酵素の種類と働きを徹底解説

健康にいいと言われる酵素ですが、その種類や働きを詳しく知らない人も多いでしょう。

人の生命活動に重要な酵素の働きを詳しく知ることで、より健康的に過ごすことが出来、ダイエットを目指す人にも効果が得られるようになるのです。

酵素は大きく2つの種類に分けられる

人の生命活動に必要とされている酵素は、大きく二つに分類できます。ひとつはもともと人の身体の中に存在する体内酵素、もうひとつは体の外から摂りいれる体外酵素です。

酵素の働きはとても大切で、ダイエットや美容に効果があることは最近よく聞かれることですが、それ以上に人の生命そのものに大きく関わっているのです。

人は食べ物を摂取しないと生きていけませんが、摂取した食べ物がそのまま身体に吸収されるわけではありません。吸収しやすいように、成分を分解しなくてはならないのです。その時に活躍するのも酵素です。

また摂りいれられた栄養分を、身体の活動に使用するためにも、酵素は必要とされています。酵素の研究はまだまだ解明されていないことも多いですが、人にとってとても重要であることはわかっているのです。

体内で作られる内部酵素

酵素の種類は、現在約3000種類以上あるとされていますが、実はこれらのほとんどを体内で作っているため、内部酵素とも呼ばれています。内部酵素が作られる時間帯は、夜であると言われています。体の働きが止まっている時間帯に作られています。

しかし夜更かしをする習慣がある人は、体の中で十分に内部酵素を作る時間が確保できません。また、加齢によっても作られる酵素の量は減少すると言われています。

すると内部酵素が不足してしまい、体の疲れ・肩こり・肌のくすみ・白髪といった老化を引き起こすとも言われています。一日に必要な酵素をきちんと作り出すためには、生活習慣の見直しや、食生活の改善がとても大切とも言われているのです。

体外から摂取できる外部酵素

生活習慣を改め、食生活の改善をしても、歳とともに減少していく内部酵素を止めることは出来ません。そこで体の外から摂取できる外部酵素と取り入れることが有効です。外部酵素とは、食物から摂れる酵素のことです。

ほとんどの肉・魚・野菜・果物に含まれていますが、加熱をすることによって酵素の働きが消えてしまいます。つまり、食物酵素を摂取するには生で食べることが大切なのです。

ただ、肉や魚を生で毎日食すことはなかなか難しいでしょう、そこで野菜や果物に含まれる食物酵素がおすすめなのです。たくさんの種類と量を摂取するには、サラダよりもスムージーがいいとされています。

野菜や果物に含まれる食物酵素は、すりおろすことで活性化します。生のまますりおろし、ドリンクにして飲むことが摂りやすい方法とも言えるのです。

内部酵素は働き方でさらに2種類に区別できる

酵素の研究は最近になって急激に進み、体内で作られる酵素の種類は2種類あることが分かっています。それが消化酵素と代謝酵素です。消化酵素は、毎日食べている食事を分解し、体内に吸収するために働くものです。

デンプンを分解するアミラーゼや、たんぱく質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼなどがこれにあたり、いろいろな食べ物をそれぞれ分解する働きを持っているのです。

一方、代謝酵素は私たちの生命活動をつかさどると言っても過言ではない酵素で、呼吸をする、身体を動かす、眠る、といったすべての活動を支えているのです。そして代謝酵素は、心臓や消化器官といった内臓器官、脳、血液といった体内のあらゆるところに存在しているのです。

まずは食べ物を消化吸収するのに必要な消化酵素

いくらバランスよく食べ物を摂取しても、酵素の力を借りなければ体内に吸収することは出来ません。このとき活躍するのが消化酵素です。食べ物の中には、炭水化物やたんぱく質、脂肪といった栄養素で構成されています。

しかしこの三大栄養素も、そのままでは大きすぎて吸収しづらいのです。そこで消化酵素の力を借りて、分子レベルで分解していくのです。消化酵素は、たんぱく質や炭水化物といった分子を、もっと小さく切断する役割を持っています。

小さく分解することで、吸収しやすくなり、摂取した栄養素を効率よく体内に摂り入れることが出来るのです。

ですから、食べ物と消化酵素の関係は、切っても切れない関係と言えるのです。バランスの良い食事を心がけていても、身体の調子がイマイチという人は、一度消化酵素の働きを見直してみるといいでしょう。

消化酵素はアミラーゼとプロアテーゼとリパーゼの3つ

消化酵素の代表格は、アミラーゼ・プロアテーゼ・リパーゼの3つになります。アミラーゼは、炭水化物やデンプンの分解を行います。唾液に含まれたり、胃の上の方、すい臓などで働いています。

アミラーゼの中にも種類がいくつかあり、それぞれ異なる方法で、それぞれの場所でデンプンを消化していくのです。

プロアテーゼは、たんぱく質の分解をする役目があります。たんぱく質はいくつものアミノ酸が結合してできています。この結合を切り離し、消化吸収しやすいよう小さくしていく働きがあります。

そしてリパーゼは、脂肪を分解する消化酵素です。胃の下の方やすい臓などで働いています。リパーゼが不足すると、中性脂肪が溜まり、生活習慣病を引き起こしやすくなると言われています。

消化酵素が働いたあとは代謝酵素の出番

せっかく消化酵素の働きで分解吸収できた栄養素は、身体中に送られて活動に使用する必要があります。ここで有効な働きをするのが代謝酵素です。

ここでいう代謝とは、多くの働きを指しています。新陳代謝はもちろんのこと、身体の毒素を汗や尿として体外に排出する役割や、病気やけがを治す自然治癒力、病気に対して効果を発揮する免疫力の向上など、多くの働きを代謝酵素は担っているのです。

代謝酵素が不足すると、ウイルスや細菌に対して防御することが出来なかったり、新陳代謝が上手くいかず老化のスピードが速まったり、もっと単純に言えば、筋肉を動かすことすら上手くいかなくなる可能性もあるのです。

内部酵素である消化酵素と代謝酵素の両方が上手く働くことによって、人の生命は維持されているのです。

代謝酵素は新陳代謝をあげ老廃物の排出を促す

体内の酵素の作用は、優先順位があります。消化酵素と代謝酵素がバランスよく働くことが一番いいことですが、食べ過ぎたりすることによって通常の消化酵素が足りなくなってしまうこともあります。

すると、本来代謝酵素に使われるべき酵素が、消化酵素に回されてしまったりすることがあるのです。

代謝酵素の働きは、まずは代謝を促すことです。代謝とは、体温を保ったり、脳の活動に使われたり、運動するときに必要なエネルギーであったり、食べるときの内臓の働きに使われるエネルギーであったりします。

基礎代謝が落ちると、栄養分がエネルギーとして使用されません。使用後の老廃物も減り、そのまま栄養分が脂肪となって蓄積されるのです。

つまり代謝酵素が上手く働くと、新陳代謝が上がり、エネルギーとして使用されたあと、老廃物が出て体外に排出しやすくなります。つまり、太りにくい体質となるのです。

さらに自然治癒力と免疫力をアップ

では次に酵素と自然治癒力の関係について見てみます。周りに、あまり食事に気を遣っているように見えないのに、健康体である人はいないでしょうか。そういった人は、酵素の働きが活発であることがあります。

例えば暴飲暴食をしたとしても、消化酵素の働きが活発であれば胃もたれをすることもなく、アルコール分解もスムーズに行うことが出来ます。そのために、身体への負担をかけることなく健康体が維持できるのです。

一方、内部酵素の働きが弱い人は、胃腸が虚弱であったり、ケガの治りが遅かったりします。このように酵素と自然治癒力の関係はとても深いのです。

また、酵素の働きが活発であると血流の流れも良くなります。すると、体温が上がり免疫力のアップにもつながります。低体温は免疫力を低下させる原因とも言われており、酵素の働きを活発にして血流を促すことが必要なのです。

それぞれの働きを理解して効果につなげよう

酵素と一言で言っても、その種類や働き、摂取の仕方は実に様々です。しかし一貫して言えるのは、体内酵素を十分に作り出し、活発に働かせることが大切だということです。

体内で作られる内部酵素は、消化酵素と代謝酵素とに分けられますが、そのどちらが不足しても健康を維持していく事は難しいのです。

体内で作られる酵素は、加齢と共に減少してしまいます。そのために、食物酵素を積極的に摂りいれるといいでしょう。食物酵素は、加熱してしまうと働かなくなってしまいます。野菜や果物をすりおろしドリンクにして摂取することは有効な手段です。

酵素を十分に作り出したり、摂取することで、身体は自然治癒力がアップしたり免疫力が上がります。どの酵素が不足しても、十分な効果を発揮することは出来ないのです。