顔や体のかゆみは我慢せずにかゆみ止めを使おう!原因別の選び方

体や顔のかゆみって我慢出来るものもありますが、強烈にかゆくて我慢出来ない場合もあります。それを我慢出来たとしても、睡眠中知らず知らずの内に、また起きていても無意識に引っ掻いていて傷を作ってしまうこともあります。そのかゆみには色々ありますが、例えば蚊に刺されてかゆかったり、洗物等であかぎれした周辺もかゆくなったりします。

また水虫菌だと強烈に足の指がむずがゆくなりますし、漆が原因の時もあります。その他にも色々あると思いますが、そういった時に役立つのがかゆみ止めの薬です。しかしどんなかゆみにも効くような便利なものはなく、かゆみの原因に合わせて薬を選ばなければなりません。様々な薬が出ているので原因別の選び方をご紹介していきます。

かゆみ止めとかゆみの種類

かゆみには様々な種類があり、原因も異なることから、かゆみを知ることで症状を抑えるための正しいかゆみ止めを選ぶことができます。一般的に多いのが、皮膚への刺激が引き起こすかゆみです。健康な皮膚は、水分と油分のバランスが保たれバリア機能が正常に働き、外的刺激を受けても肌がかゆくなることはありません。

しかし、皮膚のバリア機能が何らかの原因で低下したり、体質によって皮膚が刺激に反応しやすい状態だと、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。そのため、通常なら反応が起きないちょっとした刺激にも敏感なり、かゆみが引き起こされてしまいます。

かゆみの原因には乾燥や紫外線、服の擦れや使用している洗剤、肌に触れるアクセサリーなど、身の回りにあるあらゆるものが考えられます。皮膚以外の病気が原因で引き起こされるかゆみも存在します。かゆみには、皮膚に異常が生じてかゆくなる末梢性のものと、皮膚には異常が起きていないのにかゆくなる中枢性のものがあるのが特徴です。

アトピー性皮膚炎の人をはじめ、透析を受けている人や糖尿病の人に多く見られ、抗ヒスタミンのかゆみ止めで症状を抑えることができません。中枢性の場合、かゆみ止め効きづらいため、症状のコントロールが困難で長期的な治療が必要となります。

かゆみのメカニズムを知る

何か集中したい時に蚊に刺されたりすると、かゆさが気になって集中力をそがれてしまうことがあります。例えば勉強や読書等している時だとほんと嫌になります。強烈に意識をそちらに向けさせられてしまう嫌な存在ですが、気持ちいい時もあり、さらに厄介です。

指の爪でかゆい箇所を無意識に掻いていることがあると思いますが、そのうちに、その箇所が広がったような気がして、さらに止められなくなって掻きむしり、痛くなって止めた時には、すでに皮膚がただれて、酷い時には出血してしまうこともあります。

掻けば掻く程かゆくなるのはなぜなのでしょう。かゆみのメカニズムは詳しい所までは判明していません。しかしある程度わかってきています。簡単に言うと、かゆみの悪循環が起こっているのです。

例えば、何らかのきっかけで皮膚上にかゆみの原因となるものが発生すると、近くの肥満細胞と呼ばれているものがヒスタミンという物質を生成、周りに分泌します。それが近くにある知覚神経に届くと、脳へかゆいといった信号を送り、また手で掻いてしまいます。

それと同時に周り神経の先端では神経ペプチドという物質が出されます。その物質が肥満細胞に届くと、さらにヒスタミンが分泌されてしまいます。そうするとまた神経を伝って脳へ信号が送られます。

このように細胞と神経と脳の間で悪循環が発生してしまい、掻けば掻く程かゆみが強くなったり、広がったりしてしまうということなのです。また掻く事で皮膚が削られて、かゆみの原因となる物質が外部から入りやすくもなります。悪循環を断ち切るには、掻くといった刺激を与えないことも一つの方法ですが、かゆみ止めを使うのも有効な方法となるでしょう。

かゆみ止めは症状でえらんでいこう

かゆみが起こった場合、その対処方法としてかゆみ止めを使うことが有効です。皮膚科に行けば適したものを処方してもらう事が出来ますが、ドラッグストアなどで購入することができるものもあります。医薬品なのか医薬品部外なのかでもちがってきますし、痒みの症状や原因によっても選ぶものが変わってきますので、自分で購入する際には原因や求める効果、症状に合わせて選んでいきましょう。

まず、水ぼうそうなど原因が特定されている場合には、医師の診察を必ず受けましょう。内服薬も処方されることもありますし、早い段階で薄くしていくということもできます。痒みを内側からも対策していくことになります。

アトピーの場合は、その方の症状によっても体質によっても、薬の合う合わないがかなりあります。一つの病院ではある薬を処方されるけれど、他の病院では違う薬を処方されるということもありますし、オリジナルの調合で作られると言ったケースもあります。

効果が無い場合には、セカンドオピニオンを利用して試してみるのもお勧めです。ダニによるかゆみであったり、虫刺され、乾燥によるかゆみなど、原因によっても使い分けをしていく必要がありますので、まずは原因を特定することから始めていきましょう。

かゆみ止めは症状で選ぼう

かゆみ止めを選ぶ時は症状で選ぶようにもすると良いです。腫れているような時はただの虫刺されであることも多いので、虫刺されの薬で対処できることも多いでしょう。ですが腫れのないかゆみであったり広がっていくようであればアレルギー性の湿疹であることも多いですし、帯状疱疹であることがほとんどです。

ですからそういった症状に適したかゆみ止めの薬を使っていくようにすると良いでしょう。蕁麻疹は時間がたったり翌日になれば収まっていくようなことも多いですが、痒くて耐えられないような時は皮膚科で薬を処方してもらったりして対処すると良いです。

ドラッグストアでもかゆみ止めは販売されているものですが、自分で何が原因かわからないようであれば、むやみにかゆみ止めを選んで塗るのではなく、皮膚科医に原因を突き止めてもらって、その原因にあった薬を塗るようにしても良いです。

また、食べ物や環境に原因があるのであればそれらを取り除くことというのも必要です。取り除くことによって早くに症状が良くなることというのもあるものです。早くに改善させることができればそれだけ精神的な負担、ストレスなども減るものです。また、薬を塗る時は体の血の巡りが良くなっているお風呂上りが効果的です。

かゆみ止めを症状にあわせて使うと効果的

お肌が乾燥する時期などは、肌がかゆいのでつい掻いてしまう人も多いです。あまり掻いてばかりいると皮膚を傷つけてしまい皮膚トラブルの原因となるので気をつけなければいけません。かゆみ止めの飲み薬や塗り薬を使用し痒みを止める人もいますが、いろんなメーカーからかゆみ止めの薬は販売されているので、どれを選べばいいかわからないという人も多いです。

症状に合わせた薬を選びことが大事なので、どんな症状なのかをしっかり確認して薬を選ぶといいでしょう。赤ちゃんにかゆみ止めを使用する場合は、肌がデリケートなので十分注意する必要があります。中にはメントール効果の高いものやステロイド作用が高いものもあります。赤ちゃんの痒みの症状はバリア機能の低下が原因で起きることが多いので、保湿剤を中心に使用することが大事です。

赤ちゃんでも安心して使用できるアトピタやワセリンなどがおすすめです。デリケートゾーンの痒みが気になるという人もいますが、デリケートゾーンが痒くても中々人前では掻くことが出来ないのですごく辛いです。

デリケートゾーンの痒みを解消するために、普通のかゆみ止めを使用する人もいますが、刺激になったり作用がきつくなることもあるので、できればデリケートゾーン専用のかゆみ止めを使用するといいでしょう。市販されている薬では、デリケアやフェミニーナ軟膏がおすすめです。

かゆみを抑える仕組みは成分によって異なる

かゆみ止めの有効成分には、クロタミトン・リドカイン・ジフィンヒドラミンなどがあります。クロタミトンはかゆみを抑える効果のある成分で、皮膚に軽いしゃく熱感を生じさせることでかゆみを打ち消す働きがあります。穏やかな作用が期待でき、副作用も少ないとされています。多くのかゆみ止めに配合されている成分で、虫刺されや湿疹などに効果があります。

使用後、患部に熱感やほてりを感じることがありますが、ほとんどの場合は短時間で治まります。リドカインは即効性のあるかゆみ止めの成分で、医療現場では局所麻酔としても使用されています。リドカインは一時的に神経を麻痺させることで、かゆみを抑えてくれます。安全性の高い成分と言われており、副作用も少ないのが特徴です。

かかずにはいられないような皮膚のかゆみを鎮めてくれます。ジフェンヒドラミンは、体内のヒスタミンという物質の働きを抑える成分です。ヒスタミンは痛みやかゆみを知覚する神経に作用する物質で、その刺激によって脳はかゆいと感じます。

かゆいからといって何度も皮膚をかいてしまうと、ヒスタミンがさらに分泌されかゆみが大きくなってしまうのです。アレルギー反応の一種とも言われています。

免疫を抑制して痒みを抑える

かゆみ止めの有効成分には、グリチルリチン酸やステロイド剤などがあります。ステロイド剤とは、抗炎症作用と免疫抑制作用を持つ成分です。免疫を抑制することで炎症を鎮め、アレルギー反応の一種である痒みを抑えてくれます。

アトピー性皮膚炎などの皮膚症状を緩和する目的で使用されています。ステロイドは元々人の体内で作られている物質で、副腎皮質という臓器から分泌されているホルモンの一種です。ステロイドは非常に痒みを抑える効果が高い成分ですが、長期間使用すると皮膚が委縮するなどの副作用が現れることがあります。そのため使用する際には、きちんと用法や用量を守ることが重要になります。

グリチルリチン酸とはカンゾウ(天草)の根の部分に含まれている成分で、炎症を鎮めてくれる抗炎症作用を持っています。グリチルリチン酸はステロイドに似た構造をしており、免疫を抑制することで痒みの症状を緩和してくれます、グリチルリチン酸は敏感肌用のスキンケアアイテムに配合されていることもありますし、シャンプーやコンディショナーなどに配合されることもあります。

痒みを抑える効果はステロイド剤ほど高くありませんが、その分副作用も出にくいとされています。

ステロイド剤に依存しないこと

ステロイド剤を使う時はかゆみが治まったと安心しないことです。痒みが強くて掻き壊してしまうとステロイド剤を使わなければ早く綺麗に治すことはできません。皮膚の炎症に効果的な薬なので必需品になりやすいですが、ステロイド剤はかゆみの根本的な原因を治してくれるわけではなく、ステロイド剤を塗るだけだと症状が治まったら再発するのを繰り返すこととなります。

稀なケースではありますが長期の使用で皮膚が薄くなったり血管が浮き出たりといった副作用が出ます。また肌のバリア機能が良くない状態でステロイド剤を塗ることで、肌の免疫機能は大きく低下しています。かゆみを引き起こすアレルゲンや細菌に対し非常に弱くなっているためステロイド剤を塗っても症状が悪化したり慢性化したりすることもあります。

長期使用でアレルゲンへの感受性が高まってしまえば、塗布を中止するとリバウンドが起こります。ステロイドはあくまでも一時的な処置で、依存しないように注意しなければなりません。自分のかゆみの原因を知り根本的に解決できる治療法を見つけ、最終的にはかゆみをコントロールしてステロイド剤を使う必要がないほど肌のバリア機能を維持することを目標とします。

乾燥肌はかゆみ止めで解決!

乾燥肌で悩みを抱えている人は多いかと思われますが、冬などの様に乾燥する時期になると、全身が痒くなってしまう、下着の締め付けなどでもかゆみが生じてしまい、外出中の時などは痒くても我慢しなければならないなどのケースも多いのではないでしょうか。

肌への潤いを与えるのが一番ではありますが、外出時などの場合はかゆみ止めの薬を使うのが有効と言えましょう。かゆみ止めを選ぶ時にはドラッグストアなどのお店に出掛けて購入したり、皮膚科などで処方して貰ったものを使うなど様々です。薬を塗布した時のテクスチャーで選ぶのも重要なポイントです。

テクスチャーとは化粧品のさわり心地、つけ心地、肌にのせた時の質感などを意味しているもので、市販薬を使った時に、自分に合っているものを選ぶ、処方して貰った薬の場合もつけ心地の良さを確認しておくのがお勧めです。

下着で締め付けられている部分はかゆみを伴う事が多いかと思われますが、肌が晒されている顔なども乾燥肌になる事でかゆみを伴う事が多くあります。こんな時にはかゆみを我慢するのではなく、市販薬や処方箋を利用してかゆみを止める、かゆさがなくなれば物事への集中力が高まるなどの効果も期待出来るわけです。

かゆみ止めの飲み薬と抗ヒスタミン

かゆみ止めの飲み薬にはヒスタミンの分泌を抑制させる働きを持つ、抗ヒスタミン薬が使用されるのが特徴です。かゆみのメカニズムはヒスタミンにあると言われています。ヒスタミンは生理機能に作用を及ぼす物資で、過剰に遊離するとアレルギーを引き起こしてしまいます。

かゆみを知覚する近く神経に作用するのがヒスタミンで、刺激を受けると脳に伝達される、刺激は神経の末端にも伝えられて、神経ペプチドと呼ぶ神経伝達物質を放出させるなどのメカニズムを持ちます。また、神経ペプチドは肥満細胞を刺激するので、ヒスタミンの分泌が過剰に行われる事になります。

かゆみには末梢性と中枢性の2種類があると言われています。抹消性の場合は皮膚にブツブツがあり、表皮と真皮の結合部分にあるかゆみ神経を刺激する事で生じるのが特徴で、中枢性はブツブツがないにも関わらずかゆみを感じます。

中枢性はモルヒネ様物質が増加し、神経組織内のモルヒネ受容体に伝達が行われ、脳にかゆみを伝える事で生じるなどの違いを持ちます。ちなみに、かゆみが起きた時には人は皮膚を掻いてかゆみをなくそうとしますが、肌を掻くと表皮が荒れてしまい、僅かな刺激でも過敏になり、悪循環を引き起こすなどからもかゆみ止めの飲み薬を利用するなどが大切です。

顔のかゆみの原因は何なのか?

顔のかゆみの原因として考えられるのは乾燥やストレスやアレルギーがあります。肌が乾燥する事でかゆみが出る事は珍しい事ではなく、乾燥度合いが酷過ぎて空気が乾燥しやすい時期は常にかゆみに悩ませる人もいます。放置しておくと悪化して痛みが出る事もあるので、保湿をする事が大切です。

かゆみ止めの具体的な方法としては加湿器を使って生活する空間の湿度を保つ事が大切です。特に冬場は空気が乾燥しやすく暖房器具を使うとより湿度が下がるので、加湿器などを使って湿度を調節するべきです。また外出時などは加湿器で調整する事はできないので、保湿クリームを持ち歩いて肌をケアすると良いです。

肌が乾燥するだけではかゆみが出ない場合でも冬場でいつもよりも肌が乾燥している事で、普段は問題ないスキンケアなどが原因でかゆみを感じる事があります。普段は問題ない事でもかゆみを感じた場合は中止するべきです。

顔のかゆみの原因は肌の乾燥以外にもアレルギーやストレスが原因の場合もあります。かゆみの原因がアレルギーの場合はアレルギー症状の対象を特定して対処するべきです。ストレスの対策としては自分で手軽に気分転換ができる方法を確立しておくと良いです。

かゆみ止めと肌質

かゆみ止めを使って、皮膚のケアを行なっている人は珍しくないのではないでしょうか。かゆみに関しては、それぞれの人によって症状が異なっています。かゆみを感じるパーツについても、それぞれの個人によって場所が違っています。

かゆみ止めを塗りながらケアをしているパーツの一つに、目元が挙げられることも少なくありません。目元が乾燥する理由には、様々な要素が考えられます。まず、睡眠不足はその一つの理由です。睡眠の量が不足してしまうと、肌を正常な状態に保つことが難しくなってしまうために、肌が乾燥してしまうのです。

眠っている間に人間の肌は再生されることがあるのですが、睡眠時間を十分に確保することができなければ肌が再生される機会を失ってしまうこと繋がってしまうのです。その結果、敏感な目元にもかゆみを感じてしまうことになります。

顔のパーツの中でも特に目元は繊細であるとも言われているために、かゆみを感じやすくなってします。肌の乾燥を防ぐためにも、保湿を心がけることが欠かせません。かゆみを感じた時には、すぐにかゆみ止めを塗ることも効果的です。それから、肌が清潔に保たれていない時も、肌荒れを起こす可能性が高いので要注意です。

かゆみはヒスタミンの分泌により起こる

かゆみが生じる事が多いのは乾燥した季節でもある冬場などが多いかと思われますが、乾燥すると何故かゆみが起きるのかは詳しくは分かっていないと言われています。但し、皮膚にある肥満細胞と呼ぶ細胞組織から分泌が行われるヒスタミンがかゆみを引き起こすと言われています。

ヒスタミンは、痛みもしくはかゆみなどを知覚する、知覚神経に作用する、刺激がかゆみとして脳に伝達されると同時に、刺激は神経の末端部分にも伝えられる、神経ペプチドと呼ぶ神経伝達物質を放出させるメカニズムがあります。神経ペプチドは肥満細胞を刺激して、ヒスタミンの分泌を促す、かゆい時に掻くと言う刺激は、皮膚が敏感な知覚神経を刺激する事になります。

神経ペプチドを放出させてかゆみ物質でもあるヒスタミンの分泌を促すなど、かゆみが広がるメカニズムがあるわけです。尚、皮膚の乾燥もかゆみの原因の一つですが、正常な皮膚の表皮は水分や皮脂により外部からのウィルスなどの侵入を防止するバリア機能を持ちます。

皮膚が乾燥すると、表面から水分や皮脂が失われてしまい、外からの刺激に無防備な状態になってしまうのです。これにより、僅かな刺激でも敏感に反応するようになる、かゆみの症状を引き起こすと言われています。

頭皮のかゆみの原因を知る

洗髪もきちんとしているのに頭皮のかゆみがあるという場合には、シャンプーが原因の可能性があります。洗浄力の強いシャンプーを使うことで汚れや汗など頭皮から落とすことができますが、皮脂の落としすぎにつながります。皮脂がある程度頭皮に残っていないと外部からの刺激に弱い状態になる場合もあり、頭皮の乾燥やフケの増加を招くこともあります。

そのため、シャンプーの洗浄力が強い場合にはかゆみ止めの対策の一つとして刺激の少ない洗浄力を少し落としたタイプのシャンプーに切り替えるということも大切です。また、逆にきちんと洗髪できていない場合にはシャンプーの洗い残しによるかゆみが生じることもあります。

シャンプーが頭皮の毛穴に詰まる場合や頭皮にシャンプーが残ることによりアレルギー反応を起こしかゆみが生じてしまうこともあるため、注意が必要です。基本的に洗髪をする際には頭皮、髪の毛を清潔に保つことも重要ですが、洗いすぎに注意することやシャンプーの洗浄力などに関して自身の頭皮に対して負担となっていないかチェックしてみることも必要です。

かゆみの症状が出ている場合には、頭皮に対して洗浄力が強すぎる可能性があるため別のシャンプーを利用してみるなど買い替えを検討しましょう。

日常生活のかゆみを改善しよう

かゆみが出てしまうと精神的にも影響を受けますし、書き壊してしまう事で肌にも大きなダメージを与えることになります。そのため、かゆみを少しでも改善していくことで生活の質を上げていきましょう。まず考えておきたいのが刺激を減らすという事です。オシャレのためにとメイクをしている方は、使っている化粧品が刺激となっている可能性があるので注意しておきましょう。

低刺激のものにすることや、メイクをお休みする日を作るなどして刺激を避けていくとかゆみにつながりにくくなることもあります。さらにかゆみが起こる時の状況をつかみましょう。特定の食べ物を食べた時、外に出た時など、特徴があるようであればそこに原因がある可能性があります。

病院でのアレルギー診断などと合わせて、かゆみにつながる行動や食べ物を避けていくという事も効果的でしょう。そのうえでどうしても起こってしまうかゆみに対してはかゆみ止めを使っておさえていくという事も大切です。

かゆみから掻き壊すとそこからさらにキズが広がってしまいます。ダメージが大きくなるので、掻き壊す前に早めに使っておくのが良いでしょう。その段階では低刺激で影響の少ないものを使うのがおすすめです。