酵素ドリンクファスティングとは

人気のファスティングダイエットは酵素ドリンクを利用して行うダイエット方法です。市販の酵素ドリンクを食事の代わりに飲むことで痩せることができると女性中心に人気があります。

ファスティングは色々なやり方があるので自分がやりやすい方法で行うことができます。

そもそもファスティングダイエットとは?

ファスティングダイエットとは、決められた数日間のみ食事をせずにドリンクを飲むというダイエット方法です。固形物を摂取しないことでダイエット効果はもちろん体の内側から良い効果を感じることができます。特に女性に人気のダイエット方法です。

ですが、食事をしないようなダイエットはリバウンドをしやすいということで不安があるという人もいますが、リバウンドをしないファスティングダイエットの方法もあります。

その方法をしっかりと理解して正しい方法でダイエットをすることで痩せてきれいになるだけではなく、健康にも良い影響があるということで、男性にもおすすめのダイエット方法です。胃腸を休ませることができて、基礎代謝や免疫力をアップさせる効果もあります。

ファスティングと断食は違う

ファスティングと断食を同じだと考えている人もいますが、それは違います。そもそも断食は一切の食事をせずに、お水のみで過ごして痩せるために我慢をするダイエット方法です。ですがファスティングは固形物を摂取せずに酵素ドリンクを置き換え食として摂取するダイエット方法です。

酵素ドリンクで1日3食すべての食事を置き換えてもいいですし、1食だけ、または2食を置き換えすることができます。つまり食事を一切しない断食と違ってファスティングは固形物を摂取するときと酵素ドリンクのみで過ごす食事があるので同じことではないといえます。

食事を消化のよいドリンクにしているファスティングは断食とは違ってダイエット中も栄養を摂取することができます。

ファスティングの1番の目的は内臓を休めること

ファスティングはもともと胃腸を休ませるために行うことが目的です。胃腸に負担がかかっていると体の色々なところに影響が出てしまいます。ファスティングを行い胃腸の調子がよくなることで体の不調を改善することができます。

正しいファスティングを行うことで代謝が良くなって痩せやすい体質になって、さらに腸内環境が改善されるので便秘も解消されます。便秘が解消されることで便秘が原因の肌荒れも改善されるといいます。

ファスティングをすることで健康と美容の両方が改善することができます。健康も美容もダイエットの目的としてあげられることが多い理由です。なのでどちらも改善することができるファスティングはとてもよいダイエット方法といえます。

内臓を休めると代謝が上がり脂肪燃焼につながる

食事を3食毎日摂ることで内臓はほぼ休むことなく毎日働いています。その内臓の疲れをファスティングの効果でデトックスすることができます。デトックスを行うことで消化しなければいけない食事をとめて内臓を休ませます。

内臓も使いすぎると疲れてしまい本来の機能を発揮することができなくなってしまいます。なのでファスティングでデトックスを行い疲れた内臓を休ませてあげることでその機能を回復させることができます。

消化機能もよくなるので必要な栄養をしっかりと吸収することができるようになります。内臓を休めて元気にすることで基礎代謝もアップさせることができるのでファスティングの後はとても体の調子がよくなることがあります。

痩せやすい体質に改善される

ファスティングをしっかりと行うことで痩せやすい体質に改善することができます。なぜ痩せやすくなるのかというと、酵素ドリンクを利用することで体内で不足していた酵素を補うことができるからです。

酵素はもともと人の体内にありますが、それが年齢や食事の栄養バランスの悪さなどで減少してしまい、消化しにくくなってしまうといいます。酵素ドリンクを飲むことでそれを補うことができるようになり、痩せやすい体質に改善することができるようになります。

食事でも酵素を摂取することは可能ですが、消費してしまうと不足してしまうので酵素ドリンクを飲むことで不足分を補って消化機能を高めることができます。このようにファスティングを行うと痩せやすい体質に改善されます。

ただ酵素ドリンクだけを飲んで過ごせばいいわけではない

ファスティングでは酵素ドリンクを飲みます。ですが酵素ドリンクを飲んでいればいいというわけではなく、きちんとルールがあるのでそれを守る必要があります。酵素ドリンクを使ったファスティングを行うときには、半日、1日、3日の3つのプラグラムがあります。

初心者には半日プログラムがおすすめです。朝食または夕食を酵素ドリンクに置き換えるだけの簡単なやり方です。これを継続して行うこともできます。1日プログラムは、1日目を準備日、2日目をファスティング日、3日目を複食日という形で行います。

そして3日プログラムは3日から1週間の準備期間を用意し、3日間のファスティング期間、3日間の復食期間というプログラムで行います。このようにただ酵素ドリンクを飲むのではなくルールを守って行うことが大切です。

ファスティング前の準備期間が大事!

ファスティングを行うときには準備期間を作る必要があります。どのくらいの期間をファスティングするのかによって多少の違いはありますが、いきなりファスティングに入ると血糖値が下がってフラフラしたり、体がだるくなるなどの症状を感じることがあるので少しずつ体を慣れさせていきます。

準備期間にはまず油脂や糖分、コーヒー、たばこなどの嗜好品、肉、乳製品、清涼飲料水を摂取するのは中止します。これらは胃腸に負担をかけたり、体に影響を与えることもあります。なので消化のいい食べ物を中心に少しずつ食事の量を減らしていくようにすることが大切です。

急激に食事の量を減らしたりしないこともファスティングを成功させるためのコツです。

準備期間の食事は「まごはやさしい」

準備期間には消化のいいものや体に良いものを積極的に摂取するようにします。まごはやさしい、という言葉を意識して食事をするといいです。まごはやさしい、とは豆類または豆類の加工食品である豆腐や大豆、納豆、ごま、くるみ、わかめなどの海藻類、野菜、魚、しいたけなどのきのこ類、いも類のことです。

これらの食べ物は自然食品として体に優しいビタミンやミネラルなど体に必要とされる要素が含まれているものばかりです。消化が良いものばかりなので胃に負担をかけないように気をつけたい準備期間中には積極的に摂取するといいです。

まごはやさしい、という言葉で覚えることで食事をするときには考えてメニューを作ることができるようになります。

ファスティング中の空腹はノンカフェインの水分で補う

ファスティング中には固形物を摂取することができないのでほとんどの時間を水分摂取で過ごすことになります。ですがダイエット中でしかも胃腸を休ませるという意味もあるファスティング中なので甘いジュースなどを飲まないように気をつける必要があります。

ファスティング中の空腹はノンカフェインの水分を飲むようにして満足感を得るようにするといいです。お水やノンカフェインのお茶などでもいいのですが、きちんと水分を摂取することで体の中にある余計なものを排出するようにします。

ファスティング中なのにどうしても甘いものを飲みたくなったときは飴を噛まずになめるようにします。噛んで飲み込むのではなくなめることで空腹を落ち着ける効果があります。

ファスティング後の復食期もしっかりと

ファスティングが終わった後の複食期もしっかりとルールを守るようにします。ファスティング期間が終わったからといってすぐに普通の食事を摂取するのは体への負担も大きく、リバウンドしてしまう原因になります。

重湯や具のないお味噌汁などから食べ始めて、少しずつ通常食に戻していきます。急にお肉などの消化に時間がかかるものなどを食べると体に大きな負担がかかってしまいます。なのでお味噌汁、おかゆなどで柔らかい食べ物を少しずつ量を増やしていくことでリバウンドを防ぐこともできます。

普段通りの食事を食べるときには少なくても丸1日から2日間かけて体を慣れさせる必要があります。この期間にも消化があまり良くないものは小さくして食べるといいです。