食事制限がポイント!3週間で効果が出る効果的なダイエット方法

3週間ダイエットはきっちりと食事制限をして、さらに運動を組み合わせていくことによって、痩せることが可能なダイエット方法です。3週間という短期間で痩せるためには、きっちりと食事制限をしていく必要があります。

どんな人におススメ?3週間ダイエット

3週間ダイエットはどのような人におすすめかというと、体重が減るだけじゃなく見た目からきれいに痩せたい人、リバウンドなしで健康的に痩せたい人、2kgから3kgの減量よりも痩せたい人にとくにおすすめのダイエット方法です。

食事と運動のバランスがとれている3週間ダイエットを実施しましょう。3週間ダイエットはダイエット期間としては非常に短いものです。しかし運動を食事を改善すれば痩せることは可能な期間になります。

短期間のダイエットで重要なのは、食事制限を中心としたダイエットをするということになります。どれだけカロリーのコントロールが出来るかどうか、またそれにプラスして運動を取り入れることも需要になってきます。

どうして痩せないの?3週間たっても体重が減らない理由

3週間経っても体重が減らない理由として考えられるのは、食事をとりすぎている可能性が高いです。3週間ダイエットで効果を感じることが出来ない人は、食事制限の方法を見直す必要があると言えます。

たとえば糖質制限ダイエットは効果を感じる確率は非常に高いものの、もともと炭水化物をあまり食べていない人には効果を感じにくいのです。そこで夜の食事をスムージーなどに一食置き換えてしまうと、短期間で結果が出やすくなります。

3週間ダイエットで結果が出ないのはその方法に問題があるのです。正しくダイエットをすれが3週間で痩せることは可能なのです。3週間たっても体重が減らない人は、運動内容よりも食事内容を見直す必要があります。

激痩せはリバウンドのもとに3週間ダイエットの理想の減量ペース

急激なダイエットはリバウンドを招いてしまいます。また女性の場合は生理不順などになってしまったり、髪の毛は肌の調子が悪くなってしまう人も出てきてしまいます。3週間ダイエットの理想の減量ペースですが、現在の体重の5パーセントまでが理想の減量ペースになります。

体重が70キロある人は、3.5キロまでということになります。これ以上の減量をしてしまうと、リバウンドが起こりやすくなったり生理不順などの症状が出やすくなってしまうので注意が必要です。

一週間で1.1kg落とすことを目安に、一週間単位で考えると成功しやすくなります。日ごとの計測は体調や生理周期などによっても変動が激しいので、一週間単位で達成することを目標にしましょう。

体重計に囚われないで!体重計に乗る回数を減らしてみよう

一日に何回も体重計で体重をチェックしてしまう人は、3週間ダイエットが成功しない人が多いです。数字に固執してしまうことによって、ダイエットがおろそかになっている場合があるので注意が必要です。体重計に乗って減ってると喜んだり、増えてるとがっかりするのは時間の無駄です。

自分のモチベーションを下げてしまう原因にもなるのです。体重はその日のコンディション、食事の量などによっても変化するものなのです。その日の体重によって意識が左右されてしまうようなら、体重計に乗るのは一日に一回と決めることも大切なポイントです。

そこで大事なのは毎日同じ時間に計測をするということです。人間は一日の中でも体重の増減があるので、毎日同じ時間に計測することが大切です。

食事?運動?3週間ダイエット成功の秘訣は絞ること

3週間ダイエットの成功の秘訣は絞ることです。3週間と短期間の場合は一番重要なのは食事の内容になります。食事制限をすることがメインの方が成功しやすいのです。もちろん食事制限にプラスして運動をすることも大切です。

しかしいきなり厳しい食事制限と運動を両方ともパーフェクトにこなせる人は、はなから太っていません。まずはきっちりと食事制限を成功させて、その上で出来ることから運動を取り入れていくことをおすすめします。

激しい食事制限をしてしまうと、筋肉が落ちてしまう可能性が高まる為、筋トレに至ってはダイエット中も、ダイエット終了後も非常に重要になってくるので注意が必要です。しっかりと食事制限をしながら、無理のない範囲で運動を取り入れていきましょう。

3週間で効果を出す!置き換えダイエットのおススメは?

3週間ダイエットで確実に効果を出す為には、置き換えダイエットがおすすめです。置き換えるのであれば、朝食や昼食よりも夕食を置き換えることをおすすめします。最近ではスムージーなど置き換えダイエット食品が手に入りやすくなっているので、まずは夕食を置き換えることから始めてみましょう。

いきなり夕食を置き換えることに抵抗がある人は、休日の昼食を野菜スープに置き換えてみたり、休日の朝食をスムージーに置き換えてみたりすることもおすすめです。1食置き換えることで体調はどのような変化をするのか、注意深く観察してみましょう。

置き換えになれてきたら平日の夜ご飯を置き換えダイエットしてみることをおすすめします。夜ご飯を食べ過ぎるとどうしても太ってしまいがちだからです。

ダイエット効果を高めるために食事プラスでできること

ダイエット効果を高めるために食事プラスで出来ることですが、食事を取る時間も重要です。できれば18時くらいまでに夕飯を終了させると良いでしょう。実は17時が理想です。食事の食べ方も重要です。まずは野菜から食べるようにして、もちろんしっかりと噛みます。食事にプラスしてできることはやはり運動になります。

運動でおすすめなのは有酸素運動です。有酸素運動を20分以上行うことがおすすめです。食事制限を行った上での20分以上の有酸素運動はかなり効率的にダイエットを行うことが可能です。

いきなり有酸素運動は厳しいという人は、筋トレなどからでも運動を行うようにしましょう。ダイエットによる筋肉が弱まることを防止することが出来ます。

ダイエットとサプリで痩せやすい体をつくろう

ダイエットサプリを利用してやせやすい身体を作っていくこともおすすめです。ダイエットサプリには様々な種類があるので、自分の身体に合ったタイプのものを摂取するようにしましょう。例えば酵素は、消化・吸収・代謝の機能をスムーズにすることが可能です。

体内でも作られている成分ですが、加齢と共に減少していってしまうので、サプリメントで酵素を補給してあげることによって、痩せやすい身体を作ることが可能となってきます。

酵素は熱に弱いので食物から摂取するよりもサプリメントから摂取することをおすすめします。基礎代謝を高めてくれる成分はビタミンBとビタミンDになります。これらは筋肉が衰えるのを防止する働きも持っているのでダイエット中にはおすすめです。

むくみを撃退!リンパの巡りを整えるマッサージの方法

むくみが酷いとそれだけで太ってしまっている場合があるので、リンパのめぐりを整えるマッサージを追加することをおすすめします。むくみは身体の中の水分調節が上手く行かずに、皮膚の下に水分が溜まってしまう現象のことです。足のむくみを取るリンパマッサージの方法ですが、足の裏の中心を親指で押します。

足の甲を全体的に軽く横に流していきます。足の指を一本ずつ丁寧に揉みます。足首から膝の裏へふくらはぎを指の腹でさすります。膝から上へむかって、太ももの内側を手のひらで圧をかけてさすります。

顔のむくみをとるリンパマッサージの方法ですが、鎖骨の下にそって内から外へ指の腹を使用してリンパを流します。指先を使用して口角・頬・目の下・耳の下・輪郭を内側から外にむかってマッサージします。

ポイントはリバウンド防止!3週間ダイエットの極意

リバウンドが起きてしまうのは、ホメオスタシスという性質が原因です。ホメオスタシスとは体内環境を一定に保とうとする防衛反応になります。3週間ダイエットを成功させるには、ホメオスタシスの仕組みに基づいて対策をしていくことが重要となります。

3週間ダイエットの直後は、すぐに元通りの食生活に戻してしまうとリバウンドしてしまうので、ダイエット終了から一ヶ月間かけて、もとの食生活にゆっくりと戻していくことが大切です。

3週間ダイエットのあとは筋肉が減少していることが考えられるので、ダイエット中から、ダイエット終了後も重要なのは筋トレを行うことです。夜はとくに摂取カロリーを減らすことが重要で、良く噛んで食べることをおすすめします。