食べなければ痩せるは間違い!食べないダイエットの落とし穴とは

ダイエットをするために必要なのは、食べないことだと思っていませんか?ですが食べないと、体に必要な栄養素が不足して体調を壊してしまうこともあります。食べなければ痩せられると誤った知識ではなく、正しい知識でダイエットに取り組むようにしましょう。

あんまり食べていないはずなのに痩せない?原因は

ダイエットをしようと思っても、食べる量を減らしたという方も多くいるでしょう。ですが食べる量を減らしたからといって、誰でも簡単に痩せられるわけではありません。自分ではあんまり食べていないと思っていても、本当に食べていないとは限りません。自分にとっては少ない量の食事だとしても、ほかの人から見たら食べすぎというケースも多くみられます。

またあんまり食べていないはずなのに痩せない原因の1つに、食事内容があげられます。少ない量の食事だとしても高カロリーのものばかり食べていたら、なかなか痩せられません。食べる量を減らすだけではなく、どのようなものを食べるのかという点を踏まえてダイエットに取り組むことが大切です。

偏った食事やちょこちょこ食べはNG!

特定の食品を多くとるなど、偏った食事によるダイエットに取り組む方も多くいます。ですが偏った食事というのは、栄養素も偏ってしまうので注意が必要です。特に10代のダイエットの場合、体が多くの栄養素を必要としている時期に偏った食事をするのはNGです。栄養素が偏ってしまうと、体の活動に必要なエネルギーが足りず、体調を崩してしまうかもしれません。

また毎日の食事には気を使っているものの、ちょこちょこ食べをしてしまうという方も多くいます。ですがダイエットにおいて、ちょこちょこ食べにも注意が必要です。ちょこちょこ食べは、自分では少しの量の間食のつもりでも、いつの間にか食べ過ぎていて、カロリーを取りすぎてしまうこともあるのです。

食事制限だけでは痩せない?運動が必要な理由

ダイエットのためには食事制限だけで十分だと思っている方も多くいます。ですが健康的に痩せたい、リバウンドの少ない方法で痩せたいと考えているのであれば、運動を取り入れることも忘れてはいけません。運動を取り入れることの大切さの理由となるのが、摂取カロリーと消費カロリーの問題です。

人々が食べたものが摂取カロリーなら、活動することによって消費されるのが消費カロリーです。そしてダイエットをするためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることが必要不可欠です。

ですが摂取カロリーを減らすと、体に必要な栄養素が不足してしまうかもしれません。そこで運動を取り入れて、消費カロリーを増やし、健康に気をつけながらダイエットに取り組めるようにしましょう。

痩せない原因は病気の可能性も考えられる?

摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが多いはずなのに、どうしても痩せることができないという方もいます。そのような方は、さらなる食事制限に取り組むのではなく、一度自分の健康状態についてチェックすることも大切です。もしかしたら痩せない原因は、体の不調に関係しているのかもしれません。

人によっては甲状腺機能低下症や低体温症などの病気で、ダイエットを始めても痩せられないということもあります。またストレスが原因でダイエットが失敗しているということもあるので、心配な点があったら早めに病院で診察してもらうことも大切です。

ダイエットはあくまで健康第一に取り組むことが大切です。痩せられない原因をはっきりさせるためにも、自分の体調管理を行うことを忘れないようにしましょう。

どうして痩せないの?原因をチェックしてみよう

ダイエットに失敗する原因というのは、病気だけではありません。どのような理由で失敗しているのかは、人によって異なります。そのため自分のダイエットの状況を思い返して、なぜ痩せることができないのか考えていきましょう。

ダイエットを行っても痩せない方の原因の1つに、ダイエットの方法自体が間違っているということも多くあります。間違ったダイエット方法を実践すると、痩せるどころか太ってしまうこともあるので、正しい方法でダイエットに取り組みましょう。

また自分では食事をしっかりとっているつもりでも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足していることが原因で、痩せないという方もいます。そこでダイエットがうまくいかないときには、食事内容を見直してみることも大切です。

痩せない原因の撃退方法

痩せない原因がわかったら、どのように対処したらいいのか考えてダイエットの成功へとつなげられるようにしましょう。例えば人によっては、体温が低い、筋肉量が少ないなどの理由で、基礎代謝が低いということもあります。基礎代謝が低いと、消費カロリーも少ないためダイエットで成功しにくいのです。

体温が低いことが原因で痩せられない方は、体を冷やさないように洋服を一枚多く着る、温かい飲み物を飲むなどの方法で対応しましょう。また筋肉量が低いことが原因である場合には、少しでいいので運動する量を増やすことも大切です。

インナーマッスルを鍛えるだけでも、痩せない原因を撃退するために役立ちます。自分の原因を把握して、正しい対処方法を実践できるようにしましょう。

下半身が太る?食べないダイエット

摂取カロリーを抑えるために、食べないダイエットを選択する方も多くいます。ですがこのダイエット方法というのは、リバウンドしやすいので注意が必要です。食べないダイエットというのは、食事制限をしている間は、体重は減ります。ですが食べる量を今まで通りにした場合、元の体重に戻りやすいのです。そして体重が戻るとき、最も脂肪がつきやすいのが下半身です。

下半身がリバウンドで太ってしまうと、また同じようにダイエットに取り組む方も多いでしょう。ですが食事制限を何度も繰り返していくと、痩せにくい体になってしまうので注意が必要です。また下半身太りだけ解消したくても、痩せたい箇所を思うように痩せるというのは簡単なことではありません。

食べないダイエットは老化の原因に?

若い頃は運動でダイエットができたものの、年齢を重ねるにつれて運動によるダイエットは無理だと考える方も多くいます。ですが年齢を重ねたときだからこそ、食べないダイエットには注意が必要です。

10代の方の食事制限の場合、体を成長させるエネルギーが不足してしまいます。一方で30代以降の食事制限というのは、肌のハリやツヤを保つために必要な栄養素が不足してしまって、老化の原因になってしまうのです。

食事制限で痩せることができたとしても、肌のハリが失われる、もしくはシワが増えてしまったら意味がありません。美しい状態を保ちつつ健康に痩せるためにも、食べないダイエットは控え、運動を取り入れるダイエットを選択することも大切です。

全く食べないとどうなってしまうのか

ダイエットのために全く食べないという選択肢を取る方も見られます。ですが全く食べないという選択肢は、体調を崩す原因になりやすいので注意が必要です。

人々の体は、食事から摂取したエネルギーによって活動を維持しています。摂取するエネルギーが0になると、体内の脂肪を消費することになりますが、飢餓の状態が続くと命に関わる可能性もあります。

また今までたくさん食べていた方は、急に食べない状態を作り出すとストレスの原因になるかもしれません。全く食べない期間は痩せられたとしても、ストレスがたまっていると、ダイエットを辞めたらすぐに暴飲暴食をしてしまい、元の体重よりも太ってしまうこともあります。健康に気を付けるためにも、全く食べないという選択肢には注意が必要です。

適度な断食はダイエット効果あり!

全く食べないダイエット方法に注意が必要とはいっても、断食によるダイエットを実践している方も多くいます。全く食べないのではなく、適度な断食によるダイエットであれば、効果が期待できます。

普段たくさん食べている方は、自然と胃が大きくなっています。そこで適度な断食を行うと、胃の中を一度空にして、胃が小さくなります。また断食を行うことで体内の老廃物を排出し、脂肪の消費を促せます。

ただし断食によるダイエットを行う場合には、あくまで適度な断食を行うという点を忘れてはいけません。間違った断食のやり方だと体調を崩してしまう原因にもなります。正しい断食ダイエットの方法を把握したうえで、健康的に痩せられるようにしましょう。