青汁で手軽に血糖値を下げられる理由や選び方について

青汁は健康食品として有名で、色々な栄養素が含まれていたり、食物繊維も豊富に含まれているものです。それに加えて、青汁は血糖値を下げる効果もあります。

現代人の偏った食生活を改善するためにも活用できる食品なのです。

血糖値が高いってどういう状態を指すのでしょう

血糖値は血圧と同じように、血液の状態を測る指標として重要な要素です。一般的に、血糖値が高いと良くないことは聞きます。では、血糖値はなぜ高いといけないのでしょうか。通常、血液内にはブドウ糖と言われる物質が流れています。

このブドウ糖を利用して、活動に必要なエネルギーを各細胞が取得しています。ですから、ブドウ糖は血液には必要な物質なのです。血糖値が高いということは、このブドウ糖の量が多いということです。

ブドウ糖自身には何ら体に悪影響を及ぼすものはありませんが、多すぎるブドウ糖を代謝するために、違う物質が生まれてしまいます。この物質が体に悪影響を及ぼすので、高血糖であることは不健康だと言われるのです。

様々な症状を引き起こす高血糖

通常の場合は、ブドウ糖は果糖になり、他の物質に代謝されます。しかし、高血糖である場合は、果糖にならずに悪い物質になってしまいます。その結果、この悪い物質が他の細胞に溜まってしまい、細胞を傷つけてしまいます。

こうなってしまうと人間の体に悪影響を及ぼしてしまいます。細胞は傷つけられても修復する作用があります。しかし、修復する際に、前よりも厚くなってしまうことがあります。そのことから、もし血管が厚くなってしまうと問題が起きて今います。

血管を通る道が狭くなってしまうため、血管が詰まりやすくなるのです。血管が詰まることによる症状は、動脈硬化につながってしまいます。このように、血管の疾患が出てしまうので注意しなければいけないのです。

青汁は手軽に血糖値を下げたいときにおすすめ

血糖値を気にすると、食べたいものが食べられなかったり、普段の生活に支障が出てしまいます。急に食生活を変えることも現実的ではありません。そこで、補助食品として青汁を試してみてはいかがでしょうか。

青汁では、今での食生活を変えることなく血糖値を下げる効果があります。このように、補助食品で血糖値を下げることができれば、無駄なストレスを抱えることなく健康な体を維持することができます。

ただし、今の食生活があまりにもひどい場合は、まずは普通の食生活に改善することが最優先です。青汁はあくまでも補助的な役割であって、劇薬ではないからです。まずは、食生活を正しくしつつ、そのサポート役として青汁を試してみるといいでしょう。

青汁で血糖値を下げることができる理由

青汁には色々な栄養素が含まれていますが、この中で特に血糖値を下げることに有効なのが、食物繊維と酵素です。まずは、食物繊維ですが、食物繊維には、水溶性の性質があります。体内に入り、水と合わさって膨張していきます。

そして、流れてい行く際に、余分な糖質もまとめて流してくれるのです。これにより、糖質が体内に残ることなく排出されるので、血糖値を下げることができます。また、酵素は各内臓を活発にする作用があります。

この作用により、体内の糖質がよく消化されるので、糖質が体内に残ることはないので、血糖値を下げることができます。このように、青汁には血糖値を下げる効果がありますので、糖質が気になる方は青汁で血糖値を下げましょう。

青汁の血糖値上昇を防ぐ働き

血糖値が上昇する仕組みは、体内に入っている糖質が消化または吸収されることなく、体内に残り、それが血液に大量に入ってしまうことで発生します。つまり、血液に入る前に、消化されたり吸収されると血糖値が上昇しないと言うことになります。

青汁では、食物繊維により他の物質と一緒に消化する働きがあり、また、酵素の働きにより、臓器の活動を活発にさせるほか、体を温める効果もあります。体を温めるということは、それだけのエネルギーを消費すると言うことになりますので、糖質の吸収もされることになります。

糖質は不要な物質ではなく、筋肉を動かすエネルギーなので、代謝により糖質も吸収されることになります。ですから、青汁は血糖値上昇に大きな働きかけをもたらしているのです。

血糖値を改善させる青汁の飲み方

血糖値は食事をした後に上昇します。それは、食事により多くの糖質を体内に取り込むからです。そのとき、一時的に血糖値が急上昇する傾向があります。ですから、血糖値を下げるためには、食後に青汁を飲むことが望ましいのです。

一日に三食食事をするならば、青汁も三回飲まなくてはいけないのかというと、そうではありません。青汁は一日一回でいいのです。そのため、どの食事をメインにしているかによって変わってきます。

朝から多く食べる人はあまりいないですが、昼を多く食べ、夕食は軽めに済ます人はいます。一番多くとる食事で糖質も多く摂りますので、メインの食事の後に青汁を飲むようにするといいでしょう。そうすると、体内の糖質を効率よく調整することができます。

青汁は血糖値を改善させる特効薬?

青汁は確かに血糖値を下げることができることで、特効薬のような効果が期待できます。実施に、青汁の作用により、血糖値の上昇を防ぐことはできます。ただし、青汁を飲むからといって、毎日ひどい食生活をしていてもいいというわけではありません。

血糖値に限っては青汁で対処できるかもしれませんが、その他の脂肪やカロリーについてはどうしようもないからです。ですから、青汁を飲むと同時に、正しい食生活に改めなければ決して健康な体は手に入れることができないということです。

そういう意味では、青汁は血糖値を改善させる特効薬にはなりうるけれども、健康な体を作るための万能薬とはならないということです。このあたりを頭に入れて、健康について向かってみましょう。

GI値ってなんだろう?青汁のGI値は?

GI値とは、その食品を摂取すると、どのくらい血糖値が上がるのかという指標です。GI値が高ければ高いほど血糖値が上がりやすくなるので、血糖値に注意している方はこの指標を参考にしなければいけません。

GI値はブドウ糖を摂取した場合を100として基準に添えています。たとえば白米であれば81です。同じコメでも、玄米では55と少なめです。このように、血糖値を気にしている方は、GI値を基準に食事をしてもいいのではないでしょうか。

では、青汁のGI値はいくらなのでしょうか。青汁は基本的に青菜類を基に作られていますが、これらの食品はとてもGI値が低く10代から多くても20程度となっています。つまり、青汁はとてもGI値が低い食品だと言えます。

血糖値改善に効果を発揮する青汁の選び方

血糖値改善を目的として青汁を選ぶには基準としなければいけないものがあります。それは食物繊維です。ただし、食物繊維が入っていればいいというわけではありません。食物繊維には、水溶性と不溶性があります。

血糖値改善に効果的なのが、水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維が糖質を一緒にからめて流してくれるからです。そのため、飲みやすさや味だけを亜プールしている製品ではなく、食物繊維が豊富な青葉を使用している製品を選ばなければいけません。

そのような製品はあまりおいしくないかもしれませんが、血糖値改善という目的ならば、味は犠牲にしなければいけないのです。甘みなどが入っていたら、それだけで血糖値が上がってしまいますので、意味がありません。

血糖値を下げる効果のあるおすすめの青汁は?

血糖値を下げる効果のある青汁は、食物繊維が豊富な青汁ですが、ここで一つ例として紹介します。それは、「極の青汁」です。この製品では、大麦若葉を主要な原料としていますので、豊富な食物繊維を含んでいます。

さらに、ポリフェノールも配合してありますので、より消化器官の働きを良くして糖質を消化する期待がかかります。この製品はもちろん血糖値を下げることに効果がありますが、ビタミンなども含まれていますので美容にも効果があります。

青汁を選ぶ際には、一つの目的だけでなく、複数の作用をもたらす青汁を選ぶといいでしょう。それにより、そのほかのサプリメントを飲む必要はなく、青汁だけで健康な体を手に入れることができるからです。