食事制限やむくみ対策が必須!1週間で痩せれる短期ダイエット

短期集中で痩せることが出来る1週間ダイエット、そのポイントは徹底した食事管理と適度な運動にあります。短い期間でダイエットが終わればその分、精神的ストレスを軽減できますし、見た目にも大きな変化をもたらすことが可能です。

1週間で痩せられるダイエットとは

ダイエットはできるだけ長く運動や食事制限を続けるものというイメージが強いですが、中には短期間で成果があらわれるタイプのダイエットもあります。

もちろん、痩せるということはそれだけ体に変化が訪れることになります。つまりは、少なからず体に負担がかかるということ、短期間での変化になるとその分体への負担がネックになってしまいます。

一週間で痩せられるダイエットは食事制限と運動を適度に組み合わせて行っていきますが、身体への負担を考慮しながら自分のペースではじめていくことがポイントになってきます。これはダイエット全般に言えることですが、体調を崩してしまえばダイエットの意味もなくなってしまうため、注意が必要になってきます。

最も大事なのが食事管理

一週間で痩せられるダイエットにおいて、もっとも大切になってくるのが食事管理です。普段通りの食事ではなく、摂取カロリーを効率的に減らしていくこと、これによって体重やボディーラインの変化をつけやすくしていきます。

摂取するカロリーを抑えることが出来れば、普段の生活の中で消費するカロリーを他から補うことになります。この時、体に蓄積された脂肪が用いられることによって効果的にダイエット効果を得ることができるわけです。

とはいえ、人間が生きていく上で必要な栄養素はしっかりと取り入れていくことが大切です。栄養素を補いつつ、カロリーだけを制限していくこと、外食は避けできるだけ自炊を心がけることがポイントとなります。

朝はスムージーを飲もう

では、具体的に食事の栄養バランスを保ちながらカロリーだけを抑えていくためにはどうすればいいのでしょうか。バランスのとれた献立を毎回立てていくのも一つの手ですが、仕事や私生活に忙しい人の場合はそれこそ難しいでしょう。

そこでおすすめになってくるのが朝食にスムージーを取り入れる方法です。スムージーには生の野菜や果物など身体に良い成分がまとめて含まれています。食物繊維やビタミン、ミネラル分など、外食では補いきることが出来ない栄養もここで取り入れることが出来ます。

一食をスムージーに置き換えるだけでも、カロリーをかなり抑えることができますし、朝食にスムージーを取り入れることによって胃腸の調子をより良くしていくことも可能になります。

無理をしない程度での運動

ダイエットにはつきものとなる運動、1週間で痩せられるダイエットの場合、激しい運動というよりも健康を維持するための適度な運動がおすすめです。例えば、ウォーキングやジョギングなど、運動が苦手な人でも続けやすい有酸素運動が挙げられます。

有酸素運動はダイエット中の運動として特におすすめで、脂肪を燃焼させることの他、血行促進や代謝アップの効果が期待できます。1週間で痩せられるダイエットの場合もそれは同様で、リバウンドのリスクを減らしていくためにもこうした体質の変化は欠かせません。

ただ食事制限で体重を落としていくよりも、体質の変化にも着目することで身体への負担も多少減らすことが出来ます。短期集中でダイエットをするという人はこの点をしっかり押さえておきましょう。

インナーマッスルを鍛えられるドローインとは

簡単な運動の一つとして最近ではドローンが注目されています。ドローインとは自宅でも簡単にできるダイエットの一つで、背筋を伸ばし、お腹と背中をくっつけるようにしてお腹をへこませていきます。

ポイントとしては、呼吸をゆっくり深くしていくこと、その際、おなか回りの筋肉を意識して部位を動かしていくことを押さえておきましょう。たったこれだけの動きですが、ドローインはインナーマッスルを効率的に鍛えていくことが出来ます。

普段は使うことがないインナーマッスルも鍛えることによって代謝アップにつながります。代謝が上がれば変に激しい運動をしなくても、日常生活の中での動きだけで脂肪を燃焼させることが出来るようになります。

水を体に溜め込まないようにする

短期集中でのダイエットの際には、体の中にむくみ、つまりは余分な水分をため込まないことが大切になってきます。余分な水分が体の中にたまれば、同じように老廃物や脂肪もそこに蓄積されやすい状態になります。

どんなに食事制限や運動によってダイエットを頑張っていたとしても、むくみがひどいようであれば体重を思うように減らすことはできません。そこでおすすめになってくるのがむくみを解消するための食生活、適度なマッサージです。

利尿作用のある食材を積極的に取り入れるようにします。そして足や腕など、むくみがあらわれやすい部位を適度に刺激していくことによって血流を促進して、むくみを解消していきます。これを通常のダイエットと並行していくこと、これが大切です。

時間をかけた入浴でむくみ対策

むくみの解消にはマッサージや食事の改善の他、入浴もおすすめになってきます。比較的ぬるめの温度のお湯にゆっくりと浸かる、時間を十分に使うことで身体を芯部分から温めることが出来ます。

体の芯が温まればそれによって発汗が促され、身体の中の余分な水分も自然と抜けていくことになります。半身浴の場合、水分が排出されるのと同時に体の中の老廃物も一緒に体外に排出することが出来ます。デトックス効果が期待できるため、ダイエットには最適です。

ゆっくりと入浴すれば、その分疲れをいやすこともできます。ダイエット中にイライラしたり疲れを感じるようなことがあれば積極的にこの方法を取り入れるようにするといいでしょう。たったこれだけでもダイエットの成功率をぐんと上げることが出来ます。

薄着になることで消費カロリーを増やせる

消費カロリーを稼ぐためには普段の生活の中でも工夫が必要になってきます。とはいえ、ダイエットにすべての意識を持っていくとその分ストレスも多くなります。そこでおすすめなのが、普段の服装を薄着にすることで消費カロリーを増やしていく方法です。

服装を少し変えるだけで十分な効果が得られるというのであれば、ダイエット初心者でも始めやすいのではないでしょうか。薄着になるだけでどうして痩せられるのかと不思議に思う人もいるでしょうが、実は、薄着になることで人間の身体は自然と体温を上げようとします。その際、エネルギーを多く消費することになるので、結果として消費カロリーをいつも以上に増やすことができるわけです。

暑い夏場であればあまり効果は得られないこともありますが、適度な薄着によって手軽にダイエットが可能になります。

1週間ダイエットで気をつけるべきこと

一週間ダイエットで気を付けておきたいこと、それは体調の変化には注意するという点です。一週間ダイエットは短期間で行う分、食事管理や運動に力が入りすぎてしまう傾向にあります。人によっては体調に変化が出てしまうほど、カロリー制限を徹底してしまったり、激しい運動を取り入れてしまうケースもあります。

もちろん、頑張れば頑張るだけダイエットの効果は得やすくなります。とはいえ、体調を崩してダイエットを途中で断念してしまっては本末転倒となります。また、ダイエットを終えた瞬間に暴飲暴食に走り、リバウンドしてしまうリスクも考えられます。

一週間ダイエットは短期間だからこそ、無理はしないようにする事、これだけはしっかりと押さえておくようにしましょう。

短期ダイエットに必要なのは強いメンタル

短期ダイエットに必要になってくるのは強いメンタルです。長期間続けるダイエットに比べると、短期間ダイエットの方が精神的負担が少ないのではと思われるかもしれませんが、実際はそうではありません。

もちろん、それぞれのケース、体質によって違いは出てきますが、短期間のダイエットだからこそ食事制限や運動もみっちり行うことになります。そうでないと十分なダイエット効果を得ることが出来ないため致し方ないことではありますが、軽い気持ちで続けられるダイエットではないということです。

短期ダイエットを成功させるために、まずはしっかりとした目標を掲げる事、辛いダイエットにも耐えられるだけの強い目的意識を持つことが最も大切になってきます。