遠方で開催する結婚式に招待する際の交通費の「お車代」

結婚式に招待されるゲストの方も、ご祝儀の他に交通費がかかるので、おめでたい席ではあるものの結構な出費になってしまいます。そこで、せっかく結婚式に来ていただいているという気持ちを込めて、交通費をお車代として返す方法があります。

ゲストもそのお金目的で参加するわけではないですが、遠方から時間を合わせて来てくれるのですから、今後の付き合いも兼ねて、お金を包むのがいいですね。片道分負担をするケースや一律五千円、一万円など不公平感がないように決める方法もあります。

新郎新婦が負担するケースも親が負担するパターンもありますが、いずれにしても本人たちの一生の一度の晴れ舞台に、お金のことでケチケチしたくないですからね。

結婚式で迷う事の一つに交通費が挙げられます

結婚式を挙げる際に親しくしている方に囲まれて挙げたいと思う方が多いです。しかしながら、交通費が発生するため招待状を送っていいのか迷うと答える方も多いです。まず結婚式を挙げると決めたら、招待状を郵送する前に事前連絡をしておきましょう。なかには、既に予定が決まっており参加できない方もいます。

また、事前に連絡してもらう事で交通費の事なども含めて考える期間ができます。遠方からの出席の方は交通費の他にも宿泊代も発生する事もあるため、準備が必要だと答える方が多いです。なお、時前連絡の際にお車代に関しても予め決まっているのであれば伝えておく事が大事です。

重要な事は事前に伝えた時にすぐにその場で返事の催促をしない事です。考える時間なども含めて余裕を持って連絡する事が重要です。遠方で一人ではなく数人の参列を望んでいる方は同じ日に連絡する事が大事です。特に友人で複数人に連絡が必要な際には、日にちをずらしてしまう事で複雑な気持ちになる方もいるからです。

気持ち良く参列したいと思う方も多い為、連絡は早めにする事を忘れないようにしましょう。相手からお車代の催促も言いにくい事ですので、その点も連絡の際に大旨の考えは伝えておく事も大事です。

遠方の招待客に伝えておくべきこと

会場から近距離の人ばかりを招待するわけではなく、遠方に住んでいる人も結婚式に招待するのであれば事前に色々と連絡をしておいてあげると親切です。結婚式の情報が何もないままでいると、招待される側としても行動がしにくくなりますし、時間の計画も立てにくくなってしまいます。

伝えておいた方がいいのは、結婚式の開始時間であったり、拘束時間がどのくらいになるかを明記しておくと親切でしょう。開始時間がお昼付近であれば、朝一番の新幹線などで出発をしたとしても間に合わない場合は、前日から来なくてはなりません。急に宿をとるのは難しいですので、開始時間がわかっていれば宿の予約もいれやすいので助かるはずです。

遠方から訪れる場合は、せっかくですので現地観光もして帰りたいと考える人も多いですので、どのくらいの拘束時間になるのかも伝えてあげるといいでしょう。拘束される時間によっては、観光する箇所を調整して、どこに行くかを決めやすくなります。

何時から何時までとわかっていれば、その日の観光が可能か、それとも翌日以降の観光になるかも変わりますので、伝えてあげる事です。遠方から来てくれる招待客には特に心配りをするようにしてあげると、来て良かったと思われるはずです。

結婚式の交通費の扱い

結婚式を行う際には、開始時間や拘束時間も明記しておくと親切です。なぜなら、参加者もどの程度の拘束があるかどうかがわからないと出席する側が困るからです。時間の忙しい間を縫って参加するかどうかを決めるわけであるため、具体的に明記しておいた方が参加者が検討することができるので親切であるといえるでしょう。

結婚式は、交通費のことも考えておく必要があるでしょう。特に、遠隔地に住んでいる方が来るとなると、結構な費用が掛かることになります。基本的に、新郎新婦側が出席者の交通費や宿泊費を負担するというのが一般的な配慮です。

ただし、全額を負担するのは厳しいという方もいるでしょう。結婚式を行うだけでたくさんのお金がかかるからです。そのため、実際は一部負担をすることが多いようです。また、出席する人の移動距離に合わせて負担を考えるということもあります。

例えば、新幹線の特急料金が発生する場合や、飛行機代が発生する場合、宿泊費が必要となる場合に負担して、近隣の場合は負担しないということも多いです。これらについては、新郎新婦の経済状況等を考えて決めることになります。また、特に親しくてどうしても来てほしい場合に費用を出すということもあります。

遠方のゲスト招待したい時

遠方のゲストを招待したい場合の配慮

結婚式の会場までの往復費用の負担が大きいと考えられるまたは、日帰りではとても来られないゲストを招待したいという場合には、交通費や宿泊代の配慮は欠かせません。というのも、ゲスト側も出席したいのに費用が問題で欠席せざるを得ないという事態も考えられるからです。せっかくの門出のイベントに参加してもらう為にも、その点は配慮して招待状を送りましょう。

交通費や宿泊代の伝え方

会場までお越し頂く費用に関しては、招待状と合わせて新郎新婦側が負担する事を小さなカードに記載してお渡ししましょう。例えば、「この度は遠方よりお越し頂く為お車代をご用意させて頂きますので是非ご出席をお願いします」または「ご出席に際しましてご宿泊の手配を致しますのでご都合をお聞かせください」という招く側の負担相応の文面にします。

また、旅費交通費の負担をして頂く代わりにご祝儀のお断りを申し出るパターンもあります。その場合には、「遠方よりお越しいただかなくてはならない為何卒ご祝儀等のお心遣いはなさらぬようお願い申し上げます」と言うように丁重にお断りします。例えば、新郎新婦の負担をお断りされた場合には、当日に費用の一部または大体の金額をそっとお渡ししましょう。

意外と難しいお車代、宿泊代の決め方

結婚式は2人で色々なことを決めていく必要がありますが、その中でも決めるのが難しいのがお車代や宿泊代です。式に遠方からわざわざ足を運んでくださる方には交通費や宿泊代を一部もしくは全額負担します。例えば大阪と東京の間では1万円または1万5000円包んで渡すのが一般的です。

また、北海道から九州など宿泊を伴う場合には宿泊代も一部負担することが多いです。ただし、宿泊代については交通費と違って泊まるところによって幅があるので友達などの一般ゲストにはお渡ししないこともあります。職場の上司など、目上の人に対してはきちんとお礼の意味を込めて忘れずに準備しておきましょう。

さらに、忘れてはいけないのが親族に対する心遣いです。自分の両親や兄弟に対しては特に渡す必要はありませんが、いとこや叔父さん叔母さんなどについては遠方から来てくれる場合は気遣って渡すようにしましょう。

来賓のゲストはお祝いを下さるので、あまり多くの出費をさせてしまうのは悪いな、と感じるのであれば多めに負担してもいいかもしれません。結婚式は本当に色々なことにお金がかかって思ったよりもたくさんお金がなくなるものですが、一生に一度と割り切って気遣いをしましょう。

お車代としてチケットを送る

結婚式には遠方から親戚が来たり、新郎新婦が頭の上がらない恩師を招待したりするケースがあります。その場合にこちらでチケットを押さえてそれを渡すことで相手に手間をかけさせないだけでなく、こちらへ来る時間を計算して準備を立てることができます。この場合、相手へ事前に相談をして時間調整をしておけば問題ありません。

何も調整しないと相手の予定などを何も考えずに、いきなり指定した時間に来るよう仕向けるのと同じになることからかなり失礼です。お車代の代わりとしてチケットを送ることは段取りを踏まえて送ることが大事です。

送るタイミングですが、1ヶ月前にするのが妥当とされています。1ヶ月前に指定された日時のチケットが届けば、その調整ができます。仕事が忙しい人でもそれに向けて仕事を調整していくことができ、準備などもはかどります。また結婚式の準備で日時が迫れば、段々と余裕をなくしますが1ヶ月前であればまだ余裕がある段階です。

もしチケットが届き不備があったり、内容の変更をしたいと先方から申し出があったりすればすぐに調整できます。チケットを送る際は時間だけでなく、送る側も余裕を持って準備を重ねていくことで失敗を防げます。

結婚式に来て下さる方へのお車代。

結婚式に来ていただくときに新郎新婦と御友だち同士の場合、お互い様ということで、お車代を出さないということもありなのですが、結局のところそれぞれの挙式の時に同額の交換となったとしても形だけでもお車代はお渡しするほうがよいです。

その金額は全額ということでなくても半額程度でもよいのです。もちろんその場、それと同額で相手の挙式の時にいただく事になるでしょう。結婚式もピークがあり、あちこちに毎月行くこともあります。ご祝儀だけでなく交通費もかかりますので、いくら自分がお仕事をしているといっても大変な出費となります。

それを少しでも軽減して、気持ちよく来て頂くための必要なアイテムとなります。また、日帰りでは無理な方には、こちら負担で宿泊していただく事も必要になるでしょう。すべて、わざわざ来て下さる方々への感謝の気持ちを表すためにします。ですが、予算的に難しい場合もありますので、宿泊代をお出しした方には交通費をお出ししないということもあります。

受付でお車代は該当する方に渡してもらうよう手配しておけばスムーズですが、渡し忘れもありますので注すべきです。また、ご挨拶をして渡すべき人には、両親から手渡しするのが一番良いでしょう。用意していない方々にも、披露宴の時などに感謝とねぎらいの言葉をきちんとお伝えするのが当日の両親の役目です。

結婚式での交通費の負担

結婚式では、ご招待をした来賓の方に対して場合に応じてお車代をお渡しする必要があります。お友達の結婚式に出席をしたことがあるけれど、もらったことがなかったので知らなかったという新郎新婦の方も少なくありませんが、交通費をお渡ししなければならない来客の方がいらっしゃいますので事前に誰にどれだけ渡す必要があるか調べておきましょう。

まず、全ての来賓の方に交通費をお渡しする訳ではありません。お渡しするのは、結婚式で乾杯のスピーチをしてくれた主賓の方や、会場のセッティングを手伝ってくれたお友達、そして遠方から来て下さったご親族にお車代を包むのはイメージしやすいでしょう。主賓の方のお車代はきちんと包んでお渡しすることをおすすめします。

主賓の方は会社の上司やこれまでお世話になった方になる場合が多いので、受付の際などにお渡しするのが良いでしょう。気の置けない間柄であれば、ご祝儀を辞退して交通費と相殺させることも一つの方法になります。

ただ、遠方から来るだけで新幹線や飛行機代がかかりますし、日帰りが出来ないので宿泊費もかかります。家族が多ければ負担となる金額も大きくなります。ご祝儀と交通費がそれぞれいくらぐらいか、また相殺させていただいて良いかどうかは先方と相談をして決めるようにしましょう。

結婚式のゲストへの交通費と引き出物

自分の結婚式で、大切なゲストの方々に遠隔地まで来ていただきたい場合、その旨を前もってお伝えして、それでも、来て下さるという方にのみ招待状をお送りします。必ず来ていただかなくてはならない方には丁重にお願いをします。遠隔地の方ならば宿泊は当然していただかなくてはならないので、宿泊代は負担しなければならないでしょう。

部屋を確保してお伝えします。交通費に関してはかかわりによっては全額に見合う金額を、そして、友人にも、全額用意出来るに越したことはありませんが、お互い様ということで片道分だけでも一律に用意するのもよいでしょう。

引き出物に関しては、あまりに重かったり大きかったりするものは持って帰っていただくのに大変なので、それについても考慮に入れて品物選びをすべきです。数時間の結婚式と披露宴の後に長い時間かけて電車などで帰るのも大変なことです。

また、その後すぐに2次会がある場合、場所が同じならばまだしも、移動が必要となると、やはり重くてかさばるものは困ります。引き出物はきれいで素敵なものが良いですが、重さや大きさも必ず考えましょう。それぞれの御家で、引出物という御土産を楽しみに待っているご家族もいるかも知れません。かるくて美味しいお菓子にお金をかけるのも良いです。

ゲストのことも考えて判断しよう

どの結婚式でも招待したいゲストが日本全国に散らばっている、という状況は珍しくありません。特に遠方のゲストが多く、ゲストが結婚式に来るのも大変でお車代もかさんでしまうようであれば、後日改めて地元で結婚披露パーティを催すことも検討してみてはいかがでしょうか。

親族が中心ならば食事会形式でも良いでしょうし、友人達が中心であれば1.5次会やゲストに大きな負担にならない程度の会費性のパーティーでも良いでしょう。地元で開催するとなるとゲスト達に交通費や手間暇をかけさせる必要も無いため、新郎新婦も気軽に招待することが出来ます。

遠方のゲスト全員に来てもらい、ゲストに大変な思いをさせたり、お車代が想像以上にかさんでしまうことを考えると、二度手間と感じる人もいるかもしれませんが後日結婚披露パーティを開くことも悪いことではありません。一生に一度の結婚式だからこそ、新郎新婦だけではなくゲスト達にとっても良かったとおもえるものにしたいはずです。

先入観や既成概念にとらわれることなく、その時の状況に応じて判断することが大切です。遠方のゲストのことを思いやって新郎新婦が下した判断ならば、ゲスト達も喜んで受け入れてくれるはずです。