酵素水にはどんな効果がある?

酵素は人間に欠かすことができない存在です。不足させることで様々な影響が出てしまう懸念があり、常に酵素が満たされているように心掛けることが大切と言えます。

そこで役立つのが酵素水ですが、一体どのような働きを持つアイテムなのでしょう。

まずは酵素水の酵について解説

酵素というのはタンパク質のことですが、触媒作用を持っているのが特徴です。生体内で化学反応が起こる場合、そこには酵素の存在が欠かせません。

つまり酵素は人間が生きるためにも必須の存在と言えますが、しかしながら加齢やストレス、生活習慣などによって簡単に不足してしまうのも一つの特徴なのです。酵素と一口に言っても様々な種類が存在しています。

数字としては約2,000種類程度もあり、それらの働きで生命活動を根幹から支えているのです。

なお、それぞれの酵素は一つの役割しか持っていません。例えば脂肪を分解する酵素にリパーゼがありますが、この酵素はタンパク質やでんぷんを分解する力は持っていないのです。そのため専属の酵素が不足することでたちまち影響を受けてしまいます。

酵素には消化酵素と代謝効果の2種類ある

酵素には潜在酵素と呼ばれる枠組みがありますが、これは消化酵素と代謝酵素の2種類から成っています。そしてこれらの酵素は体内で自動的に生成されているのです。
はじめに消化酵素の働きですが、文字通りに消化を行う役割を持っています。

不足することで消化不良の原因にもなり、時には様々な病気の引き金になってしまうこともあります。次に代謝酵素についてです。代謝酵素は栄養を吸収する働きはもちろんのこと、呼吸や記憶、体を動かすといった様々な役割を担っています。

脳や心臓、消化器官、血液などのあらゆる場所に存在しており、人体の全てを司る酵素とも言えるでしょう。なお消化酵素が不足した場合は代謝酵素によって、その働きが補われるという特徴があります。

2種類の酵素を体で作れる量は決まっている

消化酵素も代謝酵素も体内で日々生成されています。しかしながら無限に生成されているわけでもないのです。作ることができる量は決まっていますので、消費を加速させる原因があれば足りない状況に陥ってしまうこともあります。

例えば油っこい食事を食べ過ぎてしまった場合、消化酵素が大量に消費されますから不足してしまう可能性があります。その場合は代謝酵素によって不足分を補うことができますが、しかしながら今度は代謝酵素が不足してしまうという事態が起こってしまい兼ねません。

そしてもし代謝酵素が不足すると、体の機能が低下してしまいますので、例えば肌荒れや便秘などをはじめ、体の不調までも引き起こされてしまうことがあるのです。

どちらかを使い過ぎるとバランスが崩れて体に影響がでることも

潜在酵素はバランス良く使われることが大切です。しかし、ストレスや生活習慣などで簡単にそのバランスが崩れてしまうことがあります。バランスが崩れると、疲れやすくなるほか、便秘、肌荒れ、アレルギー、寝つきが悪い、腰痛、頭痛などのあらゆる症状が発生しやすくなります。

つまりこういった症状が発生している場合は、酵素が不足しているサインの可能性があると言えるでしょう。酵素不足はこういった症状だけが引き起こりやすくなるという問題だけではありません。

他にも大きな病気や疾患の発生リスクに繋がってしまうこともあります。例えば糖尿病やリウマチ、脳梗塞、心筋梗塞などにも酵素不足が影響するとされ、生命に関する問題へのリスクもはらんでいると言えます。

体内生成で足りない分は外側からプラスして

酵素は様々な原因で減っていきますが、不足傾向にある場合は外側からプラスするのが良いと言えるでしょう。そこで代表的なのが酵素水です。飲むだけという手軽さで簡単に酵素を補うことができますので、酵素不足による様々な影響を防止するためにも役立ちます。

特に現代人にとっては酵素を補うことは非常に意義のあることとも言えるでしょう。生活習慣やストレス、喫煙、飲酒など、こういった要素によって酵素は消費されやすくなりますが、現代人の中には関連がある人が少なくありません。

酵素不足に陥りやすい暮らしの人が目立つのが実情ですので、多くの人は知らぬ間に酵素が足りていない体になっている可能性があるのです。そのため積極的に外から補う姿勢を持つことが、健康や美容の促進にとって大切と言えます。

食物酵素で簡単に体内に取り込める

酵素には食物酵素というカテゴリーが存在します。これは普段の食事からでも摂取することができる酵素のことであり、気付かないところで酵素を補いながら生活をしているのです。

酵素が含まれている食べ物は様々です。例えば麹や納豆、パイナップル、いちじく、キウイ、プルーン、ゴーヤ、メロン、玉ねぎなどには、タンパク質を分解するプロテアーゼが多く含まれ、大根やキャベツ、山芋、バナナ、生姜、パプリカなどにはでんぷんを分解するアミラーゼが含まれています。

他にも納豆や漬物、甘酒、チーズ、イチゴ、スイカ、大根、にんじんなどには脂肪を分解するリパーゼが含まれ、こうした食材を食べることで所定の酵素を効率的に補うことが可能です。

食物から酵素をきちんと摂取するのは意外と大変

普段の食事からでも酵素を補うことができるのならば、酵素水などのアイテムを利用する必要はないと感じられるかもしれません。しかしながら食事で摂取するのは簡単ではないのです。

食事で十分に補おうと思ったらバランスの良い食事を摂取することはもちろんですが、それなりの量も摂取しなければいけません。健康食への意識が高い人ならまだしも、そうではない人の場合はハードルも高くなってしまうはずです。

そもそも現代人は食生活の乱れが顕著になっていると言われているほどであり、コンビニ弁当やインスタント食品、ジャンクフードなどで食事を済ませてしまう人も少なくありません。

そんな実情がある中、酵素のために食生活を整えるのはなかなか難しいといえるでしょう。

酵素は熱に弱く調理過程で死滅してしまうことも

毎日の食事に注意することで酵素を上手に補うことは可能です。しかしながら酵素について知っておきたいことがあり、それは酵素が熱に弱いという特徴を持っている事実です。

酵素は約50℃の熱を加えることによって破壊されてしまうと言われています。つまり煮る、焼く、ゆでる、炒める、揚げるなどの調理方法ができないことを意味するのです。

こういった調理方法をせずに生の状態で摂取することで補うこともできなくはありませんが、ただ、素材の鮮度が良くないと酵素量が少ないという問題点もあります。

例えば野菜にしても時間が経って新鮮ではなくなってしまうと、酵素量も減ってしまいますので、熱を加えないようにしても酵素を十分に補えるとは限らないのです。

酵素水なら少しの量でたくさんの酵素が摂れる

手軽に酵素を補うのなら酵素水を利用するのが良いと言えるでしょう。食事からでは摂取することが難しい酵素が凝縮されていますので、簡単に補って健康や美容に役立てることができるのです。

しかも少量の摂取でも良いために毎日の負担になってしまうことがなく、気軽に継続することができます。

ただし、酵素水を利用する際には注意点もあります。酵素は熱に弱いという特徴がありますが、ところが酵素水に限らず、飲料を出荷する際には加熱処理が義務付けられているのです。酵素水によっては、肝心の酵素が破壊されてしまっている可能性も否定できません。

そのため、酵素水を選ぶ際には熱対策をしっかりとしている物を選ぶことが大切であり、どれでも良いというわけでもないのです。

まずは好みに合う酵素水を見つけて

現在では様々な酵素水が登場していますので、豊富な選択肢から選ぶことができます。ただ選択肢が多いゆえにしっかりと選ぶ姿勢を持たなければいけません。選ぶ際のポイントに、まず素材が沢山使用されている物が良いと言えます。

豊富な酵素量に期待ができ、より有用な働きをしてくれることでしょう。加熱処理への対策が万全かどうかも重要です。熱に弱い酵素ですので、しっかりと対策が行われ酵素水としての役割を果たせる物を選ぶ必要があります。

飲みやすさも着目したいポイントです。酵素水の中には特徴的な味になっている物もあり、クセがあって飲みにくく感じられることもあるのです。飲みやすい物の方が続けやすいですから、飲み比べて相性の良い物を見つけることが大切です。