青汁の成分を学んで選ぶときに生かそう

青汁にはさまざまな種類の栄養素が含まれており、美容と健康の促進に大いに貢献します。青汁に含まれている成分についての知識があると商品を選ぶ際に役立ちますので、代表的な含有成分の効能などについて解説します。

美白や美容に有効なビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素を除去すると老化を抑制できるため、老化が原因の肌の劣化を食い止めることができます。老化が進むと肌にメラニン色素が沈着してシミができたり、肌が黒ずんできます。

ビタミンCはメラニン色素の沈着を抑制する働きがあり、シミ取りや黒ずみの解消につながります。美白化粧品にはメラニン色素を除去するためにビタミンC誘導体が配合されています。青汁にはビタミンCが大量に含まれており、摂取すると体の中から美白作用を及ぼします。

よって、青汁を摂取すると美白成分のビタミンCの働きでシミや黒ずみが解消し、透明感のある明るい美肌を目指すことができます。

疲労回復などに役立つビタミンB

ビタミンBは疲労回復や滋養強壮の作用があり、ほとんどの栄養ドリンクに含有されています。青汁には天然の野菜や果物から抽出されたビタミンBが大量に含まれており、疲労回復や滋養強壮の効果が期待できます。

ビタミンBを摂取すると疲労回復につながる理由は、新陳代謝が促進することによるものです。年をとると疲れがたまりやすくなりますが、その理由は、年をとると新陳代謝が衰えてくるからです。青汁を飲むとビタミンBの働きで新陳代謝がアップして、疲れにくい体質に変わってきます。

ビタミンBは貧血の症状を改善する働きもあり、貧血が原因の疲労感を解消に導いてくれます。女性は特に貧血になりやすいため、ビタミンBを摂取することは女性の健康維持にとって極めて大事です。

癌の発生率を抑えてくれるビタミンA

ビタミンAは細胞分裂を正常にする働きがあり、健康な細胞ががん細胞になるのを防いでくれます。よって、ビタミンAを摂取するとがんの予防効果が期待でき、細胞の状態を健康に保つことに大きく貢献します。

医療現場でもがん治療にビタミンA誘導体による分化誘導療法が行なわれています。青汁にはビタミンAが豊富に含有されているので、青汁を毎日飲むようにすると、がんの予防につながります。

細胞分裂が正常に行なわれなくなると免疫力が低下して、ウイルスや細菌に感染しやすくなります。ビタミンAを含有する青汁を飲むことは免疫力を強化することに役立ち、病気になりにくい体質に変えてくれます。皮膚細胞のターンオーバーも正常になるため、美肌効果も期待できます。

カリウムは便秘の解消にも一役かってくれる

カリウムは利尿作用があり、体内の老廃物を尿と一緒に排泄する働きが促進します。むくみの解消にも役立ち、むくみが原因の下半身太りを改善してダイエットに導いてくれます。

カリウムは利尿作用だけでなく体内の酵素を活性化させる働きがあり、酵素の働きが活性化することにより、便秘の解消にも役立ちます。酵素の働きが活性化されると腸の蠕動運動が活発になり、便が出やすくなります。

特に慢性的な便秘の症状の改善に有効で、便秘になりにくい体質を目指せます。カリウムを摂取して腸内の酵素の働きが良くなると、腸内環境が整って免疫力が強化されます。免疫力が強化されると病気になりにくい丈夫な体になり、お肌の状態も良くなってきます。

摂りすぎはよくないが体に必要なミネラル

ミネラルは代謝を高める働きがあり、人間の生存に絶対に必要となる栄養素です。ミネラルには主要ミネラルと微量ミネラルがあり、それぞれに役割が異なります。青汁にはいろいろな種類のミネラルが配合されており、主要ミネラルと微量ミネラルをバランス良く摂取することができます。

ミネラルのうち、カルシウムやマグネシウムは骨や歯の原料になり、骨を丈夫にすることに欠かせません。日本の水は軟水であるためカルシウムやマグネシウムの含有量が少ないですが、青汁を飲むことで不足しがちなカルシウムやマグネシウムを補えます。

ミネラルは代謝に欠かせない成分ですが、過剰摂取をすると健康に悪影響を及ぼすことがあります。青汁にはいろいろな野菜や果物から抽出されたミネラルがバランス良く配合されており、ミネラルの過剰摂取を抑制できます。

原料だけで選んでしまうと失敗する

緑黄色野菜や果物などが青汁の原料になりますが、原料だけで青汁を選んでしまうと失敗してしまうことがあります。青汁を選ぶ際には飲みやすさについても重要な要素になりますので、飲みやすい青汁を選ぶことが大切です。

青汁の中には苦くて飲みにくいものがありますので、苦味が苦手な方は苦い青汁は避けるようにすることが賢明です。苦くて飲みにくい青汁だと飲むのが苦痛になり、毎日続けて飲むことができなくなってしまいます。

フルーツ青汁は果実を原料にしており、果実の甘みで飲みやすいことが特徴です。フルーツ青汁の中にはジュースのような感覚で飲めるものがあり、苦い青汁が苦手な方でも美味しく飲むことができます。とても美味しいので、お子様でも毎日飲むことが可能です。

知っておくべきフルーツ青汁の成分比率

フルーツ青汁に含有されている主な成分は、ビタミンやミネラル、食物繊維などです。成分比率は商品によって違いがありますが、フルーツ青汁はいろいろな栄養素がバランス良く配合されています。
大葉若葉や明日葉、果実を原料にしているフルーツ青汁は、特にビタミンとミネラルの含有量が豊富です。

含有されているビタミンには、ビタミンCやビタミンB、ビタミンAなどがあり、カリウムも豊富に含有されています。フルーツ青汁に配合されているミネラル成分には、カルシウムやマグネシウム、鉄や亜鉛などがあり、代謝を高めたり骨を丈夫にすることに役立ちます。

食物繊維は整腸作用があり、腸内環境を整えて腸の働きを良くして便秘の改善などにつながります。

求めている効果ごとに選ぶ青汁

青汁を選ぶ際には、求めている効果によって商品選びが違ってきます。便秘を改善して自然なお通じを得たい方は、食物繊維が豊富に含まれている大麦若葉や明日葉を原料にしている青汁を選ぶようにします。

美容の向上を目的にする場合は、コラーゲンやセラミド、プラセンタなどの美容成分が含まれている青汁がおすすめです。コラーゲンは肌にハリを与える作用があり、セラミドは乾燥した肌にうるおいを与え、プラセンタはアンチエイジング効果が期待できます。

冷え性や貧血などの症状を改善したい方は、ザクロなどの果実を原料にしているフルーツ青汁が最適です。更年期障害によるホルモンバランスを整えたい方は、豆乳パウダーなどの豆類を原料にしている青汁が適しています。

青汁の有効成分を意識して選ぶ

青汁を選ぶ際には、有効成分を意識して選ぶことが大事になります。青汁のパッケージには原料や栄養素が明記されていますので、パッケージに記載されている有効成分を確認してから購入するようにします。

ドラッグストアで購入する際には、薬剤師や登録販売者に相談すると、有効成分の働きなどを教えてもらえます。通販で青汁を購入する際には、通販サイトに原料や有効成分について書かれています。メーカーの公式サイトなどでは有効成分の効能などを詳細に解説しており、どのような効能が期待できるかがよくわかります。

青汁を選ぶ際には、有効成分の働きなどを自分自身で勉強をしておくと、自分にとって最適な青汁を選べるようになります。有効成分について勉強することは、美容と健康の促進などに大いに役立ちます。

原料それぞれの栄養を参考にすること

青汁は原料によって栄養素が違ってきますので、原料それぞれの栄養素を知っておくと、商品選びの際にとても役立ちます。青汁の原料に使用されているもので多いのは大麦若葉や明日葉ですが、大麦若葉と明日葉には各種ビタミン類とミネラルが豊富に含有されています。

クマザサや藍藻も青汁の原料によく使われていますが、クマザサと藍藻もビタミンとミネラルの含有量が豊富です。大葉若葉と明日葉、クマザサと藍藻は食物繊維も豊富で、腸内環境を整えてくれます。

フルーツ青汁にはザクロが含まれていることが多いですが、ザクロの栄養素はビタミン類とミネラル、ポリフェノールなどです。ザクロは特にポリフェノールが豊富であり、優れた美容効果が期待できます。