運動が苦手な人でもできる!ヨガダイエットで痩せ体質をなろう

年齢を重ねるにつれ、なんだか痩せにくくなったと感じる方は少なくありません。ダイエットを始めてもなかなか効果は出ないしリバウンドしてしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方には、ヨガダイエットがおすすめです。

ヨガってダイエット効果があるの?

ヨガとは呼吸・姿勢・瞑想を基本とし、心と体を繋ぎ心身のバランスを整えるスポーツです。深い呼吸に合わせポーズを取ることで、普段使われない体中の様々な筋肉を使い体の歪みを整えたり体の巡りを改善させます。ヨガの基本である深い呼吸は体の隅々に新鮮な酸素を届け、血液やリンパの滞りを改善します。

また、ヨガのポーズはインナーマッスルを刺激するものが多く、ダイエットにかかせない基礎代謝の向上へつながります。

ゆったりした動きでしっかりとポーズを取ることが大切ですので、消費エネルギーはほかの有酸素運動と比べ多くはありませんが、ダイエットの基本となる体質改善や代謝を向上させることで痩せやすい体を作ることに適しています。

ヨガにはどれくらいダイエット効果があるの?

ゆるやかに体質改善を行い痩せやすい体を作りますので、短期間で効果を感じることは難しいでしょう。美しい体型へ導くためには、日常生活の一部としてヨガを取り入れることが大切です。

ダイエットの基本は摂取エネルギーよりも消費エネルギーが上回ることであり、より多くのエネルギーを消費するためには、酸素をより多く取り込む有酸素運動が有効です。

ですが、ただ単に摂取エネルギーを消費するだけでは自転車操業です。ダイエットの鍵は基礎代謝を向上させ痩せやすい体のベースを作ることにあります。天気や気候に関わらず年中継続して行えることもヨガダイエットの魅力です。ダイエットを行うための第一歩を踏み出すには、ヨガが最適であると言えるでしょう。

ヨガで基礎代謝は上がるの?

基礎代謝を上げるためには体温を上昇させることが重要なポイントです。冷え性、筋力不足は基礎代謝の低下につながります。年齢とともに筋力は低下するものなので、意識して筋力アップすることが重要でしょう。ヨガのポーズはなんとなく行っていたり、負荷を感じずに行っていても効果はありません。

腕や足に体重をかけず、体幹を意識することがなによりも大切です。体幹を意識することで体の深層部にあるインナーマッスルが強化され、基礎代謝が向上するのです。

また、しっかりとヨガの呼吸法を行うことで体内が活性化され、血流やリンパの流れの改善がされることで冷え性の改善にもつながります。基礎代謝向上のために必要なポイントがヨガにはつまっているのです。

ヨガをすることによる目に見える変化

ヨガを始めると姿勢が良くなったと感じることが多いようです。肩こりや腰痛に悩む方、オフィスワークで猫背が習慣になっている方などは特に姿勢の改善を感じるでしょう。ヨガのポーズは無理なく自然と全身を動かしますので、体の歪みを改善する効果があります。姿勢が良くなるだけで印象は大きく変わります。

また、ハードな筋トレとは異なりゆったりと全身を引き締めるため、筋肉質ではないが程よく引き締まっている理想的な体型を目指すことができます。

食事制限などの過激なダイエットでは体重は落ちてもお腹がプヨプヨのまま、ということは少なくありません。ヨガを習慣にすることで健康的に美しく体型が変わっていくのを感じることができるでしょう。

ヨガはどうやって始めたら良いの?

ヨガは自宅でも気軽に行うことができます。今はヨガの本やDVD、インターネットの動画など様々な媒体で情報を入手することができます。思い立ったが吉日、気軽に始めてみることをおすすめします。

ですが、呼吸法やポーズは本や動画ではわかりにくいものも多く、正しく行えていないと効果を得ることはできません。基本を習得するためにはヨガ教室やスポーツジムのヨガクラスに参加し指導を受けると良いでしょう。

個人の先生が自宅の一部で教えていたり、市民体育館や公民館などで開催されていることもありますので地域の情報をチェックしてみることもおすすめです。最初は周りの人と比べる必要はなく、楽しんでヨガを行えることが何よりも大切です。

1回に30分程度でも大丈夫?

ヨガ教室などでは通常1回60分~90分ほど行うことが多いですが、自宅などで行う場合は1回に30分ほどでも問題ありません。だらだらと行うよりも1回10分や30分でも集中し、かつ継続して行うことが大切です。週に1回ヨガ教室に通い、他の日は自宅で行うなどライフバランスに合わせ楽しんでヨガを行えるペースで行いましょう。

短時間で行う場合は、なるべく満遍なく体を使うポーズを取り入れると効果が期待できます。また、1回何分と決めるより1回何ポーズ行うなど決めておくのも効果的な方法です。行うポーズを決めておき、そのポーズを集中して行うことでヨガの効果は高まります。やらなきゃ、と意気込まずに楽しんで日常に取り入れましょう。

ヨガをするタイミングや時間帯

ヨガを行う時間に決まりはありません。朝・昼・夜、目的に合わせてヨガを取り入れましょう。1日をハツラツと元気に過ごしたい場合には朝ヨガがおすすめです。起床後に太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、2~3ポーズ集中して行うことで頭も心もすっきりさせることができます。

お昼頃、仕事中に集中力が低下してきたら、隙間時間で1ポーズ行うと集中力が戻ります。じっくりと自分と向き合い集中して行うためには就寝前の夜ヨガがおすすめです。体内をリセットし寝付きをよくする効果もあります。

空腹時の方が集中力が高まると言われているため、また食後すぐは消化不良を起こすこともあるためどの時間に行う場合も食事のタイミングとはずらして行いましょう。

ヨガで重要なのが呼吸の仕方

なぜ呼吸が大切なのかと言いますと、呼吸自体にも身体機能を向上させる効果があるためです。呼吸を意識することで精神のバランスを整え、血流改善などの代謝を向上することができます。ヨガは呼吸とポーズを意識して取ることで、自然と人間本来の心身バランスを整えます。

ヨガの呼吸は腹式呼吸が基本ですが、リラックスや集中するためなど目的やポーズによって様々な呼吸法があります。体と心を繋がらせることがヨガの重要なポイントなので、ポーズを取ることに夢中で無呼吸になってしまわないよう注意しましょう。

最初のうちは無呼吸になってしまうことは少なくありませんので、普通の呼吸でも良いのでしっかり呼吸に合わせてポーズを取ることが大切です。

ホットヨガとは?その効果

ホットヨガとは室温40度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガのことです。高温多湿の室内で行うことで柔軟性が高まり怪我を防止するだけでなく、通常のヨガよりも代謝の向上、デトックス効果が期待できます。

汗をかきにくい方は老廃物を溜め込みやすく、冷え性やむくみ体質につながります。大量の水を摂取し大量の汗をかくことで、汗をかきやすい・老廃物を排出しやすい体質へ改善させます。冷え性やむくみに悩む方にはホットヨガが大変おすすめです。

また、ホットヨガは室温が高いため柔軟性が高まりやすく、通常のヨガよりも可動範囲が広がります。代謝の向上には体の柔軟性も大切であるため、体が硬い方や運動が苦手な方にもホットヨガはおすすめでしょう。

自宅でヨガをする際に気を付けたいこと

自宅で行う場合は怪我に十分注意することと、ヨガに集中できる空間を用意することが大切です。怪我の防止には、ヨガマットの使用や必要に応じてヨガポールやタオルを使うことをおすすめします。

手足を上下左右に広げてもぶつからないスペースにヨガマットを敷き、その日の体調や自分の身体レベルに合わせて無理なポーズは行わないようにしましょう。体が硬い方やヨガのポーズに慣れない方は、バスタオルを丸めたものやロングタオルなどポーズを取るための補助を用いることが大切です。

また、ヨガは集中することが重要のため、リラックスできる時間や空間で行うようにしましょう。気になる音や光を遮断し、自分が一番集中できる空間を作ることが大切です。