驚きの効果!アスタキサンチンって何??

昨今のサプリブームで、様々な成分が手軽に摂取できるようになりました。中でもアスタキサンチンはその強力な抗酸化力で、美容や健康にも効果があると注目を集めています。

体に良いといわれる成分ですが、このアスタキサンチンとは具体的に一体どういうものなのでしょうか。

鮭を赤くさせているのは…

鮭の切り身の色を思い出すと、焼く前はとても綺麗な赤色をしていることはご存知の方も多いはずです。この赤色の正体は、アスタキサンチンによるものです。アスタキサンチンとは、カロテノイドの一種である天然色素で、橙色や赤色をしています。

カロテノイドは他にもトマトのリコピンやニンジンのβカロテンなどがあります。鮭は、海でアスタキサンチンが豊富に含まれるオキアミを食べています。そして産卵の時期になると川を上って卵を産みに帰ります。

川を上る過酷な状況を耐えるためには、ストレスに強い抗酸化作用を含むアスタキサンチンが有効な成分になります。鮭は他の魚と違う習性があるため、アスタキサンチンを体に蓄えて、その身が赤くなっているのです。

アスタキサンチンって??

アスタキサンチンとは、鮭やエビ、イクラ、カニなどの赤色や橙色の自然界に存在する天然色素のことです。エビやカニなどは、焼く前は濁った赤色をしていますが、加熱することでたんぱく質と合わさり鮮やかな赤色になります。

赤い色の魚なら、マグロやカツオなどもそうなのかと思ってしまいますが、これはヘモグロビンやミオグロビンというたんぱく質の色なので、アスタキサンチンとは違います。アスタキサンチンは、エビやカニなどから抽出できるのは少ない量で、コスト面でも高くなり一般的に広まるのは難しいものでした。

しかし、最近ではアスタキサンチンを含むヘマトコッカス藻からの抽出ができるようになり、サプリメントをはじめ、化粧品の成分としても広く使われるようになりました。

どんな効果があるの??

アスタキサンチンの効果は、強い抗酸化作用を期待できることでしょう。もちろん、他にもメリットはありますが、アスタキサンチンの持つ抗酸化力は活性酸素の除去に有効です。活性酸素はストレスや紫外線、過度の運動などによって過剰に発生すると、細胞を酸化させて老化の原因につながります。

アスタキサンチンは、この活性酸素を除去するのに優れているため、活性酸素による細胞の酸化を防ぐことが期待できます。活性酸素が取り除かれると、体が元気になってストレスが解消しやすくなり、うつ病の改善にも有効です。

また、脳細胞の酸化も防ぐため、学力の向上や仕事の効率アップ、そして認知症の予防にも役立つといわれています。他にも目の老化の防止や眼精疲労の予防、悪玉コレステロールを下げるなど、たくさんの良い効果が期待できます。

やはり、自然界でたくましく生きる鮭が自身に蓄えているように、体に良いことがわかります。

嬉しい?抗酸化作用(抗酸化力)?

抗酸化力が強力なアスタキサンチンは、活性酸素による細胞の老化を防ぐ働きがあります。この活性酸素は人間が生きていくうえで必要なものです。しかし、過剰なストレスや運動、喫煙、栄養不足など食生活の乱れがあると、活性酸素の量が増えてしまいます。

活性酸素は細胞を酸化させる力があり、そうなると老化を促進してしまいます。細胞の老化は、肌のターンオーバーを鈍くさせ、肌トラブルの原因をはじめシミやシワ、たるみの原因になります。

活性酸素の除去に有効なアスタキサンチンの抗酸化力は強いため、その要因を防ぐことに期待ができます。そのため、アスタキサンチンは、肌を酸化させない目的や紫外線によるメラニン色素の生成の防止など、化粧品の成分にも広く使われています

こんなと時に効く:健康編

健康を目的としてアスタキサンチンを摂取している人もたくさんおられます。アスタキサンチンは抗酸化力に優れていますが、細胞の内側やその中心部分、そして脳や目の細胞にも入り込み抗酸化作用をもたらすことが期待されています。

そういった理由から、うつ病の改善など自律神経を整える作用や、認知症の予防にも役立ちます。日常生活の中でストレスがなかなか解消できず、体の疲れもとれにくい時などにアスタキサンチンを取り込むと、過剰に発生していた活性酸素を除去するので、体や気分も軽くなるでしょう。

またメタボリックシンドロームで脂肪が気になる時や、ダイエットをしてもなかなか痩せない時などは、運動前にアスタキサンチンを摂取すると筋肉痛や肉体疲労を軽減し、通常時よりも脂質をエネルギーとして消費しやすくなるといわれています。

こんな時に効く:美容編

肌トラブルの悩みや、シミ、シワ、たるみなどの改善にもアスタキサンチンは有効です。人間の体は、酸素を吸ってエネルギーに変えるときに発生する活性酸素を除去する自己防衛システムが備わっています。

しかし、加齢やストレス、生活習慣が乱れると、活性酸素が強くなり防御が難しくなってしまうのです。このようなことから、肌荒れや乾燥、過剰な皮脂分泌、またそれによる吹き出物など、肌トラブルが起きるため、その改善策としてアスタキサンチンを摂取するのがおすすめです。

細胞に入った活性酸素を取り除き、新陳代謝を上げるため、肌のターンオーバーも早くなることが期待できます。また、アスタキサンチンが含まれる化粧品は、紫外線によるメラニン色素を減少させてシミの予防にも効果的だといわれています。

1日の摂取量はどのくらいとればいいの??

アスタキサンチンは1日に約3mg~6mgを目安に摂取するのが良いといわれています。よく特定の成分をサプリメントなどで補って過剰摂取すると、体に悪影響を及ぼすことがいわれていますが、このアスタキサンチンにいたっては、そのような上限は定められていないようです。

また、サプリメントで摂取する場合は、飲み合わせのことも注意する必要がありますが、それについても特に決まりはないそうです。しかし、アスタキサンチンと同じく他の食品のカロテノイド色素を同時に摂取すると、二つの成分が競合して、吸収率が低下する恐れもあるといわれています。

スーパーでも手に入りやすい紅鮭は、100gあたり2.5mgから3.7mgのアスタキサンチンを摂取できます。1日に1回紅鮭を食べるようにすると、充分に摂取出来る分量といえそうです。食品以外では、サプリメントの摂取も可能なので、毎日食べるのが難しい場合はそちらの方法もおすすめです。

アスタキサンチンを多く含む食品は??

アスタキサンチンを多く含む食品には、エビやカニなどの甲殻類、オキアミや桜エビ、鮭やキンメダイなどの赤い色の魚などがあげられます。中でも桜エビはアスタキサンチンの含有量も豊富で、桜エビ100gあたりに7mgのアスタキサンチンが含まれています。

桜エビを1日に摂取したい量は86gになりますが、毎日食べるとなると難しい場合があります。スーパーでよく見かける紅鮭は、1日あたりに摂取したい量が160gから240gなので、無理はないように感じられますが、こちらも毎日食べるのは、紅鮭がよほど好きでない限り少し苦しいかもしれません。

しかし、毎日摂取しなくても、体が疲れたと感じたときは、このようなアスタキサンチンを多く含む食材を意識して摂ると、疲労回復にも効果が期待できます。

効果的にアスタキサンチンを摂取するには

アスタキサンチンに限らず、栄養成分によって飲み合わせの良いものや、摂取するのに良いタイミングがあります。アスタキサンチンは、脂溶性の成分であるため油分と一緒に取り込むと、体内への吸収率アップにつながるといわれています。

またサプリメントで摂取する場合は食後に飲むと、食べ物の脂肪分を消化する力によって吸収が良くなるそうです。アスタキサンチンを含む食材で比較的手に入りやすい鮭は、ムニエルなど油を使った料理にすると、効果的に美味しく食べられます。

またアスタキサンチンと同様に抗酸化作用の強いリコピンが含まれるトマト、ポリフェノールが含まれる玄米や黒米なども一緒に食べると、相乗効果があるといわれています。

手軽に摂取アスタキサンチン

エビやカニなどの甲殻類、鮭やキンメダイ、桜エビなど赤い色の食べ物にアスタキサンチンは含まれます。しかし、これらから毎日1日分を摂取するのは、食材の確保や調理、そして経済的な面から考えても難しいといえるでしょう。

そういった時に便利なのが、手軽に摂取できるサプリメントです。サプリメントなら錠剤になっているので、食べるのが苦しくなることもありません。また、アスタキサンチンのサプリメントは種類も豊富なので、自分に合ったものを選ぶことができます。

例えば、アスタキサンチン単体をはじめ、飲み合わせの良い脂溶性の成分と一緒に含まれているものなどがあります。また、メーカーによってはアスタキサンチンの含有量にも違いがあるため、成分表もしっかりとチェックしましょう。