黒ずみや開きなどの毛穴トラブルにはクレンジングが重要!

鏡で自分の顔をじっくり見てみると、きれいに見えていても意外と毛穴が汚い状態になっていることはよくあります。ぽつぽつと黒ずみが毛穴に詰まって頑固な角栓になっていたり、ケアをしても毛穴がぽっかりと開いて閉じないトラブルからすっぴんに自信が持てなくなってしまいます。

このような肌トラブルの原因は様々で、肌表面のメイクや皮脂などの汚れがキレイに落としきれていないことや、間違ったケアやクレンジングで毛穴が開きっぱなしになってしまうことです。

毛穴トラブルを改善するためには、そのトラブルの原因と状態に合ったクレンジングを選ぶことが大切です。自分の肌に合ったクレンジングを選ぶことは、肌トラブルを避けるためには重要です。すでに気になる肌トラブルも、ケアの方法次第でキレイな肌に改善していくことができます。

メイクで隠さず根本からケアをする

黒ずんでいたり汚れが詰まって開いた毛穴は目立ちやすいですが、ファンデーションを塗れば消せると勘違いしている人はいませんか?

たしかにファンデーションを塗り込めば一見きれいになったように見えますが、根本の原因は解決されていないためずっと隠し続けなければいけなくなってしまいます。さらに毛穴がもっと目立つようになるとファンデーションがどんどん厚塗りになってしまい、違和感のあるメイクになってしまうのです。

どうして毛穴が目立ってしまうのかにはいくつかの原因が考えられますが、顔の中で一番気になる部分としてあげられるのが鼻です。鼻は顔の中心にあり人にもよく見られる位置で隠すことができません。ですが皮脂分泌が盛んで毛穴の数も多いため、しっかりとしたケアを行わないと汚い見た目になってしまうのです。

ファンデーションで隠さなくてもいいようなきれいな肌を目指している時は、正しいスキンケアがポイントになってきます。スキンケアの中でも特に重要になってくるのは汚れを除去するクレンジングです。

できるだけ汚れを取り除くことや溜め込まない工夫をするには、自分の肌に合ったクレンジング選びが重要になります。そうすることできれいな毛穴を目指すことができます。

毛穴の黒ずみが引き起こす生活習慣

洗顔やクレンジングを行っても、毛穴の黒ずみが改善しないという方の多くは普段の生活習慣が不規則な場合や、正しいスキンケアが行えていない可能性があります。

まず不規則な生活として、食事をする際に油分を多く含む肉類を食べる事が多い方や、スナック菓子などを習慣的に食べている方などは、一日に摂取する油分量を越えてしまう恐れがあるため、皮脂分泌量が増えてしまい毛穴に皮脂が詰まる原因となります。

また肌の再生に必要な十分な睡眠をとらずに、夜更かしばかりをしている方も肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、古い角質が毛穴に詰まって黒ずみになってしまいます。このように毎日の生活を見直すだけでも肌のコンディションが良くなり、汚れが詰まりにくくなるので黒ずみが起こらずに透明感のある美しい素肌を手に入れることが出来ます。

スキンケアを行う際にはメイク汚れなどを落とすことだけに気を使わず、肌を健康に保つためにもマッサージを行うことで、顔全体の血行を改善して引き締まった素肌に仕上げることが可能ですし、肌のターンオーバーが正常に行われることで、古い角質が自然に排出されて毛穴を塞ぐ原因を無くす事ができるメリットがあります。

毛穴パックで黒ずみの原因になる

鼻に黒いポツポツが出来て悩んでいる人もいるでしょう。これは毛穴の奥にメークの落としきれなかった汚れや、古い角質が溜まる事が原因です。古い角質は固い角栓になります。

そして角栓は放置していると酸化して固くなり黒く変色してしまいます。こうなってしまうと目立ってしまう様になってしまいます。何とかキレイにしたくて、ドラッグストアなどで手軽に買う事の出来るシートやジェルなどの毛穴パックを購入して使っている人もいるでしょう。しかしこれらを使う事で益々黒ずみが悪化してしまう事もあります。

特にシートタイプの商品は、一気に角栓を除去できるのでキレイになったように思えます。しかし暫くするとまた、角栓が気になる様になります。シートは毛穴を引き締める効果まではありません。なので角栓を取った後、ぽっかり穴が開いてしまうからです。シートを剥がすと皮脂まで剥がれてしまいます。すると肌が乾燥してしまいます。

肌はこれを改善しようとして油分を出す様になります。すると油分や汚れが再び溜まってしまうのです。シートを繰り返し使用する事で、毛穴が広がって黒ずみがドンドン目立つ様になっていきます。なので毛穴パックを使用している人は注意が必要です。

毛穴の汚れを落としてくれるクレンジング

毛穴をキレイにするにはクレンジングをして、汚れを落としていくのが一番です。汚れを除去すれば肌がリセットされるので、本来の自分の肌が戻ります。ターンオーバーを活発にするので、メラニン色素の分泌を抑えることが可能です。肌が丈夫になることで紫外線対策も可能になり、安定した肌状態を維持できるでしょう。

肌が不安定になる要因として間違ったケアがありますが、不十分なケアでも肌は不安定になります。例えばクレンジングをほとんどしない人は、毛穴内部に皮脂が溜まって黒ずみ・ニキビなどの原因になるのです。

黒ずみの原因は皮脂汚れだったり、乾燥によるメラニン色素の産生増加だったりします。これらを解消するためにも、クレンジングによる毛穴ケアをおすすめします。

毛穴の汚れをリセットすることで弾力性のある肌が甦りますし、肌がキレイになることで自信も湧いてくるでしょう。肌代謝が衰えてしまう原因として肌の不安定があるため、常に安定させるために毎日の洗顔は正しく行いましょう。

肌のテカリが気になり始めたら、クレンジングで汚れを落としてください。肌が乾燥している場合も黒ずみの原因となるので、この場合は洗顔後の化粧水や保湿クリームで対処してください。

自分に合ったクレンジングを使いましょう

人それぞれ肌質は全然違います。脂性肌の人もいれば、混合肌や敏感肌など様々です。だから、自分に合ったクレンジングを使いましょう。ドラッグストアなどのセール品を使ってしまう人もいますが、それが自分に合っているのならば問題ありません。しかし、あまりしっくりこないと思っているのならば変えてみましょう。

とても種類が豊富ですから、合っていないと思ったら他のクレンジングに変えることも考えてください。ミルクタイプを使っていたけれどメイクや毛穴汚れが残りやすいと思ったら、クリームタイプやジェルタイプに変えたり、洗浄力が高いオイルタイプを使って見ることも考えましょう。オイルタイプはアイメイクも専用リムーバーなしで落とせるくらいですから、多くの人が愛用しています。

しっかりメイクならば洗浄力が高い方が良いですし、薄化粧なら洗浄力が高くなくてもメイクは落ちます。そして、自分の肌質に合っているかどうかも考えましょう。

乾燥肌の人や敏感肌の人は肌への負担を考えて選ばないと乾燥が進んでしまうので、余計に毛穴が目立つかもしれません。使ってみないとわからないと思ったら、お試し用を使ってみるなどして自分に合っていると思えるクレンジングを探し続けてみてください。

しっかりメイクにはオイルクレンジング

しっかりメイクをする人ならば、洗浄力が強くないとメイクが落ち切りません。そういう人にお勧めしたいのが、オイルクレンジングです。油には油で落とすのが一番なので、これまでメイクが残っているような気がしたことがあるのならば使ってみませんか。

アイメイクに力を入れるとアイメイクリムーバーを別に使わないと取れないことがあります。しかし、オイルクレンジングならばアイメイクリムーバーを使わなくても落とせます。また、毛穴に詰まった皮脂も落とせるので、毛穴の黒ずみが気になる人に良いかもしれません。

洗浄力がとても高いのは、メイクや皮脂を浮かしてくれるからです。だから、楽にメイクも皮脂も落ちます。しかも、洗い上がりはさっぱりするので多くの女性が選んでいます。

基本的には乾いた肌に使わないと効果が出にくいのですが、最近は濡れた手でも使えるタイプがとても多くなりました。しかも、オイルクレンジングは肌に必要な皮脂まで落とすために乾燥に気をつけなくてはなりませんでしたが、美容成分が入っているタイプも登場したので、洗った後につっぱりにくいものもあります。メイク落としだけではなく、毛穴の黒ずみ対策としても使ってみませんか。

低刺激がメリット!ミルクタイプ・バームタイプ

クレンジングにもミルクやジェル、オイルと様々な種類があり、それぞれメリットデメリットがあります。肌になるべく負担をかけたくないというのであれば、ミルクタイプとバームタイプがおすすめです。ミルクタイプのメリットは、肌の油を落としすぎないところにあります。クレンジングは化粧のみならず、肌の油も一緒に落としてしまいます。

過剰に肌の油が落ちてしまうと肌の刺激になるばかりか肌荒れを起こしてしまいます。ミルクタイプは、肌の油を落としすぎることなく化粧を落とすことができるため、乾燥肌や敏感肌の人におすすめです。その一方で、洗浄力が弱いために化粧が落としきれず、肌に残りがちです。アイメイクなど濃い化粧をしている部分は別のクレンジングで落とす必要があります。

バームタイプは、ワセリンや蜜ろうをベースに作られていることもあり、洗いあがりがしっとりします。肌の保湿効果も高く、乾燥肌の人には特におすすめできるクレンジングです。

デメリットとしては、バームタイプは油分が多いため洗い落とすに手間がかかり、生え際など特にクレンジング剤が残ってしまいがちです。また、しっとり感が強いため夏や汗をかいた後に使用するとべたつき感が気になってしまいます。

刺激が少ないクリームタイプとジェルタイプ

単に刺激が少ないだけではなく、洗浄力もあるクレンジングを使って毛穴汚れを落としていきましょう。肌に刺激があると肌荒れするかもしれないので、敏感肌の人なら特に肌への刺激がないことを確認してください。

ジェルタイプは弾力があるテクスチャーですから、肌に乗せても直接指が肌に触れにくいです。だから、摩擦が起こりにくいので肌が炎症を起こすことはないでしょう。しかも、ジェルタイプは美容成分がたっぷり入っており、美容成分でメイクを落とすので洗浄力はあるけれど、肌に潤いを与えてくれます。洗い上がりにしっとり感があるかもしれません。

クリームタイプはその名の通りクリーム状です。肌の上に乗せてもある程度の硬さのあるクリームなので肌に直接触れることなくメイクを落とせます。クリームですから油分を含んでいますので、洗い上がりにしっとりしているでしょう。また、マッサージクリームとしても使えますから、メイクを落としながらマッサージしてみませんか。

これらはどちらも刺激が少ないですから、幅広い肌質の人が安心して使えます。少し硬めのテクスチャーだからマッサージするために使うのも良いでしょう。洗浄力は十分あるのでマッサージして毛穴の汚れを取り除けます。

拭き取るタイプはダメージ大。毎日の使用は控えて

手軽で時間がない時や様々な事情で水が使用できないときに便利な拭き取るタイプのクレンジングですが、肌にとっては大きなダメージを与えてしまうアイテムでもあります。

本来のクレンジングとは油分で化粧品を包み込み、水を使って洗い流すというプロセスを辿ります。しかし拭き取るタイプの物は油分と水を使わずに界面活性剤でメイクを落とします。その製品の性質上、アルコールや防腐剤が普通のクレンジングと比べて多く入っており、それが肌にダメージを与えてしまうのです。

またシートで拭き取るという行為が、普通のクレンジングよりも肌への摩擦が大きくそれだけでダメージになります。摩擦の負担が大きい分、色素沈着のリスクも大きくなってしまいます。そしてシートでは大まかなメイクは落とすことはできますが、毛穴の中に入ったメイクは完璧に落としきることはできず、毛穴に汚れが残ってしまいます。

これによって思わぬニキビや毛穴開きの原因に繋がります。拭き取るタイプのクレンジングは毎日使用せず、出先や災害時などのどうしても水が使用できない時の非常用と考えるようにしましょう。とても便利なアイテムですが、そのメリットとデメリットをよく考えるようにしてください。

毛穴汚れをクレンジングで落とそう

頑固な毛穴に詰まった汚れ、特に黒ずみはオイルクレンジングを使うことがおすすめです。角栓は皮脂などの塊ですから油を使わないとなかなか落とせません。だから、オイルタイプを使います。

洗浄力が強いので抵抗がある人もいるかもしれませんが、質のいいオイルクレンジングを使えば洗浄力が強いけれど思ったほどつっぱったりしなくて済みます。

使い方は、Tゾーンにたっぷりと付けてマッサージしてください。くるくると指の腹を使って毛穴の汚れを浮かせるような感じでマッサージします。すると、本当に汚れが浮かびあがってきます。Tゾーンは皮脂が多い場所ですし、皮膚も厚い場所なのでたっぷりオイルクレンジングを使っても大丈夫です。

それから、頬や口元など他の場所にもオイルクレンジングをなじませてメイク汚れなどを落としてください。Tゾーン以外は皮膚が薄いのでなるべく力を入れないで優しくマッサージします。すすぎは丁寧に行います。しっかりとすすがないと汚れが毛穴に残ってしまう恐れがあるので、すすぎは力を入れましょう。

ぬるま湯を使ってすすぎ終わったら柔らかいタオルでタオルドライします。柔らかいタオルならば、肌への負担もあまりないので丁寧に水分をふき取りましょう。

蒸しタオルで毛穴を開かせよう

より毛穴汚れをしっかりと落とすためにおすすめしたいのが、蒸しタオルです。濡れたタオルを電子レンジで温めるだけでできるのでやってみませんか。お風呂の中ならば、お湯でタオルを湿らせるだけでも良いでしょう。

まずはクレンジングします。普段通りに行ってもらってかまいません。まずは、メイク汚れを落とします。メイクを落とした後に、蒸しタオルを使います。あごの方からゆっくりと顔に乗せてください。熱すぎるとやけどしてしまうので、気持ち良い温度にしておきます。顔に乗せたらそこから2~3分程度そのままにします。

蒸しタオルを顔に乗せている間に温かいので毛穴が開いてきます。蒸しタオルを外したら、すぐに洗顔してください。ここが最大のポイントです。毛穴が開いている状態なのでよく汚れが落ちます。やはり、洗顔も普段通りで構いません。いつも使っている洗顔料で汚れを落としましょう。

洗顔後はいつも以上に毛穴が開いていますからなるべく早く保湿してください。そのままにしておくとどんどん肌の水分が蒸発してしまうので毛穴が開いたままとなり、また汚れが詰まってしまいます。メイクをしていない時は、最初から蒸しタオルで顔を温めて洗顔してください。

クレンジングケアの注意点

メイクオフをする際に、毛穴に皮脂汚れやメイク汚れが残ってしまう可能性があることから、念入りにケアを行っている女性はかなり増えてきています。ただ間違ったお手入れを行ってしまうとかえって肌に負担をかける原因となるため、適切なクレジングケアを行うことが重要になります。

まずクレンジングアイテムを利用する際に、クリームやジェル、オイルの場合は少量のクレンジングではなく、一度にさくらんぼ大ほどの量を出して顔全体にしっかりなじませます。この時にクレンジング化粧品の量が少ないと、指の摩擦で肌を傷める原因となったり、毛穴の汚れがきちんと落とすことが出来ない恐れがあります。

たっぷりのクレンジングで顔をなじませ、指の腹を利用して優しくクルクル回すようにして行いますが、特に皮脂腺が多く毛穴に汚れが詰まりやすいTゾーンや、大人ニキビが出来やすいフェイスラインは念入りにマッサージをするようにケアを行うと汚れをキャッチしてすっきり洗い上げることが出来ます。

反面頬など角質層が薄い部位は、無理に力をいれてゴシゴシと洗ってしまうと肌を傷めるので、指の腹で優しくなじませるようにしてメイク汚れを落とすことがポイントになります。

毛穴ケアにピーリングを取り入れる

古くなった角質はターンオーバーと共に自然と剥がれ落ちるものですが、肌のターンオーバーの乱れからうまく剥がれ落ちないと肌のくすみや黒ずみの原因にもなってしまいます。ピーリングはこのような古い角質や角栓の除去に効果的なのですが、毎日使ってしまっては肌への負担が大きいです。

通常のケアだけではすぐに毛穴が黒ずんでしまうという人は、クレンジングだけではなく週に1回程度ピーリングでケアをしてみて下さい。酸性の成分でピーリングをすることで肌表面の余分な角質や角栓をマイルドに除去していきます。

石けんタイプ、ふき取りタイプ、ジェルタイプなどがありますので自分の好みで選んでみて下さい。もし使ったあとにヒリヒリするような時には肌に合っていない可能性がありますので注意が必要です。

気持ちいいのでつい毎日やりたくなりますが、ピーリング自体は肌への刺激が強いケア方法なので頻繁にやると未熟な角質まで剥がれ落ちて敏感肌になってしまう心配があります。ピーリングもクレンジングも肌への刺激が強いスキンケアですので、同日に両方のお手入れは行なわないようにして下さい。

ピーリング後は肌が乾燥していますので、しっかりと保湿をして肌を労わるようにします。肌が元々デリケートな人の場合には週1回より間隔を空けてのケアがオススメです。

保湿をして毛穴を引き締めよう

毛穴のお手入れをした後には保湿ケアが欠かせません。お手入れをしたあとに毛穴の開きが気になる、また黒ずみ汚れができてしまうのは、アフターケアを怠っているのが原因です。

特にクレンジングなどでスキンケアをした後というのは、保湿成分が流れ出てしまっていますのでお肌はいつもよりも乾燥しているものです。そのまま特別何もしなければ、乾燥から毛穴が硬く開いたままになってしまいます。そして乾燥した肌を守るために皮脂が分泌するのですが、開いたままの毛穴にその過剰に分泌した皮脂はまた詰まってしまい肌トラブルを繰り返してしまいます。

ですからケアをした後は特に保湿が欠かせないのです。時間を置かずにすぐにスキンケアをするのが一番です。保湿成分のセラミド、ヒアルロン酸などを含む化粧水をたっぷり手に取って保湿しましょう。美容液などを使う時にも先に化粧水で保湿するほうが浸透が良くなります。また保湿だけではなく冷やしたタオルなどで肌を引き締めておくのも効果的です。

肌が潤ったと感じられたら、最後は乳液やクリーム類でその潤いが逃げないようにふたをします。肌のベタつきが気になる人は少量から、乾燥や毛穴の開きが気になる部分には忘れないように塗ってください。

日々の汚れが毛穴の黒ずみになる

毎日しっかり洗顔やクレンジングを行っているつもりでも、ケア方法がずさんだと毛穴の中に詰まってしまう皮脂汚れなどが除去されずに残ってしまい、毛穴の中で汚れが酸化してしまうことで黒ずみになってしまいます。

黒ずみは肌を汚く見せる原因となりますし、毛穴の開きやたるみの原因となるので肌を綺麗に保つためにも、毛穴の汚れも一緒に落とすことができるクレンジング化粧品を活用することが重要です。
そこで皮脂汚れを効率よくキャッチしてくれるアイテムが、クリームタイプやオイルタイプのクレンジング化粧品を利用する方法です。

クリームやオイルタイプは肌の皮脂に近い油分量なのでメイク汚れになじみやすく、軽く指の腹を利用してクルクルとマッサージするだけでも、古い角質や毛穴の中の汚れをキャッチして綺麗に整えることができるメリットがあります。

ただクリームタイプやオイルタイプは水ですすぐだけでは、汚れを全て落とすことが出来ないため洗顔料や、洗顔石鹸を利用してW洗顔を行う必要があります。この時に洗顔料や石鹸をきちんと泡立てずにケアをしてしまうと、肌に摩擦を生じさせてしまうので、事前にしっかり泡立てて優しくケアを行うことが重要です。