雑炊で置き換えて美味しくストレスフリーなダイエットをしよう!

雑炊で美味しくダイエットに取り組むことで、白米を一切食べないようなストレスもないです。加える食材は割と自由であり、野菜をもキノコも豆腐なども食べることができます。温かいのでゆっくり食べられますし、雑炊ならばお腹に溜まります。

雑炊ダイエットって何?

雑炊ダイエットとは食事を雑炊にするやり方であり、1日のうちのどの食事を置き換えても大丈夫です。置き換えダイエットには種類がありますが、雑炊だと噛むこともできますし、お腹への満腹感も感じやすいので、空腹間でストレスを感じることも方法になります。

雑炊ダイエットはしっかりと食べる方法なので、急激に体重が減ることはないですが、ゆっくりと体重を落とすことができるだけに、その後のリバウンドを気にすることもない方法です。

ハードな運動をするわけでもなく、きつい食事制限を求められる方法でもないので、日本人が大好きな白米を雑炊にして食べられる方法は、ダイエットのストレスもないです。ドリンクの置き換えのみたいに、空腹感もないのが続けやすいコツです。

雑炊のカロリーってどれくらい?

雑炊のカロリーは白米で仕上げる場合、1人分だと250kcalほどです。ここにいろいろなトッピングや、調味料が加わると、その分だけカロリーは増えます。カロリー過剰になるのは避けますが、食物繊維の多い食材は、排せつを促しますので、加えたほうが好ましいです。

雑炊としてダイエットを邪魔しない食材を、料理を作るときに一緒に入れることです。新鮮な健康に良い食材は、その多くがローカロリーで食物繊維も多く、ビタミンや酵素もいっぱいです。

雑炊には野菜やキノコなどをたくさん入れて、白米はその分少なくしても大丈夫です。味付けにはできるだけ化学調味料は使わないで、塩や砂糖も控えめにして、自然な味わいを大切にすると、低カロリーな雑炊ができます。

雑炊ダイエットに期待できる効果

雑炊ダイエットに期待できる効果は、緩やかな体重の減少効果であり、豊富な水分を含む食べ方なので、食べる量も少なくて済みます。温かい状態で食べるのが雑炊なので、冷たいもののような胃腸への負担もないです。雑炊を食べることで体温も上がりますので、自然と免疫力も高くなります。

体がポカポカとあたたかくなると、血行も良くなり、それはダイエットで求められる、脂肪燃焼効果にもつながります。白米に野菜にキノコなどいろいろな食材が使われることで、腸の蠕動運動も活発となるので、便通も良くなります。

雑炊ダイエットは決まりきったレシピではないので、材料や味わいのアレンジも豊かです。味わいの工夫もできる雑炊ダイエットなので、飽きないで継続ができます。

雑炊ダイエットの正しいやり方

雑炊ダイエットの正しいやり方は、1日の食事のなかで、1回から2回の食事を、雑炊に置き換える方法です。早く結果を求めるならば、夕食を雑炊に置き換えるようにします。雑炊は白米がメインではありますが、白米は控えめにして、たくさんの野菜やキノコを入れることで、炭水化物の量を減らすことができます。

ダイエットでは野菜やミネラルが不足をしやすいですが、雑炊に豊富なキノコや野菜が合いることで、それらの栄養不足は回避をできます。雑炊を作るときの総合的なカロリーとしては、大体1回の雑炊は300kcalから400kcalです。白米の食事は大体600kcalなので、食事のトータルカロリーを減らすことができて、ゆっくりと体重も減っていきます。

成功させるためのポイント

雑炊ダイエットを成功させるためのポイントとして、雑炊への置き換えは夕食が効率的です。できるだけ出来上がった時の、暑い状態で食べるようにしたいのは、時間をかけて食べることができるからです。冷えてしまうとすぐに食べることができますが、その分だけ早食いをしやすくなります。

雑炊は白米で作りますが、白米の配合量は控えめにします。その分だけローカロリーな食材を加えて、かさ増しをすることです。キノコや豆腐、野菜やおからなどを加えて、低カロリー食材で雑炊は仕上げます。雑炊には白米だけを使うのではなく、たまには玄米を使い雑炊を仕上げてみるのもひとつです。玄米には豊富なビタミンBが含まれますし、食物繊維にミネラルも多いためです。

晩御飯の代わりに雑炊を食べよう

晩御飯の代わりに雑炊を食べるのがよいのは、晩御飯のカロリーを減らすことができるからです。夕食は1日の食事の中でも、メインで食べる食事の献立の時間です。白米など炭水化物を一切食べないのは、昔から白米を主食としてきた日本人にとってみれば、かなりハードなダイエットのストレスになります。

でも雑炊であれば炭水化物を食べることができますし、水分で膨れているので、その分カロリーが低くなります。水分のおかげでおなかが膨れるのに、雑炊であればカロリーもそれだけ低くなりますので、ダイエットには最適になります。

夜はお風呂に入って眠るだけですので、しっかりと白米や麺類を食べる必要はなく、雑炊で低カロリーな食事を食べたほうが、ダイエットには良い食事になります。

寒天を加えて満足感アップ

寒天を加えて満足感アップできるのは、雑炊ダイエットを成功させるアイデアのひとつです。寒天は食べると腹持ちが良いのに、カロリーは気にしなくても良い食材であり、雑炊に入れるとかさ増しができます。

寒天はダイエットにも大変諜報をする食材であり、食物繊維が主成分であり、そのため脂質もカロリーも、数字はほぼゼロに近いものです。寒天には食物繊維が多いですが、水溶性食物繊維と使用性食物繊維の、両方を兼ね備えています。

水分を一緒に飲むことで、寒天自体は水分吸収をする特徴があるので、お腹の中で寒天は膨れて、その分だけ満腹感を感じるので、雑炊だけよりもはるかにお腹が満たされる食べ方です。寒天だけの持つ特権でもある、アガロペクチンの栄養素も役立ちます。

低カロリーのこんにゃくを入れるのもあり

低カロリーのこんにゃくを入れるのもありですが、これはかなりおすすめできる食べ方です。雑炊は白米が水分を含んで膨張をするので、不通に白米を食べるより、低カロリーでおなかが満たされます。さらにこんにゃくを入れると、その分だけカロリーが下がりますし、こんにゃくは噛み応えがあるので、咀嚼により満足感が高まります。

こんにゃくの素敵なところはローカロリーに加えて、グルコマンナンの満腹効果があることです。水と組み合わせることでグルコマンナンは、お腹の中でねばりが出てきて、それは食べてからの腹持ちがかなり良くなるということです。こんにゃくは食物繊維も多いので、便通が良くなりますし、水分をたくさん飲みが柄、こんにゃく入りの雑炊は食べるようにします。

雑炊ダイエットをする際の注意点

雑炊ダイエットをする際の注意点として、味付けに関しては気を付けて仕上げます。いろいろなアレンジができる雑炊ダイエットですが、求めるとこはやはり、おいしさというのが人間です。美味しいというのはつまり、味付けが濃いということでもあり、気が付いたら調味料を過剰に入れているということがあります。

塩や砂糖に化学調味料を多く入れてしまうと、おいしいですがカロリーが多くなります。塩分をたくさん入れてしまうと、体内では塩分の過剰摂取で健康を乱すことありますので、味付けには要注意です。

味付けは自然の風味を利用すると、濃い味付けを避けることができます。天然の昆布やキノコ、にぼしなどでだしを取ると、それだけでも良い味わいですし、ネギやショウガなど薬味を利用することです。

雑炊のおすすめレシピご紹介

雑炊のおすすめレシピご紹介として、豆腐を加える雑炊はお腹の満腹感を増量させてくれます。豆腐雑炊は満腹感を得られますし、豆腐を入れることでたんぱく質も摂取ができます。卵もプラスすれば、栄養価はさらにアップの豆腐雑炊です。

大豆イソフラボンと発酵食品の納豆を、雑炊にトッピングするレシピもあります。納豆は1パックをしっかりと使い、昆布だしで昆布も細かくして一緒に食べることができますので、ミネラルも摂取ができます。

クリーミーな味わいなのは、豆乳雑炊のレシピです、豆乳に鶏がらスープ、ごま油を少し加えて、白ゴマや卵もトッピングをします。スパイシーに仕上げるならば、カレー雑炊であり、キノコは好きなだけ入れてしまいます。