角栓は早めのケアが重要!正しい取り方とダメな取り方解説

鏡を見たら毛穴に角栓が詰まり、黒くなっていたことはありませんか。角栓を見つけた場合には早めにケアすることで、綺麗で美しい肌を維持することができます。そこで、角栓の正しい取り方とダメな取り方について教えます。肌に負担をかけない理想的な方法でケアを心がけることによって、毛穴の詰まりを改善することができます。

角栓は肌トラブルの原因になりますので、間違った方法でケアをしてしまいますと肌に負担がかかってしまい傷をつけてしまう原因になります。透明感のある健康的な肌を維持するためには、毛穴に詰まった角栓をスッキリと取り除きスキンケアをすることが重要になります。肌の負担にならない取り方をチェックして、日々のお手入れに取り入れましょう。

角栓の正体

毎朝の日課として洗顔をしている人は男女問わず少なくはないと思いますが、洗顔をしてもいつの間にか鼻にぶつぶつができてしまっていると感じた人も少なくはないと思います。たまに鼻にできるぶつぶつは角栓と呼ばれるものが鼻の毛穴に詰まっているためにできたもので、この角栓がたくさん詰まってしまうと、イチゴ鼻のような他人から見てもすぐにわかるぶつぶつ鼻になってしまいます。

角栓は、脂腺から分泌された皮脂腺や周囲の角質が毛穴中で凝固、発達したもので、下手に放っておくと酸化して肌の黒住とかしてしまいます。それに、角栓はニキビの原因にもなりうるので綺麗な肌にとっては大敵ですし、簡単に洗顔で落ちるものでもないのでたちの悪い存在です。

以上のように、毛穴に皮脂などが詰まったものを角栓と呼び、それが肌にぶつぶつをつくり出していました。また、放っておくと酸化して黒住となり、シミと同等に厄介な存在へと変貌しますし、ニキビへと変化する可能性も秘めているので軽視できない存在です。

ですから、単純に洗顔を毎日念入りにしているから大丈夫だとは思わずに、毛穴に皮脂などが詰まっていないかは毎日確認をするようにしたほうがいいと思います。

角栓の取り方は

毛穴に黒いポツポツがあると気になってしまう人もいるでしょう。角栓が詰まっているせいで、ニキビが繰り返し出来てしまったりと肌トラブルに悩まされている人もいます。毛穴の中には、皮脂汚れやメーク汚れや古い角質などが溜まっていきます。これが固まってしまった物が角栓です。

メークを落さずに寝てしまったり、クレンジングを使用せずに洗顔だけでメークを落している人もいるでしょう。この様な事を続けていると、取りきれなかった汚れがドンドン毛穴の中に溜まってしまいます。角栓が出来てしまうと、中々取り除くのは大変です。またそのまま放置する事で黒く変色してしまい、目立つ様になっていきます。

ピンセットや剥がすタイプのパックで強引に角栓を取るのは、肌を傷める原因になりますのでやめておきましょう。角栓が出来てしまう前に、毎日丁寧なクレンジングをする事がベストです。しかし出来てしまった場合には、時間をかけて取り除くしかありません。

毎日クレンジングをして汚れを取り除く事が重要です。一気に取れる事はありませんが、徐々に毛穴がキレイになっていきます。クレンジングは天然の洗浄成分を使用した無添加の商品を選ぶと肌に負担がかからないのでお勧めです。

角栓の取り方

イチゴ鼻という言葉を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。イチゴ鼻とは鼻に黒いポツポツが出来る事です。これがイチゴの様に見える事から、イチゴ鼻と呼ばれています。この黒いポツポツの正体は角栓です。

毛穴の中には汚れが溜まりやすく、メークで落としきれなかった汚れや、皮脂汚れや古い角質が詰まっていってしまいます。これをそのまま放置していると固くなります。この時の状態は白い角栓ですが、これをさらに放置する事で黒くなるのです。黒くなってしまうと目立つ様になり、人目も気になってしまいます。

また菌などが繁殖しやすくなり、ニキビが出来やすくなります。早く除去したい気持ちからピンセットや剥がすタイプのシートパックを使用する人もいますが、肌を傷めてしまうのでお勧めできません。これらを繰り返し行う事によって、毛穴が広がってしまいますので注意が必要です。

イチゴ鼻を改善したいならば、角栓除去できるクレンジングを使用する事です。即効性はありませんが、毎日継続して使う事により角栓を除去する事が出来ます。安価なクレンジングには、添加物が多く入っている傾向がありますので気を付けましょう。毎日使う物ですから無添加の商品を選ぶ様にしたいものです。

角栓のやってはいけない取り方

角栓は皮脂や皮膚の角質が混ざって固まり毛穴に詰まったものです。これがたまって黒く目立ち始めるとファンデーションでは隠しきれなくなります。すぐにでも除去したい角栓ですが、やってはいけない取り方がいくつかあるので注意が必要です。その一つは指で押し出すことです。

ただ指の腹でそっと押して出てくるものやスキンケアの時にコットンについてきたものなどはとっても構いません。避けたいのは爪やピンセットなどで無理に引っ張り出すことです。これは毛穴トラブルの原因になる可能性があります。

二つ目は毛穴パックで、これは毛穴以外の肌を広範囲に傷つけてしまいます。表面の角質層が削られて乾燥し、更に角質のできやすい肌になってしまうのです。三つ目はコメドプレッシャーで、月一度程度なら大きな問題はありませんが、強く押しつけたり、頻繁に使用するのは肌を傷つける怖れがあります。四つ目はオロナインやニベアを使ったパックです。

オロナインには殺菌成分が含まれており使用すると、肌を健康に保つ常在菌をも殺してしまいます。また肌の表面の角質層まで取ってしまうので、肌は乾燥して強ばりより角栓ができやすい状態となってしまいます。ニベアを用いるのは特に脂性肌の人には危険です。パックが原因で毛穴がつまることにもつながり、角栓を悪化させてしまうのです。

オロナインはパック用に作られていません

角栓を押し出すアイテムとして、コメドプッシャーというものがあります。スティックの先に付いている輪っか状になった部分で毛穴の周りの皮膚に圧力をかけて角栓を押し出すものです。快感から使用する人も多いですが、止めておいた方が良いです。

強く押し付けすぎると肌へのダメージになりますし、無理に毛穴を開くことで良くない物が入り込むかもしれません。赤ニキビから角栓を取り出すために使おうものなら、炎症をさらに悪化させてしまう可能性は非常に高いです。また道具を使用した角栓ケアに、オロナインを使用したパックがあります。

市販されているパックを使用する前の顔にオロナイン軟膏を塗るものですが、やってはいけない方法と言えます。確かにオロナインには角栓を落とすことができる成分は含まれています。しかしオロナインは元々炎症を抑えるために使用するもので、パックは使用方法に含まれていません。

除去された後の開いた毛穴のアフターケアも独自でしなければならないというリスクもあります。良くないものが毛穴に詰まると黒ずんでしまうなどの逆効果にもなり得ます。まして医薬品に分類されるほど強力なものなので、本来とは異なる方法で使用した時に受けるダメージは大きいものです。

クレイの吸着力で角栓を除去

肌に刺激や摩擦で負担を与えない角栓の取り方としておすすめなのがクレイ洗顔です。クレイ(天然の泥)には複数の種類があり泥の種類によって吸着力に差はあるものの、吸着力に優れているため泡洗顔よりもメイク汚れや古い角質を吸着して除去する働きが期待できますし、泥の粒子が非常に細かいので毛穴の奥まで潜り込み角栓や黒ずみを取るのにも役立ちます。

角栓は毛穴の内部で皮脂や角質が固まってできたものなので、なかなか通常の洗顔方法では取り除く事が難しいですが、粒子が細かく毛穴の奥にまで入り込めるクレイであれば効果的というわけです。

クレイ洗顔はクレイ配合の洗顔料やクレイパウダーと市販の洗顔料を混ぜて使うといった方法がありますが、小鼻など気になる部分を優しくマッサージしながら洗顔するのが効果的ですし、毛穴を開かせるため事前に顔を温めてから洗顔を行う、顔にパックするクレイパックなどは特に変化を実感しやすいと言われています。

ただ、クレイ洗顔で気を付けたいのが過剰なケアです。クレイ洗顔は天然の泥が主体なので一般的な洗顔料よりも優しく洗う事ができますし、保湿成分やミネラルも豊富に含んでいるため洗い上がりもしっとりますが、乾燥肌の方や肌トラブルがある方の場合は肌に負担になることもあるので、週に1・2回程度を目安に行うのが角栓ケアにはベストです。

角栓を洗顔で除去する方法

角栓が目立つようになってくると、どうにかして除去したいという気持ちになるものですが、正しい方法で行わないと肌をいためてしまう可能性があります。肌に刺激を与えずに除去する穏やかな取り方は、洗顔を行うことです。毎日きちんと顔を洗っている人でも、角栓は次第にあらわれてくるものですので、定期的にしっかりとした洗顔を行い角栓ケアを行いましょう。

洗顔はその人によって自己流の方法が習慣化していることもあり、正しい方法を行っている人は意外と少ないものと言われています。顔の肌組織をいたわりながら綺麗に汚れを落とすために有効な方法は、泡洗顔を行うことです。

洗顔フォームを泡立てネットとお湯を使ってクリームのようなキメの細かい泡を作り、その泡をそっと鼻から頬そして目の周りや額、首筋にのせるようにしていき、顔全体を泡で覆い尽くすのがおすすめです。そのまましばらく泡をのせて汚れを浮かせた後に、手のひらを使って優しく撫でていくようにします。

この時にゴシゴシとこするなどはせず、ゆっくりと泡を顔全体になじませるようにしていきます。そしてきれいなお湯を使い何回かに分けて洗顔フォームを洗い流していくのが良いでしょう。洗顔が終わったあとは保湿をしてケアを行うことも重要です。

角栓除去の注意点

毛穴に詰まりやすい角栓を綺麗に落とす方法として、洗顔時にザラつきの気になる部位をゴシゴシこすってしまう方は少なくありません。こすりながら洗顔を行うと肌に負担をかける原因となり、毛穴のたるみや開きの原因になったり、肌の角質が過剰に除去されてしまい乾燥しやすい肌質になってしまいます。

そこで角栓を除去する際のポイントとして、洗顔料や洗顔石鹸は泡だてネットを利用して濃密な泡を作ることが重要になります。指の力で肌を洗うのではなく、濃密な泡で顔を包み込んで優しく丁寧にマッサージをするだけでも毛穴の汚れは十分に落とすことが可能です。

毛穴の中に詰まった角栓や黒ずみの場合は、クッション性の高い泡やクレンジングジェルを利用してケアを行うことで、皮膚を柔らかくし、角栓が取れやすい状況を作ることでスルッと落とすことが可能になります。皮脂や角栓の油分に近い成分で作られているクレンジングオイルを利用すると、肌に負担をかけずにケアが行えておすすめです。

毛穴の汚れが落ちたら、開いた毛穴を引き締めるためにも保湿ケアは欠かせません、保湿ローションで潤いを与えて乳液、クリームの順番で使用することで潤いが続くしっとりとした素肌になります。

綿棒を利用して角栓除去

毛穴パックなどを利用せずに、毛穴に詰まった汚れを除去する方法としておすすめなのが、綿棒を利用して汚れを落とす方法です。用意するものは綿棒を2~3本、ベビーオイルなどの顔に使用できる美容オイルだけです。小鼻などの細かな部位は、指では手が届きにくくオイルを利用しても摩擦ばかりを与えてしまい、肌に負担をかける恐れがあるので注意が必要となります。

そこで細かな部位にもケアが簡単な綿棒を利用することで、簡単に鼻の角栓を除去することが出来ます。お手入れ方法はザラつきや毛穴の汚れが目立つ部位に、美容オイルをたっぷり含ませた綿棒をなじませてから、優しく丁寧にクルクルマッサージを行うだけです。

この時にゴシゴシ擦らないように注意すれば、綿棒に含まれた美容オイルが肌に馴染み、角栓が浮き上がりやすくなるのでスルッと汚れを落とすことが出来ます。

時間が経って固くなった角栓も、美容オイルが馴染むと柔らかくなるので綿棒で優しくケアを行うことで、毛穴レスの美しい肌を手に入れることが出来ます。お手入れ後は軽くティッシュオフをしてオイルを取り除いてお手入れは完了です。雑菌の付着しやすい指ではなく、清潔な綿棒を使用できるのも魅力のひとつです。

綿棒を使った角栓の取り方

角栓を綿棒で取る手順としては、まず肌を清潔にするために洗顔を行い、蒸しタオルを使って顔の毛穴を開きます。蒸しタオルを使用する以外にも、入浴後など毛穴が開いている時に行う方法もおすすめです。肌表面がしっとり柔らかくなると、毛穴も開きやすくなるので角栓が除去しやすくなります。

綿棒にオリーブオイルをたっぷり染み込ませ、気になる部分を優しくマッサージします。オリーブオイルは基本的に美容用のものを選ぶようにしましょう。食用オイルを使用してはいけないことはありませんが、開封後に酸化しやすいため、スキンケアに用いる場合は美容オイルを選んだ方が肌に負担を与えません。

マッサージは気になる部位を撫でるようにしたり、先端をくるくると回すなど様々な方向からアプローチします。角栓が目立つ場所は、横から軽く綿棒で押すと飛び出すように出てきます。取りにくい角栓は、2本の綿棒を使って挟むようにすると取れやすくなります。

それでも取れない場合、肌への負担を考えて無理に押し出すのはやめましょう。マッサージが終了したあとは、しっかり洗顔しオリーブオイルを洗い流します。肌にオイルが残ったままだと、空気に触れて酸化し肌の老化を招く原因となってしまいます。

角栓の正しい取り方

毛穴の中に皮脂が詰まり時間が経つと、詰まった汚れが固くなり角栓となります。そのまま放置してしまうと毛穴が開く原因となりますし、角栓が酸化することでニキビや黒ずみなどの症状になってしまうので、少しでも早めに毛穴を綺麗に整えるためには、定期的に毛穴のケアを行うことが重要になります。

一般的に毛穴の汚れを落とす方法として、多くの方が利用しているのが洗顔料やクレンジング、毛穴パック、ピーリングジェルですが、肌を摩擦してしまう恐れがあるので、最近では綿棒と美容オイルを利用するお手入れ方法が人気です。

自宅にある綿棒とホホバオイルやベビーオイルを用意するだけなので、誰でも気軽にケアを行うことが可能ですが、綿棒を利用して角栓を取る場合お手入れ方法は気をつける必要があります。まず綿棒を肌にあてる際に、いきなり乾いた肌にグリグリ押しつけるのは肌を傷める原因となります。

そのため綿棒に含ませた美容オイルを毛穴付近の肌になじませておき、毛穴の中の角栓がオイルで浮き上がってきたら優しくクルクル撫でることで、汚れを落とすことが出来ます。またオイルが付着したまま日中外に出てしまうと、紫外線を吸収して毛穴の黒ずみを引き起こす可能性があるので、夜にお手入れを行うことがポイントです。

角栓の取り方で気を付けること

顔の肌の表面にある角質層は厚みがわずか0.01~0.02㎜で、わずかな刺激にでも傷ついてしまいます。角栓除去を行なった後肌が赤くなっていたならば、それは力の入れ過ぎによって肌がダメージを受けているということです。肌が傷つけば乾燥しやすくなって角栓ができやすい状態になっています。

その場合はすぐに取り除く作業を中止して、傷んだ肌のケアをしてください。次に角栓除去を行なうのは肌が元の状態に戻ってからにしましょう。角栓を取り除く方法には指やコメドプレッシャーで押し出したり、鼻パックやオロナインパック、ニベアパックなどいくつかあります。

その中でもオリーブオイルと綿棒を使う方法は比較的肌への負担が少ないのですが、ダメージが全くないというわけではありません。この方法もあまり頻繁に行なっていると肌の乾燥を招き、結果として角栓ができやすい肌になってしまいます。

行なうのは肌が敏感になりやすい生理中を避け、週に1回位に留めておきましょう。またその際も美容用のオリーブオイルを使うこと、なかなか取れないものを無理に取ろうとしないこと、除去後はしっかりオイルを落としてその後保湿することをしっかり守って行なうことが大切です。

毛穴を引き締める!値段順のおすすめ美容液

角栓除去後には、毛穴を引き締めて角栓をできにくい環境を作るために美容液でのケアも大切です。毛穴ケアのできるおすすめ美容液を紹介します。

角栓を取り除いたあとのスキンケアに向いている美容液が、DHCのポアナエッセンスです。お手軽価格でたっぷり使いたい人に向いています。収れん作用のあるマッシュルームエキスやアーチチョーク葉エキスを配合していて、毛穴引き締め効果にも期待できます。

タカミエッセンスCEは、毛穴のザラつきやポツポツ、キメを整える美容液です。2種類のビタミンCとE、保湿成分のセラミドでしっかり潤しながら毛穴を引き締めてくれます。毛穴のために作られている機能性美容液です。

抗酸化作用のあるビタミンC誘導体を配合しているのが、コレクトBIRAIソワンです。ビタミンCには皮脂を抑える作用もありますので、角栓の予防にもつながります。アーチチョーク、ハーブエキス、プラセンタエキスを配合していてデリケートな肌の人でも使える高級感のある美容液です。

毛穴に特化して作られている美容液がハイパービューティラボのリメリーです。特に小鼻周辺の毛穴に効果が期待できる美容液で3種類のヒアルロン酸が毛穴をしっかりと保湿して引き締めてくれます。高級な美容液ですので、特に気になる部分専用に使いたいです。

角栓ケアのあとのお手入れで予防

角栓は一度取り除いても、また時間と共に少しずつ蓄積していきます。ただ取り除くだけでは同じことを繰り返しケアしていくしかありませんので、少しでも角栓ができないように予防していくことが必要です。特にケア後の毛穴というのはぽっかりと開いたままになっていますので、しっかりと冷水などで毛穴を引き締めなくてはいけません。まだ完全にきれいになっていなくても、ケアをするたびに習慣にして下さい。

そして丁寧に化粧水などで保湿をして、毛穴を引き締めます。角栓ができる部分というのはベタつくものですが、そのベタつきの要因となっているのがインナードライだったりもするのです。乾燥していと毛穴は硬く開いたままになってしまいます。

表面はベタついても内側は水分不足ですので、しっかりと保湿をしてお肌を柔らかくすれば毛穴も小さくなって詰まりにくくなります。

また角栓が出来るのは、日頃の食生活も影響しています。よく油物や糖分の多い食べ物を好んで食べる人というのは、角栓が詰まりやすいです。常に肌がてかっていてあぶら取りシートが欠かせないような人は、すでに油分の摂り過ぎの可能性が高いです。お肌のためには、バランスの取れた野菜中心の和食を心がけてみて下さい。

早めのケアが重要な角栓ケア

角栓が出来てしまうと、毛穴が広がってしまいますし除去するのに手間がかかります。又、多少は肌への負担がかかってしまいますので角栓が出来る前のケアが大切です。毛穴が詰まってきたと思ったらできる前にマッサージをして毛穴を掃除したり、パックをして除去するなどの方法でケアをするのが有効です。

角栓が完全にできてしまうと完全に取り除くのはかなり大変ですし、指で押し出したり器具を使った押し出すのもあまり推奨されていません。スキンケアで目立たなくする方法では一度で綺麗に取り除くことは難しいですので、できれば気になった時点で早めのケアをするのが良いでしょう。

早めのケアと言っても、特別なことをする必要はありませんが、クレンジングミルクを付けてマッサージをしたり、酵素洗顔料を使ったケアなども有効です。又、完全に角栓が出来る前なら美容液などで対応することが出来るケースもあります。

角栓が出来ないようにするには日頃の洗顔やスキンケアが重要です。汚れを貯めこまないことと毛穴を引き締める美容液や化粧水を使うことがポイントです。一度できてしまうと目立ってしまいますので、なるべくこまめなケアを心がけて、保湿にも注意しましょう。