食べる時によく噛むことを意識するだけで痩せる!咀嚼ダイエット

ダイエットというと難しいイメージを持っている人は多いです。食事制限をしたり毎日適度な運動をしなければならず、身体にも負担が大きいです。特に太りやすいという人は食事量が多かったり、運動が苦手というケースがあります。食事の場合にはカロリーや糖質を制限したり、運動をするときにはウォーキングやジョギングをしてカロリーを消費するのですが、いきなり始めるのは難しいです。

急激にダイエットを始めてしまうと、リバウンドを起こすケースもあるので気をつけましょう。現在では多くのダイエット方法があるので試してみましょう。その中でも気軽にダイエットを始めたいという人に向いているのが咀嚼ダイエットで、食事をするときにすぐに始められるのが特徴です。

咀嚼する事でダイエットになる?

咀嚼ダイエットとは、食事の際に食べ物をよく噛む事で体重を落とす方法です。口の中に食べ物を入れたら、右と左で目安として30回噛む事で、満腹中枢が刺激されて少しの食事で満足感があります。

また、咀嚼ダイエットは体重が落ちるだけでない嬉しい効果がたくさんあります。まず、噛む事で顔の筋肉が引き締まり小顔になれます。小顔になれるだけでも美容面が気になる女性には嬉しいですが、小顔の他にも美肌効果もあります。噛む事で唾液がたくさん分泌されるのですが、唾液には若返りの効果があるとされるパロチンという物質が含まれています。

パロチンは、肌だけでなく髪の毛、歯や骨にも作用しますので唾液の分泌がどれほど大切か分かって頂けると思います。また、咀嚼をする事でリラックスした気分になれ、ストレスを和らげます。唾液には、若返り効果があるパロチンだけでなくセロトニンという自律神経をリラックスさせる物質も含まれています。

また、咀嚼ダイエットは体重制限や運動で体重を落とすわけではないので、リバウンドもしにくいといえます。リバウンドはダイエットにはつきものと言えるかもしれませんが、咀嚼ダイエットは噛むという毎日の習慣で痩せる方法です。ですので一度しっかり噛むという事を習慣にしてしまえばリバウンドもしにくいといえます。

咀嚼ダイエットは、なぜ満腹感がえられるのか

しっかりと咀嚼する事で、満腹中枢が刺激されて少しの食事で満腹感がえられるのが咀嚼ダイエットです。ですが、そもそもなぜ噛む事で満腹になるのでしょうか。

満腹中枢は、脳の下の方にある器官です。満腹中枢は食事を摂ると増える血糖値の上昇を感知します。血糖値の上昇を感知した後、必要なエネルギー量をコントロールするのですが、体を動かすのに充分なエネルギーが得られたと感じると食欲をストップさせます。

満腹中枢が血糖値の上昇を感じて食欲をコントロールするのに、およそ20分かかると言われています。早食いの方が太りやすいとされるのは、この20分の間に食事を終えてしまうので満腹中枢があまり刺激されません。ですので、すぐにお腹が空いてしまいます。その為に、余分に食べ物を摂取してしまい、その結果カロリーも過剰に摂取してしまうのです。

咀嚼をする事で、ヒスタミンという脳内物質が分泌されるのですが、このヒスタミンも満腹中枢を刺激する物質です。あまり噛まないと当然充分な量のヒスタミンが出ませんので、満腹中枢への刺激も少なくなってしまいます。満腹中枢は食事の際の血糖値の上昇と咀嚼することで分泌されるヒスタミンで刺激されます。

咀嚼ダイエットと満腹中枢との関係

咀嚼ダイエットは、満腹中枢への刺激がダイエット成功への鍵と言えます。なぜ、咀嚼によって満腹中枢が刺激されるのでしょうか。満腹中枢が、咀嚼によって刺激されるとセロトニンという脳内物質が分泌されます。このセロトニンは、食欲を抑える物質で咀嚼が足りないとあまり脳内で分泌されないのです。その結果、食事に時間をかけない、早食いをする癖がある人はセロトニンの分泌が低く、満腹中枢が刺激されないのです。

食べても食べても満腹感がえられないと、必要以上に短時間で食事をしたり、お菓子などの間食をしてしまいます。お菓子などは一個が高カロリーな物も多くこうしてカロリーを過剰に取ってしまうと、太ってしまう原因になります。よく噛む事でセロトニンの分泌を活性化させ、満腹中枢を刺激し食欲を抑える事が出来ます。

満腹中枢は噛む事で刺激されますが、噛む事はカロリーの摂取も抑制する事が出来ます。例えば食事の前にガムを噛んでから食事をすると、満腹中枢が刺激されていますので食事量が少なくすみます。カロリーの摂取量が少ないという事はそのままダイエットに繋がります。

咀嚼と満腹中枢は、ダイエットを成功させるために切っても切れない関係と言えます。

咀嚼ダイエット、一番最適な噛む回数は?

咀嚼ダイエットは、よく噛む事で食事量が少なくても満腹感を得られるダイエット方法です。では、噛む回数を増やせばその分ダイエット効果が高まるかと言えば、そうではありません。目安とされるのは、だいたい30回です。30回から増えてくると、顔の動かし過ぎで顎関節症になる危険性もあります。

また、噛む事で顔の筋肉が鍛えられて小顔になれる嬉しいメリットがあるのですが、より多く噛んで小顔になろうと思っても、噛み過ぎは逆に顔が大きくなってしまいます。動かす事で顔の筋肉が張ってしまうからです。噛む回数で体重の変化と顔の変化を調べる実験では、目安とされる30回を超えて噛んでいた人達と、50回程噛んでいた人達で差が見られたという報告があります。

30回噛んでいた人達は、50回噛んでいた人達よりも体重の減少が少なかったのですが小顔になれた方が多く、また50回噛んでいた方は体重は30回噛んでいた方よりも、体重は減少したのですが、逆に顔が大きくなってしまった方が多かったのです。

この事から、咀嚼ダイエットに最適な咀嚼の回数はだいたい30回が目安となっています。それより少なくても、咀嚼が不十分になり胃や腸に負担がかかります。

咀嚼ダイエットに必要な噛む回数はどう増やす?

噛む事で、簡単にダイエットが出来る咀嚼ダイエットですが、噛む事に慣れていない早食いの方などは最初は慣れるまで違和感があるかもしれません。そのような方が噛む事に慣れて噛む回数を増やすには、ちょっとしたコツがあります。

まずは、料理をする方なら食材を大きく切る事です。大根やにんじん、かぼちゃなどの根菜は乱切りやぶつ切りで大きくすると食べごたえが出てきます。また、ご飯に雑穀などを混ぜると噛み応えがアップします。第三の朝食とも言われているフルーツグラノーラなども噛み応えがある食材です。

そして、食べるときですが一度食べ物を口に入れたら、箸を一度置く事もおすすめです。噛みながら箸を持っていると無意識のうちにまだ口の中に物が残っているのに、またもう一口と箸をすすめたくなるものです。箸を置いたり、また利き手と逆の手で箸を持ったりすると、不自由さで箸がすすまなくなり、噛む回数を増やすという技もあります。

噛む回数が大切な咀嚼ダイエットですが、しっかり噛むには食事にかける時間に余裕を増やす事も大切な事です。時間に余裕がなければどうしても早食いになってしまいます。噛む回数は、慣れと少しの工夫と時間の余裕で増やす事が出来ます。

咀嚼ダイエットで変わる身体の変化

咀嚼ダイエットは、噛む回数を増やすことで体重が減少します。それだけではなく体に様々な変化が現れます。まずは、顔の変化です。顔の筋肉は使う事で引き締まるので顔が小さくなります。特に女性で小顔に憧れない方はいません。これは嬉しい変化です。

後は、噛む回数が増える事で唾液がたくさん分泌されるのでお口の中も健康的になります。唾液が足りないと口の中では口臭や虫歯の原因になる菌が繁殖しやすくなっています。菌が繁殖すると歯についていた汚れが分解される時に口臭となってしまうのですが、唾液が充分に分泌されるとお口の中を殺菌してくれるので口臭などの予防もしてくれます。

唾液の中には若返りが期待出来るパロチンと呼ばれる物質が分泌されています。このパロチンの働きによって歯や歯茎も健康的になります。歯や歯茎が健康でなければしっかりと噛むことが出来ませんので、とても大切です。

またパロチンは髪や肌にも作用します。小さな子供、特に赤ん坊はとてもよだれが多いですが肌は本当に綺麗です。赤ん坊の肌が綺麗なのもパロチンによるものです。

また噛む事で食事の時に燃焼する脂肪の量が増えます。脂肪の燃焼は身体が温まっていると燃焼しやすいのですが、よく噛む事で身体が温まり、脂肪が燃焼しやすくなります。

咀嚼を取り入れるダイエット効果

ダイエットに最適と言われている流動食は固形食品と比べた場合、栄養分はそのままでカロリーが抑えられているタイプが多くあります。肥満のメカニズムの中にはカロリー消費量が多い、夜遅い時間に食事をする事が多かったり、食後にお菓子を食べたり、間食する事が多いなどの特徴を持ちます。

成人の摂取カロリー量の目安は1日当たり1800kcal~2200kcalと言われており、このカロリー量の中で1日の食事を考える事が健康維持に繋がるわけです。特に、ダイエット中はカロリー量を考慮した食生活を送る必要があるため、流動食やカロリーが低い固形食で食事を考えたいと言う人は多いと言えましょう。

咀嚼を心がける事もダイエットには重要です。咀嚼とは良く噛んで食べるなどの意味を持ちます。人よりも自分は食事する時間が短いと言う人は多いのではないでしょうか。例えば、友達同士で食事に出掛けた時、他の人はまだ食べ終えていないのに、自分だけ終わってしまうなどです。

これはあまり噛んで食べないなど、肥満の原因にも繋がります。咀嚼を行う事は少ない量でも満腹感を得られる、固定食などの場合も良く噛んで食べれば少ない量で満足感が出て来るのでカロリーだけでなく食べる量を減らせる効果を期待出来ます。

咀嚼ダイエットを成功する為に実施する事は?

咀嚼ダイエットは、特別な器具や我慢がいらないお手軽なダイエット方法といえます。必要な事は、毎日の食事時に噛む事を意識すればいいだけですが、より実施しやすくするには工夫が必要です。

まず、食べ物をしっかりと噛む事が咀嚼ダイエットの要ですが、現代の食事はどちらかといえば柔らかいものが多いと言えるでしょう。そこで、まず噛み応えのある食事を用意する必要があります。例えば、白米に雑穀や玄米などを混ぜて過見応えをアップしたり、固い大根や人参などの根菜類を煮物にしたり、パン食がお好きな方なら固めのフランスパンなどがおすすめです。

後は、一緒に食事している家族や友人に咀嚼ダイエットをしているとあらかじめ伝えておくのも良い方法です。早食いの習慣がある方は一人で食事をしていると、いつも通りの早食いになってしまいがちです。そこで、あらかじめ他の方に伝えておけば、早食いになっていたり咀嚼が少なくなっている事を指摘してもらうのです。

どのダイエットもそうですが、一人でしていると長続きしにくいといえます。一緒にやってくれる人がいたり、励ましたり叱ってくれる人がいる方が長く続けられます。周りを巻き込んで、体重減少を成功させましょう。

咀嚼ダイエットに向いている料理

咀嚼ダイエットにおすすめなのは、もちろん「噛む回数が増える料理」です。噛みごたえのある食材を使った料理は自然と噛む回数が増えて、咀嚼ダイエットの効果を高めてくれます。ついつい噛まないで飲み込んでしまう癖があるという方でも、できるだけ噛みごたえのある料理にすれば、意識せずに噛む回数を増やせるのでおすすめです。

切干大根・スルメ・ニンジンを、しょうゆとみりんや砂糖で煮付けた料理は、噛む回数を増やせるだけでなく低カロリーでダイエット食向けとなっています。歯ごたえのある野菜で作る根菜サラダも良いでしょう。ニンジン・じゃがいも・レンコン・ゴボウ・キャベツといった、噛みごたえのある野菜を茹でてドレッシングをかけて食べる料理です。茹でる時に少し芯が残るようにすれば、より歯ごたえのある食感となります。

パスタは噛む回数が少ない料理と言われる事もありますが、イカや貝類が入ったシーフードパスタであれば噛みごたえがアップします。ご飯も白米に玄米をプラスすると、咀嚼回数が増えるのでおすすめです。さらに増やすにはタコを入れて、炊き込みご飯にしてみましょう。魚介類の中でも特に歯ごたえのあるタコを入れる事で、より咀嚼回数を増やせます。

たるみ予防や小顔効果も

簡単に行なうことができる咀嚼ダイエットには、美容面へのメリットが多数あります。噛むことによって顔の筋肉が鍛えられるため、表情筋のたるみからくる様々な美容トラブルを防ぐことが出来るのです。顔にたるみやシワなどの加齢トラブルが生じてしまう原因の一つに、表情筋の衰えがあります。

顔の筋力が低下してしまうと重力に逆らえなくなり、頬や顎のラインがたるんでしまいがちです。また筋力の低下によって血行が滞りやすくなるため、むくみが生じて顔が大きく見えてしまう場合もあります。意識的に咀嚼をして筋肉を鍛えれば、顔全体が引き締まり小顔効果を得ることが出来るのです。

またしっかりと咀嚼をすると唾液が分泌されやすくなるため、消化が促進され胃や腸への負担を下げることができます。腸内環境を整えることにつながりますので、肌を美しくする効果も期待できるのです。また正しい咀嚼は顎や頭部の骨にも良い影響があり、歯並びを綺麗にするといわれています。

美容についても様々な効果を持つ咀嚼ダイエットは、続けやすいというメリットも持っています。簡単な上に費用が一切かからないダイエット方法ですから、無理なく毎日継続していくことが出来るのです。

咀嚼ダイエットはやりすぎ注意

咀嚼ダイエットは毎日の食事で必ず行う噛むことを重視するダイエット法のことです。噛むことで口の中全体の神経を刺激することによって、脳内で心を満足させる神経物質が分泌されるので食べすぎを防ぐことができます。さらに全身の筋肉の中でも意外に口の中は発達しているので、それを咀嚼によって鍛えることで代謝が促進され脂肪燃焼効果を発揮します。

このように食べ物を食べたときに咀嚼を重視するだけで痩せやすい体にできることに加えて、食べて太ってしまうことを考える場合でもカロリーを摂取しないキシリトール入りのガムや低カロリーのこんにゃく製品でもよいので手軽なのが利点です。しかし実際に咀嚼ダイエットを行う際の注意点があり、それは噛みすぎることです。

噛むことが目的の咀嚼ダイエットですが、実は噛みすぎるのはよくないです。先に言ったとおりにに口の中は特に筋肉量の多いため、実は顔面にかかる圧力というのは大きいです。そのため噛みすぎると顔面にかかる圧力が顔面と首の骨に悪影響を及ぼしてしまい、それが顔面に行けば顔のゆがみや顎関節症を引き起こしそして首のゆがみは寝違いや腰痛と肩こりなどを引き起こしてしまいます。

その状態にならないためにも噛むことが重要ですが、実際に行うときには一口を20回から初めて最終的には30回で終われるようにするのが理想です。

咀嚼ダイエット

運動する時間が無い方や食事制限をしたくない方にも咀嚼ダイエットはお勧めです。咀嚼ダイエットなら噛む回数を増やして食事を行うだけで誰でも簡単にする事が出来るので、続けて行く事が難しくありません。今までダイエットで挫折した経験がある方にも咀嚼ダイエットはお勧めです。

食べる時によく噛むだけなので、初めは噛む回数を意識する必要がありますが、慣れてしまうと当たり前の様に咀嚼ダイエットを行うことが出来ます。外食でも自炊でも関係なく行うことができるので、自宅でも職場でも場所を問わずに実践する事が可能です。食事制限の様に我慢をする必要もないので、我慢が苦手な方にもお勧めの方法になります。

他にも食べる量が多くて悩んでいる方にも適している方法と言えます。咀嚼回数が増えてくると満腹中枢が働くようになるので、少しの量でも満腹感を感じる事が出来るようになり、ドカ食いする事もなくなりますので、自然と食べる量も減ってきます。

満腹になるまで食べ続けてしまう方には一度は試してみる様にすると今までの半分の量で満足できるようになるので、暴飲暴食をしてしまう方にも是非試して頂きたい方法です。また小顔にもなるので、顔を小さくしたいと考えている方にもお勧めです。

こんな方は咀嚼ダイエット向きじゃない?

咀嚼ダイエットは、食べ物をしっかりと噛む事が一番大切です。噛む事によって満腹中枢が刺激され、少しの食事でもお腹がいっぱいになり、大食いを予防してくれます。目安としてだいたい30回噛む事で、体重減少だけでなく、脂肪燃焼や顔が小さくなるなどのメリットを得る事が出来ます。

また、方法も簡単です。甘い物を食べてはいけない、炭水化物を食べてはいけないなどの食事制限もありません。ジョギングをしたり、スポーツジムなどに行き激しい運動をする必要もありません。噛むだけで手軽に出来るのですが、咀嚼ダイエットに向かない方もいます。それは早食いな方です。早食いは、よく噛まないので満腹中枢があまり刺激されません。

それだけでなく、噛まない事で胃や腸の消化器官に負担がかかり、下痢や便秘などの諸症状が出てきます。後は、成果を早く望む方も咀嚼ダイエットには向かないといえます。食事をしっかり、ゆっくりと噛むだけのダイエットですので、食事制限や激しい運動のように短期間で体重減少の成果が出てくるわけではありません。

毎日の食事で気がつけば少しずつ痩せていくゆっくりとしたダイエット方法ですので、物足りなく感じる方はいらっしゃるかもしれません。

メリットたくさんの咀嚼ダイエットを続けるには

咀嚼という毎日の食事の習慣に少し気をつけるだけで、体重を減少させる事が出来るのが咀嚼ダイエットです。よく噛む事は体重の減少だけでなく、噛む事で得られる小顔効果や美肌効果、脂肪燃焼効果など付随するメリットがあります。

他にも、よく噛んだ食べ物は胃や腸で消化がしやすく負担が少ないため、便秘の改善が期待出来ますし、噛む事で脳が活性化されて記憶力や認知能力のアップも期待出来ます。

咀嚼ダイエットは、糖質制限などの食事制限やきつい運動が必要がない方法です。その分長く続けやすいといえますが、少しの工夫でもっと長続きしやすくなります。

例えば、自分の好きな食材を少し大きめに切って、料理をし、食べる時に大きく口を開いて食材を噛める様に切り方を工夫してみましょう。大根やれんこん、にんじんなどの根菜は噛みごたえがあるのでダイエットを手助けしてくれます。

他にも、よく噛むという事はゆっくり食事をするという事です。ゆっくりと食事をする為には時間的な余裕も必要で、早食いはダイエットの大敵といえます。朝はいつもより早く起きたり、夕飯前に下ごしらえをしておくなどの準備をしておく事が、咀嚼ダイエットを長く続けるコツといえます。

咀嚼ダイエットをするときに注意すること

咀嚼ダイエットは、食べ物をしっかりと噛む事で満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防止する事で体重を減らすダイエットです。その効果は体重を減らすだけではなく、小顔効果や脳の活性化など様々でメリットがたくさんありますが、注意する点もあります。

よく噛む事がこのダイエットには大切ですが、左右どちらかで偏って噛み続ける噛み癖がある方は、顔の筋肉バランスが崩れてしまうので、顔が歪んでしまいます。鏡で顔を正面から見た時に、眉山の高さや左右の唇の高さが違うと顔が歪んでいるといえます。

顔の筋肉の偏りは、そのまま体の歪みにも通じやすく、肩こりや頭痛などの症状を引き起こす原因にもなってしまいます。食べ物を口に入れてから、右で30回、左で30回を目安にして意識して咀嚼するようにしましょう。

また、噛むほど痩せるならたくさん噛んだ方がダイエット効果が期待出来ると思われがちですが、目安の30回を超えて噛み続けると逆に顔の筋肉が張ってしまい、ダイエット効果は小顔効果は期待出来なくなる可能性があります。

咀嚼する事で、体重減少効果と小顔効果を両方手に入れたいのなら、あまり長く噛みすぎない30回を目安に、片側だけでなく両方の顎で噛む様にしましょう。