足を長くする方法を伝授!足が太く短い原因とモデル脚になるための4つの改善法

足の長さは生まれ持ったものなので、後から改善するのは不可能と思っている方もいるでしょう。ですが不可能ということはなく、足を長くする方法は存在しています。その方法は決して難しいものではなく、たった4つの改善法を実践するだけです。

実際に足を長くするためには、最初に足が太く短い原因を理解しておくことが大切です。原因を理解することで、モデル脚に近づくための方法の効果を期待しやすくなります。

また4つの改善法を実践するために、自分がなぜ足を長くしたいのか理由を整理しておきましょう。理由を整理することで、目標に向かって努力しやすくなります。目標を作って改善法を実践することで、理想の長い脚に近づける可能性も高まります。

足を長くする方法を述べる

足を長くする方法ですが、一番効率が良いのは毎日行える一歩前に進むという意識を持って歩くことです。イメージとしては早歩きのペースで大股歩きします。最初は股の付け根が痛くて筋肉痛になるのですが、毎日それを行っていると体が慣れてきて付け根に筋肉がつきます。いつもより軽やかに歩けるだけでなく足そのものを伸ばすことにつながります。

人は一番寝ているときが最も体が伸びきっています。起きると骨と骨の間にある筋肉が伸縮するので、立っていれば立っているほど微妙に身長が縮んでいきます。そうならないように疲れを感じたら休むので目に見えるほど身長は縮まないのですが、それと比例して足も短くなります。

それを防ぐべく歩く時に一定の負荷をかけて長くするように励むのです。あとはよく寝ることがおすすめです。寝る子は育つということわざでもあるように人は寝ているときに最も成長ホルモンが分泌されます。

不眠状態が続くとホルモンバランスがおかしくなってしまい、それは特に成長期に分泌するホルモンに大きな要因となります。いったん崩れてしまうと本来の状態に戻すのが難しいため、毎日決まった時間に寝て起きるという規則正しい生活をすることで足が長く成長するのです。

足を長くする方法と体の状態

モデルのようにきれいな足を手に入れたいと思っているのにも関わらず、なかなか足が細くならずに困っている人は少なくありません。きれいになれない原因をつかみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

足を長くする方法に気をつけているという人は、自分の体調をしっかりと振り返っておくことが欠かせません。というのも、体の状態は足元に反映されることがしばしばあるからなのです。例えば、塩気のある食べ物をたくさん食べていたり、立ちっぱなしの状態が続いてしまった時に足がかなりむくんでしまうことがあります。

あまり体重が増えていないときでもふくらはぎが太くなってしまったという時には、生活習慣をしっかりと見直す必要があるのです。生活習慣を見直した時に心当たりがある場合には、きちんと改善する努力をすることがとても大切になります。

むくみの原因としては、塩分の取りすぎやリンパの滞りが挙げられることが多いです。塩分を取りすぎた時には、塩分の量を減らすことが大切です。カリウムを摂取することによって、体内のむくみを外に出せることが期待できます。それから、リンパが滞らないようにするためにも、足のマッサージを定期的に行うと良いです。

足を長くする方法は無駄な脂肪を無くし痩せること

無駄な脂肪がついていると、本来の足の長さよりも視覚的な効果で短く見えてしまうことがあります。同じ足の長さであっても、足が細い場合と太い場合を比較すると、明らかに細いほうが長く見えます。足が太くなる原因としてむくみが挙げられますが、その他に肥満体だということが考えられます。しかも足以外の部分は痩せているのに、下半身だけ太っている人が少なくありません。

その原因として考えられるのは、骨盤のゆがみです。特に女性にとって骨盤は体の中心にあり子宮や臓器を守る重要なものです。ただ骨盤は歪みやすく、少しでもずれてしまうとさらに歪みが大きくなって、臓器を圧迫したり歪みが生じさせることがあります。そして骨盤の周辺を流れている血液やリンパの流れも滞らせてしまうようになると、体全体の代謝が下がってしまいます。

老廃物を排出できないなと代謝が悪くなってしまうと、脂肪がつきやすくなって、骨盤周辺から下半身にかけて太りやすくなってしまいます。足を長くする方法は、骨盤の歪みを改善させて血液とリンパの流れを正常にして代謝を活発にさせましょう。そして代謝を上げるために、筋力アップトレーニングをすることで、無駄が脂肪が少しずつ排出されて足が細くなり、長く見えるようになります。

コーディネートで足を長くする方法

足を長くしたいという願望は、誰しもが思うことでもあります。芸能人やモデルのように少しでも足が長く見えればコーディネートの幅も広がると言えるのではないでしょうか。基本的に、足を長くする方法はたくさんありますが手っ取り早く足を長く見せたいという方にはコーディネートで工夫することも可能です。

例えば、太く長めのパンツだと足が太く短く見えてしまうことが多く気を付けるポイントだと言えます。逆に、細めの黒いパンツは足を長く見せる効果があります。また、仕事柄スカートをはくことが多い女性の場合は中途半端なひざ下あたりのスカートが一番足を短く見せてしまいます。そ

のため、長いスカートなら足首が見えるようにミニスカートならひざ上10センチくらいを目安にコーディネートすると足が長く見えるのです。他にも、ピンと張りのある素材を選ぶことで体のシルエットを隠すことができるためおすすめだと言えます。

このように、原理的に足を長くする方法を選ぶよりコーディネートによって足が長く見える方法もたくさんあります。これだと、明日からすぐに実践することができますしどんな方でも実行することができます。まずは、鏡の前でコーディネートをしてみてはいかがでしょうか。

足を長くする方法と正座をすること

足を長くする方法を試す時には、子供の頃から意識しておくことが大切になります。というのも、成長している間に体が育成されるからです。子供の頃に足が長くなりたいと願ったことがある人も少なくないのではないでしょうか。

成長する時期に足を太くしないように気をつけるためには、工夫しておきたいポイントがあります。まず、座る時には正座をしないようにすることが大事です。正座をすることによって、足に圧迫感を与えることになるのです。正座をする機会があれば、足をなるべく伸ばしておくようにしたいものです。

また、そのような状況を事前に防ぐことも可能です。例えば、地面に座らないようにしておくと良いのです。地面に座ろうとする代わりに、テーブルの椅子やソファーに座るようにしておくと良いと言えます。というのも、椅子やソファーを利用することによって、足を曲げずに済むようになるからです。

足のきれいな人の間では、幼い頃に正座をしないようにしていたという人も少なくありません。まだ体が発達している段階で気をつけていると、まっすぐの長い足を手に入れられる可能性が高くなるのです。なるべく曲げたりする機会を減らしておくと良いと言えるのです。

足を長くする方法とエクササイズ

足を長くする方法を試す人は、むくみをしっかりと取り除くようにしておくことが大切です。夕方になると足元が朝に比べて、かなりむくんでいると感じたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

時間が経つにつれて、疲労が足元に溜まってしまうこともあります。そのままの疲労を放っておくと、足はむくみを溜め込んでしまうことになります。足のむくみに気が付いた時には、すぐに対処することが欠かせません。

対処方法としては、マッサージをすることができます。揉む時には、リンパの流れに沿ってマッサージをするようにすると良いです。心臓よりも上の位置に足を持っていくようにすると、リンパが流れやすくなります。リンパとは反対の方向にマッサージをしないように気をつけておくことも、欠かせません。反対方向にさすると、あまり良い影響を与えることができないためです。

また、運動を取り入れておくことも必須です。運動をしておくことによって、筋肉を足に程よい状態で身に付けられるからです。足に筋肉を付けたいと思っている人は、自転車に乗ると良いです。ジムに行くと自転車のマシンがあるのですが、それに定期的に乗って運動をすると足の筋肉が鍛えられるようになります。

足を長くする方法と運動

足を長くする方法にこだわっている人の中には、足を集中的に手入れしている人がたくさんいます。確かにその方法は必要なことであるのですが、その他にも足を長くする方法にこだわっていく上で忘れてはならないパーツがあるのです。そのパーツは、お尻です。

お尻と足の関連を考えたことがあまりないという人も、少なくないのではないでしょうか。足の付け根はお尻に繋がっているように、これらのパーツは切り離して考えることができないと言っても過言ではありません。そのため、ヒップを鍛えることには、足を長く見せる人にとって大切なポイントであるとも言えるのです。

鍛えるためには、スクワットに取り組むことが非常に効果的です。取り組む時には、ゆっくりと時間をかけて体を動かすと良いです。スクワットを素早くしていると、あまり効果が出ることはありません。それよりも、体にじっくりと負荷をかけながら筋力を鍛えていくと良いのです。

スクワットを継続して続けていると、ヒップが上がって見えるようになります。お尻が小さく見えるようになり、足元が長く見えるようにもなるのです。それらの効果を感じられるためには、しっかりとした継続的なトレーニングが必要になります。

足を長くする方法と栄養素

足を長くする方法を知る上で、体の状態に敏感になることは欠かすことができないことです。体の状態は、生活習慣によって影響を受けることが多いためです。例えば、食事をした時に塩分を取りすぎてしまうと、それがむくみとして体に反映されることも考えられるのです。塩気のあるものを食べた時に、体がむくんでしまったという体験をした人は多いのではないのでしょうか。

むくみを感じた時には、すぐにでも対処をすると良いです。方法としては、カリウムがたくさん含まれている食材を消費することができます。カリウムは体内のむくみを解消できる働きをするので、その栄養素が含まれているバナナやアボカドを積極的に食べるようにすると良いのです。

バナナやアボカドについては、調理方法がたくさんあることでも知られています。例えば、ヨーグルトにバナナを入れると簡単にカリウムを摂取することができるようになります。

また、アボカドを切ってサラダに入れるだけで、栄養を摂取しながらむくみの対策をすることができるのです。これらの食材を定期的に取っていると、むくみにくい体質を目指すことも可能になるのです。カリウムの含まれた食材は、むくみの解消に向いています。

デトックスで脚長効果

足を長くする方法はそんなに多くはありません。多くない方法の中でも簡単にできるものは限りなく少ないです。ですが、デトックスをすることで足を長く見せることができます。デトックスは誰でも簡単にできるものです。

なぜデトックスをしたら足が長く見えるかというと、足の太い人は本来、足が短くなくても短く見えてしまいます。逆に足の細い人は足が短くても長く見えます。この原理でデトックスをしたら足を長く見せることが可能です。食事制限や運動が必要不可欠です。ですが過度にやりすぎてしまうと望んだ結果とは反対の結果になってしまうこともあります。

例えば筋肉質になってやる前より太く見えてしまうとかです。そしてやりすぎるとリバウンドの可能性もあります。リバウンドしてしまったら元も子もありません。そんなことがないように、まずはちゃんと自分に合った方法を見つけることが大事です。ご自分に合った方法でやると期待以上の結果がでることもあります。

まずは自分向けな方法を見つけ、試してみることがいいです。見つけたらひたすら実践します。結果もついてくるはずです。もし結果がついてこない場合は別の方法を探すことです。見つけたら必ずついてきます。

O脚やX脚を改善して足を長くする方法

O脚やX脚は外側に力が加わって鍛えらえている状態なので、内側の筋肉は反対に衰えてしまいます。その結果として両足の筋肉のバランスが悪くなってしまいます。しかし、O脚もX脚も骨が歪んでいると思われがちですが、筋肉によって曲がっているだけなので、筋肉を鍛えれば改善することが可能です。

筋肉のバランスを整えるトレーニングですが、これは衰えている足の内側の筋肉を鍛える方法です。まず、壁を使って立ち姿を作ります。壁に頭と背中とかかとを付けて真っ直ぐに立ったら左右のかかとを揃えて、つま先には拳1個分の隙間を空けて立ちます。

この時に膝と膝がくっつかない人はO脚になりますが、ここで無理に膝同士をくっつけようとしても難しいので、次の動作を行います。

膝を曲げた状態のまま左右の膝同士をくっつけて、その膝を離さないように立ってください。この時に足の前側ではなくお尻を占めるように力を入れることが大切です。

ポイントは無理やり膝を近づけるのではなく後ろに足全体とお尻を回転させて締めるイメージで、そうすることで自然と骨盤が閉まるので、左右のくるぶしの間にも自然と指が1,2本入る隙間が生まれます。最後に足全体を真っ直ぐにして立てば完了です。

足を長くする方法とウォーキング

歩き方を改善したいと思っている人は、少なくないのではないでしょうか。歩く時には正しい方法で歩くことが欠かせません。特に、美容や健康にこだわりを持つ人にとって、正しい方法で歩くことは非常に大事なポイントでもあるのです。きちんとしたウォーキングを行うことは、足を長くする方法を気にすることと同じくらい大切と言っても過言ではありません。

まず、ウォーキングを行う時には、良い姿勢を心がけると良いです。良い姿勢のまま、なるべく歩幅を大きくすることをイメージすると良いです。歩幅を大きくすることによって、足の筋肉をきちんと使いながら歩くことができるようになります。また、一歩を踏み出す時には、つま先に力を入れることも欠かせません。足を着地させる時には、かかとから地面に降りるように意識することも大事です。

スリッパを履いて歩く時のように、足を引きずることはやめたほうが良いです。というのも、そのような方法はきれいなウォーキングであるとは言い難いからです。美しく見せるためには、姿勢にこだわりを持って身体中の筋肉を活用することが非常に大事になります。しなやかに上品に歩くことを意識すると、意識が態度に表現されることもあります。

足を長くする方法とシルエット

足を長くする方法に気をつけている時に、スカートの長さや形が気になる人は多いのではないでしょうか。女性らしさを表現することができるスカートですが、間違った方法で着用してしまうと足が短く見えてしまうこともあるので注意が必要になります。

足を長くする方法にこだわりを持ちたいと思っている人は、膝が見える長さを試すと良いです。というのも、膝が出ているとバランス良く体を見せることができるようになるからです。膝が隠れている場合には、ふくらはぎの長さに自信を持っていない限り、足が短く見えてしまうこともあります。

スカートの形については、ペンシルタイプのものを選ぶと良いです。というのも、ペンシルタイプのものは体にぴったりと密着するものであるために、女性らしさを表現できるためです。足の他にも表現したい部分があると、足の長さに集中されることが少なくなります。

また、適切なサイズのものを選ぶことも欠かせません。小さすぎるものを着用していると、動きにくくなってしまいます。それに、短すぎると着心地も良いとは言えません。その反対に、大きすぎるものを着用していると、着た時のシルエットをきれいに表現することが難しくなってしまいます。

足を長くする方法と洋服

足を長くする方法をこだわっている時には、洋服の着方についてもこだわりを持っておくと良いと言えます。しかし、こだわりを持つために、新たに洋服を買いそろえる必要はありません。持っている服の中から工夫して、足を長く見せたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

足を長くする方法として、服をきちんとコーディネートすることは非常に大事なポイントです。まず、気をつけておきたいことは、ウエストの位置を高くすることが挙げられます。ウエストの位置を低い部分に持っていってしまうと、足が短く見えてしまうことがあります。

その反対で、ウエストを高い位置に設定しておくことで、下半身が長く見えるようになるのです。その結果、自然と足も長く表現することができるようになります。お腹の位置を高い位置に見せるためには、ベルトを高い位置に持っていくと効果的です。または、着ているトップスをボトムスの中に入れるようにすると良いでしょう。

その他の方法としては、ヒールのある靴を履くことがあります。ヒールが高いと足元が長く演出することができるようになります。高ければ高いほど、長さを表現できるところが魅力となっています。足を長くする方法にこだわっている人の間では、試している人が多いです。

足を長くする方法と姿勢

生まれつきの体型を大幅に変化させることには、労力や時間やお金がかかってしまうことがあります。しかし、ちょっとした意識をするだけで、希望する体型に近づくことはできるようになります。例えば、足を長くする方法を知りたいという場合には、姿勢に気をつけてみると良いのではないでしょうか。

生まれ持った体型やパーツの長さを変えようとするよりも、体型やパーツの見せ方を意識した方が簡単です。というのも、姿勢によってはパーツを長く見せることができるからです。足を長くする方法として、姿勢を正すことが挙げられます。立っている時に姿勢が悪いと、自然と足も歪んで見えるようになってしまいます。

その結果、足が歪んでいると短く見えてしまうことも考えられるのです。まっすぐ伸びた足を意識すると、自然と姿勢も良くなるようになります。姿勢を良くしていると、思いの外、足を長く演出することができるようになるのです。

また、立っている時だけではなく、座っている時にも足をまっすぐと伸ばしていることが大事です。足を組んだり曲げたりしていると、歪んで見えるようになります。長さを演出したいと思っている時には、なるべく足をまっすぐな状態に伸ばしておいた方が良いのです。

足を長く見せたいと思う方の理想

足を長く見せたいと思う方が増えていますが、海外セレブなどのスタイルがインターネットで気軽にみる事ができるようになってきた事が背景の一つとしてあげられます。シンプルなスタイルでありながら颯爽と街中を歩くスナップなどを見てどのようにしたら足が長く見えるかと考えるのです。

まずは、短足の基準値が股下比率=股下÷身長×100であると言われています。これに該当しない事で、人が長い足と思える基準値の目安がわかります。理想としては、自分自身で少しずつ改善していく方法です。猫背の方も知らないうちに足を短くしている原因の一つだと言われていますので、姿勢を改善してみる事が大事です。

O脚を改善する事も理想の足に近づく方法の一つであると言われていますので、まっすぐな足を目指して改善するようにしましょう。なおスタイルやシルエットでだいぶ足の長さが変わると言われているため、部分的に引き締めたり、痩せる努力をする事で長い足に近づく事ができるケースもあります。

お尻が下がっているとそれだけで短足に見えるため、シェイプアップをしてみましょう。そして太ももに関しては少し細くするだけで見た目がだいぶ変わります。後はパンツも黒色のものが細く見せる効果があると言われています。