食事制限や高温反復浴など!2日間でも効果を実感できるダイエット

ダイエットの効果を早く感じたいというときには2日間ダイエットを行うという人もいます。2日間だけ行う方法ですが、しっかりとその効果を実感することができる方法がいくつかあるということです。なので自分が挑戦したいもので行うといいです。

2日間ダイエットを行う前に準備するべきことは

2日間ダイエットを行う前にはきちんと準備をしておくことがあります。2日間だけ行うダイエット方法はいろいろとありますが、そのなかでも人気が高いのがファスティングダイエットです。2日間のファスティングを行うときには初日の前の日から準備は始まっています。

まず、少しずつ食事の量を減らして体を慣らしていくことが大切です。前日は朝食は普通に、昼ご飯は少し少なめに、そして夜ご飯は消化がいいおかゆや素うどんなどを食べて早めに体を休ませるようにします。

それから2日間ダイエットをはじめることで急激に断食状態になることに体が驚かないようにすることができます。ゆっくりと体に食べ物が少なくなるということを知らせていくようなイメージを考えるとわかりやすいです。

誰でも簡単に2日間でダイエットできるの?

2日間ダイエットは基本的に誰でも行うことができますが、気をつけなければいけないのは持病やひどい貧血などがある場合です。その場合は医者に相談して行うか、つらくなったらすぐにその場でやめることができるようにしておくことが大切です。

2日間ダイエットを集中して行うのでお休みが2日間はある人のほうがこのダイエット方法は実行しやすいです。土日に行うというのもいいですし、平日に2日間お休みがあるという人もこのダイエット方法は行いやすいといえます。

たとえば食事を単独で食べることができるという人などもこの2日間ダイエットを行っても仕事などに影響なくスムーズに行うことができるのでおすすめです。いろいろな2日間ダイエットの方法がありますが、自分が実行しやすいものを行うといいです。

2日間ダイエットのメリット

2日間ダイエットのメリットは、2日間だけ集中すればいいというところです。長期間のダイエットをするのは難しいという人や、短期間ですぐにダイエットの効果を期待したいという人でもきちんと結果を出すことができるというところがいいです。

たとえば週末だけでダイエットをしたいというときや、平日でも行事やイベントまでにダイエットを行いたいというときなどにも2日間だけのダイエットなら焦らなくていいので実行しやすいというのがメリットだといえます。

短期間で集中して体重を減らしたい、すっきりとさせたいというときには2日間だけ行うダイエットという方法は飽きずに行いやすいということで挑戦する人がたくさんいるということです。

2日間ダイエットの注意点は?

2日間ダイエットの注意点はいくつかあります。まず、きちんと準備期間を設けることが大切です。急に断食や食事の量を減らすというのは体が飢餓状態だと勘違いしてしまって痩せにくくなってしまいます。またリバウンドしやすくなってしまうので、少しずつ食事の量を調節する期間が必要です。

また2日間ダイエットが終わった翌日から急に食事を元通りにすると体が食べ物がきたと感じて、また足りなくならないために溜め込もうとすることがあるので少しずつ食事の量や硬さなどを調節して増やしていくなど段階を作って戻すことが大切です。

つまり急にはじめて急に終わるということをしないように、どんな2日間ダイエットを行うときにも体を慣らす期間を設けることが必要ということです。

2日間の食事制限でダイエット

2日間の食事制限でダイエットを行うというダイエットがあります。プチ断食といわれるダイエット方法ですが、週末などのまとまったお休みのときに行う人が多いといいます。市販のものを使ってファスティングダイエットを行ったり、おかゆだけを2日間食べるおかゆダイエットなどさまざまなダイエット方法があるといいます。

なかでもファスティングダイエットは効果が出やすい2日間ダイエットということで人気があります。置き換えダイエットを行うには2日間の食事制限でダイエットを行うのが一番実行しやすいということです。置き換えするのはなんでもいいのですが、きちんとルールを守って行うことで健康と美容によい効果を感じることができるといいます。

2日間の睡眠調節でダイエット

2日間の睡眠調節でダイエットをすることができるといいます。寝るだけダイエットを行うときに2日間かけて睡眠時間を調節するというものですが、睡眠をとることでダイエットにどんな影響があるのかと不思議に思う人もいるということです。

睡眠不足だと太りやすくなってしまうといわれていますが、その理由は寝ている間に成長ホルモンが分泌されることで得られる効果があるからです。代謝があがる、脂肪が燃えやすくなる、筋肉が大きくなりやすくなる、美肌効果を得られるといったものがあり、ダイエットにも美容にもよい効果を感じることができます。

寝ている間には約500ミリリットルの水分が失われるといいます。つまり次の日の500グラムの減量へと繋がるということになります。8時間の就寝中の消費カロリーは1日の3分の1の基礎代謝カロリーだといいます。なので週末だけでもしっかりと睡眠をとることでダイエットにつながるということです。

2日間のボクサーダイエット

2日間で痩せることができるボクサーダイエットというものがあります。ボクサーダイエットはサウナスーツを着て行います。その運動は短時間で大量に汗をかくためにランニングを行い、その後にサウナ、または半身浴を行うというものです。

ランニングは汗を長時間かき続けるということがポイントです。きつくならない程度のスピードを、サウナスーツを着て走ることでかなりの発汗を期待することができます。1時間程度を走るだけでも何キロも落とすことができるということで、この2日間のボクサーダイエットを行っている人もいるといいます。

ただし、途中で貧血や熱中症、体温調節に無理がかかったときは即刻やめることが大切です。無理をするとダイエットの結果を得られても体調を崩してしまう可能性もあるので気をつけます。

2日間のお風呂ダイエット

2日間でお風呂ダイエットを行うこともできるといいます。たとえばお風呂ダイエットの定番でもある半身浴なら1時間程入るだけで0.5キロから1キロは体重を減らすことができます。2日間のお風呂ダイエットでは湯船のお湯の温度を42度から43度にして行う、少しハードな高温反復浴を行います。

2〜3分肩まで湯船につかったら湯船から出て5分間の休憩をします。その後にまた2、3分湯船に浸かってまた5分間休憩するということを3回繰り返すというダイエット方法です。3回くり返す入浴法を行うと約30分弱は時間がかかります。それだけで1キロ弱の減量をすることができます。

約300キロカロリーから400キロカロリーの消費があり、たまに行う習慣をつけておくと体重調整をすることができるということで週末などに行うことをおすすめします。

成功するための空腹のしのぎ方

2日間ダイエットを成功させるための空腹のしのぎ方ですが、いろいろな方法があります。たとえば噛むという行為で空腹をごまかすために氷を食べる、ガムを噛むという方法があるのですが、氷は食べ過ぎると冷えてしまうこともあるので気をつけることが大切です。お茶を噛むように飲むというのも空腹のときにはいいといわれています。

また、夜中などに空腹になったときには歯磨きをするといいです。歯を磨くことでまた磨かなければいけないという面倒だという気持ちが空腹を抑えることができる場合もあります。

ほかにもストレッチをしたり、腹筋をしたりするというのも気分が変わって空腹を紛らわすことができるということです。ダイエットを成功させるためには空腹のしのぎ方をいくつか考えておくようにするといいです。

ダイエットが終わってからの過ごし方

2日間ダイエットが終わってからは元通りの生活に戻すだけでいいのですが、日常生活に戻す前に気をつけ化ければいけないことがあります。食事制限ダイエットの場合は少しずつ食べる量を調節して増やすようにすることで体が飢餓状態から少しずつ食べるものを吸収しすぎないようにすることができます。

なので、プチ断食などをしていたときは特に注意が必要です。お風呂ダイエットや睡眠ダイエットなどは続けることができるようにできるだけ定期的に行うようにするといいです。

そうすることで体が痩せやすい体質に変化していったり、多少の食べすぎなどで太らなくなる可能性もあります。まずは続けることが大切です。きちんと定期的に行うことができるように考えるといいです。