鼻や頬の毛穴パックはNG?正しい角栓のケア方法とは

毛穴に詰まった角栓を気にしている人は多いでしょう。黒いポツポツがあると、早く除去したい気持ちになります。そのような時にシートやジェルの毛穴パックを使用しているという人もいるでしょう。

しかしこれは肌に負担がかかる事があるので注意が必要です。特に剥がすタイプの物は粘着力が強く、剥がす時に大切なバリア機能が破壊されます。バリア機能が破壊されると、乾燥肌になってしまいます。乾燥肌が進むと敏感肌になる危険があります。角栓が取れても毛穴を引き締める効果がありませんので、穴が開いてしまいます。

その穴に再び汚れや角質が詰まっていきます。毛穴パックを繰り返す事で、どんどん毛穴が広がっていく事になりますので注意が必要です。

角栓ができる原因過剰な皮脂・メイク汚れ

過剰な皮脂で、なんで角栓ができるのか?皮脂というものは毛穴から出されるもので、普通に出されるのみならば、なにも問題がありませんが、過剰に出されることによって毛穴が詰まってしまい角栓ができてしまっているのです。

なんで過剰な皮脂が出されるのか?

  • メイク汚れ
  • 肌の乾燥

メイク汚れはコスメ用品だけを想像しがちですが、コスメ用品だけでなく洗顔料もメイク汚れに含まれます。洗顔料はメイクを落とすときに集められたホコリやチリ、メイクや皮脂が含まれます。それを流しきれてないと皮脂が過剰に出される原因となってしまいます。

この話につながることですが、スキンケアの仕方も過剰な皮脂を出してしまう原因の1つです。これは、洗顔をするときに肌を強くこすりすぎてしまったり、さっぱり系で保湿力の低い化粧品を使ってしまうと、肌が皮脂を過剰に出してしまうのです。

肌の乾燥は、肌が乾燥していると肌が潤いを保とうとするときに過剰な皮脂を出してしまうのです。

メイク汚れは、過剰な皮脂を出させるということもしますが、メイク汚れ自身が、角栓を作ってしまう原因ともなっています。メイク用品にはたくさんの油分が含まれているため、毛穴を詰まらせてしまうのです。

毛穴レスのために原因を知る

毎日洗顔やスキンケアを頑張っていても毛穴が黒ずんできて落ち込む事もよくあるのではないでしょうか。自分なりにお手入れを頑張っていても上手くいかないという時は誰にでもあるので、焦らずにまずはどうして角栓ができるのか原因を考えましょう。

肌の乾燥は、想像している以上に様々な肌トラブルを引き起こします。乾燥してくると肌を守ろうとしてさらに皮脂が分泌されていきますし、その上角質をがっちりと固くしてしまうので古い角質が肌に残ってしまってターンオーバーが正常に行われなくなって乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れていくと、肌には古い角質が残ったままなので分泌される皮脂と混ざり合って毛穴に詰まってしまうので、角栓がどんどんできていく原因となります。それだけではなくて、毛穴の中で行われるターンオーバーもきちんとできなくて残ってしまって角栓ができやすい状態になってしまって悪循環に陥ります。

肌のお手入れは簡単なようでいて難しいです。保湿も行いながら乾燥をしないように肌を守ってあげることも大切ですし、ターンオーバーに関しては食事や睡眠、ストレスフリーの生活を心がけるなどしてみて下さい。毛穴を目立たなくできるよう、自分のライフスタイルも見直していきましょう。

デメリットも理解したい

すっきり爽快な毛穴パックも取れた角栓を見ていると一仕事終えた気持ちになると思いますが、メリットだけではなくてデメリットも理解して利用する事が大切です。

シートやジェルを貼っているときはいいのですが、剥がす時に力を入れて剥がそうとすると周囲の皮膚を引っ張り刺激を与えてしまいます。必要な潤いや皮脂、角質まで一緒に剥がしてしまって、修復に時間がかかって余計に肌荒れを起こしてしまう事もあります。パックを使った後に経験した事があると思いますが、かなり肌も乾燥してしまうのでその後のケアも大変です。

たくさん取れた角栓の分だけ、毛穴は開いた状態になっています。引き締めて早く毛穴を閉じたいですが、氷で冷やしたりするのも冷たすぎたりする事がありますし、だからと言ってそのまま放置しておくと雑菌が入り込んでしまってせっかく綺麗にしたのにまたすぐに角栓ができてしまう悪循環になってしまいます。

たくさん取れるので楽しくてつい何度もやってしまいたくなるその魅力は分かりますが、やりすぎると逆に自分の鼻や他のパックをする部位に負担をかけているということを心に留めておきましょう。やるとしても普段使いではなくスペシャルケアとして取り入れていくぐらいが丁度よい使い方です。

毛穴パックは角栓が悪化する

毛穴に詰まった角栓を除去しようとして、毛穴パックを利用している方は少なくありません。毛穴パックやシートはパックの裏面にある接着剤を水で濡らして肌に貼り付けて使用するので、一気にパックを剥がすことで古い角質や毛穴に詰まった角栓が除去できるので、すっきりすることができる点が人気となっています。

しかし高い頻度で毛穴パックやシートを利用してしまうと、肌表面の角質にもダメージを与えてしまうので肌が乾燥しやすくなり、皮膚は保湿をしようと通常よりも過剰に皮脂を分泌してしまう恐れがあります。そうするとせっかく除去した毛穴に皮脂が詰まり、角栓が出来てしまう悪循環が引き起こってしまいます。

そのため毛穴パックはできるだけ使用せずに、酵素洗顔やピーリングジェルなどを利用して角栓除去を行う事が重要になりますし、どうしても毛穴パックを使用する場合は1~2週間に一度のペースで使用することや、パックを行った後は肌にしっかり保湿成分を与えるためにも、スキンケアは念入りに行うことが重要になります。

パックは肌に負担をかけやすいので、肌の調子が悪いと感じている時は無理に使用せずに、肌を休ませることもきれいな素肌を維持するためには必要となります。

毛穴パックは大丈夫か

頬や毛穴にできてしまった角栓を取り除く方法としてインターネットの記事やSNSなどで話題となっているのが、オロナインを塗ってからパックをして角栓の除去を図るオロナインパックやニベアから販売されている毛穴パックなどを利用する方法などです。

実はこれらの方法で角栓を取ろうとするとかえって肌荒れなどの肌トラブルが起きてしまう可能性があるので、利用はおすすめできないのです。

オロナインはもともとは消毒薬ということもあって基本的には角栓をとるためのコスメではありません。オロナインには界面活性剤という成分が含まれており、この成分が鼻や頬の脂汚れと混ざることで汚れを落とすことができるのですが、この界面活性剤は健全な肌には効果が強すぎるため、怪我などをしていない肌に利用すると肌が炎症を起こしてしまうリスクがあるのです。

またニベアの毛穴パックも主成分が油分であり毛穴の脂汚れとよく馴染むのですが、もしもニキビがある人が使用した場合にはニキビが悪化してしまう恐れがありますし、ニキビがなくてももともと脂っぽい肌質の人が利用すると余計に毛穴に汚れが詰まってしまったり、ニキビができる原因となってしまうのです。

パック後の保湿が重要

毛穴の皮脂汚れを除去するのに役立ってくれる毛穴パックには、シートタイプとクレイタイプがあります。シートタイプは貼って剥がすだけという手軽さで人気になっているのですが、実は肌への負担が相当大きいことがわかっています。

毛穴の皮脂汚れや角栓をごっそり取れるということは、強い粘着力がなければ難しいですよね。この粘着力の強さによって、本来肌に必要な皮脂や水分までを除去してしまう為、肌トラブルの原因になりやすいのです。

毛穴をキレイにすることを目的としている意味では毛穴パックは有効ですが、その後のケアをしっかりしておかないと乾燥してしまったり、ニキビができやすくなってしまいますので注意しましょう。シートタイプの毛穴パックをした後には、必ず化粧水などを使用して保湿をしてください。

毛穴の汚れが取れているので、浸透力が高いものをおすすめします。肌の角質層まで水分を届けることができれば、バリア機能が正常に働いてくれますのでトラブル知らずです。

クレイタイプの注意点としては洗い残しがないようにすること。また洗浄力が強いものが多い為、こちらも保湿をしっかり行うようにしてください。毛穴パック後の保湿でキレイな毛穴を維持していきましょう。

低刺激な毛穴パック

毛穴パックは手軽に角栓ケアが行え、目に見える形で角栓が取り除けることから爽快感があります。しかし、シートタイプは肌への刺激も強く、肌が弱い体質の場合はトラブルの原因となることも考えられます。肌が健康ならばターンオーバーによって自然と排出される角栓は、無理に引き抜くと毛穴が開いたままになり、そこに汚れが溜まり毛穴の黒ずみを引き起こす可能性があります。

しかし、角栓によって毛穴が目立つ場合は取り除いてケアしたいと考える人も少なくありません。そこでおすすめなのが、低刺激で効果も高い洗い流すタイプの毛穴パックです。毛穴パックはシートタイプのイメージがありますが、天然成分を中心にした洗い流すタイプは、肌に優しく保湿ケアなども一緒に行えます。

洗い流すタイプの毛穴パックは、角栓をはじめとする毛穴の中に溜まった汚れを吸着する成分が配合されています。パックを肌に塗り、所定の時間まで待てば、あとはぬるま湯などで落としましょう。

汚れを吸着するための成分には、ミネラルが豊富に含まれた天然のクレイをはじめ、シリカや炭などが用いられているのが特徴です。洗い流すタイプは、汚れを取り除く成分に加え、ハーブエキスのような保湿成分も配合されていることが多いので、肌がしっとりキレイに仕上がります。

簡単なら手作り牛乳パック

毛穴をケアしたくてもめんどくさそう、刺激が強すぎそうなど大変なイメージを持っていてなかなかできない方いませんでしょうか。簡単で効果も抜群の手作りの毛穴パックはどのような方にも、おすすめな毛穴のケア方法です。手作りなのでご自分の肌の状態に合わせて作ることもできますし手軽に安く仕上がります。

毛穴パックの材料は牛乳と粉ゼラチンのみなのでとてもリーズナブルです。粉ゼラチンを大さじ2杯、牛乳を大さじ1杯入れて混ぜて電子レンジで10秒加熱すれば完成です。これを鼻に塗り15分放置しますが、痒くなったりヒリヒリする場合は流水ですすぎしっかりと保湿をしてください。何日も状態が続く場合は皮膚科に行かれてください。

15分たったら毛穴パックをはがし、その後しっかり保湿をします。たったこれだけで黒ずみ毛穴も消えるので手軽でいいです。市販の毛穴パックよりもとても低刺激なので肌を傷つけずに毛穴ケアをすることが可能ですしコストパフォーマンスもいいので節約にもなります。

金銭的に余裕があまりない学生さんでもお家にある材料で簡単にできます。若い方はあまりお肌に刺激そして負担を与えるのは将来的に良くないので手作りパックはとても合っていると思います。

正しい毛穴の角栓ケア

普段からこまめに洗顔やスキンケアを行っている場合でも、古い角質や皮脂汚れ、メイク汚れは毛穴の中まで入り込んでしまうため、毛穴ケアを行わないと皮脂が固まり毛穴を広げる角栓になってしまう恐れがあります。

毛穴パックを利用して毛穴の汚れを落とす方法もありますが、毛穴パックは剥がす際に毛穴周りの皮膚の角質まで除去してしまうため、高い頻度でケアを行ってしまうと鼻周辺の皮膚がダメージを受けて乾燥しやすくなったり、肌荒れを引き起こす危険があるので、どうしても使用する場合は2週間に一度のペースで利用することをおすすめします。

毛穴パックを利用せずに、毛穴の角栓を除去したいという方は、普段の洗顔方法や保湿ケア方法を見直すことが重要になります。

洗顔を行う際には毛穴の汚れを柔らかくして落としやすくする成分が配合されている洗顔料を選んで使用する事が重要で、海泥や火山灰などのクレイが配合されている洗顔料を利用すると、濃密な泡が毛穴の中に入り込み、皮脂汚れや角栓を吸着することができるので、洗顔だけでも十分に落とすことが出来ます。

またケアを済ませた後は、肌が急速に乾燥するので保湿効果の高いローションや乳液で潤いを補給するようにしましょう。

毛穴の引き締めの角質ケアを十分に行う

毛穴パックを利用すると、蓄積していた毛穴の角栓がスルッと一気に除去することができるので、若い方を中心に利用する方が増えてきています。

ただ毛穴パックは角栓除去と一緒に肌表面の角質も一緒に排除してしまうので、定期的に使用する場合は肌のくすみを改善してきれいな素肌を維持する効果がありますが、高い頻度でケアをする場合や乾燥肌、敏感肌の方が利用すると、肌荒れを引き起こして肌トラブルの原因となってしまいます。

そこで毛穴の開きによって角栓が出来てしまうのであれば、毛穴を引き締める角質ケアを普段から心がけることにより肌質改善を行うことも可能です。肌質改善を行うために一番重要になるのが、肌のターンオーバーを正常に整えることにあります。

年齢を重ねてターンオーバーが正常に行われないと、古い角質が除去されずどんどん肌の表面や毛穴の中に詰まってしまうので、角栓を作り出してしまいます。

そのため普段のスキンケアで汚れをきちんと落とす洗顔と、毛穴を引き締めるスキンケアを念頭におき、お手入れを改善することで肌質を整えることができると、角栓が出来にくいキメの細かな素肌を手に入れることが出来ます。健やかな肌を手に入れるためにも普段の生活習慣も見直すことが重要です。

角栓ケアに役立つ食事

角栓ケアでは、食事によって表面からではなく身体の内側からアプローチする方法もあります。毛穴に角栓ができにくくするには、肌の乾燥を防いだり、ホルモンバランスを正常に整え、皮脂分泌を抑える食事などを意識して摂取するのが大切です。

ビタミンAは、肌に潤いを与えると同時に、ターンオーバーを整えて肌の健康な生まれ変わりをサポートする成分です。鶏レバーやうなぎ、緑黄色野菜に多く含まれているのが特徴です。皮脂は肌を守る大切な役割がありますが、過剰な分泌は角栓ができる大きな原因となってしまいます。

ビタミンB1やビタミンB2は、皮脂の過剰分泌を抑えるのに効果的で、牛・豚・鶏のレバーや、納豆や舞茸などに多く含まれている栄養素です。また、炭水化物をきちんと代謝できないと、皮脂分泌を過剰になる原因となりますが、ビタミンB1は、炭水化物の代謝をサポートする効果もあります。

ホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーが乱れて肌トラブルの原因となります。大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするので女性には特におすすめです。ビタミンEはアーモンドやヘーゼルナッツなどに含まれるビタミンE、マグロやカツオに含まれるビタミンB6もホルモンバランスを整えるのに一役買う栄養素です。

食事の内容から角栓の原因を知ろう

角栓が詰まる原因と生活習慣には深い関係があるので、まずは食事を見直すことも大切です。現代社会では外食も多くなりがちで、夜遅くまで開いているファーストフードも身近な存在です。コンビニもついつい立ち寄ってしまいます。

そうしたお店では、フライドポテトやフライドチキンなどの揚げ物を注文したり、ポテトチップスなどのスナック菓子やナッツ類も手にしてしまうことが少なくないかと思われます。角栓は毛穴から分泌される皮脂量が多いほど詰まりやすくなりますので、皮脂量が増える原因となる脂っこい食べ物を日常的に摂取していると角栓が詰まりやすくなるというわけです。

またケーキやチョコレートなど甘いものなど糖質が多く含まれる食べ物も、皮脂量が増える原因となっており、甘いものが好きな方は注意が必要です。もちろん肉類中心の食事も角栓の原因となってしまいますから、予防するにはバランスの良い食事を心がけるしかありません。

角栓が詰まらない肌に改善するためには、ファーストフードに行く回数を減らして、自宅では野菜を多くとるようにしたり、甘いものならお菓子の代わりにフルーツを食べるようにしたりと日々の食生活を変えていくことが鍵となります。

美肌に欠かせない生活習慣

毛穴に詰まった目立つ角栓に悩んでいる場合、様々なケア方法を試そうとすると思いますが、体内から肌や毛穴の調子を整えることも非常に重要です。体調が悪い時に肌の調子も悪いと感じることが多いように、肌は心身の調子と密接に関係しています。

美肌に必要不可欠とされる生活習慣としてまず睡眠が挙げられますが、正常なターンオーバーを促す成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため質の良い睡眠時間は欠かすことが出来ません。午後十時から午前二時までが成長ホルモンが最も多く分泌されるゴールデンタイムと言われるように、出来るだけこの時間には就寝するように心がけることが大切です。

更に、ホルモンバランスを乱して美肌の敵ともなるストレスを溜めこまないように生活することも心がけましょう。ストレスが溜まっていると自覚できる時は、好きな事をしてストレス発散を図ったり、心身をゆっくりと休めるように努めることを忘れてはいけません。

質の良い睡眠とストレスを溜めこまない生活を送ることで肌の調子が驚くほど向上し、毛穴の角栓の悩みも改善されていくことでしょう。美肌のためには、このように生活習慣を見直してみるということも非常に大切になってきます。

汚れを出す!毛穴パック以外の毛穴ケア

毛穴パック以外で毛穴を綺麗にする方法に、運動と入浴があります。この二つに共通する点は発汗です。汗をかくと自然に毛穴が開き、汗として水分が体の内側から外部へ出ていきます。水分が毛穴を通って外に出るわけですが、これがとても重要なのです。この一連の流れで毛穴の奥に溜まった汚れが水分と一緒に押し出され、外部へ出ていきます。

これによって毛穴パックだけでは取り切れない汚れが落としきれるので、運動と入浴がお勧めなのです。どちらも汗を沢山出す為に水分を意識して多めに摂るようにしましょう。脱水症の予防にもなります。また、運動は軽いジョギングやホットヨガなどの有酸素運動が、入浴は半身浴が汗が出やすいのでお勧めです。

毛穴パックで外側の角栓を取り除いた翌日に、運動や入浴で毛穴の奥の汚れを取るようにするとよいでしょう。毛穴の汚れは外側ばかり気にしてしまいがちですが、毛穴の構造を考えると、毛穴の奥に溜まった汚れや角質は、運動や入浴で発汗してその汗で押し流してあげるのが一番手軽で即効性のある毛穴ケアなのです。

様々な化粧品やパックを試しても毛穴の汚れが取れないと悩んでいる方は、運動や入浴で内側から汚れを出すことを試してみましょう。

角栓を作らないためには毎日のケアが大切

お肌を綺麗に保つためには、毎日の洗顔とスキンケアが重要になってきます。しかしきちんと洗顔やクレンジングで汚れを落としているつもりでも、ケアの方法が間違っていると毛穴の中に古い角質や皮脂汚れ、メイク汚れが残りやすくなります。毛穴の汚れがどんどん蓄積してしまうことで、角栓として黒ずみの原因となってしまいます。

角栓は毛穴のお手入れが十分に行えていれば、毛穴の詰まりとならないので定期的に角栓の原因となる皮脂汚れや角質除去のために酵素洗顔や毛穴パックを利用することをおすすめします。ただ毛穴パックは剥がす際に健康な皮膚にも負担をかけてしまうことから、肌の状態がよくない時に無理にケアを行うと肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

そのためどうしても毛穴パックを利用する場合には、肌のコンディションを見てお手入れの頻度を開けることが重要になります。毛穴パックを利用したくないという場合は、角栓が出来る原因となる皮脂分泌量をコントロールするためにも、普段の生活習慣を見直すことをおすすめします。

肉類や油分を多く含む食事ばかりをとるのではなく、野菜や果物などをバランスよく摂取し、十分な睡眠時間をとることも肌を綺麗に保つために重要になります。