顔に赤みがあってかゆい時の考えられる原因や対処法

顔は人目につきやすい部分なので、赤みなどがあると特に気になってしまいますよね。それに加えてかゆみなどを伴っているとさらにつらいものです。このような赤みやかゆみを起こしてしまう原因にビニール肌と呼ばれる状態があります。

また、ビニール肌以外にも生活環境やホルモンバランスなどさまざまな原因により肌荒れを起こしてしまうことがあります。特に妊娠中や産後には体調の変化が大きく肌荒れをしてしまうことも多いです。ここでは、このような肌荒れの原因と顔がかゆい時の対処法などについてご紹介していきます。

そして、かゆみが起きる顔の部位と異常をきたしている臓器には関連があるので、かゆみや赤みが起きている原因を知り改善に役立てましょう。

肌の赤みが起きる理由

肌荒れで皮膚がかさついたり、ヒリヒリしたりして赤みを帯びることがあります。肌の皮膚が赤くなる原因は、毛細血管の拡張のためです。毛細血管の拡張は、皮膚に刺激が加わると流れる血液量が増えるために起きます。特に、顔の皮膚は表皮部分が薄く、拡張した毛細血管が表皮を通して見えやすくなります。

肌のターンオーバーのサイクルが乱れ肌の状態が悪くなっていると、表皮がさらに薄くなり赤みを目立たせる原因となります。肌が乾燥するとバリア機能は低下し、肌に充分な水分を保持することができません。放置しておくと敏感肌になり、少しの刺激でも炎症を起こしやすくなってしまいます。

赤みが気になり冷水で冷やしたり保冷剤で冷やすことは、余計に肌への負担を増やすことになるので注意が必要です。ニキビも赤みの原因となります。ニキビができると皮脂分泌が活発になり脂漏れ性皮膚炎を起こしてしまいます。その結果、毛細血管が反応し赤みが広がります。

紫外線や化粧品なども刺激の一つになります。弱ってる皮膚に、刺激の強い成分を含む化粧水を使うと赤みを発生させてしまうことがあります。紫外線を浴びることは、ターンオーバーの乱れを引き起こし肌の老齢化を進める原因にもなります。

紫外線予防や紫外線を浴びた後のケアをしっかり行うことが大切です。また、クレンジングやパッティングを行う際に過剰な力を加えることも表皮を傷付けることになります。

ホルモンバランスが大きく変化する

妊娠中や産後には女性ホルモンのバランスが大きく変化するため、肌荒れが起きやすくなってしまいます。まず初期にはプロゲステロンというホルモンが増加し、腸や子宮の働きを低下させます。プロゲステロンは生理前にも増加するホルモンであり、むくみなどを生じさせるほか肌荒れを引き起こす要因にもなります。

また妊娠中にはつわりなどの症状によって食欲が低下してしまうため、栄養不足になりやすい傾向があります。さらに汗をかきやすい体質となるため、肌に大きな負担がかかりかゆみや炎症などが起きやすくなるのです。産後になると今度は増加していた女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンバランスが大きく変化します。

ホルモンバランスが乱れてしまうと肌のバリア機能が低下したり、皮脂分泌のコントロールにもトラブルが生じやすくなります。また産後は睡眠不足になってしまうことが多く、さらにストレスを溜め込んでしまいやすい時期でもあります。

ホルモンバランスの乱れとストレス、生活サイクルの大きな変化などによって肌にもトラブルが起きやすくなるのです。また授乳を行っている場合、母乳の分泌を促すプロラクチンの増加によっても肌荒れが引き起こされます。

肌荒れで顔がかゆい人は食事を見直します

肌荒れを改善する方法として、食生活の見直しというやり方もあります。食べ物の内容を再検討することで、体の中から改善していく手法があるのです。肌に良い影響をもたらす栄養素を簡単に摂取できる食べ物が実際にあります。これは管理栄養素士の目で見ても妥当なものなのです。

もし皮膚科で治療を受けても、また化粧品を変えても一向に肌荒れが治らないという人には一見の価値があることは間違いありません。肌が荒れて顔がかゆくてたまらない状況でも必ず役に立ちます。まずは腸内環境を良くする食物繊維と発酵食品です。腸の中には多くの腸内細菌が100兆個も存在しています。

腸内環境を良好なものにするためには、腸内細菌の数を増やしたり動きを活発にすることが重要となります。そのために食物繊維と発酵食品の摂取が必要となってくるのです。豆類や海藻類、納豆、味噌などが好ましいとされています。

次に、血行を良くするビタミンEや鉄分を摂ることも望ましいです。肌をきれいに保つためには、栄養素と老廃物を運ぶ役割をしている血液が円滑に流れなければなりません。そこで若返りのビタミンと呼ばれているビタミンEやヘモグロビンの材料でもある鉄の存在が求められてきます。タラコ、ウナギ、アーモンド、レバー、牛乳、アサリなどを積極的に摂るのが大切です。

顔がかゆい時に行うこと

妊娠している時や授乳をしている時に、体にかゆみを感じたことがある人がいるのではないでしょうか。かゆみを感じた時には、すぐに体を保湿することができるクリームを塗るようにしておくと良いです。保湿をさせることによって、かゆみをしっかりと抑えることができるようになります。

しかし、保湿するためのクリームを選ぶ時には、注意が必要です。というのは、妊娠している人や授乳をしている人たちは肌が敏感になっていることが多いからです。肌に刺激を与えてしまうと、炎症を起こしてしまうこともあり得るのです。

また、赤ちゃんや子供達にも影響を与えないようにするためにも、クリームの品質をしっかりと確認しておく必要があります。保湿クリームを選ぶ時には、しっかりと吟味しておくことが大事なのです。迷った時には、妊娠している人や授乳している人たちのために作られた保湿クリームを使用することもできます。

そのような専用のものを使っていると、肌に負担をかけることが少なくなります。その結果、不安になるこく安心して肌のお手入れをすることができるようになります。かゆみが起きた時に焦らなくて済むように、早めにクリームを準備しておくことも良いでしょう。

ビニール肌はかゆみや赤みの原因となる

顔の肌荒れによりかゆみや赤みを伴うことがよくありますが、これはとても危険なことでビニール肌の可能性もあるのでよく注意する必要があります。ビニール肌とは角質層がはがれてキメのない肌のことを言い、本来であれば肌の表面にある角質層が潤いを蓄えて肌を刺激や乾燥から守るのですがビニール肌にはそれがないので肌が無防備な状態になってしまいます。

そのためビニール肌にならないように十分に注意する必要がありますが、どのような状態になったら危険信号かよく理解しておくことが大切です。例えば洗顔してタオルで拭いた後に顔がツヤツヤ、テカテカしていたり、鏡を近くで見てもキメが見つからない場合は要注意です。

また化粧水や乳液が染みてピリピリしたり肌が乾燥し易く、メイクが崩れやすい状態に陥ってしまった場合もビニール肌である可能性が高いです。ビニール肌の場合は外的刺激や乾燥から守ってくれるはずの角質層がないので、バリア機能が低下して敏感な状態になるために少しの刺激を受けただけでピリピリしてしまうのです。

そしてその後かゆみや赤みを伴う肌荒れに変化してしまうことが多いために、ビニール肌の状態になるととても苦労することになります。

顔がかゆいのはビニール肌が原因

ビニール肌という言葉をご存知でしょうか。ビニール肌は一見、ツヤツヤ、ピカピカの健康的な肌に見えることもありますが、実は肌のバリア機能が損なわれた危険な状態なのです。本人がビニール肌であることに気づかないケースも多く、お肌のケアを一生懸命やっている人が陥ってしまうこともあり注意が必要です。

肌の表面は角質と呼ばれる層で覆われており、肌の保湿とバリア機能を担っています。ところが洗顔の時に顔を強くこすり過ぎたり、熱すぎるお湯ですすいだり、洗顔後にタオルでゴシゴシ拭いたりすると角質がはがれ落ちてしまいます。また、クレンジングクリームを長時間肌につけるのもよくありません。ピーリング洗顔や毛穴パックのやり過ぎも大敵です。

ビニール肌は人によって状態がそれぞれ違います。主なものとして肌がビニールのようにツヤツヤ、ピカピカしている、肌がかゆい、化粧水がしみる、肌がつっぱる、肌が乾燥するなどの症状が見られます。

心当たりがある場合は、肌の負担になるようなスキンケアをやめることが第一です。そしてセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分配合の化粧水で肌に潤いを与えましょう。角質層が復活するまで根気強く継続することが大切です。

顔がかゆい時の正しい対処法

顔がかゆい時というのはスキンケアや薬で解決させようとする人も多いものです。何かを塗ることで肌を潤わせることができる場合は多いですし、乾燥による肌のかゆみであればなおさら保湿できる何かを塗ることで改善できるようなこともあるでしょう。

ですがスキンケアというのは本来丈夫な肌を整えるために使うものもあるので、治癒能力は期待できないことも多いものです。また、余計に荒れてしまう危険性もあるものなので、適切なのは、医師が処方してくる塗り薬、処方箋を使うことです。

街のドラッグストアで手軽に購入することができるかゆみ止めの薬というのもあるものですが、自分の肌に合わないということもあるので、医師の診察でかゆみの原因を知り、そのうえで合う薬を出してもらったほうが適切です。合わないものを使用してさらにかゆみが増してしまった時は、被害が拡大してしまうことも考えられます。

拡大した肌荒れは完治するまでに時間がかかることも考えられるので、そういった被害拡大を防ぐようにするためにも正しい対処法を知るようにすると良いです。顔がかゆい時は無駄に触って顔に菌をつけてもいけないので、マスクで保護してかゆみが増すのを防ぐというのも良い方法です。

スキンケアなど自分に合う物

高級だから何でも大丈夫だと思い、化粧水などを購入する方がいますが自分にあった物を購入してケアをしなければ悪化してしまうことがあるので、注意が必要です。過度な摩擦が原因となりビニール肌になると言われていますが、まずは皮膚科に行かれる方が増えています。

綺麗で潤いがある肌が急にビニール肌になる事で心配になって行くというケースです。皮膚科では保湿剤のような薬が処方されますので、指示に従って塗っていきます。また、医師に診断してもらう際にその時の肌の状態を確認して、洗顔の仕方も教えてもらうことができます。

自力で改善する事を考えている方は、角質培養が重要なポイントになるため、まずはできるだけ肌を刺激しないようにしましょう。その方法は最低限のメイクにとどめておく事となります。そして刺激が少ない洗顔で丁寧に優しく洗いますが、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

なお、化粧水なども刺激が少ない物を選ばなければいけません。そして洗顔前には必ず自分の手を洗って清潔な状態から洗顔をして、優しく化粧水などでお手入れをする事も忘れないようにして下さい。メイクはどんなに薄くても少なからず肌に負担をかけてしまうため、出来るだけノーメイクで過ごす時間を長く持つことが重要です。

顔がかゆい時の対策は

顔にかゆみを感じた時、その原因は化粧水やスキンケアによるものであれば、その化粧水やスキンケアを使うのをストップすることで次第に良くなるということもあるので、そういった時は使用するのをやめて様子を見るのが最善の方法だということもできるものです。

ですがそうした使っているものが原因なのではなく、ストレスや環境、汗などが原因であれば、それらを改善できる方法を見つけてみても良いです。汗はどうしても出てしまうものですし、汗をまったく掻かないというのもデトックスが出来ていないということで良くないことでもあるので、汗が原因の時はすぐにふき取るようにすることで改善してみても良いでしょう。

また、ストレスの場合は自分で癒しの方法、リラックスできる方法などを見つけていくというのもおすすめです。音楽を聞いたり、運動をしたり、自分の気分を満たすことができれば心も開放的になり、精神的なことが原因での肌荒れも改善させることができるでしょう。

また、ニキビがかゆい時は洗顔をまめにするという方法もありますが、それ以外に保湿をたっぷりしてニキビが出来ないようにすることも大事です。ニキビは保湿ケアをすることでできなくすることも出来るものです。

肌荒れの原因

肌荒れに悩まされている人は多くいると思いますが、肌荒れと一言にいっても多様な原因がみられます。まずは、花粉が原因となって引き起こされる肌荒れについてです。このタイプのものは、目の周りや口の周りが荒れていたり、赤く小さな湿疹が出ることが確認されています。このような症状は肌のバリア機能が低下することによって起きるものです。

次にダニが原因となって発生する肌荒れについてですが、これは肌の毛穴にダニの排せつ物などが詰まって起こる現象です。どんな人間の顔にも顔ダニという生物がおり、その死骸や排せつ物は常時溜まっていきますから、起こる頻度でいえば最も高い肌荒れの原因になります。

また、肌の乾燥も肌荒れの原因になります。なぜなら、肌が乾燥しているときは肌と外部刺激との摩擦が大きくなるからです。ですから、化粧水によって常に潤いをもたせるようにすることが重要です。

以上のように、肌荒れの原因には花粉とダニと乾燥があり、それぞれで特徴が異なっていました。花粉は肌のバリア機能の低下によるもので、乾燥による肌荒れも同様の原因によるものでした。ダニに関しては誰にでも簡単に起こりえるケースなので、日ごろのスキンケアが重要です。

場所によってかゆみの原因は異なる

顔の中だけでもかゆい理由は、場所によって異なります。全体がかゆい時というのは、アレルギーやスキンケア、ストレスなどが原因になっている可能性がありますが、一部分だけかゆみがある場合には他の理由があります。

頬周り、眉周辺のかゆみは、髪が肌に触れることが原因です。髪自体が刺激になっているのは肌のバリアが低下していること以外に、使用しているシャンプーにも原因がある可能性が高いです。肌トラブルが落ち着くまでは髪が肌に触れないようにピンで留めておくと安心です。

顔と髪の生え際の境目のかゆい時には、シャンプーやトリートメント、洗顔料がきれいに落とせていないことも原因です。境目は特に洗浄成分が残りやすいので注意深く洗う必要があります。

夏場になると肌がかゆくなることもあります。汗をよくかく額、鼻の下、耳周辺は汗が溜まりやすく、汗と雑菌が混ざり合って炎症が起こりやすくなってしまいます。こまめに汗をふき取ったり、汗拭きシートのようなものでケアをして対処します。

目元や口元もかゆく炎症を起こしやすい場所です。この部分は、顔の中でも特に皮膚が薄いため乾燥しやすいのです。乾燥に気付かず顔全体を同じようにケアしていると、目元と口元はかさつきやすくなります。水分不足からバリア機能が低下してかゆくなってしまいますので、丁寧な保湿ケアが大切です。

肌荒れは病気のサイン?

日々、入念に時間をかけてスキンケアをしているのに慢性的なニキビができて治らなかったり、スキンケア用品を変えても治らないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。乾燥による肌荒れやかゆみは十分に保湿することで簡単に改善するものですが、何をしても顔のブツブツが治らないという場合は病気の可能性を疑う必要があります。

私たち人間の皮膚はからだの健康状態に敏感です。そして肌荒れは内臓機能の低下が原因で現れることもよくあり、内臓の不調を示すサインともなります。脂っこい食事を摂るとTゾーンにブツブツができたり、便秘が続くと頬にニキビができるように内臓のどこかが悪くなっていることを教えています。

内臓になんらかの異常が起こり肌に現れることをデルマドロームと呼ぶのですが、デルマドロームが内臓の病気の早期発見につながることもあります。もし顔のぶつぶつがなおらなかったり、肌荒れを起こしてかゆいという場合は内臓の病気を疑った方がよいでしょう。

ただの肌荒れだと軽視していては手遅れになってしまうこともあるので、スキンケアをしても治らないという場合は早めに医療機関で診察を受けることです。黄疸を伴う症状は特に要注意です。

顔がかゆいときは掻かないことが大事

湿疹やかゆみがひどいと、無意識のうちに掻きたくなってしまうでしょう。しかし掻いても症状は改善しませんし、掻くほど治癒を遅らせてしまうので注意してください。掻かないためには湿疹・かゆみを根本から改善するしかありません。

放置しておくと重症化してしまうので、市販の飲み薬やサプリメントなどを活用して解消していきましょう。外側からケアするときは化粧水や美容液で十分に保湿をし、保湿クリームで潤いを与えてください。油分が不足すると湿疹・かゆみが発生しやすく、特に冬場は暖房器具の使用から肌が乾燥しやすくなります。

安定した肌質を維持させるためにも、まずはかゆみを解消していきましょう。入浴後は肌が最も乾燥しやすいタイミングなので、保湿を徹底してください。化粧水を多めに使用すること、保湿クリームで潤いを閉じ込めることが大切です。ターンオーバーを整えるためには、睡眠リズムから改善していくことが必要です。

睡眠中に掻きむしってしまう人は多く、これは予防が困難だと言えます。掻いた記憶がまったくないのに、朝起きたら肌から出血していたという人は少なくありません。湿疹やかゆみを完治させるためには、つらいかゆみを消していくことが先決です。

薬も上手に使いたい

顔がかゆい時にはできるだけ我慢したいですが、あまりにも酷い時には薬に頼ることも大切です。湿疹ができている時には顔にも使える専用の市販薬もあるので、そちらも使ってみましょう。かゆさや炎症を止めてくれて、低下している肌のバリア機能を徐々に戻してくれます。

昔から使われているオロナインは傷などにも効果がありますし、肌荒れの時のかゆみにも効くので、少量ずつ試せるだけでなく、非ステロイドというところもポイントです。

病院で診察してもらった時にはステロイドの処方をしてくれる事もあります。よく効いて炎症を止めてくれたりもしますが、その分副作用も強いため医師と相談しながら指示通りに使うことで効果を発揮してくれます。抗ヒスタミン薬は主にかゆみのもとであるヒスタミンを抑えてくれますが、アレルギーが原因の時に効果的です。

かゆい時には掻かないように上手にやり過ごしたいですが、それでも我慢をしすぎると知らないうちに掻いていたりする事もあります。薬は苦手だという方でも、自分に合う薬を使うことでつらいかゆみもかなり軽減する事ができますから、適度なところでドラッグストアや病院で相談しておくのも大切です。自分の肌を守るために上手く薬とも付き合ってみてはどうでしょうか。

ビニール肌のまとめ

ビニール肌とはビニールのようにテカテカしている肌のことを言います。潤っているような状態に見えがちですが、実は肌のバリアが剥がれ落ちている状態なので肌トラブルが発生しやすいという特徴もあります。昨今ではスキンケアを行い過ぎてしまい角質がたくさん剥がれることでビニール肌となる方もおられるようです。

ビニール肌かどうかを見極めるには様々なポイントがあります。その1つが化粧水を付けた時にヒリヒリとするということです。肌のバリア機能がなくなることで化粧水を肌に付けた際に成分の刺激を過剰に受けてしまいます。

毛穴が目立つのもビニール肌の特徴です。化粧のりも悪くなる傾向があるのでスキンケアをしっかりとしているにも関わらず上手く化粧が乗ってくれないという場合はビニール肌が原因かもしれません。

ビニール肌はスキンケアを行いすぎることで起こることもあるため、なかなか気づかないケースも少なくありません。洗顔後に肌がテカるという方はビニール肌の可能性があります。ビニール肌になるとニキビや炎症が起こりやすくなり、それによってスキンケアの量を増やして角質を取り除きすぎるという循環に陥るケースもあるため、注意が必要です。肌バリアを回復させることが先決です。