試してみよう!参考になるお手軽1週間ダイエット方法まとめ

続けなければ効果が出ないというイメージがあるダイエットですが、1週間限定で試してみても効果を実感できる場合が多く、短期間だけ頑張ってみる1週間ダイエットは、自分に合う方法を試して選びたい人におすすめです。

8時間ダイエットとは?その効果について

好きな食べ物を我慢できないという人に人気がある8時間ダイエットは、8時間だけ好きな物を食べても良いダイエットです。例えば、お昼の12時から8時までは、昼食や夕食、おやつを食べても良いことにして、夜の8時から、次の日の12時までは、水やお茶以外の物を口にしないというルールを守るというダイエットです。

8時間だけ食べ物を食べても良いので、好きな物を食べたいという人に続けやすく、空腹になっても、お昼になれば昼食を食べることができるので我慢できる人が多いようです。

固形物を食べない時間を作ることで、胃腸が休まり、消化機能が回復するため、健康に良いという人もいます。カロリーを自然に制限することができるため、1週間でも体重が減少する人が多いダイエット方法です。

プチ断食ダイエット!正しいやり方

プチ断食ダイエットは、何も口にしない断食とは違い、固形物を食べない日を作るというダイエットで、食事の代わりに野菜ジュースや酵素ドリンクを飲むことが一般的な方法です。ずっと続けることはつらいのですが、1週間の中で、軽めの食事をする準備期間とプチ断食の3日間、回復食でゆっくりと通常の食事に戻す期間を設定すると楽に取り組むことができます。

プチ断食は、3日間程度固形物を食べないので、胃腸をゆっくりと休ませることができ、むくみの解消や老廃物の排出などデトックス効果も期待できます。身体も心もすっきりとして気分が良くなると、定期的に取り組んでいる人も多く、世界的にも人気があるダイエット方法で、1週間で体重が1~3㎏ほど減る人が多いようです。

気軽にできる置き換えダイエット

毎日規則正しい食事をしている人が取り組みやすいのが置き換えダイエットです。朝食や昼食、夕食のどれかひとつかふたつを、プロテインや酵素ドリンク、野菜ジュースなどで置き換えることで、摂取カロリーを減らし、ダイエット効果を得ることが期待できます。

置き換えダイエットは、置き換えることにした食事をドリンクなどに置き換えるだけで、他の食事は、いつも通りで良いので、仕事や学校があっても気軽にできて続けやすい人気のダイエットです。夕食を置き換えるとダイエット効果が高く、朝食なら無理なく続けることができます。

1週間ダイエットをする場合には、期間限定なので、効果を実感しやすい夕食の置き換えをすることがおすすめです。

朝食をスムージーのみにして摂取カロリーを控える

ボディラインを整えたい人や胃腸の調子を整えたい人、体重を維持したい人などに好まれているのが朝食をスムージーにするダイエットです。

朝食をグリーンスムージーなどで置き換えることで、野菜や果物の酵素をたっぷりと補給することができ、摂取カロリーを抑えることもできるため、代謝が良く、脂肪を燃焼しやすい体作りをしたり、緩やかで無理のないダイエットをすることができます。

野菜や果物の栄養を丸ごと摂取することができ、豊富な食物繊維が胃腸の調子を整える効果もあるため、美容と健康に良いところが人気の理由で、世界的に流行しています。1週間ダイエットなら、摂取カロリーを抑えるために、果物を控えめにしたグリーンスムージーをおすすめします。

効果が出やすい炭水化物抜きダイエット

短期間で効果を実感しやすいのが、炭水化物抜きダイエットで、1週間でもしっかりと効果を実感することができます。ご飯や麺類、パンなどの炭水化物を食べないダイエットで、炭水化物が多く含まれているいも類や根菜類、糖質が含まれているスイーツなども食べないようにすることがポイントです。

炭水化物以外の、肉類や葉物野菜、チーズや卵などは、カロリーを気にせずたくさん食べてもダイエットになるため、肉が大好きという人には取り組みやすいダイエットです。

むくみも解消しやすく、体の水分が抜けてすっきりとする効果や体の中の糖を消費し、脂肪を分解してエネルギーにするため、ダイエット効果が出やすく、1週間ダイエットに向いていますが、リバウンドしないようにダイエットが終わっても、炭水化物控えめの食事を続けることがポイントです。

野菜メインの脂肪燃焼スープダイエット

体に良い野菜の栄養を、スープにして丸ごと食べながら、効率よく脂肪を燃焼させることができるスープダイエットは、野菜のうまみが出たスープをたっぷりと食べることができるため、満足感があり、食物繊維が体の中をきれいにしてくれる効果も期待できます。

野菜たっぷりのスープは、鶏肉などを入れても良いのですが、炭水化物が多いいも類などを控えることがポイントです。スープをメインに食べるので、カロリーが抑えられるうえに、炭水化物を控えることで、脂肪燃焼の効果が高まります。

また、体をあたため、新陳代謝を活発にする効果もあるため、脂肪燃焼が期待できるダイエットです。毎食食べるのは大変ですが、朝食や夕食を野菜メインのスープにすることで効果を期待できます。

移動はなるべく徒歩にしてウォーキングダイエット

食べ物を制限したくない人や筋肉をつけて痩せやすい体になりたい人、健康をキープしたい人におすすめなのが、ウォーキングダイエットです。歩くことは、年齢にかかわらず体に良く、食生活を変えることなく手軽にできるダイエット方法です。

移動の時には、なるべく車や電車、バスを使わず歩くことで、摂取したエネルギーを燃焼し、体に蓄積しないようにする効果と筋肉量を増やして痩せやすい体を作ること、不足しがちな運動をすることで、体の巡りが良くなることなどダイエット効果だけでなく、健康効果もあるので、他のダイエットをしている人でも取り入れてほしいおすすめのダイエット方法です。

歩けば歩くほど、消費カロリーが増えるので、早足を意識して、距離を少しずつ伸ばしていくとよいでしょう。

便秘解消効果も!バナナダイエット

すぐにエネルギーになる糖質がたっぷりと含まれているバナナダイエットは、栄養補給をしながら、おいしくダイエットをすることができて、満腹感があるので、長い間にわたって人気があるダイエット方法です。

食事にプラスすると、カロリーオーバーになる可能性があるため、バナナダイエットをする場合には、食事と置き換えたり、ヨーグルトなどと組み合わせて、パンを控えるなど工夫することがポイントです。

バナナには、食物繊維が豊富に含まれているだけでなく、便通を良くする糖類や酵素もたっぷりと含まれているので、便秘解消に効果が期待できます。食べてすぐにエネルギーになるので、朝食に向いており、アスリートにも根強い人気があります。

19時以降は何も食べないだけの簡単ダイエット

1日3度の食事を食べながらもスリムな体をキープしたい人に向いている19時以降は何も食べないだけの簡単ダイエットですが、夕食が遅くなりがちな人や夜に間食をしてしまう習慣がある人、お酒をよく飲む人などが取り組むと、1週間ダイエットでもすっきりとスリムになる効果が期待できます。

19時以降に食べない時間を作ることで、寝ている時間と合わせて朝食までの12時間程度、胃腸を休ませることができ、胃腸の機能が回復しやすくなり、太りやすい夜に食べていた分のカロリーを制限することができるため体重が減るという人が多いダイエット方法です。

夜に食べ物や飲み物を摂取すると、脂肪になりやすく、むくみやすい傾向がありますが、19時以降何も食べないだけで、すっきりとした朝を迎えることができます。

頑張り過ぎはリバウンドの可能性が高くなる

体重を減らしてスリムな体になりたい人がダイエットをするときに気をつけたいのが、頑張りすぎないということです。

頑張れば、その分痩せてサイズダウンができたり、見た目がすっきりと美しくなるため、短期間で痩せたいと思う人が多いのですが体が飢餓状態になったり、ストレスがたまったりするとリバウンドの可能性が高くなり、ダイエット直後のリバウンドは元の体重よりも多くなってしまいがちです。

色々なダイエットを試して、自分が無理なく取り組むことができるダイエット法を見つけたり、組み合わせたりすることや、短期間だけ取り組み、キープする期間を設けることで、リバウンドの可能性を下げ、少しずつ着実にダイエットをすることができます。