頭痛や吐き気!ダイエット中の気をつけたい体調不良とその原因とは?

ダイエット中に起こる吐き気、あまりに症状がひどければダイエットを中断することも考えられますが、まずはその原因を知ることも大切になってきます。その原因を解決することが出来れば、より安全に痩せることもできるようになります。

吐き気や頭痛などダイエット中に起こる症状

ダイエット中には極端な食事制限や激しい運動によって身体に大きな負担がかかってしまうことがあります。ダイエットを続ける上で大切なのは無理をしない事ですが、人によっては知らず知らずのうちにダイエットにのめりこみすぎてしまうケースも出てきます。

具体的な症状としては、吐き気や頭痛など、特に栄養バランスの偏りがひどくなるとこうした症状があらわれやすくなります。こうした吐き気や頭痛は栄養が不足することであらわれる体からのSOSです。症状を放置してしまうと状態がさらに悪化していきますし、時には他の病気を引き起こすリスクも考えられます。

まずは原因を突き止めること、そして栄養不足が原因なのであればそれを解消することが肝心です。

その吐き気、低血糖が原因かも

ダイエット中に起こる吐き気、実は低血糖という症状がその原因となっている可能性があります。低血糖はその名の通り、血液中の糖が不足することで起こる症状です。

極端な食事制限で甘いものや糖質を制限していると体の中、つまりは血液中の糖質も不足していきます。そうなると自律神経が反応し、吐き気や発熱、めまいなどの症状を引き起こしていくわけです。この低血糖の状態は放置すると意識障害や時には命の危険も引き起こすことがあるため、注意が必要です。

ダイエットをしているだけなのに、重大な症状、病気が引き起こされる可能性もある、この点だけはしっかり注意しておきましょう。低血糖の症状があらわれた場合には早めに糖質を補給するようにすること、迅速な対応が大切です。

低血糖は血圧でチェックしよう

ただ、自分の血糖値が今どのくらいなのか素人がチェックしていくことは非常に難しいことです。血液の中のことですし、それこそ採血でもしない事にはその内容をチェックすることができないわけです。

そこでおすすめなのが血圧をチェックして今現在の血糖値を把握する方法です。血糖値が多ければ血液はドロドロの状態になります。結果として血圧も高くなる傾向にあるため、逆の場合でも血圧を把握することで血糖値のチェックもできます。

血圧がいつもよりも極端に低い場合、もしかすると低血糖の症状があらわれる前兆となるかもしれません。血圧と血糖値の数値が必ず比例して関係しあうというものではありませんが、この知識は持っておくに越したことはありません。

吐き気以外にみられる低血糖の症状って?

低血糖の症状は先に挙げたように吐き気やめまい、頭痛などが有名です。他にも症状が悪化することで脱力感や疲労感、けいれんなどを引き起こすこともあります。ここまでくると緊急性がより高まるため、必要に応じて医療機関を受診することも大切になってきます。

また、低血糖の症状は夜間、寝ている間にもあらわれることがあります。夜、寝汗がひどかったり夢見が悪い、動悸や悪寒などで目が覚める、こうした症状があらわれたときには注意が必要です。

ダイエット中にこうした症状があらわれるようになった場合、まずは自分の食生活を見直していきましょう。必要に応じて食生活を改善していくこと、これによって低血糖の症状を抑えていくことが出来ます。

ダイエットを急激にすると様々な危険が

ダイエットは食事制限や運動を激しくすればその分高い効果を得ることができます。ただ、急激なダイエットはそれだけ体への負担が大きいということですから、時に注意が必要になってきます。

今回の低血糖のケースでもそれは同様です。極端にカロリー制限、糖質制限をしてしまうことで人間が生きていく上で必要な栄養素まで不足してしまいます。仕事や私生活で少なからずカロリーを消費するわけですから、そもそもの栄養素が不足していては体調不良を引き起こす可能性が高まります。

いくら急いでいるからといってあまりに極端な食事制限、運動は避けるに越したことはありません。少なくとも、日常生活に必要な栄養素だけはしっかりと補給するようにする、これはしっかり押さえておきましょう。

体調不良続出!ダイエットで現れる症状とは

ダイエット中はこうした栄養不足による体調不良が出やすくなります。これはカロリー制限や過度の運動、疲れによって免疫力自体が低下してしまうことが関係しています。

具体的にあげるとすれば、先に挙げた低血糖の症状の他、貧血や脱水の症状、筋肉痛や肉離れなどの症状です。貧血や脱水は体重を気にするがあまり、食べる量、水分にまで制限が出てしまうことで引き起こされます。筋肉痛や肉離れは自分の実力以上に体を酷使してしまうことで引き起こされます。

どのケースでも無理をすることで様々な症状が引き起こされることになるため、ダイエット中には無理をしない事が大前提となります。確かに体調不良が多くなりがちなダイエット中ですが、だからこそより一層、健康への配慮が必要になってきます。

無理をすると貧血や心臓への負担も

ダイエット中、無理をすると先にも挙げたように貧血の症状が引き起こされます。そして栄養素が不足しがちになるこのタイミングで、過度の運動を取り入れてしまうと、それが心臓にまで負担をかけてしまうことがあるため、とりわけ注意が必要です。

ただ痩せたいだけなのに、貧血など、どんどん体調不良に陥っていくとなればただただ損をするだけです。健康的な状態で痩せることが出来ればそれがベストですが、ダイエットをする際には心臓への負担も多少考慮して食事制限や運動を進めていくといいでしょう。

ダイエット中の運動は少なからず身体に負担がかかりますが、少しでもその負担を減らすために、その都度工夫を凝らすことが大切になってきます。

逆に美容によくない?皮膚のたるみや体臭の原因にも

急激なダイエットは美容面で逆効果となる可能性もあります。というのも、極端な食事制限、運動によって痩せることが出来たとしても、急激な脂肪燃焼で皮膚がたるみ、見た目に影響してしまうことになります。色素沈着やボディラインの変化で思うようなダイエット効果を得られないこともあるでしょう。

また、激しい運動や偏った食事は体臭の原因となることもあります。極端に偏った食事で肌状態は悪化しますし、それによって汗の臭いも変化していきます。もちろん、こまめにシャワーを浴びるなど対策はできますが、元々の体臭がきついものとなればさほど意味をなさないこともあります。

せっかく痩せることが出来たとしても、皮膚のたるみが出来たり体臭がひどくなるのであれば十分に満足することもできないでしょう。

急な吐き気どうやって対応すればいいの?

ダイエット中、急な吐き気が起きた時にはどう対処すればいいでしょうか。まず、第一として体を安静にすることが大切です。そして水分を積極的に取っていきます。吐き気があるからと言って何も口にしないままだとそれが原因で脱水症状を引き起こす可能性もあります。

一口でもいいから水分を取り入れるようにしましょう。そして、低血糖がその吐き気の原因となっている場合、糖質を摂取するのもおすすめです。お菓子、食べやすいものであれば飴玉など、すぐに糖質が摂取できるものを取り入れていきます。

急な吐き気で動揺してしまう人も中にはいるでしょうが、まずはこの手順で急な吐き気を乗り切っていきましょう。応急的な処置が終われば後は普段の食生活の見直しです。低血糖の症状が起こった原因を解消することが先決です。

無理なダイエットは控えて、焦らずに痩せよう

先に挙げたように、急激なダイエットによって体への負担は大きくなっていきます。健康的にそして安全に痩せるためには何よりもまず、無理をしない事が大切です。

無理をすることで達成した時の喜びが大きくなる反面、ダイエット中のストレスは増大します。それが発端となり、体調不良が引き起こされることになりますし、ダイエット後の暴飲暴食、リバウンドのリスクも大きくなります。

無理をすることはダイエットにとって悪い面の方が多くなるわけです。もちろん、多少の我慢はダイエットに必要不可欠です。それがなければ目標まで体重を落とすこともできなくなります。ただ、何事にもやりすぎは良くない、限度を持つことがポイントとなってきます。