緊急!早く痩せるためには「ながら運動」や「有酸素運動」がおすすめ

ついつい食べ過ぎたりお菓子を食べ過ぎたりして、いつの間にか太ってしまったと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。出来ればすぐにダイエットをしたいところですが、一番早く痩せる方法はどんなものがあるのでしょうか。

痩せるには目標設定が大事

効果的に体重を減らしていくためには、はっきりとした目標体重を設定することが大切です。ダイエットは時間がかかるケースが多く、始めた当初はなかなか思うように体重も減っていきません。

目標体重を設定しないままダイエットを始めてしまうと、なかなか減らない体重にモチベーションも下がってしまい、途中で挫折してしまう可能性が高くなります。元の体重にもよりますが、1ヶ月で3キロ程度など無理のない範囲で目標を決め、まずはそれを達成することを目指して頑張りましょう。

あまりに無理な目標にすると身体に負担をかけてしまいますし、何よりプレッシャーが大きくなってストレスも溜まってしまいます。早く痩せることも大切ですが、それ以上にくじけずに挑戦できる目標にするよう心がけましょう。

1番早く痩せる運動方法

ダイエットに適している運動は様々な種類がありますが、その中でも最も早く痩せられる運動と言えば水泳がお勧めです。身体にたっぷりと蓄積した脂肪をスムーズに燃焼させていくには有酸素運動が最適なのですが、酸素をしっかり補給しながら適度な負荷で長時間続けられ、なおかつ運動量も多いという点で考えると水泳が理想的だと言えるのです。

水泳は陸上と違って水の中で運動するので、抵抗力が増して消費カロリーも多くなります。しかも泳ぐには体の一部分だけでなく全身を使う必要があるため、全体的なシェイプアップが可能になります。他の運動と比べて消費カロリーもかなり高いので、少しでも早く痩せたい場合は毎日水泳を実践してみると良いでしょう。

有酸素運動に適した時間帯

ダイエットには有酸素運動が最適なのですが、どの時間帯に運動をすれば良いかという決まりは特にありません。時間帯よりも、運動を継続する時間の方が重要だと言えます。通常、私たちが運動をすると血液中に存在するエネルギーが優先して消費されます。

血液中のエネルギーが全て消費されると、次に蓄積された脂肪を溶かしてエネルギー源として使用していくのです。つまり、ダイエットするためには血液中のエネルギーを全て使い切るまで運動を継続することが重要なのです。

一般的に運動開始後30分程度は血液中のエネルギーが使われると言われているため、痩せたいなら最低でも30分以上は運動を続ける必要があります。有酸素運動は負荷が軽いので長時間続けられるというメリットがあり、この点からもダイエットに向いています。

ながら運動を常に意識しよう

ダイエットと聞くとまず食事制限を思い浮かべる人が多いでしょうが、それと同様に毎日続けられる運動も非常に大きな役割を果たします。30分以上の有酸素運動を毎日行うのが基本ですが、それ以外にも日常生活の中でながら運動を常に心がけることで脂肪燃焼効率をアップさせることができるでしょう。

ながら運動は決して難しいものではなく、例えば食器洗いや歯磨きをしている間につま先立ちをしてふくらはぎを鍛えたり、エレベーターを使わず階段を上り下りする、テレビを見ている時に背中を椅子や壁に着けず腹筋を鍛えるなど、様々な方法が挙げられます。このように常に運動する意識を持っておくことで、普通にダイエットをするよりも早く脂肪を落とすことができるようになります。

1番早く痩せるには?食事?

ダイエットに取り組む場合、まず見直さなければならないのが食生活です。脂っこいものや甘いものが大好きで食べ過ぎていたり、外食ばかりしている人はカロリーを過剰に摂取している可能性が高く、そのままではとても痩せることはできません。

ダイエットの基本は摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすことなので、バランスの良い食生活に切り替える必要があります。最も早く痩せたいなら、短期間であれば食事を摂らない断食ダイエットが効果的です。

1食や1日だけ何も食べないようにしたり、食べてもスープやゼリー飲料などカロリーの少ないものにします。消費カロリーが最も少なくなるのは夜中なので、夕食で実践するとより効果を得られます。

白湯を飲んで代謝アップ

女性の中には冷え性で悩んでいる人も多いですが、実は冷えはダイエットにとって大きな障害となります。体が冷えてしまうと脂肪も固まりやすくなってしまい、運動をしてもなかなか燃焼されなくなってしまいます。

代謝効率が悪くなってしまうと良いことは無いので、できるだけ冷えを予防したり改善することが重要となります。そのためには身体を温めることが効果的なのですが、毎回お風呂に入っていると時間も手間もかかりすぎてしまいます。

そこで試してほしいのが、普段飲む水分を白湯に変更するということです。温めの白湯を飲むと身体が内部から温められ、胃腸機能や様々な臓器が活性化して代謝も良くなります。より痩せやすい体質にすることができるので、ぜひ実践してみて下さい。

ホットヨーグルトはメリットがたくさんある

ヨーグルトは、乳酸菌や栄養素を豊富に含んだ美容に役立つ食べ物として知られています。一般的には冷蔵庫から取り出して冷えたままの状態で食べるのですが、実は温めた状態で食べるホットヨーグルトというものがあることをご存知でしょうか。

ホットヨーグルトにした場合、冷たいまま食べるよりカルシウムなどの栄養素を吸収しやすくなります。カルシウムには脂肪の蓄積を邪魔する作用があり、この効果を高めることで太りにくい体質にすることができます。

乳酸菌も体温に近い温かい状態の方がより活発に活動してくれますし、温かいものを取り入れることで内臓機能を高めて代謝を上げることもできます。様々なメリットを持っているので、食わず嫌いをすることなく試してみましょう。

ホットヨーグルトの作り方

様々なメリットを持つホットヨーグルトを作るのは非常に簡単で、容器にヨーグルトとハチミツを適量入れて電子レンジで1分程度加熱するだけです。加熱が終わったらスプーンで滑らかになるまでかき混ぜれば完成なので、手間も時間もほとんどかかりません。

加熱時間が長すぎると乳酸菌が死滅してしまうため、人肌以上に熱くならないように注意しておきましょう。また、お腹が空いている時に食べてしまうと、強くなった胃酸のせいで乳酸菌がやはり死滅してしまうため、できるだけ食事の後など胃の中に食べ物が残っている状態の時に食べたほうが効果的です。

使用するヨーグルトの種類は何でも構いませんが、甘すぎる商品はダイエットに不向きなので無糖ヨーグルトがお勧めです。

こまめに体重計に乗ろう

ダイエットを成功させるためには、毎日こまめに体重計に乗ることが欠かせません。体重を把握していないと、つい油断して間食をしてしまったり、モチベーションが長続きしなくなってしまいます。

自分の体重が今どれくらいあるのかを常に知っておくことで、食事の量や運動などをどのように見直せば良いか分かりやすくなり、よりダイエットを成功させられる可能性が高くなります。そのためにも、ただ体重計に乗って体重を確認するだけでなく、毎日の体重の変化をメモ帳などにきちんと記録して管理するようにしましょう。

ただ、体重は食べたものや運動の影響などで1日のうちに数キロ変化することもあるので、できるだけ毎日同じ時間帯に計測するのがポイントです。

満腹感を得やすい酵素ダイエット

ダイエット中にストレスを感じることと言えば、食事制限による空腹感が挙げられます。食べることが好きだった人が急に厳しい食事制限をすると、空腹感が非常に強くなるのでダイエットの継続が難しくなってしまうこともあります。

このため、できるだけ空腹感を感じずに食事制限を行っていきたいところですが、それに役立つのが酵素ダイエットです。酵素は消化吸収機能や代謝効率を高めたり、細胞の酸化を防いでアンチエイジングを可能にするなど様々なメリットをもたらしてくれるので、ダイエット中の栄養補給に最適です。

しかも酵素を混ぜた酵素ドリンクを飲むことで空腹感を満たすことができるため、お腹が空いた時や断食ダイエットを実践する際には欠かせないものだと言えます