青汁でコレステロール対策をしよう

生活習慣は脳梗塞や心筋梗塞といった命に係わる重大な病気を発症する恐れがありますので、まずは予防することが大切になります。

その為にはコレステロール対策も欠かすことのできないのですが、コレステロール対策としては青汁が非常に適しています。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールとは?

コレステロールと一言で言っても、その種類は悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2種類があり、それぞれが異なる働きをしています。

よく健康診断などでは総コレステロールに加えてLDLコレステロールとHDLコレステロールの2つの数値がありますが、LDLコレステロールが悪玉コレステロールでHDLコレステロールが善玉コレステロールと呼ばれるものです。そしてこの2つのコレステロール値の合計が総コレステロールと呼ばれる値です。

同じコレステロールの名前を持つ悪玉と善玉ですが、その働きは全くの別物で悪玉は肝臓に蓄積されたコレステロールを体の様々な場所に運んでいきますが、善玉は血管壁に溜まったコレステロールを肝臓へと運ぶ働きをします。

この2つはどちらも生きていく上では欠かすことのできないものですが、そのバランスが崩れで悪玉コレステロールが増加してしまうと動脈硬化が進行して、最終的には心筋梗塞や脳梗塞といった病気を発症する恐れがあります。

その為、悪玉コレステロールはあまり増えないようにして、善玉コレステロールだけを増やすことが健康な体作りには欠かせないという事です。

いつもの食生活でコレステロール値を低下させるのは大変

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの量に最も強く影響を及ぼしているのは普段の食生活です。その為、悪玉コレステロールの数値が高い方は普段の食生活を改めなければ改善することは難しいです。

しかし、普段の食生活というものは中々改善することは難しく、何か一つの食材だけを取り入れるだけでは不十分で、食生活全体を見直さなければ改善できないことがほとんどです。

例えば肉料理や揚げ物が好きで、あまり野菜を食べないような方の場合には、好物の肉料理や揚げ物を控えて、積極的に緑黄色野菜を取り入れる必要があります。簡単に言うを好きなものを控えて、嫌いなものばかりを食べなければならないという事です。

そして、それは一時的なものであれば無理をしてでも行うことができますが、この先も一生涯にわたり続けていく必要があるとあれば、尚更難しいものです。

青汁はコレステロール値を低下させるのに最適

コレステロールを低下させるためには、肉料理や揚げ物といった脂っこい食事を控えて、ビタミンやミネラル、さらには食物繊維などが豊富な緑黄色野菜を中心とした食生活をしなければなりません。

これは、もともと野菜が好きな方であれば問題ないのですが、肉料理などが好きな方であれば毎日の食生活で好きなものを制限して、嫌いなものを中心に食べるというのは中々難しいものがあります。

そんなときには青汁がコレステロールを低下させる為には最適な健康飲料になります。と言うのも、青汁には数多くの野菜が含まれていますのでビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で1日1杯の青汁だけでも1日に必要な栄養素の摂取ができるものもあります。

その為、無理な食事の改善をする必要はなく、いつも通りの食生活を送りながら、それに青汁を加えるだけでバランスの取れた栄養補給が可能になります。

青汁で摂れるコレステロール値を低下させる成分

青汁には数多くの野菜が含まれていますので、当然栄養価も非常に高いものとなっています。では青汁に含まれる成分の中で何がコレステロールの値を低下させることができるのでしょうか見ていきましょう。

まずはビタミンCですが、これはコレステロールを胆汁酸に変化させて体外へと排出させる効果があります。逆にビタミンCが不足していると血液中にコレステロールが溜まってしまいます。

次にビタミンEですが、そもそもコレステロールは体内に発生する活性酸素の影響によって過酸化脂質へと変化して、その過酸化脂質が血管壁に付着してしまいます。ビタミンEは過酸化脂質に変化したコレステロールを分解する働きがありますので、血液の流れをスムーズにすることができます。

このほかにもビタミンB群や食物繊維などもコレステロールを低下させる成分として青汁には含まれていますので、効率よくコレステロール値を低下させることができます。

青汁を普段の食生活に上手に取り入れよう

青汁は朝食代わりにそれだけを飲んだり、お茶を飲む感覚で飲むだけでももちろん良いのですが、やはり毎日飲み続けるとなると飽きてきたり、そもそもが苦手な方にはなかなか毎日飲み続けることは難しいです。

そんなときには普段の食生活に工夫して取り入れることで苦手な方でも毎日とり続けることができるようになります。例えば粉末の青汁であれば小麦粉と水、卵などと混ぜて蒸せば簡単に青汁入りの蒸しパンを作る事ができます。

もしくは市販のホットケーキミックスを買ってきて、それに青汁の粉末を混ぜて焼くだけで青汁入りのホットケーキを作る事もできます。それらにフルーツやチョコレートなどをトッピングしてしまえば青汁の苦みを消すこともできます。

甘いものが苦手な方の場合には、ポタージュスープなどに混ぜて飲んでも手軽に作れて、日によって味にも変化がつけられるようになりますので、飽きてしまう事を防ぐことができるようになります。

青汁の1日の摂取量はどれくらい?

青汁は毎日飲み続けることが大切ですが、では1日にどのぐらいの量を摂取すればよいのでしょうか見ていきましょう。青汁の1日の摂取量ですが、これはメーカによって異なりますが、大体1日に1包から2包程度を飲むのが適量とされています。

そして、1包に対して約100mlから200ml程度の水に溶かして飲むことになりますので、適量としてはコップ1杯からコップ2杯程度の量が適量となります。

万が一飲みすぎてしまった場合ですが、基本的には野菜をたくさん食べるのと同じですので、それほど重大な影響はありませんが、それでも食物繊維が豊富なものが多いので場合によっては便秘などの症状を引き起こす可能性があります。

またたくさん飲めばより健康になるという事もありませんので、自信が購入したメーカーが推奨している量を守って摂取するようにしてください。

青汁は体の中でどう働いているのか?

青汁は何となく健康に良いという事は知っているが、具体的にどのような働きをしているのかはわからないという方は多いのではないでしょうか。そもそも青汁の主成分はケールや大麦若葉、明日葉が多いので食物繊維やβカロテン、各種ビタミン、葉酸、鉄分、亜鉛、カリウムなどが豊富に含まれています。

その為、体の中でも、まず食物繊維が体内に溜まった老廃物を輩出してくれたり、摂取しすぎた脂質なども体外へと排出する働きがあります。また、青汁に豊富やビタミンやミネラルは人間が生きていく上で欠かすことのできない必須栄養素ですので、不足してしまうと様々な健康被害を引き起こしてしまいます。

ですので、青汁を体の中に取り込むことで、人間の体の隅々まで健康的な状態に促してくれます。

青汁がもたらしてくれる体の変化

青汁が体の中で様々な働きをしてくれて、健康的な体作りを促してくれることは分かりましたが、やはり飲み続ける事で自分自身が変化を実感しなくては、中々毎日飲み続けることは難しいでしょう。

では青汁を飲み続けることで、どのような変化が身体に現れるのか見ていきましょう。まず、風邪をひいたり疲れやすかった体が変化して、体調を崩すことが少なくなったり、以前よりも疲れにくくなるといった変化が起こります。

また食物繊維なども豊富ですので、腸内環境が整いますので便秘なども解消されるようになります。さらにはダイエット効果や美肌になるといった変化も期待することができます。

青汁はとにかく体の健康状態を総合的に高めてくれますので疲れにくくなったり、痩せやすくなる、さらには肌トラブルの解消や、中には薄毛が解消したといった目に見える変化をする方が多いのも青汁の特徴となっています。

コレステロール値が高い人向けの青汁の飲み方

青汁は体の隅々まで健康的な体作りを促してくれますので、当然のことながら高すぎるコレステロール値も低下させることができます。死してただ青汁を飲み続けるだけでもコレステロール値を低下させることはできますが、少しの工夫により効果的にコレステロール値を低下させることができるようになります。

まず普通に青汁を摂取するのであればタイミングを選ぶことでコレステロール値を低下させることができます。効果的なタイミングとしては食事と一緒に飲むか、もしくは食前に飲むことが良いでしょう。

また、水以外の飲み物で割る事でもコレステロール値を効率よく低下させることができます。例えば豆乳で割る事で大豆製品に含まれる栄養素もコレステロール値を低下させてくれますので、相乗効果でより一層高い効果が期待できます。

このほかにも野菜ジュースや緑茶で割ったり、低脂肪のヨーグルトに混ぜて摂取するのも水で割るよりコレステロール値の低下には効果があります。

コレステロール値が気になっている方へおススメの青汁

青汁と一言で言っても、数多くのメーカーが発売をしていますので、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。そこで、ここではコレステロール値が気になっている方におススメの青汁をご紹介していきます。

まずは大正製薬が発売している「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁」です。これはコレステロールの吸収を抑えるキトサンを配合している青汁で、悪玉コレステロールの増加を防いでくれる特定保健用食品で、いわゆるトクホと呼ばれる製品になります。

次にサントリーが発売している「極の青汁」ですが、これはコレステロール値を低下させる働きを持つ大麦若葉と緑茶を配合していて、さらにはサントリーが開発した「ケセルチンプラス」を呼ばれる成分を配合していて、その成分が健康成分で知られるポリフェノールの吸収率を高めてくれます。

この他にも青汁は様々なメーカーから発売されていますので、自分が毎日飲み続けても苦にならない青汁を探して飲むようにしてください。