飲み物を青汁に代えるだけでダイエットできる?

青汁は健康のために飲むというイメージがありますが、実はダイエット効果も高い飲み物です。

その理由は、野菜はフルーツが材料として使われていて、食物繊維やビタミンなどが豊富に含まれているためで、健康的に痩せられます。

青汁にはダイエット効果もあるの?

青汁は、健康にいいイメージがある飲み物ですが、実はダイエット効果も高いです。そもそも、青汁は明日葉やケールなどの生の野菜をしぼって作られています。現代は食が豊富になっていますが、バランスの良い食事をするのが難しい時代になっています。

特に、野菜に多く含まれるビタミンやミネラルは不足する傾向になります。これらの栄養が不足したまま、ファストフードやインスタント食品などでカロリーばかり摂取していては体にいいことはありません。

きちんとした栄養を取ることで、体の中から痩せやすくすることができます。青汁を飲んだらすぐに体重が減るという効果はありませんが、継続することで少しずつ効果を実感できるようになります。

ダイエットに青汁がおすすめな理由は含まれている成分によるもの

ダイエットに青汁がおすすめなのは、含まれている成分によるものです。青汁には、原料となる野菜から豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維は腸の活動を活発にして、排泄を整える働きがあります。便秘がちな人はもちろんですが、体の中の不要なものを排出することで体重が減っていきます。

さらに、不足しがちなビタミンやミネラルを青汁で補うことで、体内の代謝がスムーズになり、老廃物が排出されやすい環境になります。また、青汁には酵素が含まれていますが、酵素は体内で作り出すことができず、年齢とともに減っていきます。

食事から取ることが難しいので、青汁から体内に入れることで、呼吸などをスムーズに行い痩せやすい体にしていきます。

青汁でダイエットの効果はどれほど?

青汁のダイエット効果は、どれほどなのでしょうか。青汁は薬ではないので、飲むだけですぐに痩せるということはありません。ただ、食物繊維によって排泄がスムーズになり、ビタミンやミネラル、酵素によって代謝が改善されることで、痩せやすい体質になっていきます。

また、食物繊維によって腹持ちがいいという特徴があります。水を飲んでもすぐにお腹が減ってしまいますが、青汁であれば食物繊維がたくさん含まれているので、飲んですぐにお腹が減ることはありません。

豊富な栄養を持つ青汁を飲むことで、健康にも良く、健康状態が良いままに痩せられるというメリットがあります。ダイエット効果は、継続することで実感できるようになるでしょう。

青汁のカロリーは高い?低い?

青汁のカロリーは、ジュースなどと比較すると、とても低いものです。青汁1杯あたりのカロリーは、10~25キロカロリーですが、ジュースは50キロカロリー以上あるからです。ただ、これは水と混ぜた場合のカロリーですので、混ぜたものによってカロリーは当然変わってきます。

例えば、牛乳であれば140キロカロリーになりますし、低脂肪乳なら70キロカロリーに抑えることができます。日常的にコーヒーにお砂糖やミルクを入れれば、青汁よりも高いカロリーになってしまいますが、青汁に変えればその分摂取カロリーを抑えて、ダイエットすることができます。

青汁というのは、他の飲み物に比べるとカロリーが低く、栄養価は高いという特徴があります。

ダイエットする時の青汁を飲むコツ

ダイエットする時に、青汁を飲むにはコツがあります。薬ではないので、1日のうちのいつ飲んでも構いませんが、せっかくなら効果的に飲みたいでしょう。青汁は食事の前に飲むことで、腹持ちが良くなり、食べ過ぎを防いでくれる効果があります。

また、血糖値の急激な上昇を抑える効果もあるので、体にもやさしく、後から食べたものを脂肪にすることを抑える働きもあります。また、便秘がちでつらい人は、寝る前に飲むといいでしょう。豊富な食物繊維により、翌朝の排泄がスムーズになります。

ただ、青汁は食物繊維が多く含まれているので、体質によっては下痢になってしまうことがあります。いきなり大量に飲むことは辞めて、1日1杯から始めましょう。

美味しく飲む青汁のオススメレシピ

せっかく青汁を飲むのであれば、美味しくのみたいでしょう。青汁はまずいのを我慢して飲むという認識の人がいますが、水以外のもので混ぜれば美味しくすることが可能です。まず、青汁は液体に溶かす粉末タイプのものが主流です。

水ではなく、オレンジジュースに混ぜてみるとすっきりとした飲み口になります。オレンジ以外にも、グレープフルーツやレモンのような柑橘類は青汁との相性が良い飲み物です。また、牛乳や豆乳に混ぜることで、抹茶ミルクのような味わいになります。

乳酸飲料はお腹にいい成分が含まれていて、青汁と一緒にすることでより健康的に飲むことができます。アレンジを変えることで、飲み飽きることなく、毎日継続して飲むことができます。

続けるためにどんな工夫をすれば良いか

ダイエットというのは続けることで効果を発揮します。青汁も1回飲んだだけでは痩せることはありません。続けることが大切ですが、まずい青汁では続けることが難しいでしょう。そこで、おいしい青汁にするためのアレンジを身に付けましょう。

そして、飲み忘れないようにするために、毎日決まった時間に飲むように習慣にしましょう。例えば、朝起きてから朝食の前に飲んだり、時間に余裕のある寝る前や夕食の前に飲むという習慣です。つい忘れてしまう場合は、寝る前にテーブルの上に青汁を用意しておくなど、見て分かる工夫をしましょう。

ある程度続けていくと、青汁を飲むことが習慣化され、飲み忘れがないようになり、ダイエット効果が高まります。

男性のダイエットにも効果はある?

ダイエットは女性が行うものというイメージがありますが、最近はメタボリックシンドロームの知名度も高まり、男性でも痩せたいという人が増えています。男性のダイエットにも青汁は効果的なのでしょうか。

女性と男性はホルモンの働きは異なりますが、基本的な身体の働きは同じです。食物繊維を取れば排泄がスムーズになりますし、ビタミンやミネラルによって代謝が向上するという働きに性別の差はありません。で

すから、青汁を飲むことで、女性だけでなく男性もダイエット効果があるということです。子供も飲むことができるので、家族みんなで飲むことができるのが青汁です。家族で飲めば、健康への意識も高まり、お互い声をかけることで飲み忘れも防ぐことができます。

青汁でダイエットした芸能人もいる

青汁でダイエットした芸能人はたくさんいます。すっきりフルーツ青汁は、人気モデルのぺこさんや、渡辺美奈代さん、今井華さんが飲んでいることを公表しています。女性だけでなく男性も飲んでいて、大倉士門さんもフルーツ青汁を飲んでいます。

また、美感青汁を飲んでいる芸能人も多くいます。紗栄子さん、木下優樹菜さん、水谷雅子さんも飲んでいることを公開していて、その効果の高さが分かります。不規則な生活になってしまいがちな芸能人の人でも、青汁を飲むことで健康に配慮して、美しいプロポーションを維持しています。

栄養バランスの乱れや、代謝を改善する働きがあるので、体の中から痩せやすい体づくりをすることができるメリットがあります。

青汁の効果をさらにあげる食べ物は?

青汁を飲んでいるからと言って、暴飲暴食を繰り返していては、せっかくの効果が台無しになってしまいます。そこで、青汁の効果を上げる食べ物を知っておきましょう。青汁にはビタミンやミネラルが豊富に含まれていますが、タンパク質はあまりありません。

そこで、栄養バランスを考えて良質なタンパク質を一緒に食べるようにしましょう。肉や魚、大豆などに多く含まれています。また、お通じを良くする働きをさらに上げるために、ヨーグルトと一緒に食べるのもおすすめです。

砂糖は使わずに、天然のオリゴ糖を含むハチミツと一緒にすると、より効果を実感できるようになります。毎日の食生活の中で少し意識をするだけで、青汁の効果はさらに高まります。