便秘解消にも繋がる!食べても痩せられるこんにゃくダイエット

カロリーが低く食べ過ぎてもカロリーの過剰摂取にならないこんにゃくを、日々の食事に上手に取り入れることによって、効果を実感することの出来るダイエット方法がこんにゃくダイエットとなります。注意点をしっかりと理解してチャレンジすることをおすすめします。

こんにゃくダイエットって何?

こんにゃくダイエットは、こんにゃくを食べることによって満腹感を得ることが出来るので、数ある食べるダイエットの中では比較的効果が出やすく、続けやすいというメリットのあるダイエット方法になります。

こんにゃくは食べてもカロリーが低いので、カロリーの摂取しすぎになりにくいというのが一番の利点です。また腸内環境もよくなることから、便秘解消効果なども期待することが出来るので、便秘気味の人にもおすすめのダイエット方法になります。

こんにゃくは値段も安く、スーパーなどでも簡単に手に入る食材なので続けやすいです。しかし毎日こんにゃくを食べ続けるのには、飽きてしまうことが懸念されるので、こんにゃく料理に一工夫が必要となってきます。

こんにゃくダイエットに効果はあるの?

こんにゃくはカロリーがとても低いという特徴があり、また食物繊維が多く含まれています。これらのことによってあまり量を食べなくても、食事をしたという満足感を得やすいという効果があります。
食物繊維は水分を含むと膨張します。よってお腹の中で膨らむため、空腹感がなくなりやすいのです。

カロリーが低い上に、あまり量を食べなくても満腹感を得やすいということで、こんにゃくは非常にダイエット向きの食品であることがわかります。食物繊維は便秘を解消してくれるので、宿便によって太っていた人はすっきりとやせることも可能です。

カロリーが高い食品をこんにゃくを一品入れ替えて食べることによって、摂取カロリーを抑えることが可能なのです。

こんにゃくに含まれている成分について

こんにゃくにはグルコナンマンという食物繊維が多く含まれています。食物繊維は便秘解消効果を期待することが出来るので、便秘気味の人にもおすすめの食材です。グルコマンナンは水分を吸収して膨れ上がります。血糖値の上昇をおさえたり、コレステロール値を下げる効果も期待することが出来ます。

糖尿病や高脂血症などの生活習慣病の予防にも効果が高いことがわかっています。ただし大量に摂取してしまうと、下痢を引き起こす可能性があるので注意が必要です。血糖値を調整している薬を飲んでいる人も注意しましょう。

栄養成分的にはほぼレタスと同じ水分含有量をもっていて、ほとんどが水分ということになります。ビタミンやミネラルはとくには含まれていません。

こんにゃくのカロリーってどれくらい?

こんにゃくのカロリーですが、板こんにゃくが一枚300グラムとして、一枚で約21kcal程度となっています。かなりの低カロリーです。このカロリー数はご飯に換算すると、ご飯14グラム(寿司の握り1貫にも満たない量)のカロリーとなっていて、ダイエットに適している食材であると言えます。

さらに調理方法や、調理の際に追加する脂質や炭水化物などを工夫することによって、ダイエットを成功に近づけてくれる強い見方となってくれます。

こんにゃくじたいはカロリーが低いのですが、一緒に食べる料理のカロリーが高いと意味がないので、カロリーの高いホク品を一品入れ替えるような工夫をすることが重要になってきます。その方がこんにゃくの食べすぎも防止することができます。

こんにゃくを食べるだけでいいの?

こんにゃくダイエットのやり方ですが、基本的にはこんにゃくを食べるという方法になります。例えばご飯の代わりにこんにゃくを食べるようにするだけで、摂取カロリーをかなり抑えることが可能です。しかし毎日ご飯の代わりにこんにゃくを食べていると飽きてしまう可能性が高く、長続きしないという懸念があります。

その場合は、おかずにも上手にこんにゃくを取り入れて、料理のバリエーションを増やして飽きないようにすることが大切です。たくさんのご飯を食べてさらにこんにゃくを食べるというだけではなかなかダイエットは成功しません。

なにかカロリーの高い食品を、カロリーの低いこんにゃくに置き換えるということが重要です。そして便秘も解消していきましょう。

こんにゃくダイエットの効果を上げる方法

こんにゃくダイエットの効果を上げる方法ですが、ただご飯を食べるときにこんにゃくを追加するだけでは、なかなか思うような効果を実感できない人もいると思います。お肉など高カロリーの高い食品をこんにゃくを入れかえることによって、こんにゃくダイエットのさらに高い効果を期待することが出来るのです。

置き換えを成功させるためのコツとしては、こんにゃくを食べているのに、お肉を食べたという満足感を得ることが一番のポイントとなります。また毎日同じ味付けでは飽きてしまってダイエットを継続できなくなってしまうことがあるので、様々な調理方法を工夫することがさらに効果をあげるポイントになります。白米にこんにゃくを混ぜるのもおすすめです。

こんにゃくダイエットを長続きさせるためのコツ

こんにゃくダイエットの一番の敵はこんにゃくを食べることに飽きてしまうことです。こんにゃくじたいには味はほとんどなく、そのことで様々な料理にも入れることが可能なのですが、毎日同じものを食べ続けると人間は飽きてしまいます。

飽きてしまってこんにゃくダイエットの効果が出る前にやめてしまうと、ダイエット失敗となってしまうので、飽きない献立作りをすることがコツになります。

こんにゃくが入ったお米なども最近では販売されていますし、おかずの一部分をこんにゃくに変えてご飯は普通の白米を食べたり、こんにゃく自体の形が見えないように細かく刻んで料理に利用したり、こんにゃくダイエットを長続きさせるためには一工夫が必要となってきます。

粉こんにゃくを使ったダイエット

こんにゃくダイエットの中でも粉こんにゃくダイエットはさらに高い効果を期待することが出来るとして人気のダイエット方法です。粉こんにゃくも基本はこんにゃくなので、得られる効果はこんにゃくを食べたときと同じなのですが、粉の方が優れている部分があるのです。

粉は摂取すると胃の中で膨らむ量が非常に多いので、通常のこんにゃくよりもさらに高い満腹感を得ることが可能なのです。通常のこんにゃくはレシピを増やすのが大変で飽きてしまう可能性があるのですが、粉こんにゃくは粉状であるため、様々な料理に活用することが可能です。

食べ続けて飽きてしまうことがこんにゃくダイエットの一番の敵なので、飽きずに続けられる粉こんにゃくの方が成功率も高くなります。

こんにゃくダイエットの注意点

こんにゃくダイエットをする上での注意点としては、こんにゃくはカロリーが低い分、栄養素も非常に少ない食品です。こんにゃくだけ食べていると栄養不足になって体調不良になる可能性があります。
一日に必要な栄養素が足りなくならないようなメニューを考える必要があります。

またこんにゃくを異常に食べ過ぎてしまうと、腸閉塞になりやすいという危険性があります。こんにゃくは繊維質なのでなかなか消化することが出来ません。固まりのまま腸に行ってしまうと、腸がつまってしまう危険性があるのです。

こんにゃくを食べる際はよく噛んで、小さい状態にして飲む込むことをおすすめします。せっかくダイエットのために食べているのに、別の病気の原因にしないように気をつけましょう。

こんにゃくを使用したオススメ料理

こんにゃくを使用したおすすめ料理ですが、こんにゃくをお肉の代わりに使用する料理がおすすめです。もともとこんにゃくの食感はお肉に近いので、こんにゃくに衣をつけて揚げてとんかつ風にして食べたりすると、実際のお肉を食べるよりもカロリーがかなり抑えることが可能な上、ダイエットには天敵な揚げ物を食べることが出来たという満足感も得ることが出来るのでおすすめです。

油を使用してもお肉ほどこんにゃくは油を吸収しませんのでカロリーを抑えることが可能です。お肉を一切食べない食生活を送っている人も、お肉の代わりにこんにゃくを使用して満足感を得ているのでおすすめです。こんにゃくを冷凍して使うとよりお肉に近い食感になります。