話題のクリームもランクイン!シミケアクリームおすすめランキング

日焼けをするとシミができやすいといわれていますが、それだけでなく年齢を重ねるだけでもできることがあります。加齢やホルモンバランスが乱れることによって新陳代謝が正常に働かなくなると、新しい肌が生まれ変わりにくくなります。

またニキビや怪我などで肌の表面が炎症を起こしてしまうと、治ってからも肌に負担がかかったことで色素沈着を起こし、それがシミになってしまうことがあります。肌が生まれ変わるように代謝を高めることが大事ですが、それだけでなくシミを消すためのクリームを使用することも有効です。

身体の内側からシミを消すのではなく、スキンケアアイテムの力を使って消すことも可能です。様々なメーカーから色んな成分が含まれたクリームが販売されているので、自分に合ったものを選ぶことが大事でしょう。

シミケアの効果を高めるポイント

だんだんと年齢を重ねていくにつれて、顔にはシミやソバカスなどの黒ずみが目立ちやすくなってきます。これは肌の黒ずみの原因となるメラニン色素が、年齢と共に蓄積されていくことに加えて、肌のターンオーバーが低下することが大きな要因です。ですので、これらの要因をカバーする化粧品を使うことで、シミを効果的に消すことが期待できます。

化粧品には化粧水や乳液、クリームなどの種類がありますが、化粧水は水分、乳液やクリームは油分が多いなど、それぞれ特徴が変わってきます。それにより適した美白成分や、ケアに向いている肌質なども変わってくるので注意が必要です。

自分の肌質にあった化粧品を使用しなければ黒ずみに与える効果が少なくことに加え、乾燥肌やオイリー肌を進行させることも考えられるので気を付けましょう。さらに美白成分にはシミの予防効果が高いものと、シミを薄くする働きに優れているものの2つのタイプがあるので、どの働きに力を入れた化粧品かを見極めて購入することも大切です。

美白ケアアイテムの中はドラッグストアなどで手軽に購入できるもののほかに、皮膚科で処方されるものもあります。この処方されたクリームはシミを消す働きが強いですが、同時に肌に与えるダメージも大きくなるので使い方を充分チェックしましょう。

意外と知らないシミの種類

シミは一つあるだけでもその人の印象を大きく変えるものなので改善したいと考える人も少なくありませんが、シミと一言で言っても種類が様々あるので、その種類によって治療方法も変えていく必要があります。その為、大切なことは自分のシミがどの種類なのか把握することです。

まず、最も多く見られるシミは老人性色素斑と呼ばれるタイプです。これは大きさはそれほど大きくなくて1ミリ程度の大きさで、膨らんだりもしていない平らなものです。紫外線などが原因で起こるので顔にできやすいものでもあって、頬やこめかみ部分にかけてが多い特徴があります。

次に30代から40代の女性とかなり限定的な範囲の年齢層に起こりやすいものが肝斑です。これは原因は特定が難しいですが、女性ホルモンの働きと深い関係があると言われていて、妊娠や更年期障害と共に発生することが多いと言われています。

小さな子供によくみられるのが雀卵斑、いわゆるソバカスと呼ばれるもので大きさは4ミリ以下の大きさで細かく分布することが多いものです。鼻の周りや頬にかけてできることが多いものですが、原因は遺伝的なものと考えられているが、後天的な原因としては紫外線の影響が考えられます。

他にも遅発性両側性太田母斑や脂漏性角化症などもあって、種類によって効果的な治療方法も異なるので、大切なことは自分のシミを把握して適切な対策をすることです。

なかなか消すことができないシミの原因

気がつくと増えていたりするシミやそばかすは、女性にとっては大変に悩ましいもので、誰しもができることなら消すことを考えるものですよね。シミはニキビ跡などの炎症や紫外線によるダメージや、加齢などの後天的なものが主な原因とされていて、出来る原因によって種類がさまざまあるのはご存知でしょうか。

出来るメカニズムは、紫外線から肌細胞を守るために、紫外線を浴びるとメラノサイト(色素形成細胞)に信号が送られ、メラニン色素が生成されて、ケラチノサイト(表皮細胞)の中にとどまります。

本来は表皮のターンオーバーによって、角質とともに垢として排出されますが、メラノサイトが紫外線によって過剰反応してしまうと、メラニン色素も過剰に生成されてしまい、排出されずに体内に残ってシミとなるというわけです。

このようにしてできるシミには、浴び続けた紫外線が原因で時間の経過によって現れてくる「老人性色素斑」、女性ホルモンが関係していると言われている「肝斑」、シミの角化が進み隆起して起こる「脂漏性角化症」の3つの種類があります。

中でも「老人性色素斑」は一般的なもので、紫外線を浴びてすぐに現れるものではなく、紫外線によるダメージが蓄積した結果として現れ、一度できてしまうと改善や治療が難しいといわれています。そのため、普段から紫外線対策をしっかり行なっておきましょう。

美白化粧品で消すことができないシミ

一口にシミといっても実は色々なタイプのものがあり、残念ながらどれもが一般的に市販されている美白効果のある化粧品を使って自分で消すことができるというわけではありません。美白効果の期待できる化粧品を購入して気になるシミを改善させようと考えているのであれば、まず自分で消すことのできるタイプのものであるかどうかチェックしてみると良いでしょう。

肌にかすかに盛り上がった茶色いものができる脂漏性角化症は「老人性いぼ」とも呼ばれており、素人目には一見シミのようにしか見えませんが、実際はこれは良性腫瘍のひとつです。これだった場合は美白効果のある化粧水や美容液・クリームなどといった化粧品を使っての改善は残念ながらあまり期待できないでしょう。

ただし対処の方法がないわけではなく皮膚科や美容皮膚科などではレーザーなどで治療できるため、脂漏性角化症かどうか気になる場合は病院で診てもらうのがおすすめです。

また美白化粧品で消すことのできるシミは肌の表皮層にあるものに限られてしまい、真皮層という肌の奥にある部分にできるものには効果がありません。肌の奥深くにあるシミを消したい場合にも皮膚科や美容皮膚科を受診し治療を受けるのがよいでしょう。

シミ予防に効果が期待できる美白成分

出来てしまったシミだけではなく、予防に効果が期待できる美白成分があります。紫外線などのダメージから肌を守るためにメラニンは生成されるのですが、過剰に出来ると代謝されずにシミになってしまいます。メラニンの生成の過程で働きを阻害する成分や抗酸化作用でメラニンが生成されるのを抑制してくれる成分が予防効果が高い美白成分です。

メラニンの生成を促すチロシナーゼの働きを阻害するのがアルブチンやリノール酸S、エラグ酸です。マグノリグナンはチロシナーゼ酵素が成熟するのを抑制してくれます。ルシノールはチロシナーゼとチロシンの結合を防いで予防をします。

美白有効成分のm-トラネキサム酸はシミが出来る細胞を活性化させるプラスミンの働きを抑えてくれます。トラネキサム酸は炎症を抑えてくれますのでうっかり紫外線を浴びてしまったあとのシミ予防や改善のどちらにも効果が期待できます。

美肌効果も高く、メラニンの生成を抑制してくれるのがプラセンタエキスです。そして肌の酸化からシミだけではなくくすみが気になる時には高い抗酸化作用のあるビタミンC誘導体です。アスタキサンチンも同じように抗酸化作用がありますが、ビタミンCよりも抗酸化作用が高く期待できる美白成分です。

ハイドロキノン

化粧品には、多数の美白成分が入っています。それらは日焼けの原因となるメラニンを抑制しています。もしも、今あるシミを薄くしたい人はメラニンを還元してできたシミを改善しなければなりません。そこで役にたつのがハイドロキノンです。ハイドロキノンは、ビタミンCの10倍から100倍に至るまでの効果が期待できると言われています。

まるで「肌に使う漂白剤」と言われるほどに効果絶大なのです。しかし、気を付けなければならないのはハイドロキノンの刺激です。効果が期待できる反面、刺激性も持っています。注意しなければならないのは、ハイドロキノンがどのくらいの濃度で含まれているからです。濃度が高いと効果が高いのですが、比例して肌への刺激も強くなっているからです。

もちろん、刺激が強いと言っても安全なものです。現在売られている化粧品に配合されているハイドロキノンは、およそ1パーセントから2パーセントの濃度になっています。使用上の注意や使い方のルールを守って正しく使うようにしてください。

もしも、かゆみや赤みが出てしまう場合には直ちに使用を中止しましょう。パッチテストを事前に行って、あなたの肌に合っているかを確認するのも大切です。

シミを消す化粧品は肌質や用途で選ぼう

シミを消す効果が期待できるクリームをはじめとした美白化粧品を選ぶには、自分の肌質はもちろん、気になり消したいと思う肌の部分的な色の状態によっても変わってきます。

人によっても差があるため肌の悩みはどれも同じではなく、それぞれの悩みに対応できる美白化粧品も様々で、濃い色をしているものや薄い色のものなど今あるシミを消す用途に向く化粧品にも色々な製品があります。また今あるものを薄くしていく効果の期待できる化粧品がある一方で、これからできるものを防ぐ効果が期待できるものもあるからです。

例えば普段どおりの顔のスキンケアをしながら徐々に肌の色を明るくしていくタイプのものや、気になるシミを消すよう直接その部分だけに塗って色を薄くしていくタイプの美白化粧品もあります。効果的に活用し効果を実感するには、悩みをどのように改善したいのかによって使い分ける必要があるでしょう。

また肌質に合うものを選ぶことは美白化粧品を選ぶ際には最も重要です。ポピュラーなブランドであったり人気の高い商品であっても肌に合わず痛めてしまうなら使うことはできません。敏感肌の人は、シミを消す化粧品を選ぶ際にはパッチテストをして確認したり、敏感肌に向く刺激の少ないタイプの製品を選びましょう。

本当にシミを消す効果がある化粧品

シミに効果がある化粧品を使っているにも関わらず期待していたような効果が現れないと言った経験は多くの人がしているでしょう。では、何故これほど多くの化粧品が対策を謳っているにも関わらず効果のないものが出回っているのでしょうか。

実は美白化粧品の全てがシミを消してくれる訳ではありません。美肌化粧品と呼ばれるものには2種類あって、その違いを理解していないといつまで経っても消すことはできません。

2種類ある美肌化粧品とは1つはシミをできにくくするもの、つまり予防成分を配合しているもので、もう1つが今あるんのに対して働きかけるもの、つまり除去成分が配合されているものになります。そして、巷に出回っている化粧品のほとんどは予防成分のみの配合となっているので、どんなに頑張っても効果がありません。

なので、今あるものを消すには除去する成分が配合していること、それに加えて肌を内側から潤いを与えて保湿してくれること、肌に優しくて低刺激なことが条件です。

そこでおすすめなのが美白美容液です。美白美容液の特徴はスキンケア化粧品の中でも美容成分が最も豊富で、肌にも馴染みが良いので効果的に働きかけてくれます。

ちなみに、どんな美白美容液でも良い訳ではなく配合されている成分も重要で、具体的にはハイドロキノンやビタミンC誘導体・4MSK・リノール酸などが今あるシミに対して有効なので探してみてください。

シミを消すのに適切なクリーム

シミに効果的といわれているクリームをいろいろと試したけど、あまり効果がなくがっかりした経験がある方もいるでしょう。シミを消すには、その種類や原因を知っておくことも大切なんですよね。紫外線が原因でできたものは、日光黒子とも呼ばれている楕円形の茶褐色で、老人性色素斑というもので、日焼け後にすぐに現るものではなく、時間の経過によって現れます。

この場合にはセルフケアで消すことは困難なため、予防が必要となります。ニキビや怪我、肌荒れなどの炎症がおさまった後にできやすい茶褐色のものは、炎症性色素沈着で比較的美白化粧水などで改善しやすいといわれているものです。

これ以外にもいくつもの種類がシミにはありますが、セルフケアでは、メラニンの還元作用のあるビタミンC誘導体やハイドロキノンといった美白成分のクリームを選ぶのが良いでしょう。おすすめのクリームTOP3を紹介してみますので参考にしてみて下さい。

TOP1は、ハイドロキノンがシミに強力なアプローチをする、皮膚科のシミ治療にも用いられているハイドロキノンを配合した「ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9」です。TOP2は、「アンプルールラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」で、従来のハイドロキンよりも安定性が高く、肌への刺激も少なくなっています。

TOP3は、アルブチンとビタミンC誘導体を配合した1本で5役のオールインワンの医薬部外品に認定されている「シズカニューヨークシズカゲル」です。

シミを消すにはどのクリームがおすすめか

シミで悩んでいる方にとってお得な情報がデパコスでおすすめのシミ対策クリームTOP3です。まず1位はポーラのホワイティシモで、これは美白有効成分ビタミンC誘導体と、角質クリア成分を複合した「ファンクションC」を配合している美白クリームです。作用としては、角層の乱れを整えながら美白成分を届けることで、くすみもゴワつきもない明るい肌へと導くものです。

そして、長時間保湿処方が特徴で、毎日のお手入れも心地よくできます。2位がHAKUのメラノクールホワイトソリッドです。これはシミの原因ほてりを鎮める冷却美白のクリームで、人気ビューティー雑誌の「MAQUIA」、「VOCE」、「美的」の3誌でのベストコスメを受賞するほどの人気アイテムとなっています。

3位がオバジのブライトニングナイトセラムです。高密着なバーム状美容液が寝ている間にしっかりと留まることで、日中に受けた紫外線ダメージをケアしてくれます。スポットケア用のスキンケアアイテムなので、一度に使う量も少ないのが特徴です。

コストパフォーマンスが高いと言えます。これは寝ている間に一点集中ブライトニングケアができるハイドロキノン配合の美容液となっています。

ドラッグストアで買えるシミクリーム

毎日使うものだから身近なところですぐに買える物がいいですよね。アンプール、ラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEXは、皮膚の専門家が開発した新安定型ハイドロキノン配合の美白化粧品です。ハイドロキノンが直接シミに働いてアプローチ、ビタミンC誘導体やセレプロシドなどの保湿成分が潤いとハリを与え白い艶やかな肌に導いてくれます。

富士フィルム、アスタリフトクリームこの商品は独自開発成分であるナノAMAという美白有効成分を配合し、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぐ働きをします。トロリとしたクリームがなめらかに肌を包み込み美白成分をしっかり肌の内側に閉じ込めます。透明感と針を与えてくれます。

ケシミンクリームは誰もが知ってるドラッグストアで手に入れられるクリームたち。メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぎます。ビタミンCの誘導体が角質層のすみずみまで集中的に入り込み浸透してメラニンの生成を働きかけてくれます。

たくさんありすぎて分からない、でも実際に試してから購入したいというあなた、ドラッグストアならトライアルキットを置いてある製品も数多く置いてあるのでまずそれから使ってみるのはいかがでしょうか。

シミを消す有効な方法

美白化粧品を使ったスキンケアを行う方は今とても増えています。シミができてしまうことは老化現象でもありますし、それだけで老けた印象になります。毎日のケアによって予防をして行きたいものです。

アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体などが配合されている化粧品は予防効果も高いですし、日焼け止めも毎日使って対応して行きましょう。しかしそういった努力をしていてもシミができてしまうことがあります。

そこでお勧めなのがハイドロキノンという漂白成分が入った化粧品です。美容皮膚科にいけば濃度の高いハイドロキノンを処方してもらえますが、通販などでも濃度がそこまで高くないものであれば手に入れることができます。

医師の診察を受けずに自己判断で使用する際には、濃度の低いものから選んでいくことをまずお勧めします。いきなり濃度が高いものを使うとお肌に合わなかった時に白斑が出てしまったりする恐れもあります。できればパッチテストなどをしてから使い始めると良いでしょう。

さまざまなメーカーからでていますので、自分に合ったものを選ぶ上で、まずは口コミ評判やランキングなどを参考にしていくと良いです。サンプルがあるものはサンプルから試して見ましょう。

ハイドロキノンでシミを消す

老化現象の1つでもあるシミができてしまうと老けた印象になってしまいます。予防方法には、紫外線対策で日焼け止めを使ったり、美白化粧品を使うといった方法もあります。しかしそれらはあくまでも予防方法でできてしまった場合には、効果が期待できないこともあります。

そこでお勧めの方法として、美容皮膚科などで処方してもらうことができるハイドロキノンと言う塗り薬を使ったアプローチです。レーザーで消すこともできますが、痛みもありますし保険も効きませんので料金も高くなります。リスクもあり、躊躇されている方はハイドロキノンを使ってみると良いでしょう。

市販されている化粧品の中にも配合されている場合がありますが、濃度は低く設定されていることが多いです。皮膚科で処方してもらえるハイドロキノンは濃度も色々ありますが高いものは、医師の診察を受けつつ様子を見て使っていくことが大事です。

また使用した部分に紫外線を浴びてしまいますと、白斑ができてしまうことがありますので、日焼け止めをつかうことは必須となります。さらにレチノイン酸と併用することで相乗効果がありますのでお勧めです。コラーゲンの生成も行われるので弾力のある肌になります。

シミを消す方法

シミは老化現象の一つでもありますので、出来しまう事で老けた印象を与えてしまうことになります。美白化粧品を使ったり紫外線対策として日焼け止めを使う事で予防をしていくことをお勧めします。

美白成分にはアルブチン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体などがあげられます。これらが含まれている化粧品を使えばシミの原因と言われているメラニン色素を増やさないことにつながりますので、効果も高いです。

然しターンオーバーの乱れもあったり、年齢とともにコラーゲンの生成も減少することで肌のバリア機能が失われますのでシミができやすくなります。そこでできてしまったシミにはハイドロキノンが効果的です。ハイドロキノンを使ったあとに紫外線を浴びると白斑ができやすくなったりするというデメリットがあります。

また美容皮膚科で処方されるものは濃度が高い事も多く、お肌が弱い方ですと反応を起こしてしまうこともあるので、医師に診察をしてもらいながら様子を見て使っていったり、パッチテストをしてから使う事をお勧めします。効果は美白レーザーなどと比較すると緩やかではありますが、シミを漂白することが出来るのでどんどん薄くなったり消すことが可能です。

シミを消す効果的な方法

シミは老化現象の1つでもあり、できてしまうことで老けた印象になってしまいます。予防方法には美白化粧品を使ったり、紫外線対策で日焼けどめを使うなどの方法があります。しかしこれらはあくまでも予防です。できてしまっているシミには薄くしたり消したりする効果までは期待できないこともあります。

そこで効果的な方法に、ハイドロキノンなどの漂白作用があるクリームをつかうことがあげられます。ハイドキノンには漂白作用がありますので、使い続けていくことによってシミを薄くしていくことが可能です。

しかし、市販されている化粧品にはいごうされているものは濃度も低くそこまで効果が実感できないこともあるでしょう。より高い効果を求めるなら、美容皮膚科などで処方される比較的濃度の高いものを使いましょう。レチノイン酸と併用することでさらに効果が高まります。

レチノイン酸にはターンオーバーを高めたり、コラーゲンの生成を増やすこうかがありますので、ハイドロキノンと併用すると美肌効果も増します。しかしお肌が弱い方ですと、炎症してしまったり白斑ができてしまうといったデメリットが生じてしまう事もありますので、医師に相談しながら使っていきましょう。