酵素浴の効果と都内おすすめスポット

酵素浴は、名前の通り酵素の力を利用した新しい温浴方法です。自然界に生息する微生物から出る天然発酵熱を利用することで、リラックスしながら体の奥深くから温めることができるため注目されてきています。

天然発酵熱によって出る熱の温度については、およそ65度から80度前後です。

酵素浴っていったいどうやってやればいいの?

酸素浴をいったいどうやってやればいいのかについてですが、自宅でもできないわけではありません。酵素浴用の専用商品を購入することによって、簡単に自宅でも楽しむことが可能です。家庭用の酵素浴の商品はリキッド状または粉状になっており、通常の入浴剤と同様にお湯に混ぜて入るだけです。

お湯の温度は40度に設定します。入浴時間については、15分から長くても20分くらいで十分な効果を実感できるため人気があります。口コミでも、店舗で入浴するのとあまり変わらない効果を得ることができるというレビューがあります。

ただ、より深く効果を実感したいのであれば酵素浴を提供している店舗のサービスを利用する方法が最も確実といえるでしょう。

おがくずや米ぬかの中に入る新しい温泉療法

酵素浴では、おがくずや米ぬかの中に入ります。おがくずは針葉樹の樹が主に使用されており、香りを楽しみながらリラックスして温浴することが可能です。米ぬかは、おがくずに比べて酵素を入れたときの温度が上がりやすいという性質があります。そのため、酵素の力をいかんなく発揮することができます。

どちらが優れているのかについては、一概に言えません。酵素浴を提供している店舗はそれぞれこだわりを持って選び、利用者にとって最大限の効果が引き出せるように取り組んでいます。

どちらも病原菌については発生しないようにきちんと衛生面で気を配っていることもポイントといえるでしょう。また、手入れについてもきちんと行っています。特に米ぬかの酵素浴の場合、毎日の手入れがとても重要となります。

20分で2時間のジョギングと同等の汗が出る

酵素浴を利用するメリットとしては、身体の奥深くから温めることによって発汗を促します。汗を流すことによって老廃物を一緒に出すことができ、そして発汗に伴って血のめぐりを良くすることが可能です。

一度に入浴する目安となる15分から20分ほどの時間入浴することによって、2時間のジョギングと同じような汗が出ます。サウナに入っても汗は流れ出てきますが、酵素浴を利用するメリットとしてはサウナと比較して心臓にかかる負担を減らしながら汗を流すことが可能なことです。

酵素浴は安全性と効果が両立していることがデータから実証されているため、男女問わず近年においては新しい温泉療法として主要都市に導入され、注目されてきています。

じんわり内側から温まって代謝アップ

酵素浴で使用されるおがくずや米ぬかから出る天然発酵熱は、温度としては60度から80度くらいとなっています。体感温度については、40度くらいでありそこまで熱いという感じはしません。じっくりとおがくずや米ぬかの中に浸ることで新陳代謝がアップする効果を見込めます。

そのため、美容目的で利用するのにとても適しているといえます。入浴方法としては、一度裸になったあとにバスローブなどを身に着けたうえで入浴します。直接天然発酵熱が身体に伝わって芯から温めます。

ただ、どうしても抵抗があるというときにはスタッフに告げることで下着着用でも入浴することも可能です。その場合は、着替え用の下着を持参しておくようにしましょう。

東京近郊には酵素浴できるスポットがある

東京都内や東京近郊には酵素浴ができるスポットが複数あります。まだ数についてはそこまで多いというわけではありませんが、徐々に店舗の数や経営している企業の数は増えてきている傾向がみられます。

利用するにあたって用意するものについては、必要が無い場合が多いです。手ぶらでも利用することが可能な店舗はあります。ただ、着替えのための下着などはできれば用意しておくと良いでしょう。

料金については少し高めの傾向があり、1回の利用で3千円から4千円くらいまでかかることが多いといわれています。そのため、毎日利用することはなかなか難しいです。

それでも、ちょっとした贅沢気分を味わうのであれば都内や東京近郊で酵素浴できるスポットを利用する方法は適しているといえるでしょう。

男女問わず入浴可能!板橋区にある庵

板橋区の上板橋にある「庵」は男女問わず入浴することができるため、気軽に利用することが可能です。利用するにあたっては、予約制となっており事前に電話で申し込むことで利用できます。

ただ、営業時間については18時までで17時30分が最終受付となります。昼間のみの営業となっており、会社帰りなどで利用するにはやや厳しい面もあるのでその点は留意します。

休日などで買い物をするついでに寄るようにすると良いでしょう。店舗周辺は下町の雰囲気をどこか残しており、懐かしい気分になりながら入浴することが可能です。庵で使用している酵素は、ヒノキを利用しています。

小楠式酵素風呂と呼ばれる、新式の酵素浴を導入しており美容面や健康面で効果を引き出しやすいことが魅力です。

プライベート空間でゆったり江東区のエンザイム・スパ・パナシア

東京都江東区南砂にある「エンザイム・スパ・パナシア」は、プライベート空間を提供していることが特徴です。そのため、ゆったりとした気分で酵素浴を楽しむことができます。こちらも男女問わず利用することが可能です。

使用している酵素については、国産ひのきパウダーと米ぬかの両方を使用しています。さらに、多くのハーブ等から抽出した酵素液を加え発酵させた50度から70度ほどの天然発酵熱により身体を芯から温めるという仕組みです。

多種類の菌が次々に発酵を繰り返すという点もポイントです。さらに、ヒノキには強い殺菌作用があるため衛生面でも安心して利用することが可能です。自己免疫力を上げたり、自己修復で傷などを治す目的でも利用できます。

マッサージやキャビテーションも受けられる南蒲田のサロンリノ

南蒲田で営業していた「サロンリノ」は、2016年1月に大森北に移転してリニューアルオープンしました。サロンリノの特徴としては、4週間ごとに新しい酵素風呂に作り替えているという点にあります。

京都産の最高品質のヒノキにこだわっていることが特徴であり、毎日酵素菌を追加したうえで手入れを重ねているため継続的に利用することで身体を美しくすることが可能です。

浸かっている部分では皮膚呼吸をしています。酵素の成分が直に身体に伝わることで、老廃物を汗とともに出してリラックスしながら酵素浴を楽しむことができます。アンチエイジング効果も見込めることが大きな魅力です。

そのほか、サロンリノでは酵素風呂とマッサージやキャビテーションを組み合わせたメニューを提供しておりこちらも人気です。

首都圏近郊に5店舗展開女性専用のラニ・オラ

女性専用で酸素浴を楽しみたいのであれば「ラニ・オラ」がおすすめです。ラニ・オラは目黒区や横浜など首都圏及びその近郊に5店舗展開しています。素の自分に戻れる場所を提供することをコンセプトに営業を行っており、スタッフが行う色々なサービスについても定評があります。

使っている酵素はヒノキのおがくずを使用しています。その理由としては、ヒノキのほうが香りが圧倒的に良いといわれているためです。ひのきが発している香りは脳波をアルファー波にすることによって、リラックス効果を高めてくれる働きが科学的なデータとして存在しています。

デトックス・ダイエット・美容目的のほか免疫力を引き上げてくれることも人気の理由といえるでしょう。

自然由来のもののみで営業!おがくず酵素浴さくら

「おがくず酸素浴さくら」は、北海道の札幌市や千歳市などで6店舗展開している酵素浴を提供しているサロンです。おがくず酵素浴さくらでは、針葉樹のオガクズを使用しており発熱性微生物と植物エキス醗酵液によって醗酵させた酵素浴を提供しています。

自然由来のもののみを使用しているため、酵素の力をしっかり体感することが可能です。温度については60°Cから70℃ほどの温度を保っています。体感温度は40℃前後ですので、じんわりとした熱によって体をしっかりと温めます。

もちろん大腸菌・レジオネラ属菌などの病原菌は存在していませんので安心です。疲労回復や美肌効果が得られやすく、北海道地域では酵素浴の専門店として幅広い世代から注目されています。