飲みやすい!体を改善する桑の葉青汁

約40パーセントが食物繊維という桑の葉の青汁はにおいや味にくせがないことから飲みやすいと評判です。ビタミンやミネラルも豊富で漢方として古くから利用されてきたことから安心感があります。

牛乳や豆乳と混ぜてもおいしく便利です。

こんな方に是非すすめたい桑の葉青汁

健康的にダイエットをしたい方、野菜不足が気になる方、生活習慣病の予防をしたい方におすすめです。そして甘いものが大好きでやめられないという方も桑の葉青汁がおすすめです。

理由はブドウ糖に似ている構造をしているデオキシニジリマイシンという成分が砂糖や糖質のカットをしてくれるからです。疲れやすさを感じる方や血糖値が高めの方、コレステロール値が高めの方にもおすすめです。

家族全員の健康にもつながりますので家庭に常備しておいたり、マイボトルで持ち歩いたりするのにおすすめのドリンクです。内臓脂肪、中性脂肪の多い方が飲むと効果を感じやすいのが特徴です。便秘でお悩みの方にもお通じが良好になります。

抹茶のような風味でとろみがあるのでごくごく飲めますから、高齢者の方やお子様にもおすすめです。

桑の葉青汁の豊富な有効成分

桑の葉のみに含まれるデオキシノジリマイシンが糖質の吸収を抑制し、同じく配合されている乳酸菌とともに腸内環境を快適にしてくれます。

カロチン、クロロフィル、SOD活性、ガンマアミノ酪酸(ギャバ)、食物繊維、ビタミンB1、B2、Eと栄養成分も豊富です。甘味料が入っていませんが、自然な甘さで抹茶のような風味とうまみが感じられます。桑の葉の栄養価はケールよりも高く、漢方薬として使われてきていますので安心です。

デトックス効果も高く、ダイエットを強力にサポートしてくれます。100パーセントの桑の葉で微細に砕いて水に溶かしてもだまにならないよう工夫して飲みやすくしています。簡単に飲めて豊かな味わいがくせになります。

桑の葉青汁は糖尿病の予防・改善が期待される

桑の葉だけが持つ有効成分デオキシニジリマイシンは糖質の吸収を抑制してくれる効果がありますので、糖質が気になる方、糖尿病の予防をされたい方、糖尿病予備軍の方には特におすすめです。

甘いものが好きな方、肉類を多く食べる方、お酒を多く飲む方、偏食傾向がある方にも栄養バランスがすぐれている点からおすすめです。野菜不足を補う効果も期待できます。無農薬、無添加の商品を選ぶとより安心安全です。

1日に必要な野菜350グラムを補給することができます。ミネラルやポリフェノール、カルシウムや鉄も豊富です。ノンカフェインですので時間や年齢を気にすることなく飲むことができます。

血液検査で引っかかった方や中性脂肪が気になる方には食事指導とともに飲み続けると1か月程度で血糖値が気にならないレベルまで落とせる方もいるほどです。

中性脂肪の蓄積抑止でメタボ対策

油っぽい食事が好きな方、外食が多い方、お酒のお付き合いが多い方は野菜不足と血糖値とコレステロール値の上昇が気になるはずです。桑の葉青汁は糖の吸収を抑制してくれる効果があるだけでなく、中性脂肪の蓄積も予防してくれます。

腸内環境を整えて代謝を高め、便通を良好にしてくれます。栄養のバランスが気になる方にも水分補給しながらケアができるので簡単です。甘いものや脂っこいものを摂取した日に中性脂肪の蓄積予防のために積極的に飲むと糖の吸収を抑えてくれると思えて気持ちも落ち着きます。

美味しくて飽きの来ない味で濃い味のお茶のようなのでごくごく飲めます。体重の変化がなくても体が軽く感じるようになります。明日葉や大麦若葉などとミックスして飲むとより健康になれます。

カロリーの過剰摂取を抑えるダイエットサポート飲料として

カロリーの過剰摂取を抑えるために飲むなら、ヨーグルトに混ぜたり、シリアルに混ぜたりして食べると置き換えダイエットやおやつになります。甘いものや脂っこいものを食べ過ぎたと感じた時には意識的に多めに摂取するのがおすすめです。

お湯に溶かしてはちみつを少し入れて飲めばリラックスしたい時のお茶代わりになってくれます。ホットケーキや蒸しパンを作るときに一緒に入れればヘルシーなスイーツになります。コラーゲンやプロテインと一緒に飲めば、エクササイズの時の栄養補給にも水分補給にもなります。

桑の葉青汁を飲んでいるだけで体重維持ができますので運動が苦手な方にもおすすめです。大麦若葉や明日葉と比べてもくせがなくて飲みやすいところがおすすめです。

アルコール分解して腎機能を改善

桑の葉茶には肝機能や腎機能を改善させる働きもあります。ゴーヤの10倍のカリウムがたっぷりと含まれていますので、体内の水分バランスを整え、余分な塩分を体外に排出してくれます。利尿作用も高く、腎臓の老廃物排出を手伝ってくれます。

むくみが気になる方にもおすすめのお茶です。続けて飲んでいると肝機能の数値を示すGOTやGPTが良好になります。肝臓の働きを助けてくれるビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、飲みすぎで疲れた肝臓をいたわってくれます。

幹細胞を活発にしてくれる働きがあるので二日酔いになる前やお酒と一緒に飲むとお酒の味がまろやかになり、内臓も労わることができます。桑の葉に含まれる亜鉛やフラボノイドがアルコールを分解したり、吸収を抑制したりしてくれます。

血圧コントロールを担う腎臓機能が低下した時にはギャバやルチンが塩分と水分のバランスを取り、高血圧になるのを防いでくれます。

桑の葉青汁のデトックス成分で便秘解消

桑の葉は40パーセントが食物繊維でできていることから、便秘の解消に高い効果をもたらしてくれます。桑の葉に含まれるデオキシノジリマイシンが小腸で吸収されなかったブドウ糖を排泄させようと蠕動運動を活発化させるからです。

また大腸を酸性に維持する働きもあり、整腸作用を促す働きで便秘解消につながるといわれています。オリゴ糖や乳酸菌などと一緒に摂取すると甘みもプラスされ、飲みやすくなるうえ、腸内環境の改善につながります。

腸内環境が改善されるので肌や髪がつやつやになります。スムージーに混ぜてレモンやコラーゲンなどと一緒に摂取すれば美容効果も高まります。妊娠中や授乳中にも体重コントロールするために飲んでいる方が多いのが目立つほど便秘解消に役立ちます。

桑の葉青汁成分を効果的に摂るには?

桑の葉青汁成分を効果的に摂取するためには100パーセント茶葉粉砕の粉末パウダーを利用するのがおすすめです。

余計な添加物が入っていないものほど溶けにくくなりますが、有機オーガニックなど生産者の側も天然無添加にこだわって製造していますので、良質なものほど美味しく体にも良い効果をもたらしてくれます。

料理やお菓子作りにも使えますので便利です。牛乳や豆乳に混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたりして食べるのがおすすめです。甘みが足りない時にはオリゴ糖やメープルシロップを入れて、栄養をプラスしたい時には黄な粉やゴマを入れて飲むのがおすすめです。

抹茶風味で飲みやすいのでおやつの時間やお酒の時間、外食や脂っこい食事の時の水分補給で飲むのがおすすめです。寝る前と朝起きた時にも効果的です。

桑の葉青汁を使う前に必ず知るべきこと

100パーセント桑の葉を使っている商品を選ぶこと、できればオーガニックで無添加、化学肥料不使用の商品を選ぶことが大切です。

商品によってはデキストリンや還元麦芽糖などが配合されていることもあり、溶けやすくするために添加物を入れたり、飲みやすくするために甘みをつけているものがあるからです。くせがなくノンカフェインで水の代わりにごくごく飲めますので、お試しセットで味を確かめてから購入するのがおすすめです。

オリゴ糖や酵素と混ぜて飲む場合には血液検査などで体調管理をしっかりして変化を見逃さないようにすることが大切です。野菜不足を補う効果や血糖値を抑制してくれる効果が高いですが、実際の食事でも野菜をしっかりととることや甘いものや脂っこいものを取りすぎないことにも気を付けなくてはなりません。

より効果を高めるためのポイント

血糖値を下げることを目的にするなら、桑の葉茶とヤーコンとオリーブ葉をミックスしたり、交代で飲んだりするのがおすすめです。ケールや大麦若葉、明日葉などとミックスすれば便秘解消の効果が高まります。

酵素と一緒に飲めば吸収率も高くなり、血管の強化やデトックスなどに高い効果が見られます。できればお湯よりも水に溶かして飲む方が栄養素が壊れにくくなりますので、シェーカーでシェイクして飲むのがおすすめです。

パン生地に加えたり、スープに入れたりと粉末なら工夫して毎日無理なく摂取することができます。桑の葉茶を比較するときにはデオキシニジリマイシンの量を比較してみることも大切です。茶葉100パーセントの商品のほうが確実に量が多くなります。