酵素は便秘に効果あり?

便秘に悩む女性は多いですが、スムーズに排便できなくなるのは腸内環境が乱れている可能性が高いためです。

腸内環境を整えて便秘を解消するのに効果的な成分として人気の高い酵素ですが、どのようなメカニズムになっているのでしょうか。

そもそも酵素って何?

酵素と言えば、美容やダイエット情報に敏感な人の間では定番のお役立ちアイテムとして知られています。

酵素とは私たちが快適に生活していくために欠かせない重要な存在であり、筋肉を動かしたり食べたものを消化する、新陳代謝を高めて細胞を作りだしたり免疫力を高めるなど、ありとあらゆる生命活動に関わっています。

酵素が不足してしまえば、こういった重要な身体の機能がスムーズにできなくなって身体に様々な悪影響が出てしまいます。

常に疲れやすく病気にもかかりやすい身体になってしまうだけでなく、寿命も短くしてしまうなど恐ろしい事態を引き起こしてしまうため、常に酵素を体内にたっぷりと維持して健康を保っておく必要があるのです。

酵素は生命維持活動に必要不可欠

酵素が私たちの生命活動に必要不可欠な存在であると上述しましたが、これは大げさでも何でもなく、れっきとした事実です。私たちは生きるために必要な栄養素を食べ物から摂取しているのですが、単に食べただけでは意味がありません。

消化吸収して身体の各部位に届け、そこから必要な物質や細胞を作り出す必要があり、そのために酵素が必要となるのです。酵素が無ければ様々な生命維持活動が不可能になり、便秘や病気、消化不良に体力低下など様々な体の不調が起きてしまいます。

最終的に酵素が体内から1つもなくなった時に私たちは寿命を迎えるとされており、いかに酵素を補っていくかが重要だと言えます。もし身体に不調を感じていれば酵素が不足しているサインの可能性もあるので、積極的に摂取していきましょう。

酵素は消化酵素と代謝酵素とがある

私たちは誰でも、生まれた瞬間に体内に潜在酵素というものを持っています。潜在酵素は更に消化酵素と代謝酵素という2つの種類に分けることができ、それぞれ異なる役割を担っています。

消化酵素は名前の通り食べたものを消化するために使用される酵素であり、代謝酵素は細胞一つ一つを管理して身体を正常に機能させるために使用される酵素のことです。

代謝酵素は細胞を動かす作用があるため、心臓を動かしたり呼吸を促す、ものを考えたり免疫力を高めるなど様々な重要な働きをしており、特に重要な酵素として知られています。

潜在酵素はある程度なら体内で生成できるのですが、年齢を重ねるごとに生成能力が落ちていってしまうため、次第に様々な生命活動がスムーズに行えなくなっていくのです。

現代人の多くが悩む便秘を酵素が助ける

女性を中心に悩む人の多い便秘ですが、これも酵素不足が原因になっているケースが多いのです。潜在酵素は消化酵素と代謝酵素で構成されているのですが、どちらかを多く使えばどちらかの量が減ってしまうという特徴を持っています。

例えば消化しにくいものを大量に食べた場合、消化酵素が優先的に使用されるため代謝酵素が減少します。すると腸の機能が低下するため腸内環境が悪化し、スムーズに便を排出させることが困難になります。

これによって便秘が引き起こされるので、酵素を外部から補充してあげることが必要になります。消化酵素は食べ物から補うこともできるので、積極的に補充すれば潜在酵素を節約することができ、その分代謝酵素の量が増えて腸を活性化させることもできるのです。

胃腸と関係するのが消化酵素

私たちが食べものを食べると、胃や腸で消化と吸収が行われます。どちらも栄養素を体内に取り込むために非常に重要なことなのですが、効率よく消化吸収を進めるためには消化酵素が必要不可欠になります。

消化酵素によって消化が進み、腸で吸収しやすくなるのですが、ここで消化酵素を使いすぎると腸で使用するべき代謝酵素が足りなくなってしまいます。潜在酵素は2つで1つであり、使用できる量の上限を共有しています。

腸を活発に動かすためには、消化酵素を節約して代謝酵素を多く残しておくことが必要になるため、胃の段階で潜在酵素を使い過ぎないよう、酵素ドリンクなどを用いて消化酵素を補充しておくようにしましょう。

消化酵素が十分にあれば、代謝酵素として使用できる量が増えることになり、胃腸の負担を軽くすることができるのです。

消化酵素が不足していると消化不良や便秘の原因に

身体を動かすために重要なのは代謝酵素なのですが、そもそも栄養源を確保出来なければ生命を維持することもできないので、消化吸収を助ける消化酵素も同じくらい重要だと言えます。

消化酵素が不足してしまうと、消化が上手くできずに胃腸に大きな負担をかけてしまいます。消化不良を起こしたり便秘になってしまい、必要な栄養素をしっかり吸収できなくなります。

これではいくら代謝酵素が十分にあっても意味が無いので、消化酵素も十分に準備してあげる必要があります。消化酵素はもともと体内にあるものの他、食べ物から摂取することもできます。

ただ、食べ物の酵素は熱に弱いため、生で食べなければ十分に摂取できません。効率よく摂取するには、酵素ドリンクやサプリメントを活用すると良いでしょう。

酵素を積極的に摂取すれば腸内環境の改善が見込める

食べ物から酵素を摂取すると、体内にある潜在酵素の消費を抑えることができます。食べ物から摂取できる酵素を使えば潜在酵素のうちの消化酵素を使う必要が無くなるため、その分を代謝酵素として使用できるのです。

代謝酵素が増えれば腸の機能が向上するため、腸内環境が改善して蠕動運動も活性化します。さらに消化酵素によって食べたものがしっかり消化されていれば、腸に到達してすぐに運搬しやすくなるため、蠕動運動を妨げてしまうこともありません。

酵素は腸内で良い働きをする善玉菌の数を増やす働きもあるため、直接的に腸内環境を良くすることもできます。このように様々なメリットをもたらしてくれるため、酵素は腸に欠かせないものだと言えます。

酵素を増やすには食物から取り入れるのが簡単

身体に様々なメリットを与えてくれる酵素ですが、残念ながら体内にもともと存在している潜在酵素は年齢とともに減少してしまいます。ある程度は自力で生成することができるのですが、1日に生成できる量は年齢を重ねるごとに減ってしまうため、全体的な量が減少してしまうのです。

そのため、酵素の量を維持するためには食べ物から摂取する必要があります。果物や生の野菜などには食物酵素が豊富に含まれており、それらを口にすることで酵素を補給することができるのです。

ただ、食物酵素は加熱するとすぐに壊れてしまう性質があるため、野菜を炒めたり煮込んだりするとせっかくの酵素が無くなってしまいます。生で食べられれば良いのですが、難しい場合は酵素を含んだ健康食品やサプリメントを利用するようにしましょう。

フルーツなど加熱なしで食べられるものは酵素が生きたまま届く

野菜などは生のまま食べるのが難しいこともありますが、果物なら加熱せずに食べるものが多いので比較的手間をかけずに酵素を摂取することができます。

果物ならだいたいどれも酵素を含んでいますが、その中でも特に含有量が多いのはキウイやバナナ、リンゴにイチゴ、パイナップルなどです。これらの果物には食物繊維を豊富に含んでいるものも多く、食べることで酵素の補給と便秘の改善などプラスの効果を得ることもできます。

ただ、果物に含まれる酵素は胃酸に弱いため、普通に食べただけでは胃酸で消化されて効果の大部分を失ってしまいます。

空腹時は特に胃酸が多く分泌されているので、できるだけ空腹時を避けて胃酸が薄まる食事後のデザートとして食べるなど工夫しましょう。

味噌や納豆など発酵食品も意識して食べよう

食べ物から摂取できる酵素と言うと野菜や果物をイメージしがちですが、それ以外に味噌や納豆など日本古来の発酵食品にも豊富に酵素が含まれています。

これらの食べ物には麹菌が作り出した酵素が存在しており、自然に酵素を備えている野菜や果物と同じような効果を得ることができるのです。こちらも加熱には弱いので、例えば味噌は味噌汁にするよりも生のまま味付けに使用したり、冷めてから混ぜるようにしましょう。

加熱することなく美味しく食べられる納豆は酵素補給としては理想的な食品なので、積極的に食べたいところです。ヨーグルトやチーズなども発酵食品の仲間なので、同じく酵素を摂取することができます。自分の好きなもので構わないので、意識して摂取していきましょう。