1ヵ月の短期間で運動の効果を上げて大幅にダイエットする方法

みなさん、ご自身のプロポーションに自信ありますか?もうすぐ夏本番!どうしよう・・・って焦ってる方もいらっしゃいますよね?

食事を減らして痩せる選択肢もありますが、その場合筋肉から減っちゃうので、やめた時にかえって太りやすくなるので避けた方が良いです。やっぱり、ダイエットは運動を行うのが一番です。今回は1ヶ月の短期間で運動の効果を上げて、大幅にダイエットする方法をお教えします。

ダイエット運動を比較して短期間で痩せよう

プヨプヨしたお腹や腕、お尻などを何とかしたいと思い減量にチャレンジしたものの、思い通りの効果が得られないという人はいませんか。ダイエットを成功させるには栄養バランスの整った食事や、適度な運動が必要で、それを習慣化することが重要になってきます。

ですが、それを身に着けるには長い時間がかかり、その結果、効果があらわれにくいのが悩みです。そのため、せっかく頑張ってるのに痩せられないと断念することが少なくありません。けれどダイエット運動の中には短期間で高い効果が得られるものが数多くあります。

それぞれの運動を十分比較していくことで、自分に適したダイエット方法を見つけやすくなります。自分にピッタリの減量方法が分かれば効果が出やすいうえに、楽しみながらダイエットに挑戦できるのも魅力です。食事制限で短期間で痩せようと思ったら、大きなストレスがかかってしまいます。

そのため、せっかく体重が落ちたとしても、リバウンドが起こりやすくなっています。これに加えて断食などの食事制限は脂肪だけではなく筋肉の量も落としてしまい、太りやすい体質になる可能性があります。ですがダイエット運動は筋肉量を落とさずに、短期間で脂肪だけを落とすので、リバウンドしにくいこともメリットです。

短期間のダイエットで注意すべきこと

短期間で痩せたいと考える方は多いです。すぐに効果が実感できればうれしいからです。しかし、短期間のダイエットには注意も必要となります。まず、急激に痩せるために食事を抜くことはやってはいけません。確かに摂取カロリーが減れば痩せやすくはなるようにも思えます。

しかし、体が飢餓状態になると、生命維持のために少しでも脂肪を蓄えようと体は機能します。そのため、食事を減らした場合にかえって減らさない場合よりも脂肪がつきやすい体になってしまい、効果が出た後にリバウンドしてしまう可能性が生じます。

また、食事を減らすことで栄養が不足してしまい、体調を崩してしまう原因にもなります。そのため、単純に食べなくするというダイエット方法はおすすめすることができません。単品の食事だけをとるのも避けた方が良いでしょう。例えばヨーグルトやバナナのみ食べるといった方法です。

これは、栄養バランスを崩すことで貧血や体調不良を引き起こしてしまう可能性がありますし、食事を抜く場合と同様に体が少しでも脂肪を蓄えようとしてしまいます。その結果、ダイエットが成功した後に脂肪が付きやすいからだとなってリバウンドを起こしてしまい、ダイエットが結果的に失敗になります。

ダイエットは運動を継続させることが大事

短期間で目に見えるくらいダイエットを成功させるためには、計画を立てることが欠かせません。体重を減らすためには食事制限をすればいいと考えがちですが、必要な栄養素やカロリーを摂取しないと体調を崩しやすくなります。そのためまずは自分の基礎代謝を計算することが大事です。

そして代謝量を確認したら、それを超えないように食事のメニューを決めていきます。カロリーと栄養素のバランスを考えながら献立を決めることで、必要以上のカロリーを制限することが可能です。それと同時に代謝を高めるための運動計画をたてることが大事です。

代謝を高めるためには、筋力をつけることが大事で、筋力は継続的な運動をしなければつきません。一方で何歳になっても運動を継続することによって筋力はつけることができますから、始めるのに遅いということはありません。

ただ運動は継続的に行わなければ、すぐに筋力は落ちてしまい、代謝量も下がってしまいます。短期間でダイエットの効果を確実に出すためには、ただ運動をしたり食事制限をするのではなく、しっかり自分の基礎代謝量を計算して、数字やデータで計画を立てることが大事です。目に見えて数字で減量できれば、途中で挫折することもないでしょう。

実際に試しながら最適な痩せ方を見つける

自分に合った痩せ方は、自分で見つけるしかありません。人気ランキング上位の方法だから自分にとって正解とは言えないのです。合わない方法は結果を伴いませんし、一時的に痩せてもすぐにリバウンドします。無理な方法はリバウンドしやすいので、長期的な目標をもって痩せるのがよいです。

例えば10kgの減量をする場合なら、1ヶ月よりも3ヶ月かけたほうが安全に痩せることができます。人間の体質はそう簡単には変えられないので、焦ってダイエットするのは好ましくありません。

自分にとって最適な方法を見つけるのは難しいですが、食事制限と運動はダイエットの鉄板です。この2つの方法を自分が苦痛に感じないレベルに調整し、コツコツと実践していくとよいです。

食事制限を例にしても、炭水化物抜きや一日二食、酵素による置き換えなど多くの方法があります。自分が続けられる方法から実践してみて、体重の減り方を確認してみるといいです。

体重計は毎日同じ時刻に乗るようにして、体重の変化を観察してください。体重が減ることでやる気が出てきますし、ダイエット成功後の生活をイメージしやすくなります。運動は20分以上が好ましいですが、無理なら10分でも効果があります。

ダイエットには運動が欠かせません

ダイエットをして体重を落とすためには、先ずどれくらいの量をどれくらいの期間で減らしたいかを考えることが大切です。それは体重を減らすには運動とともに食べ物の摂取カロリーを計算して食事をする必要があるからです。体の中にある脂肪1g当たりの消費カロリーは9㎉です。

体重1㎏には20%の水分が含まれていますから、体重1㎏を落とすならば、800gの脂肪を燃焼させればよいことになります。ですから必要なエネルギーは800×9㎉=7200㎉となります。一般的的な基礎代謝量は成人男性で1200~1600㎉、成人女性で1100~1300㎉ですから、1㎏体重を減らすのがどれだけたいへんかわかると思います。

数㎏やせるとするとこれを食事の内容を変えるだけで達成させるのは時間がかかるし、途中で挫折する可能性もあります。また無理な食事制限を行なうと健康状態に悪い影響が出てきます。そこで大切なのが食事とともに運動を行なって体重を減らすことなのです。

きつい運動は必要ではありません。ウオーキングやジョギング、踏み台昇降など有酸素運動として知られているものだけでなく、なるべく階段を使う、通勤・通学の際には一駅歩いてみることなどでも効果があるのです。

ダイエットには運動が必要

ダイエットに大切なのは食事管理もありますが、運動をすることも大切です。食の欧米化が進み、高カロリー食が多くなっており、外食中心の食事で痩せることが難しい場合には、摂取カロリーをオーバーしていることが考えられます。ダイエットには摂取カロリーを適正に管理することも必要ですが、エネルギーの消費も必要です。

有酸素運動や無酸素運動を効率よく組み合わせることでエネルギーを消費することもでき、ダイエット効果は3倍にもなることが期待できます。有酸素は酸素を取り込むことで体内の糖質と脂質を効率よく分解したり燃焼しながらエネルギー源として活用することができます。続けることで体は体脂肪をエネルギー源に変えていきます。

長時間の負荷の軽いもので、体への負担が少ない運動で、ランニング、水泳、ウォーキング、サイクリングなどがあります。無酸素は高負荷のタイプで、一定量の酸素を供給しながら行います。無酸素は成長ホルモンが分泌され分解された脂肪は血液中に流れて体は燃焼されやすい状態になります。筋力トレーニング、速いスピードの水泳、重量挙げなどがあります。

日常生活の中でもエネルギー消費は可能で、質の良い睡眠、朝起きたら白湯を飲む、正しい姿勢をする、お風呂でマッサージなども脂肪燃焼効果をアップすることができます。

痩せやすい体質の特徴

人の中にはたくさん食べても太らないと言う人がおり、ダイエットをする人には羨ましい体質です。こうした痩せやすい体質の特徴として挙げられるのは基礎代謝量がとても高い人です。基礎代謝量は内臓を動かすなど生きるために必要な最低限の消費カロリー量であり、ここが高ければちょっとした運動をするだけで痩せることができます。

基礎代謝量を左右するのは内臓の動きや筋肉量の多さとなっており、もし痩せやすい体質を手にしたいのであれば筋肉をつけていくことが手っ取り早いやり方です。そうすることで体温も上がり、免疫力のアップにもつながります。

体温を上げるのは日頃の生活を気をつければすぐにできます。例えば半身浴などで長くお風呂に入り続けることです。そうすることで芯まで温まり、体温を上げられます。また血流をよくさせることも体温を上げることには効果的です。

水をよく飲んで血が流れやすい状態を心がけることも大事なことです。体温が上がればそれを維持するために基礎代謝量も上がります。しっかり食べているのになぜか太らないという人は基礎代謝がよいため、基本的な運動をしていれば自然と痩せていき、ダイエットも何も苦にせず続けられるのも好循環につながります。

運動でのダイエット

健康的なダイエットに不可欠なのが運動です。食事制限のダイエットは、体重の数値の変化がすぐあらわれる為、やる気アップにもつながりますが、デメリットも多数あります。例えばリバウンドや健康面の心配、肌荒れやホルモンバランスの乱れなど様々です。

運動によって痩せることで、リバウンドを防げたり、健康的な体になったりとプラス面も多いです。痩せやすい体質になることでメリットも生まれます。運動でのダイエットは、体の代謝が良くなるため、太りにくく、痩せやすい体質へ変化します。

冷え性やむくみやすい体質ではなかなか体重を落とすことも難しく、また数値的に痩せたとしても見た目はそこまで綺麗に変化してないものです。さらに、少し食べたことでまた増えた体重計の数字を見て精神的に落ち込んでしまい、ストレス太りも避けられません。

定期的に運動をして、健康的に落としたお肉は少し食べ過ぎたくらいでは戻らないので、穏やかにダイエットを続けることができるのです。また、タンパク質であるお肉やパワーにすぐかわる炭水化物をたくさん食べても、エネルギーに変える力が体にあるので太りにくくなるのです。健康的に、かつ痩せやすい体質に変わることが、効率の良い本当のダイエットと言えるでしょう。

運動を取り入れた効率的なダイエット

短期間でダイエットに励む方は生活習慣を見直し、規則正しい食生活を送るのが第一です。不規則な生活、夜遅くまで起きていると体内時計が狂い、暴飲暴食をしてしまいます。栄養豊富な食材を取り入れたダイエットが効果的なので、どのような食生活が良いか調べることが痩せる体質を作るには欠かせません。

ダイエットを開始する前に健康状態を調べておく必要があります。痩せやすい体質になるには食生活が肝心ですが、どの食品を取ると体に優しいか、どのような栄養素が欠けると体調を崩す恐れがあるのかなど徹底的に調べます。

短期間で目標通り痩せられる方もいますが、反動でリバウンドがひどくなってしまう可能性もあります。ですから、自身の基礎代謝量や体脂肪率なども把握することが重要です。それから運動を始めれば、体質に最良な方法で痩せやすい体作りができます。

痩せやすい体質を作るのに欠かせないのが筋肉量を増やすことです。筋肉が増えると体重が増えますが、筋肉を維持するためにはエネルギーが必要なので、脂肪を燃焼させます。ですから、たんぱく質やミネラル、ビタミンなど効果的にバランス良く食事を取ると体の代謝が変化していきます。

炭水化物も主食で、必要とされるブドウ糖なども摂取できるので、食べるのを止める必要はあまりないはずです。まったく取らないと日常生活で支障をきたすこともあります。運動をこなしながら栄養バランスが良い、炭水化物、野菜・肉や豆製品などの体に優しいものに食事内容を転換していけば、おのずと体が健康的になってゆくのが実感できます。

バランスの良い食生活で基礎代謝能力を高める

痩せるために運動をするのなら、食生活にも気を配ってよりダイエット効果を高めたいものです。痩せることを一番の目的とした時、まず摂取カロリーを減らそうと考える方は多いでしょう。たしかに摂取カロリーが大きくなれば運動をしても消費しきれず、なかなか痩せられないといったことになります。

しかし過剰に食事を減らしたり食事制限を厳しくしすぎると、逆効果となってしまう場合もあるため注意が必要です。ダイエットを成功させるためには代謝能力を向上し、エネルギーを消費しやすい身体作りをすることが大切となります。急激に食事量を減らしてしまうと、身体は機能を維持するために基礎代謝能力を下げて対応しようとします。

つまり過度な食事制限はダイエットにつながりにくいだけでなく、むしろ太りやすい体質を作ってしまうのです。運動によるダイエットを成功させるためには、身体の基礎代謝能力を落とさないよう三食バランスよく食事を摂っていく必要があります。

野菜類や穀類、肉や魚などをバランス良く食事に取り入れて、健康な状態を維持することが大切です。炭水化物やタンパク質もしっかりと摂取して、身体の基礎代謝能力を高めながら運動を続けていきましょう。

水泳はダイエットにとても効果的な運動である

体重が増えてしまい困っている人にとっては早く痩せたいと思うのは当然のことなので、その場合にはどのようなことをすれば短期間で減量に成功するか真剣に考える必要があります。食事の量を控えたり暫くの間甘い物を食べるのを止めると言うのも良い方法ではありますが、それだけで直ぐに痩せるのはとても難しいです。

短期間で痩せるためには食生活の他に運動は絶対に欠かすことが出来ませんが、運動と一言で言っても競技は沢山あるのでその中から最も減量に効果的な運動法を考えることが大切です。

注視すべきことはどういったことをすればどれだけのカロリーを消費することが出来るかと言う点で、このことをよく考えてどのような運動を行うのが良いか決める必要がありますが、その中で今注目されているのが水泳です。

水泳はジョギングの2倍、ウォーキングの6倍以上のカロリー消費になるのでダイエットにとても効果的ですが、特に短期間で痩せたいと思っている人にとってはお勧めのスポーツです。カロリーを消費すればするほどそれだけ減量に繋がるので、ジョギングやウォーキングより数倍もカロリーを消費する水泳はダイエットに持って来いのスポーツと言えます。
そのため最近では短期間で痩せることを目標に水泳をしている人が沢山います。

ダイエットで運動の効果を高める方法

効果的にダイエットをするためには、有酸素運動を中心とすることが大切です。ダイエットの時に体についた脂肪を燃やすためにはまず血液中の脂肪を消費する必要があります。

血液中の脂肪を消費したあとに体脂肪が燃焼し始めますがそのためにするのが有酸素運動で、以前は1回20分以上継続しないと意味がないといわれていました。ですが1日のうち何回かに分けても良いので暇な時間がある時にこまめに行なうことが効果的です。

1回に20分以上とこだわっていると毎日継続するのは難しいです。20分以下になってしまうとしても、1日5分、10分と続けることのほうが常に脂肪を燃焼しやすい状態が続くということです。時間帯や食前・食後などもあまり気にせずに自分のペースでダイエットを行なうほうが無理なく継続しやすくなります。朝10分、夜10分と分けても毎日続けるほうがダイエット効果は高いのです。

そして有酸素運動にプラスしたいのが無酸素運動です。軽いランニングやウォーキングなどで軽く心拍と体温が上がっていると、脂肪が燃焼しやすい状態になっています。筋トレのようなハードなトレーニングをすると、脂肪を分解するための酵素が増えます。そのため異なる負荷の運動を交互に繰り返すようなトレーニングはよりダイエット効果が高い方法なのです。

ダイエット運動

水泳には多くのカロリーを消費する事が出来るので、脂肪の燃焼には効果的な運動ダイエットといえます。泳ぎ方にも様々な種類があるので、飽きる事無く楽しめるのも水泳ダイエットの魅力の一つです。泳ぐことが出来ない場合は水の中を歩くだけでもカロリーの消費に期待ができるので、泳げない方でも安心です。

水泳は身体全体を使って行う運動ダイエットなので、全身使用するために多くの脂肪を燃焼する事が期待できます。更に水泳には水圧がかかるので、代謝がよくなり脂肪の燃焼が促進されるので、地上で行う普通のダイエットに比べると効果も段違いです。

泳いでいる間は息を止めたり吐いたりを繰り返すので、無酸素運動と有酸素運動のどちらも楽しむ事ができます。汗をかく事もなく行える運動ダイエットなので、体力に心配な方でも手軽に行う事が可能です。更に地上と比べると関節への負担も軽くなるので、長時間行う事が可能なため、脂肪の燃焼には向いているスポーツと言えます。

身体全体も水に浮くので、軽くなり、負荷を感じることもありません。水圧のおかげで全身の血行も良くなるので、代謝が地上に比べると上がるため、その分脂肪の燃焼に期待を持つことが出来ます。

ダイエットにはリバウンドがつきもの

ダイエットは、ただ痩せれば良いというわけではなく、ダイエットを終えた後それを保つこともまた重要です。そのために考えておくべきことがリバウンドです。リバウンドが起こるメカニズムをあらかじめ知っておくと対策も立てやすくなります。ダイエットを行う時食生活に気をつけるのは必然ですが、ここにリバウンドのヒントがあります。

体に摂り入れるエネルギーが減り、運動によって使用するエネルギーが増えれば、そのバランスによって体重は減ります。しかししばらくすると体の中では足りないエネルギーを補おうと、体により栄養素をためやすくするよう変化が起こります。順調に減っていた体重が減らなくなり、我慢できずに断念してしまう人は本当に多いです。

しばらく続ければまた体重は落ち始めるのですが、この停滞期の状態で食事制限をやめてしまうと、今まで以上に脂肪などを溜め込みやすくなってしまい、体重が元に戻ったり、元よりも増えてしまうことがあります。

ダイエットをしようと頑張って運動をしていて、それもやめたり、運動量を減らしてしまうとさらにリバウンドは激しくなりがちです。リバウンドが全くないダイエットをすることは難しいと言えますが、最小限にとどめることはできます。

リバウンドしないためには?

ダイエットに成功してもすぐにリバウンドしてしまったという経験をした人は意外と多いのではないでしょうか。せっかく辛い思いをして痩せることができたのに、すぐに元の体重に戻ってしまっては元も子もありません。

人間のからだは痩せる前のからだのことを記憶していて、その状態が最も健康で生きていけることを認識しているので痩せるとすぐに元の体重に戻そうとするのです。しかし3ヶ月間の間痩せた状態をキープすることができれば、からだはその体重を記憶するのでダイエットに成功したら3ヶ月はその体重をキープするようにしましょう。

リバウンド対策としては日常生活でダイエットに繋がる行動を意識することです。ウォーキングやジョギングならスニーカーさえ持っていれば今すぐにでも始めることができますし、お金もかかりません。運動を習慣にすると基礎代謝量がアップするので1日の消費カロリーも大きく増えるので、少しくらい食べても太らない体質になります。

ダイエットは痩せたから終了というわけではなく、継続していくことが大切なので運動も続けることが大切です。また偏りのない栄養バランスのとれた食事を摂ることや、規則正しい生活習慣を送ることもリバウンド対策になります。