親戚・友人・先輩に使える! 結婚式のお祝いメッセージ

今度、仲の良い親戚や友人、先輩が結婚式をするそう。とてもおめでたいです。でも結婚式のメッセージを担当することになってしまいました。

「大勢の前で何だか照れくさいな」「何といえばいいんだろう」「上手く喋れるかな」と不安で今からドキドキしてしまっている人もいるのではないでしょうか。結婚式のメッセージというと緊張してしまいます。

いつも気軽に話していたからこそ、改まってお祝いのメッセージを言うのが恥ずかしいですよね。だけど、とてもおめでたいことだし、しっかり祝ってあげたいという方のために、どんなメッセージが心を掴むか、ご紹介します。

あなたの言葉に会場中の人がジーンと来てしまうこと間違いなしです。これでお世話になっている親戚や友人、先輩を感動させることができます。要チェックです。

メッセージに入れるべき内容のポイント

メッセージの抑えるべきポイントは?

メッセージの内容には抑えるべきポイントが二つあります。これは、結婚式への出席や欠席に関わらずですので抑えておきましょう。まず一つ目のポイントは、新郎新婦への祝福の気持ちです。

二つ目は、今後の末長い幸せを祈っている事です。この二つのポイントを踏まえ、新郎新婦との関係性と合わせてぶんしを工夫しましょう。文章量は、コンパクトにまとめて簡潔に伝えるようにするのも基本です。

言葉のチョイス例

関係性を踏まえて、言葉を選ぶのは簡単なようで難しいですね。

そんな時に参考になるようなものの例として、「祝福を伝える」事については「おめでとう」でも充分伝わりますが、スタンダード過ぎるので工夫したい場合に「憧れの先輩の門出を心から祝福いたします」とか「大切な友人の幸せを嬉しく思っています」など、主役に対して尊敬や大切な関係である事を伝える言葉を踏まえても良いでしょう。

「今後の幸せを祈る」気持ちを伝えたい場合に、「見守っていきます」とか「応援しています」という新郎新婦との関係性を今後も継続していきたいと思っているような内容も喜ばれます。メッセージは、簡潔にまとめながらも工夫されているものだとより印象に残ります。

結婚式のお祝いメッセージの注意点

結婚式のお祝いメッセージを作る際の注意点がいくつかあります。まず、離れるや別れる、切るなどの忌み言葉や、しばしばやますますなどの重ね言葉は使わないようにします。忌み言葉や重ね言葉は、離婚や再婚をイメージさせると言われており、結婚の祝いの言葉には適していないため注意が必要です。

そして、結婚式のお祝いメッセージは筆ペンで書くのが正式で、ない場合は万年筆が良いと言われていますが、実際は多くの場合、黒のインクまたは濃いめの青のボールペンで書かれています。お祝いパーティーなどカジュアルな席の場合は、様々な色を使用しても構わないですが、きちんとした結婚式では黒または濃いめのペンで書くことが望ましいです。

れから、終わりを意味する句読点は、結婚のお祝いにはふさわしくないという認識を持たれることがあります。最近はこだわらない人が多いとされていますが、気にする人もいるため頭に入れておくことが必要です。

さらに、結婚式のお祝いメッセージは、お祝いするという気持ちが伝わることが一番大切だと言われています。そのため、新郎新婦を祝う気持ちと、ふたりのこれからの幸福を願う気持ちを込めることが大事で、その気持ちが伝わるようなメッセージにすることが望ましいです。

メッセージを送る基本ポイント

結婚式に送るメッセージの基本

新郎新婦へ送るメッセージは、その関係性や立場によっても内容は変わってきますよね。しかし、基本的なポイントは変わらず、祝福する気持ちや今後の2人の幸せを祈る言葉を使うことです。

伝えたいことが沢山あってまとめるのは大変かもしれませんが、文章量は、コンパクトにまとめながらも充分伝えられる内容が良いでしょう。これは、スピーチなどで伝える際も、メッセージカードで伝える際も同じです。

メッセージカードを送る際のマナー

まず、インクは黒か濃いブルーを使います。文章は、カードの片面のみに書くのが原則です。更に、使う言葉にも厳重に配慮する必要があります。例えば別れるとか切るまたは死や壊れるを連想する忌言葉や「ますます」や「度々」と言った重ね言葉も避けるようにします。

そして、句読点は打たないようにするということもあります。お祝い事は終止符をうたないという意味を込めた理由からで、上級者マナーなので知らない人も多いのですが、そんな中しっかりとこれを抑えられていると良いでしょう。

そして、送るための封筒はカードの正面を封筒の表になるように入れて送るということも大切なポイントです。せっかく内容が良いのに、マナーが守られてないとすごく勿体無いので気をつけましょう。

欠席した際のメッセージ

欠席した際にはメッセージを送ろう

やむ終えず結婚式を欠席しなければならない場合には、メッセージを送る事はするべきです。

その場合の文章の内容としては、基本の「祝福を伝える」のと「末長い幸せを祈っている」という事の他に、結婚式に出席出来なかった事を残念に思っている事やせっかく招待してくれた好意に応えられなかった事にお詫びの気持ちを文章に入れる事をお勧めします。しかし、文章は簡潔かつコンパクトにまとめるようにしましょう。

お詫びの言葉を踏まえた文例

まず、丁重に出席出来なかった事のお詫びを伝える事または、出席出来ずに残念である事伝えます。

例えば、「ご招待してくださったのに出席出来ず申し訳ございませんでした」や「お二人の門出を見せていただく事が出来ませんでしたがご招待してくださった事に感謝しております」その後に、祝福の言葉として「ご結婚おめでとうございます」や「お二人の幸せを祝福しております」などといった内容を入れます。

そして最後に「これからのお二人と新しく築いていく家庭が末永くお幸せでありますように」などと言う今後の幸せを祈る気持ちを伝えましょう。言葉遣いなどは、上下関係をしっかり意識しましょう。また、上級者マナーとして「お祝い事は終止符をうたない」の意を込めて句読点を打たないようにします。

メッセージの文章例

結婚式に送るメッセージの基本

結婚式に出席するしないに関わらず、新郎新婦に送るメッセージには基本的に抑えるポイントがあります。その一つは、祝福の気持ちを伝えること、二つ目として今後の幸せを祈っているということです。その関係性や立場で内容は変わってきますが、この二つは文章に織り込みましょう。そして、文章量は、コンパクトにまとめることが基本になります。

メッセージの文例

出席した場合であれば、当日の感想を踏まえると喜ばれます。結婚式の準備を一生懸命してきた新郎新婦、しっかりと感想を伝えてあげることが大切です。例えば「今日の結婚式は凄く感動しました!お二人のご結婚は大変嬉しく思っています!これからずっとお二人の幸せを祈っています」というような内容文章が良いでしょう。

また、結婚式を欠席した場合には、「遅くなりましたがお祝いの気持ちをお送りします!これからずっと仲良く幸せな家庭が築いていけるよう祈っています」というようなもので良いでしょう。

そして、上級者マナーとして、句読点は使わないようにします。これは、「お祝い事は終止符をうたない」という意味からなので、こう言った細かいマナーもしっかり守ると更に新郎新婦にお気持ちが伝わることでしょう。

友人や親友へ

親しい友人へのメッセージの内容は?

親しい間柄なら、多少くずれた言葉遣いを採用しても良い事があります。普段と違う言葉遣いだと他人行儀と思われて逆に気持ちが伝わらないと言うこともあるのです。友人との親密度でその言葉のチョイスは工夫すると良いです。また、内容のポイントは、基本の「祝福の言葉」と「今後の幸せを祈っている事」に加えて、今後の友人としての関係性の継続も伝えると良いです。

友人や親友の結婚式のメッセージの一例

「大切な貴方の門出を祝福しています!これからも二人力を合わせて良い家庭を築いてください!近い未来にお互いの家族で集まったりして楽しい思い出作りたいです」

「お二人の門出は自分のことのように嬉しいです!今度新居に遊びに行きます」または「本当に心からお祝い申し上げます!お二人ならきっと何があっても乗り越えていけます」と言うように、応援の一言を加えたり幸せな未来をイメージできる文章を加えるのもおすすめです。

仲が良いからこそ、心に残る内容にしたいものですね。ただ、親しい仲にも礼儀あり、別れや終わりを連想させる忌み言葉や、「お祝い事は終止符をうたない」と言う意味を込めて句読点は使わない事は注意しましょう。

メッセージのポイントは?

思いが伝わりやすいのは、メッセージを書いて送る事です。書く人と新郎または新婦との関係性によって使う言葉はには若干変わってくる部分や語尾の言い回しは変わっても、基本的に伝える内容のポイントは同じです。

まず「祝福の気持ち」と次に「今後の末長い幸せを願う気持ち」の二つです。結婚式に出席する欠席するに関わらず、メッセージを送る際はこれをしっかり踏まえた文章かつ、文章量は短くコンパクトにまとめるのが一般的なメッセージの書き方です。

例えば、目上の人(上司や先輩)に送る文例ですが、「ご結婚誠におめでとうございます。尊敬する「新郎(または新婦と)の名前」さんの今日の良き日を、新たな門出を心より祝福しています。これからお二人で末永くお幸せに過ごせますように」や、「今日の良き日が迎えられたことを心からお祝い申し上げます。

これからお二人が築いていくご家庭の末永いお幸せを祈っています」など尊敬の気持ちを踏まえたり、言葉遣いに配慮して失礼のないようにします。あくまで先輩や上司と言う関係性から、いくら親しい間柄であってもマナーはしっかり守りましょう。しっかりとしたマナーと尊敬の意、祝福の言葉と末長い幸せを祈る言葉があってこそ、気持ち伝わるメッセージです。

新郎新婦との関係性とメッセージ

メッセージを送る際の基本

結婚式を迎える新郎新婦に送るメッセージには二つの基本ポイントがあります。一つは祝福する気持ち、二つ目は今後の幸せを祈っている事を伝える事です。これを踏まえて、新郎新婦との関係で内容や言葉を工夫しましょう。

また、上級者マナーとして、メッセージには句読点を打たない事は知っておきましょう。これは、「お祝い事は終止符をうたない」という意味からなので、少し難しい点ではありますが配慮します。

上司や後輩へのメッセージの文例

今後も付き合っていく仲間ですから、しっかりとお祝いの気持ちが伝わるものが良いですね。そして、「応援する」とか「見守る」というような、新郎新婦との今後の関係を続けていく気持ちもこれで伝わります。

例えば、上司や目上の方なら「ご結婚おめでとうございます!尊敬する方のお幸せを側で見ることが出来て幸せです!今度共お二人が仲睦まじく人生を歩んでいけることをお祈りしております!」というような、今までの尊敬や感謝の念を踏まえた内容が良いでしょう。

後輩ならば、「ご結婚おめでとう!可愛い後輩の門出は嬉しいものです!今後とも、幸せなお二人を見守っていきます」というように、今後の関係性の継続を踏まえた内容がおすすめです。

親族へのメッセージ

親族という関係

親族同士の関係性もありますが、これまで共に過ごした時間が長い親族であるほど熱い内容を入れてもいいでしょう。また、結婚式を迎える親族が年上か年下かという事やメッセージを送る本人が既婚者か未婚者かによっても変わってきますよね。しかし関係性はどうあれ、メッセージの基本である「祝福の気持ち」と「今後の幸せを祈る気持ち」は踏まえた文章でなければなりません。

熱いメッセージの文例

例えば、送る方が年上で既婚者の場合「本当に結婚おめでとう!二人ならどんな事があっても乗り越えられるし、幸せな家庭が今後築けると信じています」というように、人生を踏まえた内容も良いです。

また、未婚者が送るものとしては「お二人の幸せを祝福するとともに、後を追って幸せになれるようにしたいです!今後もお二人の幸せを側で応援しています」「仲睦まじいお二人を見てお裾分けしてもらいたい気持ちです!これからずっと末長くお幸せに」というように「羨ましいくらい幸せ」を踏まえるのも素敵です。

年下、年上やその過ごしてきた時間の長さや深さから言葉遣いや言葉のチョイスは難しいものがあります。しかし人生の門出を迎える親族であるからこそ、しっかりと伝えられるものにしましょう。

結婚式で喜ばれるオシャレな英語のメッセージとは

友人や先輩などに結婚式のお祝いの言葉を贈る際、相手が外国人でなくても英語でスマートにオシャレに贈りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。グローバル化が進む今の世の中、外国人の同僚や友人の結婚式にお呼ばれする機会もありますよね。

そんな時には気の利いたお祝いメッセージを英語で贈りたいものですが、結婚式のお祝いのコメントを英語でするとなると英語が得意な人でも悩むものです。良いフレーズが思い浮かばず、英語が苦手な人ならなおさら困ってしまうでしょう。

新郎新婦に喜ばれる英語の結婚祝いの言葉は、粋な一言メッセージやユーモアやカジュアルさを含んだメッセージです。英語のメッセージで定番と言えばHappy weddingやHappy Marriage、CongratulationsやHappy ever afterなどがあります。

これらのフレーズなら短くて誰でも簡単に使いこなせそうですが、ありふれてますよね。そこでTogether ForeverやSmile,always as ever、Keep on smilingやForever Happy、Cheers to the happiest couple in the worldなどの英語を付け加えると効果的です。これらのちょっぴり小粋なオシャレなメッセージをお祝いカードの最後の一言に添えるととても素敵になりますよ。