青汁の作り方を学んで手作りしてみよう

美容のため・健康のため・ダイエットのため・アンチエイジングのためにおすすめの青汁。

大注目の健康食品のためさまざまな商品が市場に出回っていますが、作り方さえ知っていれば自分で自宅で作る事だってできます。

青汁は家で簡単に作れる

健康のためとはいえ、市販されているものの中には添加物や農薬まみれの野菜が使われている危険性はあります。自分で作るのであれば自分で素材を選んでくることができます。作ってすぐに飲むので保存料は必要なく新鮮なものが飲めます。

ミキサーやジューサーがあれば、さまざまな材料を入れて混ぜ合わせてやるだけ。意外と簡単に作れるのです。最近では農家の方の顔が見えるこだわり野菜が大型スーパーやインターネットで手軽に手に入ります。

あなただけのオリジナルの青汁を作ってみませんか。好きな野菜で作り出すことで毎日違った味を楽しむのもいいですし、あなたが飲みやすい組み合わせを研究して続けるのもいいでしょう。コストも安くてすむはずです。

食材は野菜と果物があればOK

青汁に使うのはまずはお野菜。1つ以上、緑色の野菜が入っていて緑色のドリンクになっていれば青汁という定義になるので、モロヘイヤや小松菜・水菜・サラダ菜など試してみるといいでしょう。緑色で同じように見えても、入れる野菜が違ってくると味は変わってきます。

季節ごとに旬のお野菜だと新鮮で栄養も抜群で、その上安くなるのでおすすめです。それだけではどうしても青臭くて飲みにくいというのであれば果物を加えるのもおすすめです。甘味も出てお子さんでも飲みやすくなるのではないでしょうか。

青汁イコールまずいという時代は終わりました。ストレスもダイエットの大敵。ストレスなく毎日続けられる、そんな青汁レシピこそが理想です。

ジューサーがあればそれだけで美味しい青汁の完成

自家製青汁を作るならおすすめはジューサーです。具材を入れて攪拌していきましょう。ジューサーの利点は汁と搾りかすを分けることができるということ。汁の方が青汁というわけです。手間がかからず良いのです。

作ったばかりの新鮮な青汁は酵素もビタミンCもたっぷり。手作りだからこそのものです。お野菜やフルーツの栄養成分を存分に味わいたいと言うのであればやはり手作りでしょう。最近ではさまざまなジューサーが販売されており、中には粉砕に使用する刃が切れにくいもの・洗いやすいものもあります。

スロージューサーでゆっくりと攪拌すれば、更に栄養成分が壊れにくくなります。それぞれの特性を調べて、よい道具を選んでみてください。

ミキサーの場合は青汁にするためには漉す必要がある

できるだけお金をかけたくないというのであれば、自宅にあるミキサーを使ってもいいでしょう。ただし、ミキサーの場合であれば素材のザラザラ感が残ってしまうので濾すという作業が必要となります。

ガーゼやふきんなどを使用するといいでしょう。もちろん、気にならないのであればそのまま飲んでもいいです。ミキサーも持っていないというのならすり鉢でも代用できます。とにかく材料を細かくすることができればいいのです。

すり鉢の場合にもカスを分類することなんてできないのでガーゼやふきんでの濾す作業は必要です。青汁は新鮮な出来立てこそ効果的。毎回すり鉢で作ったり濾したりしていると面倒です。継続こそがおすすめなので、思い切ってミキサーを買ったほうがよいと思います。

粉末タイプよりも青臭い手作り青汁

手作り青汁は保存料が入っていないのはメリットでありデメリットでも。新鮮なのはいいですが毎回作らなければなりません。それでおいしければいいのですが、手作りだと粉末のタイプよりも青臭いというデメリットもあります。

市場に出回っているものがどんどん進化して飲みやすく、手軽に使いやすくなっている今、わざわざジューサーを買ってきてまで手作りしなければならないのかどうか、もう一度考えてみたほうがいいのかもしれません。

定期購入のコースを選ぶようにするとかなりお安くもなります。野菜や果物をさまざま揃えてきて作るよりコストの面でも市販の青汁に軍配が上がる場合だってあるのです。定期コースとはいえ途中解約自由なところも多いです。

はちみつや果物を多く入れると飲みやすくなる

飲みにくい手作り青汁。はちみつや果物を多く入れると飲みやすくなります。とはいえ、健康やダイエットのために飲むのですから、ほどほどにしておいてください。糖質の取りすぎになってしまいます。

そういった点でも自家製青汁だと甘味料の種類が選べますし、実際に目で見て入れるので入れすぎ防止にもなるのです。市販の甘くて飲みやすいと評判の青汁、甘さの理由は何が入っているからですか。白砂糖だともってのほかです。

はちみつや果物が山ほど入っているとおいしいのは当然です。でもそんなものを毎日飲んでいては痩せられるわけはないのです。基本は緑色の野菜を粉砕したもの。それをちょっとでもストレスなく飲むために、工夫しましょう。

手作り青汁は料理にも使える

手作り青汁。実はお料理の隠し味としても使うことができるのです。こっそり入れてやれば子供でも気にせず食べることができますし、青汁の味に飽きてしまったという方にもおすすめです。

たとえば揚げ物の衣を作るときにいれてみましょう。甘くない野菜やソーセージなどを巻いて作るお料理クレープの種作りに混ぜ込んでもいいでしょう。

パスタのソースとして・サラダのドレッシングとして・野菜スープに混ぜたりといろんなアレンジ方法があります。インターネットで調べてみてもいいでしょう。おいしくいただくことができるだけでなく、その緑の色味でお料理がおいしく見える効果もあります。

もちろん栄養価も豊富です。手作り青汁だけでなく、粉末のものを使ってもいいでしょう。

自分の好きな味の青汁が作れる

自家製青汁の最大のメリット。それは自分好みの味付けが可能ということでしょう。あなたの好きなお野菜はナンですか。季節の野菜を入れてみてもいいでしょう。入れる材料やその配合の違いによっても、その味はまったく違ってきます。

果物やはちみつを入れて甘くするのもいいですし、お料理に使うこと前提で考えてみてもいいでしょう。時には失敗することもあるかもしれませんが、そんなときこそ野菜スープなどに混ぜてしまえばミルクや生クリームによってマイルドになり飲みやすくなることでしょう。失敗することはないのです。

自分の不足している栄養素を知っているのも自分です。それを補ってやるような野菜・果物を多めに入れるようにすれば自分だけのスペシャルドリンクの出来上がりです。

ケールや大麦若葉は手に入れにくい

市販の青汁の材料を見てみてください。ケールや大麦若葉など、スーパーに並んでいるのを見たことがないお野菜が中心です。特にケールなどは野菜の中でも栄養価が抜群に高い一方で苦味や独特の味で普通に調理して食べるのには向かない事から市場に出回っていないのです。

これらを使わない分、手作り青汁の栄養価はどうしても低くなるということは知っておいてください。とはいえ、最近では海外セレブが食べるようになっているケール、少しずつ店頭にも出回ってきました。インターネット経由で何でも手に入る時代でもあります。

どうしても使いたいというのであればお取り寄せすることもできます。そうすれば自宅で作る青汁であっても栄養満点に作ることができます。

ほうれん草など青汁に向かない野菜も

何でも緑の野菜は入れればよいというわけではありません。実はほうれん草はおすすめできないのです。少量だといいですが、それがメインの青汁というのは作らないようにしてください。ゆでたり炒めたりして食べることの多いほうれん草。

生の状態だとシュウ酸という成分を取り込むことになり、腎臓結石や膀胱結石のリスクが高まるのです。青汁も生のものをすりつぶしただけ。なのでやめておきましょう。それ以外にもアレルギーがある野菜も使わないように注意してください。

緑の野菜は絶対ですが、更にはニンジンやセロリ・キャベツ・カリフラワーなど身近な野菜を入れるのもおすすめです。更に栄養価が高まります。できるだけおいしく食べて、健康効果を得るようにしましょう。