酵素の力で代謝アップ

自分の体型維持、健康維持のためにダイエットや運動などを考えていらっしゃる方も多いことでしょう。

無理な食事制限やハードな運動は長続きしにくく、リバウンドしやすいものです。身体の中から健康的に痩せるためには、酵素を効率よく取り入れて、代謝力を高めていくのがおすすめです。

ダイエットには欠かせない!酵素って?

中高生の頃、生物の授業などで酵素について学んだ経験がある方も多いことでしょう。酵素は人間が生物活動を行う上で欠かせないもので、食べた物を消化したり、細胞を作り、身体を動かしたりするものなど、様々な種類のものがあります。

酵素をより多く取り入れるために、普段の調理方法を工夫したり、サプリメントやドリンクなどで補ったりする方も少なくありません。最近、酵素を使ったダイエットが注目を集めています。オーソドックスなタイプに朝食置き換えダイエットがあります。

栄養をしっかり取り入れながらも摂取するカロリーや消費する酵素量を抑えることが出来るので、身体に負担をかけることなく健康的にダイエットしたい方に非常におすすめです。

酵素はもともと体内にある

酵素には主に消化酵素と代謝酵素があり、いずれも元々体内に存在するものです。消化酵素の中でメジャーなものに唾液や膵液が挙げられます。

食べた物を消化し、身体に必要な栄養素を吸収する働きがあり、それぞれがタンパク質、脂質、炭水化物を消化するための役割を担っています。

一方、代謝酵素は体中の細胞を生まれ変わらせたり、免疫力を向上させ、健康維持に必要不可欠なものです。その名の通り新陳代謝と大きな関係があり、酵素ダイエットをするためにはこの代謝酵素の働きを活発化させることが大切なのです。

これらと別に、食物そのものが持つ自然界に存在する食物酵素というものがあります。これは食事として摂取することによって体内酵素の働きを補い、その働きを助けてくれるものです。

加齢や生活習慣によって酵素は減ってしまう

酵素の量というものは、常に一定ではありません。年齢を重ねたり、生活スタイルが乱れたりすると体内の酵素量はどんどん減ってしまいます。

一生の内に作り出される消化酵素の量は遺伝子で既に決められていると言われており、20代頃から徐々に減り始め、40歳を超える辺りから急激に減少し始めてしまいます。

酵素が減るのは、疲れた時、食事をした時、ストレスを感じたときなどがあり、特に添加物の多い食事は酵素を浪費させてしまうものです。当然、食生活が乱れたりすると、酵素の量はドンドン減少していってしまいます。

いつまでも若々しく健康的な身体を維持するためには、余計な酵素を消費することなく、同時に十分に補ってあげる必要があるのです。

酵素には健康に欠かせない様々な働きが

酵素が健康にもたらす影響は非常に大きく、身体に様々なメリットを生じさせてくれます。消化酵素には食べ物をしっかりと消化・吸収し、必要な栄養素を体中に届けてる働きがあります。

そして代謝酵素は基礎代謝を高め、体中の細胞の生まれ変わりを促進させてくれる働きがあります。肌の調子を整えたり、内臓の調子を整えたり、髪の毛の生成などの役割も担っているのです。

これらの体内酵素は免疫力を高めてくれるので、病気にもかかりにくくなります。しかし、体内の酵素量が不足してくると、身体が疲れやすくなったり、老化、生理不順、内臓の不調や白髪といった様々な体の不調をきたすようになってきます。

代謝が悪くなることによって、冷え性や肥満、むくみなどの症状までも現れることもあるので、注意が必要です。

食べ物の消化吸収には消化酵素が働く

私たちは生きて活動するために食べ物を摂取し、栄養を取り入れていく必要があります。私達が食べたものは、それぞれの消化酵素によって栄養に変えられ、体中に巡らせられます。

お米やパン、麺類に含まれる炭水化物は主に唾液で消化され、ブドウ糖となって体内のエネルギーとして消費されるようになります。

また、肉や豆、卵などに含まれるタンパク質は胃液や腸液、膵液などによって消化され、アミノ酸に生まれ変わります、アミノ酸には筋肉や神経伝達物質、ホルモンなどを作る働きがあり、人間の体を構成する大切な役割を担っているのです。

脂肪は胃液や小腸などで消化され、細胞膜生成などに一役買います。食べ物を食べた瞬間から消化酵素を消費し始めるので、暴飲暴食をすると、無駄に消化酵素を消費してしまうのです。

代謝酵素は吸収した栄養素からエネルギー生成を行う

代謝酵素は消化酵素が消化・吸収した栄養素を元に、身体を作り上げていきます。身体の筋肉や、内臓、血液など、全ての器官・組織を作り上げるために代謝酵素は消費されます。

人間の体は代謝組織よりも消化酵素を優先して消化するようになっているため、例えば酵素を大量に消費するジャンクフードをたくさん食べたり、食事の回数が増えたりすると、消化酵素が足りなくなってしまい、その分を代謝組織から補うようになっています。

つまり消化酵素の浪費は、代謝酵素の消費に繋がっているのです。健康維持には消化酵素と代謝酵素のバランスが欠かせないものです。そのためには、消化酵素の消費を抑えつつ、代謝酵素の量を増やしていくようにしていきましょう。

消化酵素を増やすと代謝がアップ

消化酵素を増やすことによって、必要な栄養素がしっかりと体内に取り入れられるだけでなく、溜まりがちな脂肪分もしっかりと消費してくれるようになります。

内臓脂肪や皮下脂肪をエネルギーとして消化できるようになるので、ダイエット効果も得ることが出来ます。また、炭水化物に含まれる糖分がきちんと消化されないままでいると、余った糖分が血液の中に流れ込み、ドロドロとした血液にしてしまいます。

そうなると血流が悪くなるため、冷えや浮腫を生じさせてしまいますし、血管が詰まって動脈硬化などを引き起こしてしまう可能性もあります。

消化酵素を増やすことは、血液の流れを良くし、溜まった老廃物をきちんと排出させることにも繋がるのです。

代謝がアップすると痩せ体質になる

ダイエットをするにあたり、基礎代謝力を高めることは非常に大切なことです。基礎代謝力がアップすると、細胞の生まれ変わりが早くなってきます。古い角質が剥がれやすくなるため、肌の調子が良くなりますし、内臓の調子も良くなります。

血流が良くなるため、冷えや浮腫の改善にもなりますし、体の隅々まで栄養素が行き届くようになります。リンパに溜まりがちな毒素の排出も促されるので、身体の中からきれいにしていくことも可能です。

何より嬉しいのは脂肪の燃焼率が高まることです。代謝が悪い時と良い時では、同じ運動をしたときでも消費されるカロリー量に大きな違いが出るものです。効率よくダイエットをしていくためには、代謝アップを心掛けるようにしましょう。

免疫力の向上にもつながり健康的になる

酵素には、赤血球の中にあるルローと呼ばれるくっつきを解く役割もあります。その為、ドロドロとしていた血液もスムーズに流れるようになり、血液中の免疫細胞が体の隅々まで届くようになるのです。

腸内環境を整える効果もあるので、便秘気味の方は積極的に酵素を取り入れていくようにしましょう。同時に乳酸菌やビフィズス菌なども摂り入れていくとより効果的です。

さらに酵素の中には細胞のサビつきを抑える抗酸化作用もあるため、アンチエイジング効果も抜群です。

酵素はアボカドやトマト、キャベツ、パイナップルといった野菜や果物に多く含まれていますが、非常に熱に弱い性質を持っているので、出来るだけ加熱せずに生のまま摂取するようにしましょう。

酵素と代謝の関係を理解し意識して体内酵素を増やそう

体内酵素を無駄遣いせず、なおかつその量を増やしていくためには、まず食生活の見直しが必要です。酵素を多く含む食材を積極的に摂取していくことはもちろん、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

消化酵素の消費を抑えるために、朝食を酵素ドリンクに置き換えるのもおすすめです。栄養を摂取しながらカロリー量を抑えてくれるのでダイエットにも効果的です。

添加物やトランス脂肪酸は消化酵素を大量に消化しますので、出来るだけ控えるようにしましょう。生野菜やフルーツをたくさん食べるのが難しいという場合は、サプリメントなどで補ってあげるのもおすすめです。

酵素は睡眠時に生成されるものですので、睡眠不足にも十分注意するようにしましょう。