野菜ジュースも青汁も体にいいことばかりの飲み物

野菜不足やビタミンの補給などには野菜ジュースや青汁が手軽です。野菜ジュースと青汁、それぞれにメリットとデメリットがあります。

栄養綿や飲みやすさなど違いを比べながらそのメリットについて紹介していきます。

青汁は野菜ジュースの一カテゴリー

青汁というと、「健康食品」「まずい」「苦い」「においが独特」などのイメージがありますが、野菜を絞って作られるため、野菜ジュースと同じカテゴリーです。また、粉末で販売されていることが多いので野菜ジュースには思えないかもしれません。

もちろん、缶入りの青汁も販売されています。最近の青汁は、飲みやすさを重視しているので、独特の味がそれほどしない商品もあります。フルーツを使用したものも多いです。このように、見方を少し変えてみると、青汁も野菜ジュースなんだと思えるのではないでしょうか。

野菜ジュースも青汁も、「野菜を食べていないな」「ビタミン摂取できれいになりたい」というときに簡単に飲めて、手軽で便利です。

青汁は栄養価の高さに特化している

青汁も野菜ジュースも、同じ野菜ジュースというカテゴリーではありますが、青汁は栄養価の高さが際立っています。それは原材料が野菜ジュースとは違うからです。青汁の原材料は、「ケール」「大麦若葉」「明日葉」がメジャーで、これらの植物はとても栄養価が高いことで知られています。

ただ、栄養価が高い分、味は独特で飲みづらさを感じるかもしれません。青汁はすべて同じ栄養バランスではなく、原材料によって特徴があります。ケールは葉酸が多く全体のバランスが取れています。大麦若葉は酵素をふくみ、メリットは美容やアンチエイジングです。

明日葉はビタミンB群が多く、健康に特化してると言われています。栄養価が高いことが特徴ですが、バランスや味の違いなどで選ぶことができます。

飲みやすさは断然野菜ジュース

青汁は栄養も高く、健康に良いのはわかっていても、気になるのは飲みやすさです。独特の苦さやにおいを感じることもあります。しかし、野菜ジュースの場合、野菜だけでも飲みやすくなるようなバランスにしたり、フルーツを入れて甘さを追加して飲みやすくしたりと、飲みやすさが一番のポイントです。

フルーツジュースの様に飲めるというイメージをもっている人は多いのではないでしょうか。青汁でもフルーツを使用して飲みやすくしている商品もあります。

どうしても野菜が苦手という人や、味やにおいに慣れないという場合は、青汁よりも野菜ジュースの方が続けられるかもしれません。砂糖や果物が多いものは糖分が多くなるので、そこに注意が必要です。

野菜ジュースは繊維質のものを取り除いていることが多い

市販の野菜ジュースは、フルーツを使用しているものが多く、飲みやすいのがメリットです。しかし、野菜の摂取で重要な食物繊維を取り除いている可能性があります。それは、口当たりを良くするためという理由です。

野菜を絞ったままでは、繊維質が残ってしまいます。この繊維質は不溶性食物繊維というもので、便秘の解消などに役立ちます。まったく食物繊維が入っていないわけではなく、水溶性食物繊維が含まれています。

水溶性食物繊維も健康や美容にメリットがありますが、野菜をすべて取り入れたい場合は、野菜の粒が残ったタイプの野菜ジュースなどが良いでしょう。青汁は、絞ったジュースをそのまま使用した商品が多く、粉末にするため粉っぽさも出てしまうことがあります。

野菜ジュースを飲みすぎると糖質の取り過ぎに

飲みやすさがうれしい野菜ジュースですが、砂糖など甘さが追加されているため飲みやすくなっているのです。そのため、野菜ジュースを飲みすぎることは糖質の摂りすぎにつながってしまいます。

糖質を摂りすぎると糖尿病などの心配がありますが、野菜ジュースだけ飲んでいて病気になることはないでしょう。普段の食事の量も多く、野菜ジュースも多く摂取している場合は糖質の摂りすぎと言えるかもしれません。

砂糖が入っていない野菜ジュースでも、フルーツが使われていれば糖質の摂取となります。ダイエットのために野菜ジュースを飲むのであれば、野菜の他に使われているフルーツや糖分、糖質の量をチェックしてなるべく糖質が少ない物を選んだ方が良いです。

ビタミンB郡を摂りたいのであれば青汁を飲もう

健康や美容のために野菜ジュースを飲む場合、ビタミンの量が問題になります。野菜ジュースは加熱処理をするものが多く、熱によってビタミンが壊れてしまっていることがあるのです。特にビタミンB群を摂取する目的があるなら、青汁の方が効率が良いです。

それは、青汁に使用される原材料はビタミンB群が多く含まれているからです。特にケールにはビタミンB群の一つである葉酸が多く含まれています。青汁も加熱処理をしているものがありますが、中には非加熱や低温処理で失われるビタミンを少なくしている商品もあります。

もちろん飲み方も注意が必要で、非加熱や低温処理の青汁は冷水などで割って飲むことで酵素やビタミンが失われません。ビタミンB群を摂取したいなら、青汁が良いでしょう。

青汁にはさまざまなタイプがあって持ち運びしやすい

青汁はどこにいても飲めるというメリットがあります。市販されている野菜ジュースを購入すれば飲めますが、青汁はタイプが多く持ち運ぶこともできるのです。
一般的なのは粉末タイプです。

スティックタイプがあるので容器と水があれば仕事の休憩時間に飲むこともできます。さらにもっと簡単なのが、錠剤です。水さえあればどこでも飲むことができます。旅行に行った時もかさばらずに楽に持っていくことができ便利です。

この錠剤は、青汁が苦手という人にも便利です。ニオイや味を感じることなく飲むことができるからです。青汁は栄養価が高い飲み物で、続けていくことで健康に役立っていきます、継続するにはどこでも飲めるというのがポイントの一つなのです。

割る前提なのでさまざまな飲み物に溶かすこともできる

青汁は、錠剤タイプもありますが、多くは粉末や顆粒になっていて溶かして飲みます。基本は水に溶かして飲みますが、その他の飲み物にも溶かすことができます。水以外では牛乳です。牛乳に溶かすことでマイルドな味で飲みやすくなります。

また、豆乳で割って、タンパク質も同時に摂取することもできます。甘味やにおいが気になるようであれば、野菜ジュースで割る方法もあり、果物を使った野菜ジュースなら青臭さが減るので飲みやすくなります。

飲み物で割る以外にもヨーグルトに混ぜたり、水で割ったものにレモンなどの果汁を追加したりすることでも青汁が食べやすく、飲みやすくなります。バナナなどと一緒に自家製のミックスジュースにするなど、アレンジができるのが粉末の青汁の特徴です。

野菜ジュースには保存料が添加されていることも

野菜を摂ることが健康に良くても、加工された物には保存料などの添加物が入っていることがあります。保存料などの添加物の中には健康に良いとは言えないものも多いです。もちろん野菜ジュースだけではなく青汁にも保存料などの添加物が入っているものがあります。

とくに野菜ジュースは飲みやすさを重視しているので、においをつけたり、色をつけたり、添加物を使用していることがあるのです。長期間、品質を維持して販売する必要もあるので、保存料も必要になります。

今販売されている青汁には、無添加の商品も存在します。オーガニックの原材料にするなど、健康にために余計な物はなるべく使用しないというものが人気です。有名な青汁だからと保存料を使用していないわけではないので、購入前に確認が必要です。

ダイエット目的なら青汁を飲もう

野菜中心の食生活でダイエットと考えているなら、野菜ジュースよりも青汁を飲んだ方が栄養のバランスがとれるでしょう。野菜ジュースはフルーツや甘味料を加えているので、糖質が多い場合があります。

青汁にもフルーツを使用して飲みやすくしたものがありますが、それが気になるなら青汁の錠剤を使用するのもおすすめです。野菜ジュースと比べて青汁の方が食物繊維を多くとれるので、お腹の調子を整え、ダイエットしやすくなるでしょう。

腸内環境を整えることは、肌に状態も良くなります。また、水などの飲み物で割って飲むと、おなかが満たされるので食べすぎを防ぐことができます。青汁入りのミックスジュースなどにすれば健康的に食べる量を減らすこともできます。

ダイエットをするなら栄養面で優れている青汁がおすすめです。