酵素ダイエットと果物の関係

酵素は体にとって非常に重要なものであり、人々は知らず知らずのうちに分泌したり、消費したりしています。

しかし、体内で分泌される酵素の量には限りがあるので現代人の食生活の中では不足しがちとなっており、果物などから得る必要性が高まっています。

酵素には健康への沢山のメリットがある

酵素と一口に言っても実は大きく3つの種類に分かれています。その1つが消化酵素です。消化酵素とはその名の通り消化や分解に使用される酵素であり、一般的な生活を送っていればこの酵素の割合が最も多くなります。

生物は栄養を分解できなければ消化も吸収も上手くいかないので重要な酵素であることには違いありません。他にも代謝酵素と呼ばれる酵素があります。この酵素は人間の免疫や体調の管理、ホルモンバランスの調整など様々なことに役立てられます。

非常に優秀な酵素ですが、消化酵素を優先して分泌される仕組みになっているので、どうしても少なくなりがちです。あと1つは食物自体に含まれている食物酵素であり、その食物を消化するために使われます。

栄養素を効率よく吸収できる

人間にとって最も多くのウエイトを占める酵素は基本的に消化酵素です。どんな栄養素であっても鎖のように繋がれた状態になっています。栄養価がいかに優れていたとしても、上手く分解できなければ結局効率的に吸収できなくなってしまいます。

鎖のようになった栄養素を切る役割を果たすのが消化酵素です。しっかりと消化酵素を確保していれば効率的に栄養を得られるということです。食材には食物酵素が含まれており、消化酵素と同じような役割を果たします。

しかし、消化に手間のかかる料理であれば食物酵素では足りないので、やはり消化酵素が使われます。消化酵素を温存するために野菜ジュースや酵素ドリンクのみを摂取するファスティングダイエットを行う方も増えています。

乱れがちなホルモンバランスを正常に近づける

酵素の中でも代謝酵素は非常に役割の多い酵素です。全般的な体調管理を司っていると言っても過言ではなく、代謝酵素が十分に分泌されている方は基本的に免疫力が高いです。ホルモンバランスの調整も代謝酵素の重要な役割です。

ホルモンバランスが整えられると体調を維持できたり、気持ちの安定を保ったりすることができます。しかし、体で分泌される酵素の量には1日あたりの上限があり、体は消化酵素を優先的に作り出す仕組みとなっています。

そのため、代謝酵素を増やしたい場合は果物や野菜などを積極的に食べて食物酵素を得る必要があります。食物酵素がたくさんあると消化酵素を節約できるので代謝酵素が増えるという仕組みになっています。

消化を助けて腸内環境を整える

消化酵素には単に食べ物を消化するに留まらない役割があります。消化酵素によって順調に消化されるようになると、腸内に到達する頃には栄養の多くは分解された状態になります。

そのため、腸内への負担が大きく減ります。これによって腸内環境が整えられて便秘解消などの効果が期待できます。それに加えて腸内にはナチュラルキラー細胞という免疫に重要な役割を果たす細胞があります。

腸内環境が整っているとナチュラルキラー細胞が活発に行動するので免疫力の向上も期待できます。腸内環境は精神にも影響を与えるとされており、どんどんと研究が進められています。

人間が取り入れる栄養はいずれも消化と吸収を経ていると考えれば消化酵素の重要性がよく分かります。

腸内環境を改善し毎日快腸に

腸内にはたくさんの細菌が生息しており、それらは善玉菌と悪玉菌と日和見菌に大別されます。腸内環境が良いということは悪玉菌よりも善玉菌の方が多いということですが、実は日和見菌の割合も大切です。

一説によると理想的な腸内環境は善玉菌2に対して悪玉菌は1、日和見菌は7の割合とされています。意外にも日和見菌が多い方が良いことが分かります。

いくら善玉菌をたくさん得ても日和見菌を都合良く増やすことはできません、しかし、消化酵素は人間の持つ元々の力を発揮するためのものなので、自ずと理想的なバランスに近づけることが可能です。

もし消化酵素が余ってしまっても、体は代謝酵素を増やすことで調整するため、摂りすぎのリスクも低めとなっています。

基礎代謝をあげて痩せやすい体質を作る

生物は全く動いていなくてもエネルギーを消費します。生命を維持するためには血液を循環させたり、内臓を動かしたり、細胞分裂を行ったりする必要があるからです。この動かなくても発生する代謝を基礎代謝と言います。

基礎代謝が高ければ高いほど、普段の生活で消費されるエネルギーが増えます。つまり、太りやすく痩せやすいと言えます。基礎代謝を上げる手段としては筋力トレーニングなどもありますが、中には筋肉を付けたくないという方もいます。

消化酵素を節約して代謝酵素を増やす方法ならば、基本的にデメリットはありません。代謝酵素は直接的に増やすことができないので、食物酵素を摂取して消化酵素の消費量を減らし、体内の酵素量を代謝酵素に回すという手段を取る必要があります。

酵素がは生野菜や果物に多く含まれる

食べ物には食物酵素が含まれており、その食べ物自体を消化するために活用されています。基本的にはその食べ物に含まれている食物酵素だけでは消化できないので、体内の消化酵素と併用されます。

ただ、ごく一部の食べ物やその食べ方によっては食物酵素でほとんどを賄うことができ、消化酵素は温存されます。消化酵素が温存されると体内の酵素を代謝酵素へと回すことができます。

これによって様々な恩恵をうけることができます。食物酵素は特に生野菜や果物に多く含まれています。火を通さないことが重要なポイントとなっており、スムージーなどにして摂取すると簡単に体内の酵素をアップできます。

生で食べられない野菜はいくら酵素が多くてもそれを実感するのは難しいかもしれません。

果物の中でもバナナとマンゴーは食物酵素が特に豊富!

果物は酵素を多く含んでいて基本的に生で食べるため、食物酵素を得たい場合にはうってつけです。果物の中でも特に食物酵素をたくさん含有しているのがバナナとマンゴーです。

バナナは言わずと知れた手軽に食べられる果物であるため、朝食などにすぐにでも取り入れることができます。バナナに関する飲み物もコンビニやスーパーではよく売られています。

マンゴーはバナナほど簡単に手に入るわけではないものの、スーパーなどで売られているのを見かけます。こちらも使用されている商品でもOKです。

バナナとマンゴーはどちらもスムージーの原料としてよく使われており、そこに生野菜をプラスすることによってさらなるたくさんの食物酵素を取り入れることができます。

野菜のセロリやニンジンにも多く含まれている

生野菜の中で酵素を豊富に含んでいるのがニンジンとセロリです。ニンジンはカロテンを多く含む野菜としても馴染みがあります。生で食べることに違和感がないこともメリットであり、ニンジンジュースでもOKです。

セロリは豊富なビタミンが魅力の野菜です。ニンジンほどの親しみはないかもしれませんが、野菜売り場では割と見かける野菜です。

これらを生で食べる際には出来るだけドレッシングを使わないか、使うにしてもノンオイルのものを選択することをお勧めします。

通常のドレッシングであればその成分を分解するために消化酵素が使われてしまい、食物酵素を取り入れて体内の酵素を温存するという目的に合わないからです。スムージーなら安心です。

加熱せずミキサーにかけたりすりおろすと効果抜群!

食物酵素は熱に弱いため、野菜を熱で柔らかくすることはできません。しかし、酵素は極めて細かい粒子で構成されているのでミキサーにかけることはできます。それどころか、ミキサーにかけることで効果を高めることも可能です。

しかし、歯を回転させた時に高温になってしまうミキサーでは酵素が熱で壊れることがあるので注意が必要です。手動ですりおろすくらいの熱に関しては、短い時間しか熱が発生しないので酵素を壊さない可能性が高いです。

最近ではミキサーの中にも熱を発生させにくいものが登場しています。食物酵素を壊さずにスムージーやミックスジュースなどにしたい場合は非常に有用です。

もちろん、市販されているスムージーや酵素ドリンクを飲むのも有効な手段です。