誰でも簡単に作れる!ダイエットスムージーの作り方

スリムなボディラインをキープしているモデルやタレントなどの芸能人の間でも流行しているダイエットスムージーは、作り方が簡単で、カロリーが低く、手軽に野菜や果物の栄養を丸ごと摂取できるので、ダイエットはもちろん健康や美容にも良いところが魅力です。

粉末ではなく生の食材を使って酵素たっぷりスムージーを作ろう

健康的に痩せたいという人に注目されているダイエットスムージーは、野菜や果物をミキサーにかけるだけで、手軽に低カロリーで、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なダイエットドリンクになるところが魅力です。

スムージーを作るときには、生の野菜や果物を使います。生の野菜や果物には、胃腸の働きを活発にして、消化を助け、代謝をアップさせたり、悪玉コレステロールを減らしたりする効果が期待で切る酵素がたっぷりと含まれています。

酵素は、加熱調理をすることで減少してしまうので、野菜や果物を生で食べることが、体に良い酵素を摂取するためのポイントですが、生野菜のサラダを大量に食べることは難しく、限度があります。

スムージーなら、たっぷりの野菜をごくごく飲んで酵素をたっぷり摂取できるので、生の食材を使って酵素たっぷりスムージーを手作りすることがおすすめです。

わざわざ買わなくても家にあるもので作れる!

ダイエットのためにスムージーを作ってみたいけれども材料を買わなければいけないと思っている人は、冷蔵庫の中の野菜を使ってすぐに作ってみることがおすすめです。材料は、野菜と果物なら何でもよく、わざわざ買わなくても家にあるもので作れることが、手作りスムージーの魅力です。

ホウレン草や小松菜、キャベツなどの野菜をミキサーに入れて、水を少量入れてスイッチを押すだけです。りんごやいちご、レモンなどの果物を入れると飲みやすさがアップします。野菜は、レタスやきゅうり、トマトなどサラダとして食べることができる野菜を入れることがポイントです。

残り物の野菜や果物で、気軽に作ることができて、酵素やビタミン、ミネラルに食物繊維と栄養を丸ごと摂取できるところがスムージーの魅力です。

美容と健康にいいのはグリーンスムージー

野菜と果物の栄養を丸ごと摂取して、痩せやすい体になることが期待でき、カロリーが低いため食事と置き換えることでダイエットになるスムージーの中でも、葉物野菜をメインの材料にしているグリーンスムージーは、美容と健康にいいのでおすすめです。

青汁のような青臭さや苦みがあるものを想像するかもしれませんが、フレッシュなグリーンスムージーは青臭さや苦みが気になりにくく、フルーツをプラスすることでさわやかな甘みが野菜のにおいを消して、飲みやすいグリーンスムージーを作ることができます。

酵素やビタミン、ミネラルが豊富で、食物繊維もたっぷりと取れるので、便秘の解消や代謝アップ、美白効果など美容面でも健康面でも効果が期待できます。

困ったらとりあえず小松菜とバナナを入れよう

ミキサーにかけるだけで簡単に作ることができて、満腹感があり、酵素やビタミン、ミネラルに食物繊維と美容と健康にいい栄養を丸ごと摂取できるグリーンスムージーは、葉物野菜や果物なら材料は何でもよいのですが、何を入れたらよいのか悩んだときには、とりあえず小松菜とバナナを入れることがおすすめです。

小松菜は、ビタミンやカルシウム、ミネラルなどの栄養がとても豊富な野菜で、味の癖も少ないのでスムージーにぴったりです。バナナを入れると、バナナの甘味と香りが野菜の風味を消して、おいしく飲むことができるデザートのようなスムージーになります。

バナナを入れることで、とろみがアップし、なめらかになることや腹持ちが良くなることもおすすめの理由です。

グリーンスムージーは小松菜以外にこんな野菜でも可

グリーンスムージーを作るときに悩むことが多いのが、野菜選びです。困ったときには小松菜を入れることがおすすめですが、グリーンスムージーは小松菜以外の野菜でもできるので、いろいろな種類の野菜を使ってみて、好みの野菜を見つけたり、摂取したい栄養に合わせて選んだりすると楽しみが広がります。

グリーンスムージーの基本は葉物野菜なので、ホウレン草やケール、春菊などがおすすめですが、癖がある野菜も好きなら、クレソンやパセリ、パセリなどでも良いでしょう。また、色の濃い野菜でなくても、レタスや水菜、キュウリやトマトもおすすめの野菜です。

また、ミントやバジル、三つ葉などのハーブやかぶの葉や人参の葉など根菜類の葉もおすすめです。

お料理系アプリで簡単レシピ検索しよう

スムージーつくりに慣れてきて、レパートリーを広げたいと思ったときには、お料理系アプリで簡単レシピを検索することで、簡単にできて、おいしく飲むことができるスムージーや健康に良いレシピや美容に良いレシピ、デザート系のレシピなど、バリエーションが広がります。

お料理系アプリを活用することで意外な組み合わせを知ったり、栄養価を知ることができたりするのでおすすめです。冷蔵庫にある材料で検索したり、買い物前にレシピを調べたりと、検索することで、飲み飽きることを防いで、楽しみながらスムージーでダイエットを続けることができます。

置き換えダイエットをしている人は、ダイエットを続けることが大切なので、アプリを活用して、スムージーつくりを楽しむことが成功のポイントです。

朝ごはんだけでなく間食にも最適!

朝食代わりに野菜と果物の栄養と酵素をたっぷりと補給して、一日をスタートさせているという人が多いのですが、ダイエットスムージーは、低カロリーで、満腹感があるので、間食にも向いているドリンクです。

食物繊維がたっぷりと含まれているので、おなかの中がきれいになり、たっぷりの量を飲むことで食欲が収まり、お菓子を食べるよりも摂取カロリーを控えることができるので、ついお菓子をたくさん食べてしまうことを防ぐ効果があります。

空腹で夜ご飯をたくさん食べてしまう傾向がある人は、おやつ代わりにグリーンスムージーを飲んでおくと、食べすぎを防ぐことができます。

また、夜遅くなってしまったときに、寝る前に夕食をたくさん食べずに、グリーンスムージーで置き換えたり、軽食とグリーンスムージーで済ませることもおすすめの方法です。

季節に合わせて材料を変えれば旬物も摂れちゃう

好きな野菜や果物を自由に選んで、アレンジを楽しむことができるところが手作りスムージーのメリットです。旬の野菜や果物は、栄養価が高く、その時期に体に必要な栄養を摂取することができると言われています。

また、旬の野菜や果物は新鮮で、味もよいことが多いので、おいしいスムージーができることも期待できます。季節の野菜や果物は、値段が安くなっていることも多いので、経済的なメリットもあります。

ミキサーにかけるので、少々形が崩れていたり、賞味期限が近くてもおいしくできます。賞味期限が近くて、熟している物の方が甘みや香り、栄養価がアップしていることもあるので、値下がりしている野菜や果物を上手に活用して、旬の味を楽しみましょう。

作りたいスムージーに対して適正なミキサーを選ぶのがポイント

スムージーを作るときに欠かせないのがミキサーです。ミキサーを選ぶときには、パワーがあるものを選ぶ方が、野菜の繊維質が口に残りにくい、なめらかなスムージーを作ることができます。

酵素をたっぷりとできるだけ多く補給したいという人には、刃の回転による熱が生じにくい低速回転ミキサーがおすすめです。また、葉物野菜をたっぷりと入れて作りたい人は、作る量よりも多めの容量のミキサーがおすすめです。

葉物野菜はかさばるので、500mlのスムージーを作りたいときに、500mlのミキサーでは、野菜がはみ出してしまうことになるため、2回に分ける必要があります。1回で自分が作りたい量よりも容量が多いミキサーを選ぶことがポイントです。

色々アレンジしてのお気に入りの味を研究してみよう

野菜と果物の栄養を丸ごと摂取できるスムージーは、身近な材料で、ビタミンやミネラル、食物繊維や酵素など健康と美容に良いフレッシュな栄養をたっぷりと補給することができるので、ダイエットをするときに人気があります。

いろいろなアレンジをすることで、自分の好みの味や摂取したい栄養、購入のしやすさや下ごしらえ、価格などのバランスが取れたオリジナルのレシピが増えていきます。

オリジナルのレシピを研究するときには、すっきりと飲みたいときのアレンジレシピやデザート系のレシピ、日焼けをしてしまったときのビタミンたっぷりレシピなど名前を付けながらレシピを増やしていくと楽しめます。

ナッツやドライフルーツ、ハーブなどをトッピングすることで、栄養をプラスし、見た目も楽しむことができると、最近流行しているので試してみてはいかがでしょうか。