足を細くする方法を紹介!短期間でふくらはぎ・太もも痩せができる簡単な筋トレやマッサージ方法

足を細くしたいと思っているものの、難しそうだから自分には無理だとあきらめていませんか?実は短期間でも実践することで、足を細くする方法は存在しています。短期間でできるからこそ、無理なく足を細くすることが可能です。

具体的な足を細くする方法には、簡単にできる筋トレやマッサージがあげられます。筋トレやマッサージを実践することで、ふくらはぎや太もも痩せの効果が期待できます。ただしきれいにやせるためにはコツがいるので、どのような点に注意して実践したらいいのか把握しておきましょう。

正しい方法で筋トレやマッサージを実践することで、きれいに足を細くすることにつながります。短期間で効果を期待するからこそ、正しいやり方を理解して行うことが大切です。

足を効率的に細くする方法

太ももやふくらはぎについた贅肉をなんとかして引き締めたいと望んでいる人は非常に多く見られます。短期間でキュッと細い足首や筋肉のついたふくらはぎを手に入れるためには、日常生活におけるマッサージや筋肉トレーニングが効果的といえるのです。凝り固まった筋肉を柔らかくして代謝を活性化することによって、脂肪が燃焼しやすい体作りを叶えてくれます。

具体的な筋肉トレーニング方法としては、仰向けに寝転がって両足を高く垂直に上げ、交互に足をゆっくりと呼吸しながら動かすことによって、適度な筋肉をつけることにつながるのです。さらに、生活の中で爪先立ちで立つよう心がけていくことで、自然に足首を細くすることにも役立ちます。

太ももにはスクワットなども効果的ですので、これらを組み合わせて続けることによって、大幅なサイズダウンも夢ではありません。無理せず自分の体力に合わせて進めていくことが大切です。

このように、足の太さに強いコンプレックスを抱いている女性たちは非常に多いため、そのような人々の口コミで高い注目を浴びているのが、いつでも気軽に挑戦できる爪先立ちやストレッチ、筋トレといえます。着実に少しずつスリムな下半身を実現できるやり方として喜ばれています。

脂肪太りの足を細くする方法

脂肪太りの足は水太りの足に比べるとやや硬めで、水太りを放置すると脂肪太りになります。そして脂肪太りを長く放置すると、今度は体脂肪がセルライトに変わり、老廃物も混じってさらに硬くなってしまいます。脂肪で足が太くなる原因は大きく3つあります。

1つ目は摂取カロリーオーバーです。カロリーは、たとえどれだけ摂取してもスポーツなどで消費すれば問題はありません。女子マラソンランナーが一日に4000キロカロリー以上摂取してもあれだけシャープな体型を維持できるのは、それだけ激しいトレーニングでカロリーを消費しているからに他ありません。

ほとんど運動をせず、摂取量が消費量を超えてしまうとその分、脂肪となって脚などに蓄積されていくのです。

2つ目は運動不足です。スポーツやエクササイズをする機会が少ないと、運動による消費カロリーが減るだけでなく、筋肉が落ちて基礎代謝まで低下してしまいます。

3つ目が姿勢です。長時間のデスクワークや偏った姿勢を続けると血行の悪化につながり、新陳代謝にも影響して足の脂肪太りにもつながります。また、姿勢の悪さが原因で骨盤に歪みが生じた場合もリンパの流れが滞りむくみが出ます。そしてやがては脂肪に変わります。

筋肉太りでも足が細くなる?

筋肉太りの原因となるのが、無酸素運動によって発達した筋肉です。有酸素運動によって発達するインナーマッスルの反対で、無酸素運動によって発達するアウターマッスルとよばれるもので、健康的にはどちらの筋肉も必要なので良い状態です。しかし過度にアウターマッスルを鍛えてしまうと筋肉太りの原因になります。

現在筋肉太りの人、スポーツをしている人で足を細くする方法として、筋肉をほぐすことが大切です。筋肉をほぐすことによって筋肉の修復や再生、筋肉疲労が和らぎます。むくみや脂肪太りの人に比べて足痩せしにくいですが、マッサージやストレッチ、歩き方や姿勢を正しくすることで足がほっそりします。マッサージやストレッチも時間をかけて行うと有酸素運動になり代謝も上がります。

足をもんだりたたくことで筋肉を刺激します。筋肉太りの人は筋トレや無酸素運動すると筋肉が張ってしまったりして逆効果になるので注意が必要です。正しい歩き方は慣れるまでは意識しないと継続できないですが、三点歩行・膝を伸ばしきらない・身体を揺らしたりねじったりせずに歩くことがポイントです。

加齢とともに筋肉は衰えてきますが、学生時代運動部だったり自転車通学などで筋肉太りしてしまった人は、筋肉がつきやすくなってしまうので、間違った方法で運動したりするとすぐに筋肉がついてしまいます。

足はセルフケアで細くできます

足が太く見えるのには主に2つの原因が考えられます。まずはセルライトと言われる老廃物を含んだ脂肪が付いている場合です。セルライトは硬くなっているので、マッサージをする事で代謝を促す事ができます。更にセルライト除去に効果があるケア用品もあるので、使用すれば効果が期待できます。

そしてリンパ液や血液が滞る事でむくみが生じている場合もあります。適切なマッサージを定期的にしていく事で解消する事ができます。マッサージによるむくみへの効果は即効性が期待できるのが特徴です。マッサージによる効果はセルライトやむくみの解消だけではなく、リラックス効果もあります。日頃の厳しいダイエット生活で溜まったストレスを解消させる効果もあります。

そして自己流ダイエットで問題になるのが無理な食事制限です。痩せる為には食事療法が欠かせませんが、栄養管理をせずに断食等をすれば、体調を崩す事もあります。脂肪を燃焼させる為の栄養成分も不足しがちになり、老廃物も溜まりやすくなります。健康的に痩せる為には、ある程度の栄養に関する知識等も必要です。更に足を痩せさせる為には運動療法も必要です。

特に一定量の有酸素運動をする事で脂肪を燃焼させ、必要な筋力も維持できます。慣れないスポーツをする必要はなく、ウォーキング等の軽い運動をするだけでも効果があります。気の合う友人と楽しみながら広い公園を歩く事で、痩せる効果が期待できます。

足を細くする方法とモチベーション

ダイエットに取り組む時に、足を細くする方法を探したいと思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。そのような時には、自分がそのダイエットに向いているかどうかを事前に確認しておくと良いです。

というのも、確認をしておかなければ、ダイエットが失敗に終わってしまう可能性もあるからです。失敗に終わらないようにするためにも、自分に適しているダイエット方法であるのかを吟味しておくことが大切であると言えます。

足を細くする方法とじっくりと向き合える人は、もともと足の太さに悩みを感じている人です。元からあまり足が太くない人が痩せたい願望を持っていても、痩せるまでに効果を感じにくいことがあります。はっきりとした効果を感じたいのであれば、ダイエットの前の足のサイズを明確に測っておくことが大切です。

それから、目標に向かってサイズを小さくできるように努力をする必要があります。わかりやすい数字を計算せずに始めてしまうと、途中でモチベーションを失ってしまうことになる可能性もあります。その結果、ダイエットが失敗に終わってしまうことがあるため注意が必要です。また、長期的に取り組もうとする人も、足痩せダイエットに向いていると言えます。

筋トレマッサージと食生活が足を細くする

脂肪は筋肉によって燃焼されますので、脂肪太りの人は筋肉が足りないという証拠です。脂肪太りの人が足を細くする方法はズバリ「筋トレ」です。代表的な筋トレとしてスクワットがあります。足を肩幅に開いて立ち、息を吐きながらゆっくりと腰を落としていきます。その時、お尻を後方につき出すように行います。

なるべく膝がつま先より前に出ないように心がけて下さい。5秒かけて腰を落とし5秒かけて戻る事を1セットとし、10~30回行います。これにより大きな筋肉である太ももが鍛えられます。ふくらはぎは足を肩幅に開いて立ち、息を吐きながらつま先立ちします。3秒かけてつま先立ちし3秒かけて戻る事を1セットとし、10~30回行います。

筋トレ後は疲労物質が溜まらないようにマッサージが重要になります。足先から太ももにかけて気持ちいいと感じる程度の強さで血流を促すイメージで揉みほぐしましょう。筋肉をつけるためには継続する事が大切です。

辛さを感じると三日坊主になってしまいますので、出来る範囲から始めて徐々に負荷をかけていくのがいいでしょう。また、脂分を過剰に摂取するのは筋トレの効果を水の泡にしてしまいます。食生活の栄養バランスに注意する事も必要です。

足を細くする方法と泳ぐこと

筋肉をつけるために、一生懸命になってジムに通ったり運動に取り組んでいるという人は少なくありません。そのような人の中には、筋肉がついたことで体が太って見えることに悩みを感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

筋力がつくことによって、体が大きく見えてしまうこともあります。そのような人が鍛え続けていくと、さらに筋肉の量が増えていくことになります。その結果、現在の体つきよりもさらに体が大きく見えてしまうこともありえるのです。

特に、筋肉太りで悩んでいる人は、足が太くなってしまうことを気にしている人が少なくありません。足を鍛え続けることによって、確かに筋肉量が増えていくことになります。そのような場合には、運動をするメニューを見直すと良いです。

運動によっては、足が鍛えられやすくなるものもあります。しなやかな体つきを目指している場合には、水泳をして体を動かすという方法を選ぶことが可能です。水中で体を動かしながら泳いでると、しなやかな体つきになりやすいと言われています。筋肉を鍛えながらも、体が大幅に大きくなることはあまりないと言われているため、水泳は足を細くする方法を知りたい人に向いていると言えます。

足を細くする方法

女性の多くが、ダイエットを経験しているのではないでしょうか。パンツスタイルや、スカートスタイルに関係なくどんなファッションの時にも、下半身は気になるものです。男性の目はもちろん、女性も人の足のラインは目につきます。綺麗な足をしてる人はそれだけでどんな服装でもかっこよく見えますし、足が綺麗な人がタイプと言う男性も少なくありません。

しかし、足を細くする方法は意外と難しいと思われがちです。無理な食事制限はリバウンドや体調不良の原因ですし、なにより続けることが難しいです。激しい運動は、筋肉質になってしまい、より太く見える可能性もありますし、こちらも継続するのは大変なことです。そして足を細くする方法は、単に体重を落としても成功しないのです。

足が太か見える原因の1つにむくみがありますが、そんなむくみ対策には食事制限ではなく簡単なストレッチが有効なのです。例えば足の上下運動や背伸び、アキレス腱伸ばしなどです。どれも簡単ですぐ出来ますので誰でも挑戦できますね。

毎日の習慣にもしやすいので、続けることも可能になります。また冷たい飲み物や食べ物を、寝る前に摂取するのもあまりよくありません。就寝前は、温かい白湯や常温の飲み物にしておきましょう。むくみやすい足には血行不良も天敵なので冷えには要注意です。

筋トレとマッサージでふくらはぎを細くする

ふくらはぎが太くなる原因としては、脂肪が付くことと浮腫みによるものがあります。対策を行わなければ状態が慢性化して痩せにくいものとなってしまいますので、早めの改善を行いましょう。まず、脂肪を取るためには筋肉を付けなくてはなりません。筋肉が脂肪が燃焼して活動するためのエネルギーとするためです。ふくらはぎは「ヒラメ筋」と「腓腹筋」で構成されています。

筋肉ですので負荷を掛けることで鍛えられます。簡単なトレーニングとしては、立った状態で肩幅程度に足を開きます。ゆっくりと3秒かけてつま先立ちになり3秒キープして3秒かけてかかとを下ろします。その際、かかとは地面に付けないようにするのがポイントです。これを10~20回程度を1セットとし、朝・昼・夕に行いましょう。

ふくらはぎ痩せの効果を得るためには、継続することが大切です。また、浮腫みは立ち仕事やイスに座ったままの仕事によって起きることが多いです。足を挙上させたり時間ごとにストレッチを行い、足に溜まった水分や老廃物を循環させるように心がけましょう。

つま先からふくらはぎ、太ももと順番にマッサージするのも浮腫み取りには効果があります。食事も脂っこいものを控えて脂肪が付かないようにしましょう。

足を細くする方法とパーツ

足を細くする方法を探している時に、太ももを細くできる方法を見つけたいと思っている人は少なくないのではないでしょうか。太ももを細くしたいと思っている時には、足の運動をしっかりと行なっておくことが非常に大事になります。

まず行うべきこととしては、体をたくさん動かして足元に蓄積された脂肪を落とすことが大事です。食事制限を行うことによって足の脂肪が落ちていくこともあるのですが、体を動かして痩せる方がより健康的であると言えます。また、動いている時には、筋肉も同時に鍛えられるようになります。

細い足を保つようにするためには、程よい筋肉が付いていることも欠かすことができません。筋肉がない太ももは、一時的に細くすることができたとしても、その状態を維持することが難しくなる場合もあるのです。細い状態を維持していきたいと思っているのであれば、細くする時に筋肉も同時に付けていくことを意識することを忘れてはなりません。

また、運動をした後には、マッサージをして筋肉をほぐしておくことも大事です。太ももをさするようにしてマッサージを行っていると、リンパの流れも良くなります。その結果、無駄なむくみを解消できて太ももを細く見せることができるようになります。

足を細くする方法と鍛えること

ダイエットをして容姿を磨きたいと思っている時には、全てのパーツを完璧にしたいと思う人は少なくないのではないでしょうか。そのような時に、足元をきれいにしたいと思っている人が多くいます。特に、足元の中でも足首をしっかりと細くしたいと考えている人も珍しくありません。

足を細くする方法にこだわり始めると、足首の細さにまでしっかりと目を向けたくなるものです。足を細くする方法にこだわりを持ちたい人は、足首の脂肪をしっかりと落とすことを意識すると良いです。

足首には不要な脂肪が蓄積されることがあるため、細くするためにはそれらの脂肪をしっかりと落としていく必要があります。無駄に体についている脂肪を落とすと、細さを表現することができるようになるのです。

それから、不要な肉が落ちた後には、程よい筋肉をつけていくことが欠かせません。程よい筋肉を維持していると、さらなる新しい贅肉がつきにくくなることもメリットとして挙げられるのです。

足を細くする方法にこだわるのであれば、きちんと足首の管理もするべきではないでしょうか。丁寧に管理をしておけば、細くてきれいな足元を手に入れることも実現可能であるのです。継続して管理をしていくことは重要なポイントでもあります。

足痩せとダイエット

部分的に痩せるには運動やマッサージなど、各パーツに合わせたダイエットがあります。しかし、部分痩せのダイエットだけではあまり効果を感じにくいかたもいます。そんな人におすすめなのは全体を含めたダイエットです。運動、マッサージと同時進行して食事にも気を配ることが大切です。過度な食事制限をするのではなくバランスの良い食事を心がけます。

まず重要となるのはタンパク質です。タンパク質は基礎代謝をあげる作用があり、余分な脂肪を燃焼してくれます。メリハリのある身体づくりには欠かすことのできない栄養素です。タンパク質には2種類あり、肉魚の動物性と大豆類の植物性があります。どちらでも構いませんが、女性におすすめなのは大豆タンパク質です。

納豆や豆乳にはイソフラボンがあるので女性ホルモンに効果的です。ダイエット中はホルモンバランスが乱れる傾向にあります。髪や肌を美しく保ちながらダイエットをおこなうにはイソフラボン摂取が重要なポイントです。

イソフラボンはドカ食い防止にもなるので、ぜひ取り入れてみてください。女性の場合は1日に50gのタンパク質が必要といわれています。イソフラボンは70mg~75mgとなっています。

健康的に足を細くする方法を行う大切さ

足を細くする方法としてダイエットを取り組む時には、気合いを入れてかなり頑張るようにしている人は少なくないのではないでしょうか。しかし、ダイエットに取り組む時には、きちんと注意しておきたいものもあるのです。例えば、食事をバランス良く行なっておくことは欠かせません。

ダイエットをしながら足を細くする方法にこだわりを持っている人の中には、食事の量を大幅に減らすという人が珍しくありません。しかし、大幅に量を減らしてしまうと、体に悪影響になることもあるのです。また、足を細くする方法を試す時に運動をする場合には、しっかりと栄養が必要になるのです。

例えば、足を細くして筋肉をつけたいと思っている時には、タンパク質をしっかりと摂取しておいた方が良いです。タンパク質は筋肉を作る時に、必要な栄養素になるからです。食事で栄養をしっかりと取っていなければ、タンパク質を摂取できる機会も減ってしまいます。

それに、タンパク質を摂取していなければ、運動をしても筋肉がつきにくい体になってしまうのです。そのため、健康に足を細くする方法を試せないという結果に至ることが考えられます。健康的に足を細くする方法を試したい時は、食事も大事なのです。

理想の足の太さ

足を細くするには、理想の太ももの太さを把握するようにしましょう。細すぎてもダメですし、太くなりすぎるのはもちろんダメです。何事も大切なのは、身体との大きさのバランスです。

あなたの身体にとって最適なサイズがどのくらいかを知って、その大きさを目標にすることをおすすめします。理想となる大きさは「身長(センチメートル)×0.2=ふくらはぎの最も太い箇所」で求められます。早速あなたも計算してみましょう。たとえば身長が160センチメートルの人であれば、160×0.2=32センチメートルということになります。

ポイントは、一番太いところの数値である点です。バランスが重要ですから、細すぎず太すぎず、ちょうどいい所を目指すのが理想なのです。あなたは計測してみていかがでしたでしょうか。多少太いと感じたのであれば、マッサージをしてみましょう。揉む感じよりも、太ももを潰すイメージでマッサージをして下さい。

そうすると、セルライトが解消されて無駄な太さが無くなっていきます。さらに、身体を温めるのも効果的です。太もものセルライトは、身体が冷えてくると発生することがあるので要注意です。もちろん、有酸素運動もいいでしょう。

足痩せは短期間でも実現可能

学生からOL、主婦の方まで幅広い世代の女性が悩む「足痩せ」ですが、多くの方が「できるだけ早く痩せたい。」と悩む一方で、「短期間で痩せる訳がない。」「結局足痩せなんてできなかった。」とダイエットを諦めた方も多いのではないでしょうか。そうなってしまった原因はずばり、自分に合ったダイエット方法ができていないことにあったのです。

自分の足がなぜ太ってしまったのか、その理由を見極め、自分のタイプに合った方法を行うことが短期間で足を細くする第一歩となります。だからと言って、自分に合う方法だけを行うだけでは短期間での足痩せはできません。まずは毎日の生活習慣をもう一度見直し、全体的に体を痩せやすい方向に向けることが大事です。

また、急なダイエットや極度なダイエットは体の調子を崩すだけでなく、精神的にも自分の体を追い詰めてしまうことになります。特に女性は貧血やホルモンバランスの乱れによる生理不順を招きやすい傾向にあるので注意しましょう。

短期間で足痩せがしたいと考えている方は、自分の体に負担がかかり過ぎてはいないかを十分に考慮した上で、注意点をよく読み、自分に合った足を細くする方法を取ってみましょう。正しい足痩せ方法をすれば、短期間で足が細くなるのも夢ではありません。