事も難しくなりかねませんから注意をしてください。

皮下脂肪と生活バランスの関係

ダイエットをする上で、皮下脂肪は切っても切り離すことができない関係だと言えます。皮下脂肪は、男性よりも女性の方が付きやすくこれには子宮を守るためにつきやすいと言えます。女性は、子供を産むために子宮は大切な臓器としてその役割を担っています。そのため、どうしても女性には皮下脂肪が付きやすくなってしまうのです。

また、運動をせずたくさん食事をしてしまう方も皮下脂肪が付きやすいと言えます。これは、皮下脂肪にはエネルギーが貯蓄されているためエネルギーの消費に対してカロリーを取りすぎてしまうことで蓄積されてしまうのです。そのようなことをふまえ、バランスが良い食事をとることが必要だと言えます。

あまり、運動をしない方なら食事の量に気を付けることでバランスが取れると言えます。普段、運動をしている方ならどのくらいカロリーを摂取しているのかを考えたうえでバランスのいい食事をすることが秘訣でしょう。

このように、日常生活で脂肪が付きやすいか付きにくいかを判断することができます。自分はどの部類に属すのかを考えたうえで、食事とのバランスを考慮することが非常に大切なことだと言えます。ダイエットだけではなく、健康維持としても役立つのではないでしょうか。

男女の脂肪の違い

男女で皮下脂肪のつき方に違いがある理由は、女性の脂肪は指で摘むことができ、太ももやお尻に付きやすい皮下脂肪です。内臓脂肪と比較すると、一度皮下脂肪がついてしまうとなかなか落としにくい点が特徴です。

しかし、皮下脂肪がついてしまっても、動脈硬化を引き起こしたり、その結果脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病を患うリスクは少なく、エネルギーを蓄えたり体温を保持したり、突然の衝撃から身を守るという役割を持っています。女性が皮下脂肪をつけやすい理由は、女性が妊娠や出産をするためです。

赤ちゃんを産むためには、大量のエネルギーを確保する必要があり、赤ちゃんを身籠った場合は、外部からの衝撃から赤ちゃんを守る必要があります。ですので、女性は思春期に女性ホルモンを沢山分泌することで脂肪を蓄え、女性特有のボディラインを形成していきます。

しかし、更年期になると女性ホルモンが分泌されなくなり、内臓脂肪が増えやすくなります。男性の脂肪は内臓脂肪が多く、触ることも摘まむこともできませんが、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす危険があります。リンゴ型肥満といわれる体型や、メタボリックシンドロームは、この内臓脂肪が原因となることが多いのです。

何故皮下脂肪は落ちにくいのか

皮下脂肪は、内臓脂肪と比べて落ちにくいです。その理由は、皮下脂肪には毛細血管が発達していないため、代謝がしづらいからです。脂肪が燃焼するメカニズムは、まず運動時や空腹時にアドレナリンが放出されます。

そして、リパーゼが活性化されて脂肪が遊離脂肪酸とグリセロールに分解され、遊離脂肪酸はエネルギーとして筋肉で消費されますが、消費されなかった分については再び脂肪として再合成されます。つまり、代謝が始まったとしても、エネルギー収支がプラスの状態だと、再び脂肪がついてしまうことから、結果的に痩せないということになるわけです。

そのため、痩せたいならば余計なエネルギーを取らないことと、燃焼させるだけの運動量が必要となります。前述のとおり、皮下脂肪には毛細血管が発達していないために、代謝自体も起こりにくいので、長期的に取り組まないとなかなか痩せません。

いっぽう内臓脂肪はそうではないため短期間で痩せるため、痩せにくいと考えているならば自分についている脂肪は内臓脂肪ではない、という可能性が高まります。結論としては、適度な栄養バランスの食事を規則正しく取って、運動も適度に行って長期的にやっていくと、皮下脂肪も落ちていきます。

皮下脂肪以外の内臓脂肪でりんご型肥満に

脂肪のつき方には種類があり、そのひとつがりんご型肥満です。りんご型肥満は皮下脂肪よりも内臓脂肪が多くつくタイプで女性よりも男性に多い体型で、りんご型は筋肉が多く、エネルギー消費量も比較的高いためエネルギー源として使いやすい内臓脂肪を溜め込みやすい傾向にあります。

男性でお腹周りが気になるという場合にはりんご型になっていることがありますが、女性も40代を境にお腹周りの脂肪がつきやすくなります。これはりんご型肥満と皮下脂肪の洋ナシ型肥満が混合している場合が考えられます。内臓脂肪は皮下脂肪とは異なって、動脈硬化や糖尿病などの病気へのリスクもあり、健康のためにも放置することはできない脂肪でもあります。

女性がりんご型になるのは40代以降が多く、女性ホルモンが減少することで内臓脂肪も蓄積しやすくなり、体質の変化などもあり基礎代謝の低下などもありお腹周りがふっくらとするりんご型肥満になります。また30代であってもストレスや過剰なダイエットで生活習慣が乱れるなどが原因となり女性ホルモンが減少することもあり、30代でもりんご型になる可能性はあり得ます。

りんご型肥満は内臓脂肪が蓄積してお腹周りが気になる体型で男性に多くみられる体型ですが、女性もりんご型肥満になることはあるため健康のためにも注意が必要です。

皮下脂肪が溜まりやすい部分

内臓脂肪以外の体脂肪を一般的に皮下脂肪と呼び、その名の通り皮膚のすぐ下に存在します。蓄積しやすい性質があるのに、エネルギーとして燃焼される順番は最後になるため、ダイエットで落としにくい脂肪です。皮下脂肪はお腹周りやお尻、太ももを中心とする下半身に溜まりやすく、上半身が細くて腰周りが太く見えることから、洋ナシ型肥満とも呼ばれます。

女性ホルモンの影響を受けやすいため、洋ナシ型肥満になるのは圧倒的に女性の方が多い傾向にあります。特に女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下すると、皮下脂肪がお尻や太ももに溜まりやすくなるため、30代から40代にかけて腰周りが太くなり始める女性も少なくありません。

軽度の洋ナシ型肥満にはメリットもあり、脂肪がクッションとなって衝撃から内臓を守ったり、大切な臓器を冷やさないように働きます。生活習慣病を引き起こす可能性がある内臓脂肪と比べ、少しの肥満ならば病気のリスクはあまり心配する必要がありません。

もちろん、過剰な肥満は体重増加で身体に負担をかけるため、健康的な体型を目指すことは大切です。見た目にわかりにくい内臓脂肪と違い、指でつまめるなど肥満を自覚しやすい特徴があります。

皮下脂肪対策に必要なインナーマッスル

ただ食事制限をするだけでは皮下脂肪はなかなか落ちずに、特にお腹周りはすっきりしません。この皮下脂肪を落とすために筋肉量を増やして基礎代謝を上げることができれば、消費カロリーも増えるため自然と脂肪が燃焼しやすくなります。

ダイエットではインナーマッスルを鍛えると良いと言われていますが、筋トレをすれば皮下脂肪は落ちるのでしょうか。インナーマッスルは鍛えても見た目にトレーニングの成果が分かり辛いです。また筋量も少ないため、インナーマッスルを鍛えるだけでは燃焼させるには不十分です。

単純に筋肉量を増やそうと負荷の高い筋トレをしてアウターマッスルを鍛えすぎると、表面に筋肉がついて見た目があまり良くなくなってしまいます。男性の場合にはかっこよいかも知れませんが、女性はそれほど筋肉を付けたくないという人もいるでしょう。

インナーマッスルも鍛えると、下腹が出てしまうような状態から内臓をぐっと内側に押し込めることができるため、皮下脂肪があってもウエスト周りがきゅっと引き締まったスタイルを作ることができます。つまり皮下脂肪を落としたいのなら、どちらかに偏った筋トレをするのではなく両方をバランス良く鍛えていくことが大切です。

皮下脂肪はダイエットの敵です

皮下脂肪がたまると、分泌物質を乱し生活習慣病を招くリスクが高まります。皮下脂肪はさまざまな生理活性物質を分泌しているのです。生理活性物質には、生活習慣病を予防するものと、逆に原因になるものとがあります。脂肪がたまってきて問題が起こるのは、生活習慣病を招き寄せる生理活性物質が増加するからなのです。

そればかりではなく、生活習慣病を防御する生理活性物質を減少させてしまうところがあります。血糖値が上昇したり、血圧のが上がったり、中性脂肪の増大、血管の劣化の進行などによって、糖尿病や高血圧症、脂質異常症などといった生活習慣病のリスクが著しく高まっていきます。また、美容面での問題も起こってきます。

お腹まわりや二の腕、太ももなどに脂肪がたまり過ぎると、ふくらみが目立ってきますので人によっては非常に気にすることがあります。手でつまんでみて脂肪がたまっていることがわかる場合は、皮下脂肪が過剰に蓄積されていると考えていいでしょう。

他人から見られたときの美観にはすこぶる影響を与えることは言うまでもありません。体型を気にしている人はダイエットをして落とすことが大事です。食事制限と運動を組み合わせた形でのダイエットが有効とされています。

落としにくい皮下脂肪を減らす

皮下脂肪は付いて仕舞うと、厄介なことに落としにくいことが知られています。運動不足や代謝の低い人、それに冷え性の人などが付き易いようです。落とすには食事を制限しただけでは落ちないことも問題で、ダイエットに失敗したと落ち込むのもこの皮下脂肪のせいかもしれません。

皮下脂肪は命を守るための大切なエネルギーなので、内臓脂肪と違い最後の最後に分解される脂肪です。ですので、短期間でぱっとなくせるとは考えないようにしましょう。3効率的に皮下脂肪を減らすには黒酢を摂ることと、有酸素運動を組み合わせることです。

黒酢の主成分である酢酸はやアミノ酸は脂肪を燃焼させる作用があります。さらに肝臓が脂肪を吸収するのを抑制し、蓄積することを防ぎます。摂取量は1日に30mlを3ヶ月続けるくらいの根気を持ってください。

そして有酸素運動を20分程度行うことも身体の代謝を高める為に必要な行動です。スクワットなどの筋肉トレーニングを有酸素運動の前に行うと、糖質を燃焼させるので効率的に減らせるコースです。

皮下脂肪は生きるために必要なエネルギーなので、短期間で落とす事は困難だと承知しておきましょう。黒酢は食事と一緒に摂るか食後に摂ることで血糖値の上昇も緩やかになり、インスリンの分泌も抑えます。

皮下脂肪を減らす食事

皮下脂肪は皮膚のすぐ下につく脂肪で、多くの場合お腹や腰周り、ふとももなど比較的下半身につきやすい脂肪です。この脂肪は消費カロリー以上のエネルギーを長年摂取して徐々に蓄積されたもので、内臓脂肪に比べると落としにくいという特徴があります。ダイエットをしても最初に減るのは内臓脂肪で、それがある程度減ってからでないと皮下脂肪は減っていきません。

そのため運動と食事を組み合わせた無理のないダイエットを長期間行なっていく必要があります。食事の面で気をつけることは先ずカロリー制限ですが、長い期間行なうことになるので1日当たりのカロリーを大幅に削減することには無理があります。また栄養バランスの摂れた食事内容にすることも必要です。

具体的には油や脂肪分を控え、タンパク質・ビタミン類・ミネラルを含んだ食事を1日3回摂ることです。食べるときはよくかんでゆっくり食べること、また野菜、肉や魚などのタンパク質、ご飯やパンなどの炭水化物という順で食べると血糖値が上がりにくく、ダイエットに向いた食べ方です。

間食もできれば避けたほうがよいのですが、ダイエットのストレス解消や息抜きのためにたまには少量のおやつを食べても構いません。ただその時もケーキやクッキーなどカロリーや脂肪分の多いものは避けてください。

皮下脂肪を落とす

皮下脂肪は閉経後の女性は特に注意が必要です。なかなか落とせない脂肪なので意識して運動を行うことが大切です。毎日続けることで効果を感じるようになるので、身体に無理のないリラックスした状態で行える運動がおすすめです。中年になると新陳代謝も低下して脂肪がつきやすい体質になります。一番の原因は筋肉量の低下です。

加齢とともに筋肉の量が減っていくので、毎日ストレッチや筋トレを行うことが大切です。ストレッチは朝と晩15分程度行うと良いでしょう。スクワットや腹筋、ヨガのポーズなどもおすすめです。ダンベル運動も筋力アップにつながります。女性なら軽めのダンベルを使い毎日続けると効果的です。

筋肉をつけることで脂肪が燃焼しやすくなるので、皮下脂肪を落とすことに効果があります。有酸素運動も効果的です。ウオーキングや水泳など20分以上続けることで脂肪が燃焼します。毎日負担なく続けることができる運動を選ぶようにしましょう。

自分の体調や体力を考えながら無理のないように決めて行うことで皮下脂肪を落とす効果も期待できます。ストレッチとウオーキングを毎日の生活の中に取り入れても良いです。楽しく健康的に行うことで意識も高まります。

減らない皮下脂肪を減らすには

ダイエットをしても皮下脂肪がどうしても減らない場合には定期的に有酸素運動をすると良いです。ダイエットをすると一番減りやすいのは内臓脂肪で、皮下脂肪は一番減りにくい部分で一番最後に燃焼する脂肪なので、極限までいかないと減らない脂肪です。

ダイエットというと食事を減らしたり食事管理をする方法がありますが、食事制限をするだけのダイエットはエネルギー消費が少ないため脂肪が燃焼しません。有酸素運動は長い時間運動をすることができますが、皮下脂肪を減らすためには長い時間運動を行うことが大切なので、無理がないように継続して長期間で減らしていくことが大切です。

一度ついた内臓脂肪は運動することで燃焼することができます。運動を続けると筋肉がついて、新陳代謝が良くなるため、効率よく脂肪を減らすことができます。有酸素運動でおすすめはウォーキングです。ウォーキングは、ただ歩くのではなく、通常よりも速いペースの早歩き程度で歩くことで心拍数が上昇し脂肪を燃焼させやすくなります。

ウォーキングも10~20分程度ではなく、最低で30~1時間程度はウォーキングすることが必要です。肩で息をするほどの激しいものではなく、テンポよくリズミカルに呼吸しながら続けることがベストな方法で、脂肪燃焼に効果が期待できます。

皮下脂肪を減らす方法をまとめると

皮下脂肪は摂取エネルギーが消費エネルギーを上回る状態が長い間続いた時、徐々に皮膚の下に蓄積されていく脂肪です。内臓脂肪と比べると、落ちにくいのが特徴です。一般に体の中の脂肪を減らすには、食事内容を変えてカロリー制限を行なうことに加えて運動を行なうことが必要です。この方法では先ず内臓脂肪から減っていきます。

皮下脂肪はその後から減り始めるので、腰やおしり、ふとももなどについた皮下脂肪はなかなか減り始めません。そこを我慢してカロリー制限と運動を続けることが大切なのです。食事の面で気を付けなければならないのが無理なダイエットや栄養バランスの悪い食事をしないことです。

長期間それらを行なうと体を壊してしまう怖れがあります。また皮下脂肪を減らすには、無酸素運動の筋トレをより力を入れて行なってください。筋トレをすると成長ホルモンが分泌され筋肉が増えます。そうすると基礎代謝が上がり、何をしなくてもより多くのカロリーを消費する体となっていきます。その結果脂肪がより早く減っていくのです。

もちろん筋トレだけでなく、脂肪を燃焼させるのに必要な有酸素運動を忘れてはいけません。つまり皮下脂肪を落とすポイントとしては、長期間の無理のないダイエットをしながら毎日ではなくても定期的に筋トレと有酸素運動を行なうことなのです。