酵素ドリンクダイエットの好転反応はあるの?

酵素ドリンクを飲み続けていると、頭痛や吐き気などの症状が起こることがあります。このような症状が現れると不安になるものですが、これは、一過性の症状であり、好転反応と呼ばれています。

ここでは、好転反応について詳しく紹介します。

そもそも好転反応ってなに?

好転反応とは、漢方や酵素ドリンクなどを服用したり、摂取するときに初めに現れる現象です。新しい刺激に対して体が反応しているという現れであり、異常な状態から正常な状態へと戻ろうとしているか過渡期でもあります。

好転反応の症状は、頭痛や吐き気など人によって異なりますが、さまざまな症状が起こります。このような症状が現れる何か体に異常があるのではないかと不安になるものですが、これは、症状が良い方向へと転じるときに一時的に起こる症状なので、好転反応を境に気になっていた不調が改善へと向かっていきます。

逆に好転反応が起こらないときは、改善が期待できていないということなので、摂取している酵素ドリンクを見直してみましょう。

体がいい状態に戻る過程で起こる反応

好転反応が起こると摂取している酵素ドリンクに何か問題があるのではないか、体調を崩してしまったのではないかと思う方も多いようですが、好転反応は体が良い状態に戻る過程で起こる反応なので、摂取している酵素ドリンクには何の問題もなく、体に異常があるということでもありません。

症状が起こるのは一時的なことなので、驚かずに冷静に対処すると、しばらくすると症状は治まるので、落ち着いて対処しましょう。好転反応が起こるとそれを境に気になる症状が改善に向かっていきます。

症状が辛いときは、気持ちが落ち込んでしまったり、憂鬱になってしまうこともありますが、症状は長くは続かず、これを機に今まで悩んでいた症状が改善に向かうと前向きにとらえることが大切です。

代表的な症状にはこんなものがある

好転反応で起こる症状は、人によって異なります。体の痛みが起こることがあれば、皮膚に異常が出ることもあります。一般的には、風邪に似たような症状が起こることが多いと言われており、頭痛や関節痛、吐き気、だるさなどが起こることが多いです。

また、肌が乾燥しやすくなったり、吹き出物やニキビなどが起こることや、体臭や口臭が変わってしまったり、黄色や茶色の尿が出ることもあります。好転反応で強く症状が出た部分は、体の中で最も弱い部分や悪い部分であることが多いとも言われています。

人によって症状は異なるので、特異な症状が現れたときには不安を感じるものですが、好転反応だと思い、あわてずに冷静に対処すると良いでしょう。

頭痛や体の疲労感や肌荒れが起こる

好転反応の症状は人によって異なります。一般的には、風邪をひいたときに起こるような頭痛や熱っぽさ、体のだるさなどは起こると言われていますが、肌荒れやのどの痛み、肌荒れなど人によってさまざまな症状が起こるので、一般的に起こりやすい症状以外の症状が起こっても心配はありません。

症状が起こる強さも人によって異なるので、気にならない程度の症状で終わる人もいれば、日常生活に支障が出るほど辛い症状が起こる人もいます。頭痛や疲労感、肌荒れなどは起こりやすい症状ですが、これらの症状も強く起こることがあるので注意が必要です。

強い症状が起こったときは、なるべく安静をとり、水分の摂取や体を温めることを心掛けておきましょう。

好転反応が起きるメカニズム

好転反応は、体に溜まった毒素やや老廃物が体から落ち、血液中を巡り、細胞や臓器に行き渡ります。老廃物や毒素が排出されて血液が入れ替わると、入れ替わりのときに体にさまざまな不調が現れます。

これが好転反応が起こるメカニズムです。好転反応が起こるということは、毒素や老廃物が排出され、体がリセットされているという証拠なので、頭痛や吐き気など辛い症状が起こることがありますが、良い機会だととらえたほうが良いでしょう。

好転反応を境に今まで悩んでいた症状は改善に向かい進んでいきます。体の中の溜まっていた毒素や老廃物が排出されると、便秘の改善や美肌効果、疲労回復効果など、健康や美容に良いさまざまな効果が期待できます。

体内のデトックスの過程で一時的に毒素が体内をめぐるため

不規則な生活や食生活の乱れ、慢性的な便秘などが続くと体に毒素や老廃物が溜まりやすくなります。体に毒素や老廃物が溜まると、肩こりや腰痛など慢性的な体の痛みが起こりやすくなったり、便秘がひどくなることがあります。

便秘がひどくなると、吹き出物ができやすくなり、肌荒れの原因にもなります。また、疲れがたまりやすくなりこともあり、ゆっくり休んでも疲れがとれず体にだるさを感じることもあります。

そのため、体外に毒素を排出するデトックスは体や肌にとって大事なことなのです。酵素ドリンクなどでデトックスを行うと、体を正常な状態に戻すために、一時的に毒素が体内をめぐるときに好転反応の症状が現れます。

好転反応が起こるとデトックスに成功したということなので、落ち着いて対処しましょう。

酵素ドリンクによるファスティングダイエットで起こることも

酵素ドリンクを使用して、1日から数日酵素ドリンクと水分、塩分のみで過ごすファスティングダイエットは、高いダイエット効果が期待できるということで人気が高まっています。好転反応は、このファスティングダイエット中にも起こります。

ファスティングが正しく実践できていれば、ファスティングを行って1日~2日前に体に不調が起こります。これが好転反応です。この好転反応も体に溜まっている毒素や老廃物が体外に排出されるときに起こる症状なので、問題はありません。

デットクスが進んでいるという証拠なので、落ち着いて対処しましょう。逆に好転反応が確認できないときは、デトックスが進んでいないということになるので注意が必要です。

好転反応はデトックス出来ている証拠として前向きにとらえよう

好転反応は、人によって強い症状が起こることがあります。症状が強く現れたときは、日常生活に支障が出て、辛いと感じることもありますが、辛いと思ったときは、これは体内の毒素が外に排出され、デトックスが出来ている証拠だとして前向きにとらえるようにしましょう。

体に溜まっていた毒素が多いほど症状が強く出る場合があります。しかし、好転反応が起こるとそれを境に急速に気になっていた症状が改善に向かうことが多いです。

一時的な不調を乗り越えると、その後は体は良い方向へと向かいます。辛い不調が起こったときは、精神的にも辛くなってしまうことがありますが、この時期は一時的なものだと前向きにとらえ、辛い不調を乗り切りましょう。

無理は禁物!活発な行動は控えて

好転反応は体が良い方向に向かう過程で起こる一過性の症状なので、横になって休むなど、特に安静が必要なわけではありません。しかし、無理をしてはいけません。好転反応の症状は、人によって強い症状が起こることがあります。

そのようなときは、激しい運動など活発な行動は控えるようにしましょう。症状が辛いときは、病気ではないからと我慢するのではなく、横になったり、体を温めるなどして安静をとるようにしましょう。

好転反応が起こる期間も人によって異なります。短い人は1日で治まることもありますが、長く不調が続くこともあります。長く不調が続くときも、無理をせず、なるべく安静をとり、リラックスして過ごすことを心がけましょう。

具合が悪くても水分摂取と体を冷やさないように気を付けて

好転反応が起こり、具合が悪いときは、何もしたくないと思うものです。食欲もなくなり、動くことでさえ億劫になることもありますが、そのような状態のときも、水分摂取は心掛けておきましょう。

好転反応の症状が起こっているときは、水分を多く摂り、排尿や排泄を促進すると体の毒素を体外に排出することができるので、症状が早く治まります。

また、お風呂にゆっくり浸かって体を温めると血行が促進されることでも、体内に溜まった毒素を排出することができるので、体を温めることも心掛けておくと良いでしょう。体を冷やしてしまうと逆に血行が悪くなってしまうので、寒い季節は時に体を冷やすことがないいように注意をしておくことが重要です。