頭皮ケアをしっかりしないと乾燥します!保湿をしっかりして美髪を保とう

美しい髪をいつまでも保つには、色々なことを施す必要があるでしょう。そのうちの一つ、髪のケアも大切ですが、頭皮ケアも大切です。例えば、冬場手袋を着けずにお湯等で食器洗い等をしていると指先や手の甲が乾燥して荒れ、皮膚がめくれて痛くなったり、赤くなってかゆくなったりしたことがあると思います。

そうならないよう手袋を着けたり、洗った後に保湿クリームを塗りケアしたりするのですが、同じように頭皮も乾燥します。そうするとかゆみやフケ、抜け毛が多くなる等のトラブルが発生することもあります。

こういった乾燥を起こさせないために、原因や防ぐ方法、保湿におすすめのもの等を知っておくと心強いし、美しい髪を保つことにも繋がります。そういった頭皮の乾燥の原因やケアする方法等について紹介していきます。

頭皮の保湿不足は血行不良の原因になる

洗髪のしすぎや保湿不足、脂肪摂取の不足などが原因となり頭皮が乾燥することは多いです。間違ったヘアケアや不規則な生活は頭皮を乾燥させて、血行不良や抜け毛増加を招きます。かゆみ・フケの原因にもなり、かゆくて掻きむしっているうちに髪が減っていきます。乾燥した状態は頭皮と髪が弱っているので、ちょっとした刺激によって抜けてしまうのです。

就寝中に掻いている人は意外と多く、枕元にたくさんの抜け毛が落ちていたりします。髪は何もしなくても毎日50本以上は抜けていますが、保湿不足が続くと2~3倍以上に増えてきます。

血行不良はマッサージをすれば一時的に解消しますが、乾燥に原因がある場合は保湿以外に完治させる手段はありません。潤いを与えることは乾燥を予防し、頭皮をプルプルにすることでダメージから守ってくれるのです。ダメージは抜け毛を促進するので、特に抜け毛が気になる30代以降は注意してください。

頭皮が血行不良を招いていると、毛根が弱くなってしまいます。細胞に栄養を届ける血液本来の役割が弱くなり、髪がやせ細ってくるのです。コシのある強い髪のためにも、十分に保湿ケアを行ってください。毛根に潤いを与えることで育毛を促進し、抜けにくい丈夫な髪に育てることができます。

頭皮の保湿が足りなくなる原因は

頭皮が乾燥するのはターンオーバーの乱れであることも多いです。ターンオーバーの乱れというのは年齢によるものもありますが、年齢によるものだけでなく不規則な生活習慣によって乱れてしまうことというのもあるものです。

今までの生活習慣と変わりないのに年齢を重ねることによって頭皮状態が変わったと感じるようであれば、年齢によるターンオーバーの乱れというのを疑ってみても良いでしょう。頭皮が乾燥してしまうとシャンプーしてもかゆくなったり、フケが多く出るようにもなってしまうものです。

頭皮が乾燥してしまうデメリットとしては、元気な髪が生えにくくなってしまうということもあるものです。年々髪が薄くなったり、細い髪しか生えてこないようになってしまうことによって老けた印象になってしまうこともあるものですが、こうした髪の変化も頭皮に潤いが足りていないことが原因になってしまっているということは多いです。

ですから髪の変化に気がついたら頭の保湿状態も気にかけてみると良いです。そして乾燥しているのであればケアできるシャンプーを選ぶことの他、マッサージなども行って状態を良くしましょう。シャンプー時は揉むように洗うことで改善できることも多いです。

乾燥にはシャンプーの洗浄力が影響する

頭皮が乾燥する原因は洗髪回数が多い、強力なシャンプーを使用しているなどです。清涼感を重視したシャンプーは洗浄力が強く、保湿機能は二の次になっていることが多いです。乾燥のデメリットは数多くあり、抜け毛・かゆみ・フケなどがあります。ちょっと髪に触っただけで何本も抜けてしまうようなら、正常な状態とは言えないでしょう。

今は抜け毛が増えていなくても頭皮が乾燥している状態が続いているなら安心はできません。頭皮も年齢を重ねるもので、年齢が上になるほどトラブルが起こりやすくなります。今は問題ないから3年後も大丈夫とは思わないことが大切です。

シャンプーの洗浄力が強すぎると、洗髪後に突っ張った感覚を覚えることになります。十分に保湿をすることで弾力性のある頭皮を実現すれば、髪のボリューム減少も予防できるでしょう。

正常肌を維持することが最大のヘアケアになり、将来のボリュームにつながるのです。保湿力が低下してきたと感じたら、シャンプーのランクを上げてみましょう。育毛コーナーに置かれているシャンプーは低刺激で頭皮にやさしく、抜け毛対策として適しています。抜け毛が多くて悩んでいる人は、まずはシャンプーを変えてみましょう。

乾燥トラブルは保湿で解決しよう

乾燥は頭皮にとってメリットは一つもなく、かゆみを感じたりフケが発生したりします。無意識のうちに掻いていると炎症になってヒリヒリすることもあるでしょう。髪は毎日50~60本は抜けていますが、無理に力を入れて掻いてしまうとそれ以上に抜けます。

ガリガリと掻けば皮膚を痛めてしまうので、バリア機能にも影響してくるでしょう。薄毛を予防するためにも頭皮を保湿することは大切なので、皮脂量が少ないと感じたら対策をしてください。

頭皮は身体の中でも皮脂分泌が多いので、乾燥する場合は食生活に問題があるケースが多いです。ダイエットで脂肪・糖質を無理に抑えていると、皮脂分泌が減少して乾燥を招きます。シャンプーやコンディショナー、頭皮オイルなどで保湿ケアをすれば大抵は正常肌に戻りますが、乾燥が解消しないなら食生活に原因があると考えられます。

乾燥が長期的に継続すると洗髪後の抜け毛が増えてくるので、目視で異常を確認できるようになるでしょう。明らかに以前より増えたと感じたなら、すぐに本格的なケアを始めてください。放置すると毛周期のバランスを崩し、髪の成長期を短くすることになります。細くて弱々しい抜け毛が目立つようになったら、薄毛が始まっていると考えられます。

頭皮の保湿はシャンプー選びから

頭皮の乾燥を防ぐために最初にするべき対策はシャンプーを変えることです。シャンプーは洗浄力が強いほど優れていると考えている人が多いですが、洗浄力で優劣は決まりません。大切なのは頭皮に合っていること、長期的に使用してトラブルが発生しないことです。

最近はコンディショナーを兼ねたシャンプーが登場しており、完全に洗い流さなくてよいのが特徴です。ややぬめりが残っていても問題なく、シャンプーだけで洗髪と保湿・注油がまとめてできます。

高級シャンプーになるほど洗い上がりがやさしくなるのが特徴です。安価すぎるものはアルコール系のシャンプーが中心で、さっぱりした洗い上がりがありますが、頭皮に刺激を与えやすいです。長らく使用を続けていると保湿力が低下しやすいので、育毛用のシャンプーに変えてみましょう。

適度な皮脂は乾燥を防いでくれますが、毛穴に皮脂が蓄積しているのは好ましくありません。毛穴の汚れを完全に落とすために、定期的にクレンジングをしてください。汚れをリセットすることが正常肌を維持するポイントであり、乾燥やオイリーなどの乱れた状態から整えてくれるのです。保湿された頭皮は元気になり、その状態が育毛ケアになるのです。

頭皮の保湿のための具体的な方法です

頭皮の乾燥を防ぐことは大変に重要です。最も効率的な手法は、ローションを使って潤いを与えることに尽きます。これによって、頭の乾燥だけではなく、抜け毛や薄毛などの頭の皮にまつわるトラブルの予防にも貢献することとなるのです。肌用に作られたローションには幾つもの種類が世にはありますが、同じように頭皮用のローションも多くのメーカーから提供されています。

頭は髪に覆われていることもあって、手入れを怠ってしまうことも少なくありませんが、頭の皮のデリケートさというのは、決して皮膚と比べてもレベルが低いわけではありません。ですから、頭の乾燥を防ぐためには、頭皮に特化した形の専用ローションを使うことが推奨されます。

頭専用に作られたローションというのは、頭皮の水分と皮脂の割合をバランス良く整え、そして頭皮に潤いをもたらして理想的な状態に調整してくれる機能を持っています。肌に刺激を与えることの少ないノンアルコールタイプのものを選択するのが好ましいでしょう。

全身用ローションを頭の皮用のローションとして使用することもできなくはありません。ただし、その際は、使用上の注意書きとして、「頭の皮に使用可能」と明記されていることが前提となります。

頭皮を保湿するヘアケアを実践しよう

頭皮が乾燥しているときに使用するヘアケアは、基本的にシャンプーとコンディショナーで問題ありません。頭皮に合ったヘアケア用品を使用していれば、正常肌に戻すことができます。乾燥肌に悩んでいる人は保湿が不足しているので、シャンプーの洗浄力は少し弱くするなど工夫しましょう。

育毛系のシャンプーは低刺激タイプが多いので、値段はちょっと高いですが高級アルコール系シャンプーから変えてみるとよいです。乾燥肌に悩んでいる人はコンディショナーを使用していないケースが多いので、洗髪後に保湿のためにも使用してください。基本的にシャンプー剤は完全に洗い流す必要がありますが、コンディショナーは少しぬめりを残しておくものです。

育毛剤は血行促進や栄養供給が目的なので、保湿にはそれほど効果的ではありません。シャンプーとコンディショナーでケアして効果がない場合は、頭皮用のオイルを塗ってみましょう。

乾燥を放置しておくと抜け毛を増やすため、頭皮を指で触ってみて乾燥している部位を中心にオイルで潤いを与えてください。オイルは水分を閉じ込めるメリットがあるので、水分の蒸発を防ぐために役立ちます。内側からのヘアケアでは、無理なダイエットをしないこと、過剰に脂肪制限をしないこと、などが重要となります。

正しいシャンプーの仕方

汗や皮脂が溜まって汚れているような頭皮であっても、シャンプーをすればまた綺麗な頭皮に生まれ変わることができるものです。ですがシャンプーも正しいシャンプーの仕方をしなければ汚れをしっかりと落とすこともできないので注意が必要です。正しいシャンプーをしなければかゆみが増したり、頭皮を傷つけてしまうことがあるものですから気を付けましょう。

正しい方法として頭皮を揉むように洗ったり、爪を立てないようにして洗うということが大事ですし、頭皮に優しい弱酸性のシャンプーを使うということも必要です。洗浄力が高いものは使うととても頭がすっきりとして爽快感を感じることもできるものですが、汚れを綺麗に取り除ける分、保湿が足りなくなることというのもあるものです。

保湿が足りなくなることがフケが多くなる原因にもなりますし、かゆみが増すようにもなってしまうので、洗浄力にこだわるあまり保湿が足りなくならないようにもしましょう。ですからシャンプーを選ぶ時は潤い成分配合のものや保湿成分が十分に配合されているシャンプーを選ぶようにしても良いです。

そして正しいシャンプーの仕方として、よく髪を乾かすということもあります。良く乾かさないと蒸れてしまってせっかく洗った髪にも菌が繁殖してしまうものです。

正しいドライヤーの使い方

スキンヘッドの人以外はシャンプー後にはドライヤーで髪を乾かすものですが、間違ったドライヤーの使い方をしていると頭皮のトラブルに繋がったり、抜け毛を増やす原因にもなってしまいます。特にドライヤーは毎日のことなので頭皮のトラブルを防ぐためにも正しい方法を知って実践することが大切です。

正しいドライヤーの使い方ですが、まずシャンプー後はしっかりタオルドライをして水分を取ることが基本です。十分にタオルドライを行うことでドライヤーを使う時間を短縮できるので短時間で髪を乾かすことができます。タオルドライをした後はドライヤーをかけますが、濡れている頭皮には雑菌が繁殖しやすいのでまずは頭皮から乾かしていきます。

同じ場所に長時間熱を当てないようにいろんな方向からドライヤーをかけていくことがポイントですが、頭皮から20㎝以上は離すようにしましょう。次にキューティクルを整えながら髪を乾かしていきます。

手ぐしで髪をかき分けるようにすると短時間で乾かすことができます。髪が8割ほど乾いたら冷風を当てて引き締めると髪に艶が出てきます。冷風は神へのダメージを与えない対策にもなるので、積極的に利用していくことをおすすめします。

清潔な状態で使用するのがコツ

頭皮ローションは清潔な頭皮に使用する必要があるので、基本的に洗髪後が適切なタイミングです。洗髪してコンディショナーで保湿をし、ドライヤー乾燥させてから使用するのです。1日に2回使用するタイプのローションなら、朝一番にも1回使用しましょう。寝起きの頭皮は清潔ですし、外出前に保湿しておくのはメリットがあります。

化粧品全般も朝一番で洗顔後に使用する人が多く、これは頭皮ローションも同様です。ローションは保湿して育毛促進をするだけでなく、バリア機能も高めてくれます。外出時は少なからず紫外線を浴びることになるので、乾燥を防ぐためにも朝一番での保湿は効果的です。

朝一番に使用する場合は前日夜に洗髪をしていることが前提となります。前日に洗髪せずにそのまま眠ってしまった人は、朝に洗髪して清潔にしてからローションを使用してください。皮脂を除去していない状態で使用しても、成分の浸透性を著しく低下させます。

毛穴が汚れていると効果が出にくいので、毛穴が詰まっている人はクレンジングオイルで皮脂を除去していく必要があるでしょう。オイリー肌状態だと効果が半減してしまうので、クレンジングやシャンプー選びから徹底してください。

頭皮の乾燥にはケア用のローションがある

乾燥と言えば顔や手に起こるものと思われがちですが、実は頭皮も乾燥が起こりやすい部分の一つです。しかし、頭皮は髪の毛に覆われているので顔や手のように気軽にクリームを塗ることもできないので、何の対策もしていない人が多いのが現状です。

では、頭皮に使えるケア用品はどんなものなのでしょうか。よく頭皮は顔と繋がっているから顔に使う保湿ケア用品を使っても良いのかといった疑問を耳にしますが、確かに中には顔や全身に使えるローションはあります。なので頭にもそのまま使えるものもありますが、実は頭はデリケートな部分なので顔などに使うものでは合わないことがあります。

頭に使う場合は低刺激なものを選んだ方が良く、中でもハトムギ化粧水や無印良品などの化粧水は低刺激なので適しています。反対にアルコールが含まれていると刺激が強かったり、水分を蒸発させてしまう恐れがあるので避けた方が良いです。

また、乾燥を防ぐ目的で使うので保湿力が高いのも重要です。それにはセラミドやヒアルロン酸・コラーゲンなど保湿力が高い成分が配合されていることが重要です。その中でも天然由来の成分を使っていれば保湿力が高くて刺激は少なくなるので、頭皮にも安心して使うことができます。

頭皮の保湿に必要なもの

頭皮の保湿をしている人は意外と少なく、事実ケアのしにくい部分だということも明らかです。シャワーを浴びたりお風呂に入ったりして保湿は出来ますが、ずっと入っているわけではないので当然乾いてきます。なのでずっと乾燥しないように湿度を保つことを意識して、頭皮の保湿をし続けるのは非常に難しいのです。

頭皮につけるクリームなどが現代では非常に身近で手に入るようになり、薬局には確実にあり、コンビニでも見ることが出来ます。そういった手に入りやすい環境になったにもかかわらず、なかなか頭皮のケアをしている人は少ないのです。

頭皮の乾燥少し軽んじている人が多く、保湿しなくてもいいやと思っている人が多いからです。普段の生活からケアを心がけることで、かゆみなどを防ぐことができ、衛生上も非常に理想的な髪質を保つことが出来るのです。

こういったコスメ関係の商品は高いと思いがちですが、薬用のローションなどは安価で手に入れることが出来ます。なので、なるべくこういった商品を手に入れ、普段から湿度を保つようにケアをしていけるよう努めることが必要です。そんなに時間のかかる行動でもないので、普段の生活にひと手間程度の考え方でいることが大切です。

頭皮にやさしいシャンプーがおすすめ

市販のシャンプーは無数に種類があり、どれがいいか迷ってしまうでしょう。失敗のない商品から選ぶなら、育毛剤メーカーが販売しているものがおすすめです。価格は一般的な市販シャンプー相場の2~3倍になりますが、頭皮にやさしく洗髪するだけで保湿ができます。保湿をすることで肌が安定しますし、抜け毛を減らすことができます。

安価なシャンプーを使用しても若いころは問題が出にくいですが、年齢を重ねることで肌が負けてしまう可能性があります。ストレスや紫外線などの刺激を受けると肌が乾燥しやすくなり、乾燥すると抜け毛が増加してくるでしょう。頭皮を安定させるためには、シャンプーから変えていく必要があります。

頭皮に合ったシャンプーを継続的に使用していると、皮脂量が適切になってきます。皮脂が増えている状態は脂漏性脱毛症の原因になるので注意です。乾燥が続く状態も抜け毛を増やしてしまうので、保湿と注油をしっかりと行うことが大切となります。

十分に潤いを与えつつ油分でフタをすることが大切なので、シャンプーとヘッドオイルを併用するのもおすすめです。ちょっと価格が高めのアミノ酸系シャンプーも人気が高く、頭皮が不安定な状態を解消することができます。

頭皮を保湿することが育毛になる

頭皮に役立つコスメとしてヘッドオイルをおすすめします。ヘッド専用のオイルで乾燥から守ってくれるので、乾燥肌や敏感肌を遠ざけてくれます。抜け毛が増えているときは、肌質が正常ではないと考えてよいです。

薄毛の状態を肌に例えるなら、炎症・湿疹などの肌トラブルがある状態と言えます。頭皮を元気にしていくことが大切なので、弾力性のあるプルプル状態に変えていきましょう。ヘッドオイルを塗布することで適度な潤いを与え、油分が乾燥から守ってくれます。

油分は水分と比べて蒸発しにくく、肌にずっと留まってくれます。そのため紫外線のダメージをカットし、薄毛を予防することができるわけです。育毛剤も頭皮を保湿する役割があり、毛根から元気にすることが可能です。乾燥が大敵と言われる理由は、肌を不安定にしてしまうことです。

乾燥が続くと皮脂バランスが崩れてしまい、毛穴が汚れることがあります。乾燥肌から混合肌になることもあり、そうなると余計にケアが大変です。初期の段階から改善する必要があるので、医薬部外品の育毛剤で保湿をしていきましょう。育毛剤は性別に合わせた商品を使用するのがおすすめです。男女共用タイプもありますが、男性は男性用、女性は女性用を使用するのが理想です。

頭皮を保湿するには健康が大事

頭皮の乾燥を防ぐために、シャンプーやヘアドライをしても普段の生活が乱れていては保湿できません。体が健康でなければ、頭皮環境も悪化してしまいますので食事から気をつける必要があります。保湿するには、さまざまな栄養素が必要になりますので、バランスの良い食事を心がけましょう。

ミネラルやビタミンAとBは乾燥予防にはよいですが、どれか偏って摂取しても効果がありませんので、バランスよく摂取することが大切です。しかし、乾燥を予防したいからといって過剰に摂取してしまうと逆効果になりますので気をつける必要があります。

ビタミンAは大切な栄養素ですが、効果がないどころか抜け毛がひどくなる可能性があるので要注意です。普段の食事で補えない栄養素はサプリメントで補充しましょう。また頭皮の乾燥に悩んでいる方は血行がよくない場合が多いです。食事やサプリメントで栄養素を摂取しても、頭皮の毛細血管まで血液が循環しないと保湿できません。

血行促進には頭皮マッサージが効果あります。入浴中に行うとさらに効果的です。しかし、体の血行が悪いとマッサージしても効果がありませんので、ストレッチなどを行って全身の血行を良くしておくことが大切です。